« 2021年10月
2021年10月 5日

危険!歯型を採ったら、すぐにブリッジが出来上がる歯医者さんには注意してください・・・

 今回のお話は
「歯科オタクの診療日記・本日の1枚 2019/0216」
「歯型を採ったら、すぐにブリッジが出来上がる歯医者さんには注意してください・・・」
「歯医者さんがこっそり教える、真面目な歯医者さんの選び方」
です。
下の写真を見てください。
部分入れ歯の患者様です。
入れ歯を装着する前の準備です。
残された歯を補強しています。
これは上の前歯の金属冠です。
この金属冠の表面にセラミックを焼き付けるのです。
まだ艶出し研磨をしていませんので、黒っぽいですが
金とプラチナの合金です。
2713.jpg
今日は、この金属冠の仮合わせをします。
歯科治療は誤差との戦いです。
いくら精度の高い歯型でも、お口の中とは誤差があるのです・・・。

 削った歯に銀歯をピッタリと合わせるのは、
実は至難の技なのですよ。

あなたは知らないと思いますが、
保険治療で製作される銀歯は
歯型との間に平均300ミクロンの隙間があったという
歯科大学のデータもあるそうです。

 300ミクロンとは、0.3ミリです。
肉眼で隙間が確認出来るレベルです・・・。

素人のあなたには、ピンとこないと思うので教えますが
腕の良い歯科技工士さんは、銀歯と歯型の隙間は30ミクロン以下を目指しています。

隙間が大きいと何が問題かというと、
銀歯は咬むたびに強い力で揺すられます。

当然ですが、隙間が大きい程ガタガタ揺れます。
もちろん接着剤が入っているので普段は揺れませんが、
隙間だらけの銀歯の接着剤には、咬むたびに強い力がかかり崩れてしまうのです。
崩れて接着剤が溶けてしまうと、そこから虫歯になります。

 そしてもう一つ問題があります。
いくら歯科技工士さんがピッタリと作ってくれても
そもそも歯医者さんが歯を削ったところまで
銀歯が入らなければ意味が無いのです。

銀歯が浮き上がっていたら、
削られた弱い歯の部分がむき出しになり、
虫歯になるからです。

特に、本数が多いブリッジと呼ばれる連結冠
は浮き上がりやすいのです。
誤差が多くなるからです。

 真面目な歯医者さんは
入れ歯の支えとして利用する場合は、
歯を守るために連結補強します。
 でも浮き上がりのリスクが高くなります・・・。

ということで、下の写真を見てください。
銀歯がバラバラです。
2714.jpg
そして、下の写真がお口の中です。
2715.jpg
1本1本の銀歯が、確実に削られたところまで入るかを確認します。
2716.jpg
前から見るとこんな感じです。
2717.jpg
きちんと定位置に入りました。
この方は、部分入れ歯の患者様です。
残された銀歯は、部分入れ歯の支えになります。
咬んだ時の強い力に負けないように連結予定です。
ということで、銀歯をズレないように固定します。
2718.jpg
2719.jpg
固まったら取り出します。
2720.jpg
これを歯科技工士さんが正確に連結します。
そしてセラミックを焼き付けます。
2721.jpg
そこに、部分入れ歯が装着されます。
前から見るとこんな感じです。
全体的なバランスを確認しています。
入れ歯の部分も、まだ仮合わせです。ピンクのワックスです。
2722.jpg
こんな感じに仕上がります。
2723.jpg
2724.jpg
今回お見せした金属冠を連結する作業は、とても大切です。

でも、多くの歯医者さんでは省略されています・・・。

嘘だと思うなら歯医者さんに聞いてください。

聞かなくても、すぐに連結された銀歯が装着されるから解りますけど・・・。

歯型を採ったら、次回は金属冠が連結されて完成しています。

あなたにとっては、治療が早く終るので嬉しいかもしれません。

私だって、手抜きをしてピッタリ合うならそうしてあげたいです・・・。

でも、誤差を最小限に抑えるには必要な作業なのです。

真面目な歯医者さんは、必ず行う工程です。

歯医者さん選びの参考にしてくださいね。

歯医者さん選びは難しいですね・・・
ではまた。


スマートフォン用ページはこちらをクリック!


スマートフォン用ページはこちらをクリック!


入れ歯で成功する人失敗する人の違い。
おもいっきり噛めない人たちの理由とは?

「入れ歯とインプラントの裏話」


治療費の目安 入れ歯、インプラントのご相談から診断、治療までの費用と説明をご案内
スマートフォン用ページはこちらをクリック!


症例別治療費の目安
スマートフォン用ページはこちらをクリック!


●目黒歯科医院では入れ歯・インプラントなどの相談を受け付けております。
※詳細な診断をご希望される場合には、保険診療にてレントゲン撮影・歯周組織検査をお勧め致します。
現在の状態を詳細に把握することができ、それにより具体的な治療法のご提案が可能となります。
(健康保険の一部負担金は、3割負担の方で~3,500円程度です。相談料は、無料となります。)
※レントゲン撮影、歯周組織検査をご希望されない場合、具体的な治療法について提案が
できない場合があります。(こちらの相談をご希望される場合、一回3,000円の費用がかかります。)
Tel:0283-62-1125
電話でのお申込みは「入れ歯・インプラントの治療相談希望」とお伝えください!
メールでの入れ歯・インプラントの小冊子、カウンセリングのお申込みは
ここをクリック!
スマートフォン用 お申込みページはこちらをクリック!


入れ歯の悩み.jpgのサムネール画像

ドイツ式入れ歯の書籍もあります。

友人の嶋倉院長が写真付きで詳しく解説しています。

ご興味のある方はAmazonや書店での販売もされています。

また、当院で貸出もしていますので気になる方はお気軽にお声かけください。

入れ歯の悩みが一生消える ドイツ式テレスコープシステム

著者:嶋倉 史剛

価格:¥1,650(税込)

出版社:みらいパブリッシング

Google +1

目黒歯科医院

目黒歯科医院 院長 目黒 伸行

医院サイト:
http://www.meguro-shika.jp/

こんにちは。佐野市で唯一ドイツ式入れ歯を手がけ、難症例のインプラント治療にも対応する目黒歯科医院院長 目黒伸行です。

「もしも、目の前のあなたが自分の家族だったら、こんな治療をしてあげたい」「もしも、自分が患者さんだったら、絶対にこんな治療を選ぶだろう」そんな世界標準の歯科医療の情報をお伝えします。

当院には、歯のことで長年にわたって悩まれ、満足のいく入れ歯やインプラントの治療を求めて何軒も歯科医院をまわってこられた患者さまが多く来られます。宇都宮や県外からわざわざ来院されることも珍しくありません。
そんな患者さまのご期待に応えるために、できるだけお気持ちに寄り添い、満足いただける治療をご提供するために努力してきました。
本気で治したい、心から健康になりたいという方のご期待に応えること。理想の治療を求めてくださる方に、満足していただける治療をご提供することが私の願いであり、幸せでもあるのです。

院長 目黒伸行

Google +1