« 2022年8月
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  
  •  
  •  
2021年12月19日

総入れ歯治療で失敗したくないあなたへ!骨隆起は除去しないでくださいね 企業秘密ですが、世界初の歯型採りをご紹介します。

「総入れ歯治療で失敗したくないあなたへ!骨隆起は除去しないでくださいね
 企業秘密ですが、世界初の歯型採りをご紹介します。」

下の写真を見て下さい。
70代、男性です。インターネットで検索され、来院されました。
自費総入れ歯の患者様です。
ドイツ式総入れ歯、シュトラックデンチャーの症例になります。
3407.jpg
上アゴの写真です。
3408.jpg
さて、あなたにはよく解らないと思いますが
この患者様の上アゴには特徴があります。
さて、どこでしょうか?
ヒントは、画像の左側、中央付近です。
では、答えを下の画像でお見せしますね。
3409.jpg
発見しましたか?
角度を変えますね。
3410.jpg
何やら、膨らみがありますね?
それも、左右で3つもあります・・・。

これは、骨隆起と呼ばれる骨の出っ張りです。
病的な物では無いので、心配はいりません。通常は、何もしません。

でも、総入れ歯の治療時、一般的には歯医者さんは嫌がります。
理由は、入れ歯の外形が上手く作れないからです。
歯型も上手く採りにくいです。

そのために、歯医者さんによっては外科的に除去を勧める場合も多いです。
でも、私の考えは全く違います。

この膨らみを逆に利用して、入れ歯の安定性向上に利用します。

総入れ歯のクレームの多くは、入れ歯がユルいというものです。
上アゴの入れ歯なら、落っこちるというクレームです。

下の写真を見て下さい。
歯型の写真を逆さまにしました。喉の方から見ている状態です。
3411.jpg
上の入れ歯なので、当然入れ歯は落っこちないように重力に抵抗しています。
ここで少し考えてください、

もしもこの膨らみに入れ歯が引っかかれば落っこちませんよね・・・。
とても、役に立つのです。

ということで、
世界初の歯型採りで入れ歯の製作に入ります。
最初にお見せした歯型から、さらにあなた専用の個人トレーを呼ばれる器具を製作します。

下の写真が上アゴ用です。
3412.jpg
下の写真が、下アゴ用です。
企業秘密ですが、お見せします。
下あごには、3カ所にピンが埋め込まれています。
3413.jpg
そして、下の写真を見て下さい。
何か、落書きがありますね?
3414.jpg
これは、ゴシックアーチと呼ばれるアゴの動きの軌跡です。
カラスの足跡みたいですね。
これで、咬みあわせの中心を探すのです。

ちなみに、歯医者さんの人生で、
一生ゴシックアーチを採らないで終る人がほとんどです。

下の写真が、咬みあわせの中心です。
青い丸印の部分です。
3415.jpg
この中心で、しっかり咬み合うのを確認しています。
3416.jpg
そして、この咬みあわせの中心で上下顎同時に歯型を採ります。
当院の歯型採りは、恩師の稲葉繁教授が発案された治療法です。

上下の歯型を同時に採得、さらにお口のスペースを全て記録できます。
何だか意味不明だと思いますが、
全ての歯を失った方の総入れ歯治療は、歯科治療の最高難度、最高峰です。

知識と技術の見せ所なのです。
情報量は多いほど、完成度が上がります。
まさに、画期的な歯型採りなのです。
但し、とっても難しいです。

入れ歯のベテランのあなたは、歯医者さんで歯型採りの経験が沢山あるはずです。
でも、上の歯型と下の歯型は別々に採ったはずです。
3417.jpg
3418.jpg
横から見ると、上下が一体化されていますよ。
3419.jpg
それを、咬合器と呼ばれる器械に装着したところです。
3420.jpg
途中の製作過程は、省略しますね。
そして、仮合わせをして確認します。
3421.jpg
そして、完成です。
3422.jpg
3423.jpg
3424.jpg
3425.jpg
3426.jpg
3427.jpg
3428.jpg


歯ぎしりをしても、上の総入れ歯は落っこちないし
もちろんほとんど動きません。

骨隆起を効果的に利用しているからです。
もしもあなたが総入れ歯で上アゴに、骨隆起があったらチャンスです。

諦めないで、入れ歯の上手な歯医者さんに相談してください。
b03.JPG
b01.jpg
bb01.jpg

▼入れ歯・インプラントのご相談から診断・治療までの費用と説明をご案内▼
●料金ご案内はこちら
●症例別ご案内はこちら

●目黒歯科医院では入れ歯・インプラントなどの相談を受け付けております。
※詳細な診断をご希望される場合には、保険診療にてレントゲン撮影・歯周組織検査をお勧め致します。
現在の状態を詳細に把握することができ、それにより具体的な治療法のご提案が可能となります。
(健康保険の一部負担金は、3割負担の方で~3,500円程度です。相談料は、無料となります。)
※レントゲン撮影、歯周組織検査をご希望されない場合、具体的な治療法について提案が
できない場合があります。(こちらの相談をご希望される場合、一回3,000円の費用がかかります。)

b10.png
メールでの入れ歯・インプラントの小冊子、カウンセリングのお申込みは
ここをクリック!

入れ歯の悩み.jpgのサムネール画像

ドイツ式入れ歯の書籍もあります。
友人の嶋倉院長が写真付きで詳しく解説しています。

ご興味のある方はAmazonや書店での販売もされています。
また、当院で貸出もしていますので気になる方はお気軽にお声かけください。

入れ歯の悩みが一生消える
ドイツ式テレスコープシステム

著者:嶋倉 史剛
価格:¥1,650(税込)
出版社:みらいパブリッシング

★アクセス・診療時間はこちら

icmap-blog.png
北関東自動車道「佐野田沼IC」車で2分

Google +1

ページの先頭へ

目黒歯科医院

目黒歯科医院 院長 目黒 伸行

医院サイト:
http://www.meguro-shika.jp/

こんにちは。佐野市で唯一ドイツ式入れ歯を手がけ、難症例のインプラント治療にも対応する目黒歯科医院院長 目黒伸行です。

「もしも、目の前のあなたが自分の家族だったら、こんな治療をしてあげたい」「もしも、自分が患者さんだったら、絶対にこんな治療を選ぶだろう」そんな世界標準の歯科医療の情報をお伝えします。

当院には、歯のことで長年にわたって悩まれ、満足のいく入れ歯やインプラントの治療を求めて何軒も歯科医院をまわってこられた患者さまが多く来られます。宇都宮や県外からわざわざ来院されることも珍しくありません。
そんな患者さまのご期待に応えるために、できるだけお気持ちに寄り添い、満足いただける治療をご提供するために努力してきました。
本気で治したい、心から健康になりたいという方のご期待に応えること。理想の治療を求めてくださる方に、満足していただける治療をご提供することが私の願いであり、幸せでもあるのです。

院長 目黒伸行

Google +1