« 2021年7月
2021年6月13日

たった1本の歯の治療が原因で、顎関節症になるって知ってますか?

1374.jpg
 今回のお話は
「歯科オタクの診療日記・本日の1枚 2017/0712」

たった1本の歯の治療が原因で、顎関節症になるって知ってますか?
です。

あなたは歯医者さんで、こんな経験はありませんか?

例えば、右側に銀歯を装着してから、左側で食べにくくなった・・・

 そのうち、アゴの関節までコキコキ音が出てきて
ひどいときにはアゴが痛くて、口が開かない・・・

 アゴが外れそうで、怖くて大きく口が開けられない・・・

 気のせいか、肩こりや首が痛くなってきた・・・
頭痛もする・・・

 鏡を見ると、最近何だか顔が曲がってきた気がする・・・

 咬みあわせが不安定で、どこで咬んだら良いか解らない・・・

 自分なりに咬みやすい場所を探して適当に咬んでいたら、
強く当たる奥歯がグラグラしてきた・・・。

 不安で、かかりつけの歯医者さんに相談しても、

「○○さんの咬みあわせは、特に問題ないです。様子を見ましょう」

そして、

「そんなに気になるなら顎関節症かも知れないので、大学病院を紹介しましょうか?」
って、言われる・・・。

 仕方が無いのでネットで調べたら、
顎関節症の手術の記事を見てしまって怖くなってしまった・・・。

というような感じです。

いくつか当てはまりませんか?

 今回の患者様もそんな患者様の一人でした。
当院の患者様のご紹介で来院されました。
下の写真が治療前です。
1364.jpg
ご本人が気にされていたのは、奥歯がグラグラするので見て欲しいとのことでした。
1365.jpg
1366.jpg
 残念ながら奥歯はとても状態が悪く保存できませんでした。
もっと早く処置していれば、抜かないで済んだかもしれません・・・。
期待にお応えできずにすいませんでした・・・。

 さて、あなたも(多くの歯医者さんも)そうだと思いますが、
多くの人は、歯がグラグラしていたら、
グラグラしているその歯の事しか考えません・・・。

「歯周病でグラグラしているのかしら?」
みたいな感じです。

 あなたは
「何が悪いのって?」
って思われると思います。

もちろんグラグラしている直接の原因は、
歯周病かもしれません。

 でも真面目な先生は、歯がグラグラするまで悪化させた
別の原因を考えるのです。

 以前の記事にも書きましたが、
歯周病を急激に悪化させる原因は、
不安定な悪い咬みあわせです。

グラグラしている歯に、
咬む力が集中したために悪化したのです。

専門的には、咬合性の外傷と呼びますよ。

 歯周病で炎症がある歯に暴力的な咬む力が集中して、
症状が悪化するのです。

 その悪化した間接的な原因を除去しなければ、
歯周病は改善しないのです・・・。

 あなたに解りやすい例で歯周病で説明しましたが、
もしも歯周病が無ければ
強い力で歯にヒビが入りそこから虫歯になります。
多くの虫歯の原因も実は、不適切な咬みあわせなのです。

最悪の事態は、歯が折れて抜歯になるのです・・・。

 さらにさらに、今日あなたに装着された
たった1本の銀歯の噛み合わせの不良により、
あなたが気がつかない無意識に、アゴの動きが障害を受けて
顎関節症を引き起こす可能性もあるのです。

 あなたは、歯医者さんでこんな事を言われた事がありませんか?

「○○さん、この歯はグラグラですが
抜かないで使えるだけ使いましょう・・・」

「1年くらいは、使えるかもしれませんよ・・・」

みたいな感じです。

歯を残してくれる、良心的な歯医者さんですよね・・・?

 でもよく考えてください。

 もしかしたら、悪い咬みあわせの力を取り除けば
あなたのグラグラの歯は、何年もずっと使えるかもしれないのですよ・・・。

 目の前の歯医者さんが、咬みあわせの知識が無いために
あなたの歯がグラグラになった本当の原因に
気がついていないだけかも知れないのです・・・。

歯がグラグラしてきたり、虫歯になったら悪い咬みあわせかもしれませんよ・・・?

