« 2021年10月
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
2021年9月 4日

入れ歯ばかり勧める歯医者さんは、インプラント治療が苦手だって知ってますか?

 今回のお話は
「歯科オタクの診療日記・本日の1枚 2018/0725」
「実は、入れ歯治療ばかり勧める歯医者さんはインプラント治療が苦手です。」
です。
下の写真を見てください。
70代の患者様です。
16年前のレントゲン写真です。
上アゴは、総入れ歯です。
下アゴは、インプラントを支えに固定式の義歯を装着しました。
2330.jpg
下の歯です。
2331.jpg
正面写真です。
2332.jpg
数年前から、2本のインプラントに問題が発生しました。
埋め込んだインプラントが歯周病菌に感染したのです。
正確には、インプラントは人工物なので
インプランント周囲炎と呼びます。
定期的に、メンテナンスをして延命させていましたが
ついに限界が来ました・・・。
2333.jpg
残念ですが、保存不能です。
そのお隣も時間の問題です・・・。
2334.jpg
固定性の義歯を外します。
2335.jpg
今回は、真ん中のインプラント体だけを除去しました。
そして残り4本のインプラント体を利用して
何とか元通りに固定性の義歯を再装着出来ました。

しかし近い将来、インプラント周囲炎に感染している
もう1本のインプラントを失った時が問題です。
残された3本のインプラント体で固定性の義歯を支える事が
困難になるかもしれないからです・・・。

もちろん、再度インプラント体を埋め込む事も出来ます。
但し多くの場合、70代を過ぎると
体力的な理由や外科処置が嫌がられる事から
入れ歯を希望される場合がほとんどです。

長期間インプラント体を支えに固定式の義歯に満足されていた方でも、
再治療ではインプラント治療を選ばない患者様も多いのです。


 歯科業界はインプラント治療が最新で最善の治療法のように宣伝されているようですが
本当にそうなのでしょうか・・・?

 日本人の入れ歯に対するイメージが悪いので、
どうしても入れ歯が敬遠される傾向があるのも事実です。

 しかし高機能な入れ歯で快適に人生を楽しまれている方もたくさん居ます。

 怖い外科手術を我慢して、インプラントを埋め込み
固定性の義歯にどうしてもこだわる理由がありますか?

 年齢とともに、食生活も生活スタイルも変化します。
若いときは固定性の義歯にこだわっていた方でも、
高齢になると入れ歯を選ぶ方が増えて居ますよ。

「かかりつけの歯医者さんが、インプラントばかり勧めるので困る・・・」
というお話をよく耳にします。

 歯医者さんの裏事情ですが、
入れ歯が苦手だからインプラント治療を勧めている場合もあるのですよ・・・

歯医者さんが悪いのでは無く、日本の入れ歯の教育が時代遅れなのです・・・。

 私は、インプラントと入れ歯に優劣があるとは考えてはいません。
どちらも有効な治療法です。

 インプラント治療を否定して、入れ歯だけを勧めている先生にも疑問があります。
なぜなら、
今回の患者様のように、50代でインプラント治療を受けて70代で問題が発生。
お口の中に、インプラント体が残されている場合に
インプラント治療の経験が無いと、
残されたインプラント体に対する適切な対応ができません。
インプラント体を利用して、適切な入れ歯の設計が出来ないからです。

 現代では、毎日のようにインプラントを埋め込まれた患者様が初診で来院されます。
当たり前ですが、インプラントの知識無しでは済まされないのです・・・。


 あなたがもしもインプラント治療をお考えなら、
入れ歯の知識も豊富な歯医者さんが安心ですよ。

 インプラントを埋め込んでもらうなら、トラブルが起きても対処してくれる
豊富な経験を持った歯医者さんがお勧めです・・・。


歯医者さん選びは難しいですね・・・
ではまた。

「入れ歯・インプラント専門治療」をまずはご覧ください

スマートフォン用ページはこちらをクリック!


入れ歯で成功する人失敗する人の違い。
おもいっきり噛めない人たちの理由とは?

「入れ歯とインプラントの裏話」


治療費の目安 入れ歯、インプラントのご相談から診断、治療までの費用と説明をご案内

スマートフォン用ページはこちらをクリック!


症例別治療費の目安

スマートフォン用ページはこちらをクリック!

●目黒歯科医院では入れ歯・インプラントなどの相談を受け付けております。
※詳細な診断をご希望される場合には、保険診療にてレントゲン撮影・歯周組織検査をお勧め致します。
現在の状態を詳細に把握することができ、それにより具体的な治療法のご提案が可能となります。
(健康保険の一部負担金は、3割負担の方で~3,500円程度です。相談料は、無料となります。)
※レントゲン撮影、歯周組織検査をご希望されない場合、具体的な治療法について提案が
できない場合があります。(こちらの相談をご希望される場合、一回3,000円の費用がかかります。)
Tel:0283-62-1125
電話でのお申込みは「入れ歯・インプラントの治療相談希望」とお伝えください!
メールでの入れ歯・インプラントの小冊子、カウンセリングのお申込みは
ここをクリック!

スマートフォン用 お申込みページはこちらをクリック!

Google +1
Google +1

目黒歯科医院

目黒歯科医院 院長 目黒 伸行

医院サイト:
http://www.meguro-shika.jp/

こんにちは。佐野市で唯一ドイツ式入れ歯を手がけ、難症例のインプラント治療にも対応する「目黒歯科医院」です。

当院には、歯のことで長年にわたって悩まれ、満足のいく入れ歯やインプラントの治療を求めて何軒も歯科医院をまわってこられた患者さまが多く来られます。宇都宮や県外からわざわざ来院されることも珍しくありません。
そんな患者さまのご期待に応えるために、できるだけお気持ちに寄り添い、満足いただける治療をご提供するために努力してきました。
本気で治したい、心から健康になりたいという方のご期待に応えること。理想の治療を求めてくださる方に、満足していただける治療をご提供することが私の願いであり、幸せでもあるのです。

院長 目黒伸行