« 2021年10月
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
2021年9月 8日

インプラントばかり勧められて、途方に暮れているあなたへ!最先端のドイツ式入れ歯をご存じですか?

 今回のお話は
「歯科オタクの診療日記・本日の1枚 2018/0810」
「インプラントばかり勧められて、途方に暮れているあなたへ!
最先端のドイツ式入れ歯をご存じですか?」

です。
下の写真を見てください。
60代の仲良しの患者様です。
下アゴの部分入れ歯が完成しました。
重症の歯周病の患者様で、
インプラント以外の治療法をご希望されました。
2378.jpg
ちなみに上の歯は、まだ仮の歯です。
抜歯や、歯周病の手術をしたので歯肉が成熟するまで待っています。
理想的には、抜歯をしたら1年程度は待つ必要があります。
正面写真です。
2379.jpg
参考までに、治療前の写真です。
2380.jpg
横から見ると
2381.jpg
2382.jpg
下アゴの治療前の写真です。
2383.jpg
 重度の歯周病の患者様なので
歯周病の手術をして、
歯茎の成熟を待って
最終的な入れ歯の製作を開始します。

 ちなみに歯周病の手術をしたら、最低4ヶ月間は待ちますよ。
一ヶ月くらいで見た目は、治っているように見えても
不十分です。
歯と歯肉の境目の、
歯周ポケットが成熟するまでには時間がかかるのです。

その間でも、できる治療はどんどん進めていきます。
仮の歯を装着して待つので、通常のお食事には不自由はしませんよ。
下の歯が仮の歯です。
2384.jpg
では、下の入れ歯のご紹介です。
今回は、ドイツ式入れ歯の技法の一つ
リーゲルテレスコープ式部分入れ歯です。
下の写真が、治療後です。
2385.jpg
下の写真は、治療前です。
2386.jpg
 今回は歯周病が改善するのを待って、
支えとして利用する歯をすべて削りました。

 歯医者さんのホームページやセールストークで、
「歯を削る事は良くないからインプラントを埋め込みましょう~!」
みたいな話をよく耳にしますが、
それは、間違いです・・・。


 もちろん、歯を削らない方が良い場合もあります。
例えば、小中学生のお口なら極力削らない治療法を検討します。

 しかし
歯を失って、
咬み合わせが乱れてしまった
中高年のあなたのお口の場合は、
積極的に歯を削る治療が必要なのです。

 正しい診断が出来る歯医者さんを探して
迷わず歯を削ってもらってください。


 歯科治療で一番大切な事は、咬み合わせです。
歪んだ咬み合わせを放置して、
単に、
歯を失った場所にインプラントを埋め込んで
隙間を埋めるだけでは
価値はありません・・・。

もちろん、高額な入れ歯も同様です。

咬みあわせの乱れは、残された歯の負担が増えます。
歯を失う原因になるのです・・・。


 今回の患者様も、歯周病で歯が傾いていました・・・。
斜めに傾いた歯に強い力がかかれば、
歯周病はますます進行します。
2387.jpg
歯を削るマイナスよりも、
削らないリスクの方が大きいのですよ。


 理想的な咬みあわせに調整された入れ歯を装着する事で
残された歯の負担を減らして、延命するのです。
2388.jpg
今回は、全ての残された歯を連結して補強しています。

 このドイツ式入れ歯のリーゲルテレスコープには、
こんな仕掛けが組み込まれています。
下の写真を見て下さい。
歯の内側に、何か見えますね。
この回転レバーを開くと、入れ歯が外れるのです。
2389.jpg
入れ歯を外すと、こんな感じです。
超精密加工された、高強度のチタン合金製金属冠です。
2390.jpg
前から見ると、こんな感じです。
2391.jpg
そこにはめ込まれるのです。
2392.jpg
少ない歯を連結して補強する事により、延命できるのです。

 1本1本では、グラグラの歯でも連結する事により
しっかり咬む力を支える事ができるのです。

 そして、できる限り歯の中の歯髄と呼ばれる
神経組織を保存する事が大切です。


今回も、全ての歯の神経組織を保存しています。
2393.jpg
 歯医者さんの中には、
金属冠を被せた後に知覚過敏の症状が出てしまい
あなたからクレームをもらうのが嫌だからと言って、
簡単に神経組織を除去する事が多いと聞きます・・・。

でも、神経組織を除去された歯は枯れ木のように脆いのです。

 あなたも、
歯を削ってもらう時はできる限り神経組織を保存してくれる
歯医者さんを探してください。


 残念ながら弱い歯を補強して連結しても、
神経組織が除去されている歯は弱いのです・・・。


 今回お見せした治療前の歯の状態を歯医者さんが見たら、
全ての歯の神経組織を保存して連結固定する難しさが解るはずです。
私もとても苦労しました・・・。

これからも私は、できる限りあなたの歯の神経組織の保存に努力します。

歯医者さん選びは難しいですね・・・
ではまた。

「入れ歯・インプラント専門治療」をまずはご覧ください

スマートフォン用ページはこちらをクリック!


入れ歯で成功する人失敗する人の違い。
おもいっきり噛めない人たちの理由とは?

「入れ歯とインプラントの裏話」


治療費の目安 入れ歯、インプラントのご相談から診断、治療までの費用と説明をご案内

スマートフォン用ページはこちらをクリック!


症例別治療費の目安

スマートフォン用ページはこちらをクリック!

●目黒歯科医院では入れ歯・インプラントなどの相談を受け付けております。
※詳細な診断をご希望される場合には、保険診療にてレントゲン撮影・歯周組織検査をお勧め致します。
現在の状態を詳細に把握することができ、それにより具体的な治療法のご提案が可能となります。
(健康保険の一部負担金は、3割負担の方で~3,500円程度です。相談料は、無料となります。)
※レントゲン撮影、歯周組織検査をご希望されない場合、具体的な治療法について提案が
できない場合があります。(こちらの相談をご希望される場合、一回3,000円の費用がかかります。)
Tel:0283-62-1125
電話でのお申込みは「入れ歯・インプラントの治療相談希望」とお伝えください!
メールでの入れ歯・インプラントの小冊子、カウンセリングのお申込みは
ここをクリック!

スマートフォン用 お申込みページはこちらをクリック!

Google +1

ページの先頭へ

Google +1

目黒歯科医院

目黒歯科医院 院長 目黒 伸行

医院サイト:
http://www.meguro-shika.jp/

こんにちは。佐野市で唯一ドイツ式入れ歯を手がけ、難症例のインプラント治療にも対応する「目黒歯科医院」です。

当院には、歯のことで長年にわたって悩まれ、満足のいく入れ歯やインプラントの治療を求めて何軒も歯科医院をまわってこられた患者さまが多く来られます。宇都宮や県外からわざわざ来院されることも珍しくありません。
そんな患者さまのご期待に応えるために、できるだけお気持ちに寄り添い、満足いただける治療をご提供するために努力してきました。
本気で治したい、心から健康になりたいという方のご期待に応えること。理想の治療を求めてくださる方に、満足していただける治療をご提供することが私の願いであり、幸せでもあるのです。

院長 目黒伸行