« 2022年4月
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
2022年4月17日

「2022年4月から、磁石式の入れ歯が保険導入されました、でも磁石のせいで、入れ歯がガタつくって知ってますか?磁石式の入れ歯は設計が大切です」

「歯科オタクの診療日記 2022年4月17日」

「2022年4月から、磁石式の入れ歯が保険導入されました」
「でも磁石のせいで、入れ歯がガタつくって知ってますか?」
「磁石式の入れ歯は設計が大切です」

下の写真を見てください。
初診時の正面写真です。
70代の男性の患者様になります。
インターネットで入れ歯の得意な歯医者さんを検索し、来院されました。
入れ歯の作りかえをご希望です。

残念です。高額な自費の入れ歯なのに、見た目が悪いです

3658.jpg
横から見ると、こんな感じです。
なぜか写真左側、
下の歯(犬歯)が長すぎます。
バランスが悪いですね。
素人のあなたでも、解ると思います。
3659.jpg
こちらは反対側です。
やはり、上下の歯の長さのバランスが悪いですね。
3660.jpg
ちなみに、咬みあわせの写真です。
上下共に、高額な自費診療の入れ歯でした。
3661.jpg
3662.jpg
さらに、インプラントも埋め込まれています。
下アゴの歯は、重度の歯周病です。
残念ですが、保存不能です。
3663.jpg
入れ歯の裏側には、磁石が付いています。
3664.jpg
ところでこの患者様は、
特にこの入れ歯に不自由は感じていないらしいのです。
高額な自費診療ですから、とりあえず良かったです。
細かな事は気にされない、とてもおおらかな男性です。

でも入れ歯専門家の目線では、改善点が沢山あります。

磁石式の入れ歯は、設計がとても重要です

そこでご相談の結果、上下の入れ歯を再制作する事になりました。
上アゴは、
磁石を外して当院が専門のドイツ式入れ歯、
レジリエンツテレスコープ式入れ歯に変更です。

参考までに、下記のサイトもご覧ください。
★レジリエンツテレスコープ式部分入れ歯

下アゴは、
残念ながら残された二本の歯が歯周病で保存不能だったので、総入れ歯です。

 患者様のご希望は、
総入れ歯でも現在の使い心地程度に回復可能なら
追加のインプラント等、外科処置は希望されないとの事でした。

 もちろん、全く問題無く機能回復できると思いますよ。

さて、今回の患者様のように磁石式の入れ歯について専門家のアドバイスがあります。

ちょうど2022年の4月から、
部分入れ歯の維持装置として磁石が健康保険に導入されました。
これから、たくさん見かけるようになると思います。

でも、注意点があります。
磁石式の入れ歯に限った事ではありませんが、部分入れ歯は設計が重要です。
適当に、磁石を埋め込めば良い訳ではないのです。

例えば今回の患者様のように、
たった1本だけの歯に、磁石を装着する設計はお勧めできません。

磁石のせいで、かえって入れ歯がガタつくって知ってますか?

理由を、教えますね。
柔らかい歯肉の上に乗っかった入れ歯は
ギューッと咬むと沈み込みますね。
噛み合わせのバランスが採れていたら、
均等に沈み込みますから入れ歯は安定します。

でもそこに1本だけポツンと、マンホールの蓋のように硬い根っこがあったら、
どうなるでしょうか?
3665.jpg
 周りは柔らかい歯肉で、磁石の部分だけが硬い・・・。
当然、硬い磁石の部分を支点に入れ歯が転覆します。
シーソー現象を起こしガタつくのです。

もしも、磁石みたいな沈み込まない装置を選ぶなら、
上の写真の黒丸部分にも追加すれば大丈夫です。

4点支持になって、入れ歯が転覆しません。
あなたが歯医者さんで、磁石式の入れ歯を勧められたら注意してくださいね。

その点ドイツ式入れ歯、
レジリエンツテレスコープ式入れ歯は、
残された歯が1本でも転覆しません。
入れ歯が沈み込むように、工夫されているからです。

超高齢社会、日本の救世主とも言える部分入れ歯ですよ。
でも残念ながら、日本の歯科大学では教えてくれませんから
ほとんど普及していません。

参考までに、下記のサイトもご覧ください。
★レジリエンツテレスコープ式部分入れ歯

歯医者さん選びは、難しいですね。

入れ歯でお悩みのあなた、
私で良かったらご相談下さい。

ではまた。

b03.JPG
b01.jpg
bb01.jpg

▼入れ歯・インプラントのご相談から診断・治療までの費用と説明をご案内▼
●料金ご案内はこちら
●症例別ご案内はこちら

●目黒歯科医院では入れ歯・インプラントなどの相談を受け付けております。
※詳細な診断をご希望される場合には、保険診療にてレントゲン撮影・歯周組織検査をお勧め致します。
現在の状態を詳細に把握することができ、それにより具体的な治療法のご提案が可能となります。
(健康保険の一部負担金は、3割負担の方で~3,500円程度です。相談料は、無料となります。)
※レントゲン撮影、歯周組織検査をご希望されない場合、具体的な治療法について提案が
できない場合があります。(こちらの相談をご希望される場合、一回3,000円の費用がかかります。)

b10.png
メールでの入れ歯・インプラントの小冊子、カウンセリングのお申込みは
ここをクリック!

入れ歯の悩み.jpgのサムネール画像

ドイツ式入れ歯の書籍もあります。
友人の嶋倉院長が写真付きで詳しく解説しています。

ご興味のある方はAmazonや書店での販売もされています。
また、当院で貸出もしていますので気になる方はお気軽にお声かけください。

入れ歯の悩みが一生消える
ドイツ式テレスコープシステム

著者:嶋倉 史剛
価格:¥1,650(税込)
出版社:みらいパブリッシング

★アクセス・診療時間はこちら

icmap-blog.png
北関東自動車道「佐野田沼IC」車で2分

Google +1

目黒歯科医院

目黒歯科医院 院長 目黒 伸行

医院サイト:
http://www.meguro-shika.jp/

こんにちは。佐野市で唯一ドイツ式入れ歯を手がけ、難症例のインプラント治療にも対応する目黒歯科医院院長 目黒伸行です。

「もしも、目の前のあなたが自分の家族だったら、こんな治療をしてあげたい」「もしも、自分が患者さんだったら、絶対にこんな治療を選ぶだろう」そんな世界標準の歯科医療の情報をお伝えします。

当院には、歯のことで長年にわたって悩まれ、満足のいく入れ歯やインプラントの治療を求めて何軒も歯科医院をまわってこられた患者さまが多く来られます。宇都宮や県外からわざわざ来院されることも珍しくありません。
そんな患者さまのご期待に応えるために、できるだけお気持ちに寄り添い、満足いただける治療をご提供するために努力してきました。
本気で治したい、心から健康になりたいという方のご期待に応えること。理想の治療を求めてくださる方に、満足していただける治療をご提供することが私の願いであり、幸せでもあるのです。

院長 目黒伸行

Google +1