 では今回の患者様の経過です。
この方が奥歯を失った原因は悪い咬みあわせでした。

 ご本人も不安定な咬みあわせを自覚されていたのですが、
かかりつけの先生に相談しても、問題が無いとの解答だったそうです・・・。

 でもトレーニングを受けている歯科医なら、
簡単な診査でズレの有無を確認できます。

 初診時に、患者様に咬みあわせのズレを指摘したら、
驚かれていました。

 お顔はお見せできませんが、
ご本人は顔が曲がっているのをとても気にされていました。

 正確には、
咬みあわせが狂っているためにお顔の筋肉が歪み、
顔貌が左右非対称になっているのです。

 例えば、
右ばかりで咬んでいる人は、
左半分の顔の筋肉がたるんでしまうのです。

 そこで、咬みあわせのズレを修正しました。
具体的には、奥歯の不良な銀歯をすべてやり直しました。
お顔の歪みも改善されましたよ。

 そして噛み合わせと審美性の改善のために
前歯の再治療も行いました。

 下が治療前の写真です。
他院でセラミックの高額な歯が装着されていますが、
仕方がありません、冠を外します。
1367.jpg
結果的には、中も虫歯になっていました。
1368.jpg
さらにレントゲンで診査すると、根っこの治療が不十分で膿んでいます・・・。
ずっと、違和感があったそうです・・・。
1369.jpg
1370.jpg
ここで問題発生です。金属の太い土台が装着されています。
白く見えるのがその土台ですよ。
この土台を外さないと根っこの消毒が出来ません・・・。
しかし土台を外すときに根っこが折れたら、抜歯です・・・。

でも、頑張りましたよ。
細心の注意を払って、土台を外します。
1371.jpg
そして、薬の詰め直しです。
あなたには見えないところですが、手を抜きませんよ!
違いが解りますか?
1372.jpg
さらに、お隣の歯もやり直しです。
1373.jpg
そして、金属の土台から最新のグラスファイバーの芯を使った
強化樹脂の土台に入れ替えます。
根っこが割れるのを少しでも防いで延命したいからです。

右端の1本は、リスクが高すぎるので土台を外すのをあきらめました。
1374.jpg
そして、いつものように仮の歯で形を確認します。
1375.jpg
そして、完成です。
周りの歯に合わせて、自然な感じに仕上げました。
1376.jpg
参考までに、治療前です。
あなたの好みはどちらですか?
1377.jpg
最後は、下の奥歯で終了です。
治療が終了したら、またお見せしますね。

いかがですか?
正しい歯科治療は、
ただ単に高価なセラミックの
白い歯にすれば良いのではありません。

 歯周病治療、根っこの治療、
正しい咬みあわせの治療などの総合的な力が必要です。

 でも残念ながら、
総合的な力を持っている歯医者さんはとても少ないのです。

綺麗な白い歯を入れても、
顎関節症を引き起こして、
アゴの痛みやカクカクしてきたりでは本末転倒です。

悪い咬みあわせは、不定愁訴と呼ばれる
偏頭痛、首、肩のコリなど様々な身体の不調に関係しているのです。

 まして、せっかく白い歯にしたのに
お顔が曲がってるなんて・・・

歯科治療の基本は、咬みあわせです。

インプラントや最先端の入れ歯や最新のセラミックは、単なる治療の手段です。

正しい咬みあわせの知識があって初めて良い結果が出るのです。

あなたのかかりつけの先生は大丈夫ですか?

歯医者さん選びの参考にしてくださいね!

ではまた


Google +1
Google +1

目黒歯科医院

目黒歯科医院 院長 目黒 伸行

医院サイト:
http://www.meguro-shika.jp/

こんにちは。佐野市で唯一ドイツ式入れ歯を手がけ、難症例のインプラント治療にも対応する「目黒歯科医院」です。

当院には、歯のことで長年にわたって悩まれ、満足のいく入れ歯やインプラントの治療を求めて何軒も歯科医院をまわってこられた患者さまが多く来られます。宇都宮や県外からわざわざ来院されることも珍しくありません。
そんな患者さまのご期待に応えるために、できるだけお気持ちに寄り添い、満足いただける治療をご提供するために努力してきました。
本気で治したい、心から健康になりたいという方のご期待に応えること。理想の治療を求めてくださる方に、満足していただける治療をご提供することが私の願いであり、幸せでもあるのです。

院長 目黒伸行