« 2021年7月
2021年6月19日

安売りの歯医者さんがあなたに知られたくない、審美歯科の裏話・・・

1415.jpg
 今回のお話は
「歯科オタクの診療日記・本日の1枚 2017/0721」
「安売りの歯医者さんがあなたに知られたくない、
審美歯科の裏話・・・」

です。
 当院は入れ歯とインプラント治療に力をいれているので、
歯を失ってお悩みの方が毎日お見えになりますが、
審美セラミックの症例も豊富ですよ。

 と言うことで、本日の1枚です。
治療前の状態です。
奥歯の痛みでご来院されました。
診査の結果
咬みあわせの不良、
歯根が破折している可能性
等が疑われたために銀歯を除去しました。
1413.jpg
奥歯は抜歯も検討したのですが、
仮の歯で、咬みあわせを調整し
経過を観察したところ
違和感が消えたので
今回は保存する事にしました。

 但し、歯の状態は良くないので
全体で、弱い歯同士を連結固定して
ギブスのように補強する計画を立てました。

下の写真が、すべての冠を除去したところです。
1414.jpg
 今回は、最新の金属を使用しないオールセラミック冠 で計画しました。
さらに、弱い歯を守るためにすべての歯を連結固定します。
出来上がってきた、高強度のオールセラミックのフレーム です。
1415.jpg
一昔前は、オールセラミックの連結冠は連結可能な本数に制限がありました。
しかし現在では、CAD/CAMの技術が進歩して
今回のような、多数歯に及ぶ連結冠も製作可能になりました。

1416.jpg
裏側ですよ。
1417.jpg
コンピューターが自動でセラミックの大きなブロックから
フレームを削りだすのです。

 もちろん、歯科医師と歯科技工士さんが協力してして
丁寧な仕事をしなければ
いくら工作機械の精度が人間の精度を超えても
素晴らしい技工物が出来ないのは言うまでもありません。

 と言うことで、
真面目な歯医者さんと歯科技工士さんはこんな努力をしています。

 このセラミックのフレームとまったく同じ物を
変形の少ないプラスチックで製作するのです。
1418.jpg
それを、お口の中で試適して不具合を確認します。
1419.jpg
1420.jpg
1421.jpg
咬みあわせも確認しますが、
一番大切な事は、削られた歯にピッタリ合っているかです。

  当たり前ですが、
ピッタリ合っていなければ、虫歯になるからですよ!
つまり、歯と歯肉の境目がとても重要です。

 何カ所に不具合があったので、薄い緑色の樹脂で修正しています。この原型を元に、コンピューターが高精度でセラミックのフレームを削り出すのです。

ここで、確認することでミスを防ぐことができます。

 実は内緒の話ですが、
安売りの歯科医院ではこの工程はやってません・・・

 運良く修正箇所が無ければ良いのですが、
世の中そんなに甘くないですよ・・・。

 当院では再度、修正箇所をお口の中で試適して不具合が無ければ
本物のセラミックのフレームの製作にはいるのです。

あなたのために、
今日も手間暇を惜しまず頑張りますよ!

 ネットで見かける、
セラミックの安売りの歯医者さんは
手間暇をかけないから安いのですよ・・・。

 安かろう、虫歯になろう・・・では、
悲しいですよね

 さあ、ここからはセラミックのフレームに
巧みの技で、歯科技工士さんがセラミックを貼り付けるのです。

完成したら、ご紹介しますね。

でも技工士さんって、スゴいですよね~!

感謝感謝です。

ではまた。


Google +1

ページの先頭へ

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:

https://www.meguro-shika.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1332

Google +1

目黒歯科医院

目黒歯科医院 院長 目黒 伸行

医院サイト:
http://www.meguro-shika.jp/

こんにちは。佐野市で唯一ドイツ式入れ歯を手がけ、難症例のインプラント治療にも対応する「目黒歯科医院」です。

当院には、歯のことで長年にわたって悩まれ、満足のいく入れ歯やインプラントの治療を求めて何軒も歯科医院をまわってこられた患者さまが多く来られます。宇都宮や県外からわざわざ来院されることも珍しくありません。
そんな患者さまのご期待に応えるために、できるだけお気持ちに寄り添い、満足いただける治療をご提供するために努力してきました。
本気で治したい、心から健康になりたいという方のご期待に応えること。理想の治療を求めてくださる方に、満足していただける治療をご提供することが私の願いであり、幸せでもあるのです。

院長 目黒伸行