« 2022年4月
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
2022年4月22日

「痛い入れ歯は、様子をみていても治りません。でも、保険で快適な入れ歯も作れません。真面目な歯医者さんの、入れ歯の作り方を見て下さい」

「歯科オタクの診療日記 2022年4月22日」

「痛い入れ歯は、様子をみていても治りません」
「でも、保険で快適な入れ歯も作れません」
「真面目な歯医者さんの、入れ歯の作り方を見て下さい」

保険の入れ歯に、見た目や快適な機能を求めるのは無理があります

下の写真を見て下さい。
70代の女性の患者様です。
インターネットで検索されて、
遠方から来院されました。
入れ歯で、お悩みの方です。
よくある保険の入れ歯が装着されていました。
3682.jpg
見た目も悪いし、よく咬めないので、かかりつけの歯医者さんに相談しても
「そのうち慣れるから」と相手にしてもらえないとお悩みでした。
入れ歯を外すとこんな感じです。
3683.jpg
上アゴは、残りの歯は1本だけです。
3684.jpg
下アゴは、残りの歯が4本です。
3685.jpg
かかりつけの歯医者さんの意見は、そのうち慣れるということですが、
入れ歯専門家の私からみたら、改善点が沢山あります・・・。

このポンコツな入れ歯に慣れろというのは、あまりにも気の毒です。

保険の入れ歯の設計では、対応できない事がほとんどです

 ただでさえ、部分入れ歯は設計が難しいのに、
この患者様のように、残りの歯が少なくなるとさらに難易度が増します。
まして、簡単に針金を引っかけただけの保険の入れ歯ではどうにもなりません・・・。

このような場合には、当院が専門のドイツ式入れ歯が最適なのです。
正式には、レジリエンツテレスコープ式入れ歯と呼ばれています。

参考までに、下記のサイトもご覧ください。
★レジリエンツテレスコープ式部分入れ歯

あなたの予算の範囲で、最善を目指します

そこで、最善の提案をさせていただきましたが
残念ながら、予算的に厳しいというお話でした。

ということで今回は、
レジリエンツテレスコープ式入れ歯もどきの、
総入れ歯
を計画しました。
 予算の範囲で、最善の治療法を模索しますよ。
少しでも、入れ歯の安定性を増す事ができるように頑張ります。

では、治療開始です。
まずは、総入れ歯に準じた設計になりますから歯を短く削ります。
3686.jpg
3687.jpg
そこに、金属冠を装着します
よく見かける、平らな金属キャップとは違いますよ。製作方法は企業秘密です。

今回は、総入れ歯ですが入れ歯の横揺れを防止する目的で少し高さのある設計にしました。
ドイツ式入れ歯(レジリエンツテレスコープ式入れ歯)もどきです♪

総入れ歯よりも、1本でも歯がある方が断然入れ歯が安定します

歯医者さんの中には、
「無理して少ない歯を残すよりも、全部抜いて総入れ歯にしたほうが
入れ歯を作りやすいから」と抜歯を勧める事も多いのですよ・・・。
でも、それは間違いです。

下の写真が、装着された金属冠です。
3688.jpg

入れ歯の歯型採りには、あなた専用のトレーが必須条件です

そして、あなた専用、下アゴ用歯型採りのトレーです。
3689.jpg
白く見えるのは、適合試験材料です。
3690.jpg
専用に製作しても、必ず調整が必要です。
あなたのために、手間暇を惜しみませんよ。

そして、超精密なシリコン印象材を使って仕上げの歯型を採ります。
青いのが、シリコン印象材です。

素人のあなたには良く解らないと思いますが、綺麗に採れていますよ。
嘘だと思うなら、かかりつけの歯医者さんに見せてください。
3691.jpg
同様に、上アゴです。
専用トレーです。
3692.jpg
精密なシリコン印象材で、歯型採りの完成後です。
3693.jpg
通常、当院で行なう総入れ歯の歯型採りは、
上下顎同時印象法という、世界初の歯型採りです。
でも今回は、別の方法で採りました。
症例に合わせて、最適な方法を選択します。

下アゴの歯型採りは、咬んだ状態で採らない歯医者さんは・・・です

でも大切な事は、歯型を採るときに、
お口を閉じて咬んだ状態で採る事です。
特に下アゴの歯型採りは、必須条件ですよ。
お口を開いた状態では、正確な歯型が採れないからです。

でも、ほとんどの歯医者さんは守っていませんよ・・・。
なぜお口を開いた状態では、正確な歯型が採れないのか、
理由を知らないからです。
理由を知っていても、あなた専用の歯型採りのトレーが必要ですから
面倒だからです。

下の写真が、お口を閉じて咬んだ状態で歯型を採っている証拠写真です。
3694.jpg
私は、あなたのために手間暇を惜しみませんよ。

そして、この歯型で製作された模型です。
3695.jpg
3696.jpg

咬合器を持っていない歯医者さんが、ほとんどです

その歯型を、咬合器と呼ばれる器械に装着します。
実は、この咬合器を一台も持っていない歯医者さんがほとんどです。

正確には、私立の歯科大学では1台実習用に買わされますから
持っているかもしれませんね。

いずれにしても、日常的に使用している歯医者さんは少ないですよ。
そして、1台では全く足りませんから・・・。

嘘だと思うなら、かかりつけの歯医者さんに見せてもらってください。
3697.jpg
参考までに、下記のブログもご覧ください。
★「これ持ってない歯医者さんには、行かない方が○○です。真面目な歯医者さんの選び方 その①」

