« 2022年4月
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
2021年3月23日

歯科医師が患者さんに教えたくない、良い歯医者さんの見分け方 その②

「歯科医師が患者さんに教えたくない、
 良い歯医者さんの見分け方 その②」

前回は、
あなたが通っている歯医者さんが、
真面目な歯医者さんかどうかの、
決め手になるほどの、超~大事な器械のお話でしたね。

その名前は、

「咬合器」

と言います。
309.jpg
その続編です。

簡単に前回の復習をしますね。

この咬合器と言う器械は、
私達が、あなたの歯を作ったり、
咬み合せの不具合を診断したりする時に使用します。

この器械を使用する目的は、

人間のアゴは、非常に複雑な動きをするのですが、
その動きを忠実に再現する事が可能なので、

①正確な、咬み合せの診断が可能になります

②あなたの歯を作る時に、アゴの動きに調和した
歯を作る事が可能になります。

③精度の高い歯を、製作する事が可能になります。

正確な、咬み合せの診断や精度の高い歯を
製作するためには、必需品なのです。

そこで、今回のお話です。

とても優れた咬合器という道具ですが、

実はこの器械だけでは、
本来の性能を100%発揮することができないのです・・・。

ある道具を使って、
ある作業をしてあげないといけないのです・・・。

その道具が下の写真です。
310.jpg
名前をフェイスボウと言います。

こんな感じで使います。
311.jpg

312.jpg
何か、大変そうですが、痛くも痒くもありませんよ!

5~10分程度の作業です。

この作業を、

フェイスボウトランスファー

と呼んでいます。

何のためにこの作業をするのかと言うと、

この咬合器と言う器械は、
あなたの歯型が、正確に身体の中心の軸に一致した、
器械の中心に装着されて
初めて、100%の性能が出せるのです。

そのために、

身体の中心の軸と、
アゴの位置を正確に記録する必要があるのです。

間違った位置に歯型が装着されると、
デタラメな咬み合せになってしまうのです。

下の写真は、咬合器に入れ歯を製作するための
模型が装着されているところです。

きちんと、器械の中心に装着されていますね!
313.jpg

参考までに、下の写真を見てください。
314.jpg
前歯が、向かって左側に傾いているのが解りますか?

この写真のように、
たとえ咬合器を使用して歯を作っても、
身体の中心の軸と異なった位置に傾いて
歯型が装着されていれば、
出来上がりも傾いてしまうのです・・・。

宝の持ち腐れですよね・・・

何となく、解りますか・・・?

難しいことは、私に任せてもらえれば良いのですが、
私の医院に通院できない、あなたのために、
真面目な歯医者さんの見分け方を、こっそり教えますね!

歯医者さんで、
高額な治療をお願いする時に
質問してくださいね!

それでは、歯医者さんへの質問です、

①先生の医院は、咬合器をお持ちですか?

②フェイスボウトランスファーも
してもらえますか?

真面目な歯医者さんなら、喜んで説明してくれますよ~!

それ以外の歯医者さんは、目が点になります・・・。(笑)

実は、この作業(フェイスボウトランスファー)をしている
歯科医師の数は、
日本では5%以下と言われています・・・。

セミナー講師をされてるような高名な先生や、
学会の認定医を自慢している先生ですら、
ほとんどやっていません・・・。

なぜそんな事が言えるのかと言うと、
有名な先生が歯の製作を依頼している
歯科技工士さんが私の知人だからです。
そもそも学会の認定医なんて、
まったくあてになりませんよ・・・。

そんな肩書より、やるべき事を真面目にやってる先生が
お勧めですよ。
もちろん、自己流はだめですよ!(笑)
もし、私で良ければ相談してください。
これでも、結構真面目に仕事してますから~
ではまた。
b03.JPG
b01.jpg
bb01.jpg

▼入れ歯・インプラントのご相談から診断・治療までの費用と説明をご案内▼
●料金ご案内はこちら
●症例別ご案内はこちら

●目黒歯科医院では入れ歯・インプラントなどの相談を受け付けております。
※詳細な診断をご希望される場合には、保険診療にてレントゲン撮影・歯周組織検査をお勧め致します。
現在の状態を詳細に把握することができ、それにより具体的な治療法のご提案が可能となります。
(健康保険の一部負担金は、3割負担の方で~3,500円程度です。相談料は、無料となります。)
※レントゲン撮影、歯周組織検査をご希望されない場合、具体的な治療法について提案が
できない場合があります。(こちらの相談をご希望される場合、一回3,000円の費用がかかります。)

b10.png
メールでの入れ歯・インプラントの小冊子、カウンセリングのお申込みは
ここをクリック!

入れ歯の悩み.jpgのサムネール画像

ドイツ式入れ歯の書籍もあります。
友人の嶋倉院長が写真付きで詳しく解説しています。

ご興味のある方はAmazonや書店での販売もされています。
また、当院で貸出もしていますので気になる方はお気軽にお声かけください。

入れ歯の悩みが一生消える
ドイツ式テレスコープシステム

著者:嶋倉 史剛
価格:¥1,650(税込)
出版社:みらいパブリッシング

★アクセス・診療時間はこちら

icmap-blog.png
北関東自動車道「佐野田沼IC」車で2分

Google +1

ページの先頭へ

目黒歯科医院

目黒歯科医院 院長 目黒 伸行

医院サイト:
http://www.meguro-shika.jp/

こんにちは。佐野市で唯一ドイツ式入れ歯を手がけ、難症例のインプラント治療にも対応する目黒歯科医院院長 目黒伸行です。

「もしも、目の前のあなたが自分の家族だったら、こんな治療をしてあげたい」「もしも、自分が患者さんだったら、絶対にこんな治療を選ぶだろう」そんな世界標準の歯科医療の情報をお伝えします。

当院には、歯のことで長年にわたって悩まれ、満足のいく入れ歯やインプラントの治療を求めて何軒も歯科医院をまわってこられた患者さまが多く来られます。宇都宮や県外からわざわざ来院されることも珍しくありません。
そんな患者さまのご期待に応えるために、できるだけお気持ちに寄り添い、満足いただける治療をご提供するために努力してきました。
本気で治したい、心から健康になりたいという方のご期待に応えること。理想の治療を求めてくださる方に、満足していただける治療をご提供することが私の願いであり、幸せでもあるのです。

院長 目黒伸行

Google +1