« 2021年10月
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
2021年9月 7日

日本の歯科大学が定員割れなのに、アメリカでは、人気ナンバーワンの職業が歯科医だって知ってますか?

 今回のお話は
「歯科オタクの診療日記・本日の1枚 2018/0806」
「日本の歯科大学が定員割れなのに、
アメリカでは、人気ナンバーワンの職業が歯科医だって知ってますか?」

です。
下の写真を見てください。
2366.jpg
これは、21年前のカルテです。
私達歯科医には、診療記録であるカルテの保管義務があります。
もしもあなたが、かかりつけの歯医者さんにカルテを見せて欲しいと
お願いすれば最後の診察を受けた日から
5年間は大丈夫だと思います。

 でもそれ以上は、法律的には保管義務はありません。
来院患者様の数が増えれば保管スペースに困りますから、
都心部のテナントで開業している医院では、
定期的に処分しているそうです。

田舎の私の医院でも、保管場所にはとても苦労します・・・。

でも、当院は1度でも来院された患者様のカルテはずっと保管しています。
それも、先代からですから昭和51年1月からです。

42年前のカルテも保管しています。
すでに、天国に遊びに行かれた方も多いので
処分出来るカルテもたくさんありそうです。

でも、これからも処分しませんよ。
理由は、自分の診療を振り返える事が出来るからです。
あなたのお口に起きたトラブルの歴史や
自分の治療の評価が簡単にできます。

自分が治療した歯が、どの位でダメになったかがすぐに解ります・・・。
と言うことで、最初のカルテの写真です。
2367.jpg
ここに書いてある数字とアルファベットには、意味があります。
上から2段目の、45という数字は
上アゴの左側、真ん中から数えて4番目と5番目の歯に
C2(象牙質に達する虫歯)程度の虫歯という診断名。
そして、治療開始日が平成9年5月2日という意味です。
と言うことで
本日の一枚です。
21年前に詰めた部分が、ついに割れて虫歯になりました。
下の写真、大きな銀歯の詰め物の上にある小さな歯です。
白いプラスチックの詰め物なので、
良く解らないと思いますが割れています。
2368.jpg
今回の、レントゲン写真です。
白く写っている詰め物がされている大きな歯の左隣り、
写真の真ん中の、小さな歯です。
歯と歯の間が虫歯なのですが、解りますか・・・?
2369.jpg
下の写真が、6年前の写真です。
違いが解りますか?
2370.jpg
では、治療開始です。
虫歯の部分を除去していきます。
そしてある程度除去したら、赤いお薬を塗布します。
これはう蝕検知液と言いますよ。
2371.jpg
真っ赤に染まりましたね
2372.jpg
そして、お水で洗います。
2373.jpg
このお薬は、虫歯の部分が水洗しても赤く残る仕組みです。
でも、写真の角度が悪くて赤く染まった部分が解りません・・・。残念・・・
さらに、注意深く虫歯の部分だけを除去します。
2374.jpg
この作業を数回繰り返して、赤く染まらなくなるまで虫歯を除去します。
下の写真が、綺麗に虫歯の部分が除去されたところです。
虫歯の穴が大きく拡がったのが解りますか?
2375.jpg
神経まで、ギリギリです。
実は、このう蝕検知液という虫歯を染め出すお薬を
使用していない歯医者さんが多いそうですよ・・・

 以前、歯医者さんが虐められていた週刊誌の記事に書かれていました・・・。
このお薬を持っていない歯医者さんは、
長年の勘を頼りに虫歯を除去しているのかしら・・・

 私は、経験や感覚も大事にしますが科学的な方法も併用します。
いつでも私の勘が当たるとは限らないからです。

 今回は、21年前と同じ、白い詰め物で修復します。
コンポジットレジンと呼ばれている、プラスチックです。
まずは、隣の歯にくっつかないように壁を作ります。
2376.jpg
忙しかったので、途中は写真がありません・・・。
下の写真が、治療後です。
2377.jpg
今回は、何年くらい長持ちしてくれるか楽しみです。
でも、最初よりは重症ですから数年しかもたないかもしれません・・・。
ちなみに、お隣の歯も同じ時期に治療された歯です。
まだ、使えそうなので今回はこのまま経過を見ることにしました。

