« 2021年9月
2021年7月 5日

歯を抜かないと矯正は無理だと言われた、小学生のお子さんをお持ちのお母さんへ!抜いちゃダメですよ!

 今回のお話は
「歯科オタクの診療日記・本日の1枚 2017/0816」
「歯を抜かないと矯正治療は無理だと言われた、小学生のお子さんをお持ちのお母さんへ!抜いちゃダメですよ!」

です。

 当院は入れ歯とインプラント治療に力をいれているので、
歯を失ってお悩みの方が毎日お見えになります。
そして来院される方の半数以上は、治療を終えられて、
メンテナンスや定期検診を継続されている方です。
もちろん、審美歯科や矯正治療などすべての治療にこだわりがありますよ。

と言うことで、本日の1枚です。
矯正治療中の患者様です。
あなたも見たことがあると思いますが、歯の表側に針金が装着されていますね?
一般的に矯正治療と言えば、下の写真のイメージですよね?
1565.jpg
もちろん当院でも、この装置は日常的に使用していますよ。
でも他院の矯正治療と大きく違う点があります。

それは、歯の表側に装着する針金で縛る装置は、
あなたのお子さんに乳歯が残っている時期は使用しない
という点です。

理由は、アゴの成長を邪魔するからです。

歯並びが悪い多くの子供達は、
アゴの成長が遅れているのに加えて、歯が内側に倒れています。

永久歯はもともと乳歯の内側から生えてきます。
お母さんのあなたが一番最初に歯並びの異常に気がつく、下の前歯が解りやすい例です。

少し考えれば誰にでも解ることですが、
成長が遅れて内側に倒れている歯を外側に起こすのに、
外側から針金で縛ったらどうなるでしょう・・・?
歯は、倒れたままです・・・起きませんよ・・・。

それなのに多くの歯医者さんは、
まだ乳歯が残っているのに歯の表側から針金で縛っています・・・。
その結果どうなるでしょう?

 せっかく乳歯が残っている小学生の間に矯正治療を開始したのに
永久歯に生え替わったら歯が並ぶ隙間が足りなくなり
「お母さん、残念ですが永久歯を4本抜かせてください・・・。
抜かないと歯が並ぶ隙間がありません・・・」

と宣告されるのです。

当院では、永久歯に生え替わっていても多くの場合は
最初から歯の表側から針金で縛ることはしません。

最初の写真の患者様の治療前はこんな状態でした。
写真の左上の少し出血している場所に、糸切り歯が埋まっていますよ。
まったく隙間が足りません・・・。このままでは、
120パーセント八重歯になります・・・。
1566.jpg
それを、内側から修正します。
1567.jpg
そして、あなたもよく知っている歯の表側から針金で縛って修正します。
八重歯にならずに済みましたよ!
1568.jpg
別の症例です。下の写真は以前も紹介しましたが、
他院で表側から縛って何年も治らなかった患者様です。
1569.jpg
ついに抜歯の宣告をされて怖くなって、矯正治療を中止して紹介で来院されました。
現在当院で再治療中ですが、内側から歯並びを整えていますよ。
1570.jpg
そして、乳歯がまだ残っているお子さんはこんな感じですよ。
定期検診で来院されました。
どこが問題か解りますか?
お母さんは、この子の歯並びの異常にまだ気がついていません。
もしかしたら、歯医者さんでも気がつかないかもしれませんよ・・・
1571.jpg
咬みあわせの面の写真です。
答えは、写真の前歯の真ん中から数えて2番目の歯が
1本飛び出ています・・・。

このままではどんどんひどくなりますよ・・・。

人間の歯は、後ろの歯に押されてどんどん前に移動してきます。
特に、永久歯に生え替わる時期は押される力が強いのです。

矯正治療の知識が乏しい歯医者さんは、
「永久歯に生え替わるまで待ちましょう」
と説明する場合が多いのですが、待っていてはダメです。

すぐに治療開始です。
まず、内側に矯正装置を装着します。
針金が装着されているのが解りますか?
1572.jpg
この装置が装着されていれば、これ以上悪くなることはありませんよ。
模型で見るとこんな感じです。
1573.jpg
1574.jpg
3Dリンガルアーチワイヤーと呼ばれていますよ。いかがですか?

小学生なのに、歯の表側から針金で縛る矯正をしている
お子さんをお持ちのお母さん!

大丈夫ですか?

かかりつけの歯医者さんに、歯を抜かないで歯が並ぶのか確認してますか?

もしかして、最初から永久歯に生え替わったら抜歯をする予定ですか?
もしもあなたのお子さんが、まだ乳歯が残っている小学生の時期なら、
多くの場合、歯を抜かないで矯正治療が可能です。

歯を抜いてからでは、手遅れです。
歯医者さん選びは、慎重にしてくださいね・・・。
ではまた。

●目黒歯科医院では入れ歯・インプラントなどの相談を受け付けております。
※詳細な診断をご希望される場合には、保険診療にてレントゲン撮影・歯周組織検査をお勧め致します。
現在の状態を詳細に把握することができ、それにより具体的な治療法のご提案が可能となります。
(健康保険の一部負担金は、3割負担の方で~3,500円程度です。相談料は、無料となります。)
※レントゲン撮影、歯周組織検査をご希望されない場合、具体的な治療法について提案が
できない場合があります。(こちらの相談をご希望される場合、一回3,000円の費用がかかります。)
Tel:0283-62-1125
電話でのお申込みは「入れ歯・インプラントの治療相談希望」とお伝えください!
メールでの入れ歯・インプラントの小冊子、カウンセリングのお申込みは
ここをクリック!

こちらもご覧ください
入れ歯とインプラントの裏話
https://www.meguro-shika.jp/diaryblog/

治療費の目安 入れ歯、インプラントのご相談から診断、治療までの費用と説明をご案内
https://www.meguro-shika.jp/2065price-list/

症例別治療費の目安
https://www.meguro-shika.jp/2055case/#riegel

Google +1
Google +1

目黒歯科医院

目黒歯科医院 院長 目黒 伸行

医院サイト:
http://www.meguro-shika.jp/

こんにちは。佐野市で唯一ドイツ式入れ歯を手がけ、難症例のインプラント治療にも対応する「目黒歯科医院」です。

当院には、歯のことで長年にわたって悩まれ、満足のいく入れ歯やインプラントの治療を求めて何軒も歯科医院をまわってこられた患者さまが多く来られます。宇都宮や県外からわざわざ来院されることも珍しくありません。
そんな患者さまのご期待に応えるために、できるだけお気持ちに寄り添い、満足いただける治療をご提供するために努力してきました。
本気で治したい、心から健康になりたいという方のご期待に応えること。理想の治療を求めてくださる方に、満足していただける治療をご提供することが私の願いであり、幸せでもあるのです。

院長 目黒伸行