« 2021年7月
2021年6月16日

インプラントにしたいけど、前歯が無くなるのは死んでも嫌なあなた!こんな治療法もありますよ!

1393.jpg
 今回のお話は
「歯科オタクの診療日記・本日の1枚 2017/0719」
インプラントにしたいけど、前歯が無くなるのは死んでも嫌なあなた!
仮の歯専用のインプラントをご存じですか?

です。

 当院は入れ歯とインプラント治療に力をいれているので、
歯を失ってお悩みの方が毎日お見えになります。

 初めて1本の歯を失うことになった方から、
重傷の歯周病で、他院では治療不能と宣告されたような
すべての歯を失いかけている方まで様々です。

 そのような方の中には、
歯にコンプレックスがあったり、
歯科恐怖症で通院できず
症状を悪化させてしまった方も多いです。

  悪くなればなるほど、
こんなになるまで放置してしまった事を
歯医者さんに

「叱られるのかしら・・・?」

とか、

「総入れ歯って、言われたらどうしよう・・・」

みたいな、とても不安な気持ちになるのでしょう・・・。

 今回の患者様もそのような方でした。
初診時の状態は、こんな感じでした。
すべての歯が、重度の歯周病でグラグラでした・・・。
1387.jpg
咬みあわせの面は、こんな感じです。
1388.jpg
1389.jpg
 歯周病で少しずつ歯を失い、
歯を失うだけで無く、
自信や笑顔まで無くしたようだとお話されていました。

 そこで、もう一度自信を取り戻すために、
失われた歯の治療を決心されたそうです。

 そしてインターネットで、歯医者さん選びをしていたところに
縁あって、私のブログをご覧になり来院されたのです。

任せてください!

私が何とかします!

 と言うことで、
治療終了は、まだまだ先ですが、
本日までの治療経過です。

 まずは、歯周病の治療から開始し歯の負担を軽減するために
仮の歯を装着しました。

 何故なら歯周病の上の歯は、
下の歯に、突き上げられるので守る必要があるからです。

保護するために、仮の歯でギブスのように連結補強して安静をはかります。
いかがですか?
見た目もずいぶん良くなりましたよ。
1390.jpg
 下の歯は、咬みあわせの面の乱れを改善するために
矯正装置を装着しています。

 歯並びが悪いと、
歯周病が改善しないからです・・・。

最善を尽くします。

 歯を失った場所の機能回復は、
ドイツ式入れ歯とインプラント治療の両方を検討し
利点と欠点を詳しくご説明させて頂きました。
最終的には、インプラントで機能回復を図る設計となりました。
下の写真が、インプラントを埋め込む前の状態です。
1391.jpg
インプラントの埋め込み手術後です。
歯を抜いた穴に、すぐに埋め込む技術を使いました。
抜歯即時埋入法と言います。

 
 あなたの利点は、抜歯とインプラント埋め込みが1度で終える事ができます。
嫌な手術を減らせるのです。

1392.jpg
 手術後は、装着していた仮の歯を戻すので
見た目はほとんど変わりません。
埋め込み手術後のレントゲン写真です。
4本のインプラントを埋め込みました。
1393.jpg
 今回は、奥歯のアゴの骨が薄いので最後方の
インプラント体を斜めに埋め込みました。(ハの字に傾斜させています)

 傾斜埋入法 という、埋め込み技術ですよ。
意図的に斜めに埋め込む事で、アゴの骨を有効に利用できます。

 垂直的な骨の厚みが足りない時は、骨の移植が必要ですが、
リスクの高い骨の移植を避ける事が可能です。

 この方は最終的には、追加でもう2本(計6本)埋め込む予定ですが、
手術を2回に分けました。

 理由は、仮の歯を固定する歯が必要だからです。

患者様の見た目が、これ以上悪化するのを避けるためです。

 参考までに、オールオン4という名前で呼ばれているインプラント治療があるのですが、
この治療法は、埋め込み直後に定着していないインプラントに力をかけてしまう方法です。
1394.jpg
リスクが高い治療法です。

 当院でも15年前から取り入れていますが、
現在ではできるだけ埋め込んだインプラントに
負担が少ない治療法を最初に検討します。
 今回も、少ない天然の歯を利用して
最低限の見た目の問題をクリアしました。

 最近では、仮の歯を固定するためだけの
専用のインプラントも普及しています。
下の写真は別の症例です。
6本のインプラントの間に
3本の仮の歯専用の細いインプラントが埋め込まれています。
1395.jpg
そこに、固定性の仮の歯を装着するのです。
最終的に使用するインプラントは安静にします。
1396.jpg
治療終了後です。
1397.jpg
 オールオン4のように、無理をして定着していないインプラントに
負担を与える必要は無いのです。

 安全を最優先して、治療計画を検討します。

 今回は、天然の歯を上手く利用して見た目の問題をクリアしながら、
約8~12週間まちます。

 そして埋め込んだインプラントが定着したら、
インプラントを支えにした仮の歯に変更します。

 その後に、2本のインプラントを追加で埋め込むのです。

なんとなく解りましたか?


 当院は、あなたのリスクが最小限になるように、
最善を尽くします。

是非ご相談下さい。

ではまた


Google +1
Google +1

目黒歯科医院

目黒歯科医院 院長 目黒 伸行

医院サイト:
http://www.meguro-shika.jp/

こんにちは。佐野市で唯一ドイツ式入れ歯を手がけ、難症例のインプラント治療にも対応する「目黒歯科医院」です。

当院には、歯のことで長年にわたって悩まれ、満足のいく入れ歯やインプラントの治療を求めて何軒も歯科医院をまわってこられた患者さまが多く来られます。宇都宮や県外からわざわざ来院されることも珍しくありません。
そんな患者さまのご期待に応えるために、できるだけお気持ちに寄り添い、満足いただける治療をご提供するために努力してきました。
本気で治したい、心から健康になりたいという方のご期待に応えること。理想の治療を求めてくださる方に、満足していただける治療をご提供することが私の願いであり、幸せでもあるのです。

院長 目黒伸行