参考までに、21年前の治療費は
なんと2,530円・・・。
年間120円・・・。
そして、今回の治療費は
なんとなんとなんと3,510円・・・。
3割負担なら、あなたの支払いは1,100円・・・

ちなみに治療の予約時間は、1時間を確保しています。
アシスタントが一人付きっきりです。

 1,000円カットでおなじみの、 
格安美容室の相場は10分間で千円だそうです。

いかがですか?
歯医者さんが、夜逃げする理由が解りますよね・・・

丁寧な治療をすればするほど、首が絞まります。

参考までに、この虫歯を銀歯で修復すると治療時間は半分で充分です・・・。
診療報酬も、高いのです。
もっとも高いと言っても、利益は雀の涙ですが・・・。

あなたのお口の中が銀歯だらけの理由も解りますよね・・・。

でも私のように白いプラスチックで詰める歯医者さんが
良い歯医者さんで、
銀歯を詰める歯医者さんが
悪い歯医者さんと言っている訳ではありません。

白いプラスチックの詰め物も、丁寧に詰めなければ長持ちしないのです・・・。

日本の保険の診療報酬が、
異常に安いと言っているのです。

歯医者さんは、神様では無いのです・・・

生活のために働いています。
少しでも利益率が高く、効率の良い治療法を選択しているだけです。

 日本の歯医者さんは、頑張っているのです。

 昔のドラマでありましたが、
「同情するなら、金をくれ~!」
って言うのが、心の叫びです・・・。

一昨年のニュースでは、
アメリカで
人気ナンバーワンの職業が歯科医でした。
USニュースの話題です
https://paraft.jp/r000016000346

毎年常に、上位にランキングされています。

 では、日本はどうでしょう?
歯科大学は毎年定員割れです・・・。

 頑張れば頑張るほど赤字になる職業なんて、
人気が出るわけ無いですよね・・・
きれい事ではありません・・・。

いかがですか、歯科業界の裏事情です。

歯医者さん選びは難しいですね・・・
ではまた。

「入れ歯・インプラント専門治療」をまずはご覧ください

スマートフォン用ページはこちらをクリック!


入れ歯で成功する人失敗する人の違い。
おもいっきり噛めない人たちの理由とは?

「入れ歯とインプラントの裏話」


治療費の目安 入れ歯、インプラントのご相談から診断、治療までの費用と説明をご案内

スマートフォン用ページはこちらをクリック!


症例別治療費の目安

スマートフォン用ページはこちらをクリック!

●目黒歯科医院では入れ歯・インプラントなどの相談を受け付けております。
※詳細な診断をご希望される場合には、保険診療にてレントゲン撮影・歯周組織検査をお勧め致します。
現在の状態を詳細に把握することができ、それにより具体的な治療法のご提案が可能となります。
(健康保険の一部負担金は、3割負担の方で~3,500円程度です。相談料は、無料となります。)
※レントゲン撮影、歯周組織検査をご希望されない場合、具体的な治療法について提案が
できない場合があります。(こちらの相談をご希望される場合、一回3,000円の費用がかかります。)
Tel:0283-62-1125
電話でのお申込みは「入れ歯・インプラントの治療相談希望」とお伝えください!
メールでの入れ歯・インプラントの小冊子、カウンセリングのお申込みは
ここをクリック!

スマートフォン用 お申込みページはこちらをクリック!

Google +1
Google +1

目黒歯科医院

目黒歯科医院 院長 目黒 伸行

医院サイト:
http://www.meguro-shika.jp/

こんにちは。佐野市で唯一ドイツ式入れ歯を手がけ、難症例のインプラント治療にも対応する「目黒歯科医院」です。

当院には、歯のことで長年にわたって悩まれ、満足のいく入れ歯やインプラントの治療を求めて何軒も歯科医院をまわってこられた患者さまが多く来られます。宇都宮や県外からわざわざ来院されることも珍しくありません。
そんな患者さまのご期待に応えるために、できるだけお気持ちに寄り添い、満足いただける治療をご提供するために努力してきました。
本気で治したい、心から健康になりたいという方のご期待に応えること。理想の治療を求めてくださる方に、満足していただける治療をご提供することが私の願いであり、幸せでもあるのです。

院長 目黒伸行