« 2021年7月
2021年6月18日

人は見た目が9割!お顔の変形は早期治療が鉄則です!

1411.jpg
 今回のお話は
「歯科オタクの診療日記・本日の1枚 2017/0718」
「人は見た目が9割!
お顔の変形は早期治療が鉄則です!」

です。

 当院は入れ歯とインプラント治療に力をいれているので、
歯を失ってお悩みの方が毎日お見えになります。

 でも、実は子供の矯正治療にも力を入れています。

特に、できる限り抜歯を避けるように工夫しています。

 そのため、他院で矯正治療のために抜歯の宣告を受けた方も
セカンドオピニオンで多くお見えになります。

 と言うことで、本日の1枚です。
この患者様は、他院で矯正治療中にアゴのズレを修正するために
下の前歯の抜歯を宣告され、不安になりご家族の紹介で来院されました。
以前のブログにも書きましたので、読んでくださいね。
「その歯医者さん危険ですよ!
大切なお子さんの歯を抜かれる前に私のお話だけでも聞いてください」

https://www.meguro-shika.jp/diaryblog/2021/06/post_75.html
1408.jpg
 この写真をよく見ると
下の歯が右にズレているのが解ると思います。

このまま放置すれば、ドンドン悪化しますよ。

その理由を説明しますね。

以前の記事にも書きましたが
アゴの発育には順番があるのです。

下アゴに主導権があります。

 あなたもご存じだと思いますが、
人間の歯は、上の歯の内側に下の歯が咬みこみます。

そうすることで、下の歯が咬みこむ刺激で上のアゴが成長するのです。

さらに、下アゴの成長は上の歯にコントロールされているのです。

 上アゴは、下の歯の刺激が無いと成長が遅れます。

 下アゴは、上の歯に抑えてもらわないと
過度に成長してしまうのです・・・。

受け口や左右的なアゴのズレは、できる限り早期に治療が必要です。
1409.jpg
具体的には、4歳前後から開始すべきですよ!

そうしないと、顎変形症と呼ばれる骨格的な問題に発展して
お顔が変形してしまうのです・・・。
1410.jpg

 今回の患者様もまだ10代です。
成長発育の途中です。
まだ間に合います!
と言うことで、急いで治療開始です。

 歯医者さんへの
不信感を払拭するために頑張ります!

まずはじめに、アゴのズレを修正する装置を装着しました。
3Dリンガルアーチワイヤーと呼びます。
1411.jpg
この装置で、奥歯の反対咬合を改善していきます。
1412.jpg
 年内には、
アゴのズレを改善する事を目標にしています。

また、ご報告しますね。

矯正治療で
お子様の歯を抜かれたくないあなた、
是非ご相談ください。

Google +1
Google +1

目黒歯科医院

目黒歯科医院 院長 目黒 伸行

医院サイト:
http://www.meguro-shika.jp/

こんにちは。佐野市で唯一ドイツ式入れ歯を手がけ、難症例のインプラント治療にも対応する「目黒歯科医院」です。

当院には、歯のことで長年にわたって悩まれ、満足のいく入れ歯やインプラントの治療を求めて何軒も歯科医院をまわってこられた患者さまが多く来られます。宇都宮や県外からわざわざ来院されることも珍しくありません。
そんな患者さまのご期待に応えるために、できるだけお気持ちに寄り添い、満足いただける治療をご提供するために努力してきました。
本気で治したい、心から健康になりたいという方のご期待に応えること。理想の治療を求めてくださる方に、満足していただける治療をご提供することが私の願いであり、幸せでもあるのです。

院長 目黒伸行