★「歯科医師が患者さんに教えたくない、良い歯医者さんの見分け方 その②

歯科医人生で、ゴシックアーチを採らない歯医者さんがほとんどです

そして、今回は噛み合わせの位置を調べます。
下の写真が、噛み合わせを調べる器具です。
上アゴ用
3698.jpg
下アゴ用は、中央にピンが埋め込まれています。
3699.jpg
お口の中に挿入します。
こんな感じになりますよ。
下アゴ用の器具に埋め込まれたピンだけが、上のプレートに接触しています。
3700.jpg
そして、あなたにアゴの動きを指示します。
咬んだまま、下アゴを前に、右に、左に動かします。
すると、上のプレートにこんな感じで作図されます。
カラスの足跡みたいですね。
3701.jpg
これを、歯医者さんはゴシックアーチと呼んでいますよ。
3本の線が集まった場所が、あなたの咬みあわせの中心になります。

次に、その咬みあわせの中心に凹みをつけます。
青い点の部分です。
3702.jpg
そして、いよいよ上下の位置を固定します。
ズレ無いように、赤い部分を楔状にカットします。
あなたにとっては、何の事やらですが、
かかりつけの歯医者さんが見たら喜ぶと思いますよ。
でも喜ぶのは、真面目な歯医者さんだけです
3703.jpg
3704.jpg
そして、お口の中で固定します。
3705.jpg
取り出すと、こんな感じです。
3706.jpg
この咬みあわせの記録を元に、咬合器の模型の位置を再調整します。
専門用語で、リマウントと呼びますよ。
次は、いよいよ歯を並べて仮合わせです。

あなたは、入れ歯を作る時に
歯の色や形を選んでもらっていますか?

今回は、この歯を選びました。
3707.jpg
こんなに、沢山の色の中からあなたのお好みに合わせて選びますよ。
今回は、NO.01という白い歯を選んでいます。
3708.jpg
3709.jpg
ちなみに、良く患者様にこんな事を言われます。
「今まで何回も入れ歯を作ってきたけど、
歯の色や大きさ、形まで選んでくれたのはここが初めてです・・・」
みたいな感じです。

実は、多くの歯医者さんは歯を選んでいません。
歯科技工士さんが適当に選んでいます・・・。
嘘だと思うなら、歯医者さんに聞いてくださいね。
次回は、歯並びの確認の様子をお見せしますね。

真面目な歯医者さんは、こんな感じで入れ歯を製作しています。
是非、歯医者さん選びの参考にしてくださいね。
歯医者さん選びは難しいですね。
ではまた。
b03.JPG
b01.jpg
bb01.jpg

▼入れ歯・インプラントのご相談から診断・治療までの費用と説明をご案内▼
●料金ご案内はこちら
●症例別ご案内はこちら

●目黒歯科医院では入れ歯・インプラントなどの相談を受け付けております。
※詳細な診断をご希望される場合には、保険診療にてレントゲン撮影・歯周組織検査をお勧め致します。
現在の状態を詳細に把握することができ、それにより具体的な治療法のご提案が可能となります。
(健康保険の一部負担金は、3割負担の方で~3,500円程度です。相談料は、無料となります。)
※レントゲン撮影、歯周組織検査をご希望されない場合、具体的な治療法について提案が
できない場合があります。(こちらの相談をご希望される場合、一回3,000円の費用がかかります。)

b10.png
メールでの入れ歯・インプラントの小冊子、カウンセリングのお申込みは
ここをクリック!

入れ歯の悩み.jpgのサムネール画像

ドイツ式入れ歯の書籍もあります。
友人の嶋倉院長が写真付きで詳しく解説しています。

ご興味のある方はAmazonや書店での販売もされています。
また、当院で貸出もしていますので気になる方はお気軽にお声かけください。

入れ歯の悩みが一生消える
ドイツ式テレスコープシステム

著者:嶋倉 史剛
価格:¥1,650(税込)
出版社:みらいパブリッシング

★アクセス・診療時間はこちら

icmap-blog.png
北関東自動車道「佐野田沼IC」車で2分

Google +1

目黒歯科医院

目黒歯科医院 院長 目黒 伸行

医院サイト:
http://www.meguro-shika.jp/

こんにちは。佐野市で唯一ドイツ式入れ歯を手がけ、難症例のインプラント治療にも対応する目黒歯科医院院長 目黒伸行です。

「もしも、目の前のあなたが自分の家族だったら、こんな治療をしてあげたい」「もしも、自分が患者さんだったら、絶対にこんな治療を選ぶだろう」そんな世界標準の歯科医療の情報をお伝えします。

当院には、歯のことで長年にわたって悩まれ、満足のいく入れ歯やインプラントの治療を求めて何軒も歯科医院をまわってこられた患者さまが多く来られます。宇都宮や県外からわざわざ来院されることも珍しくありません。
そんな患者さまのご期待に応えるために、できるだけお気持ちに寄り添い、満足いただける治療をご提供するために努力してきました。
本気で治したい、心から健康になりたいという方のご期待に応えること。理想の治療を求めてくださる方に、満足していただける治療をご提供することが私の願いであり、幸せでもあるのです。

院長 目黒伸行

Google +1