« 2021年9月
2018年2月26日

歯ブラシと歯間ブラシの連続技

こんにちは、目黒歯科医院です。
今日は歯ブラシと歯間ブラシの連続技について少しお話していきます。

皆様は、歯磨きをするときに、歯間ブラシや糸ようじ(フロス)を使用しますか?

たぶん、答えは人によってまちまちだと思います。

「たまにフロス(または歯間ブラシ)を使うかな」
「毎日、最低でも一回は使っています」
「まったくやってないよ」
「気づいたらやるようにしています」

たぶん、ざっくりあげるとしたらこの辺のお答えが多いのではないでしょうか?

この中で一番良い答えは「毎日最低でも一回はフロス(歯間ブラシ)を使用しているよ」と言う方です。
まず、フロスや歯間ブラシの習慣が無い方は習慣をつけることから始めていきましょう。

さて、歯間ブラシやフロスを使用している方も、さらに有効な使い方があるので、ここもちょっとお話していきましょう。

では、歯間ブラシやフロスを使用されている方は、歯磨きの後と前、どちらにフロス(歯間ブラシ)を使用していますか?

歯ブラシの前に使用している方、後に使用している方。
ここで意見が割れてくると思います。

そして、目黒歯科医院では、歯間ブラシは歯磨きの前に使用することをオススメしています。

それは、なぜかというと・・・。
皆様は歯磨き粉など、使用することが多いと思います。
歯磨き粉にはフッ素を筆頭に、さまざまな薬液が配合されています。
その時、歯と歯の間に汚れが詰まっていると、歯の間に、しっかりと薬液が入って行ってくれません。
イメージとしては、細かい所からお掃除して、最後に歯ブラシでしっかり磨くような感じですね。

せっかく歯間ブラシや、フロスを使用していただいているなら、効果的な方が良いですよね?

是非、フロスや歯間ブラシを歯ブラシの後にやっている方は、順番を逆にしてみてください。

また、フロスや歯間ブラシを使ったことが無いから解らないといった方は、是非一度目黒歯科医院にお越しください。
スタッフが歯間ブラシのサイズの確認やフロスの入れ方などを詳しくお話させていただきます。

●目黒歯科医院では入れ歯・インプラントなどの相談を受け付けております。
※詳細な診断をご希望される場合には、保険診療にてレントゲン撮影・歯周組織検査をお勧め致します。
現在の状態を詳細に把握することができ、それにより具体的な治療法のご提案が可能となります。
(健康保険の一部負担金は、3割負担の方で~3,500円程度です。相談料は、無料となります。)
※レントゲン撮影、歯周組織検査をご希望されない場合、具体的な治療法について提案が
できない場合があります。(こちらの相談をご希望される場合、一回3,000円の費用がかかります。)
Tel:0283-62-1125
電話でのお申込みは「入れ歯・インプラントの治療相談希望」とお伝えください!
メールでの入れ歯・インプラントの小冊子、カウンセリングのお申込みは
ここをクリック!

こちらもご覧ください
入れ歯とインプラントの裏話
https://www.meguro-shika.jp/diaryblog/

治療費の目安 入れ歯、インプラントのご相談から診断、治療までの費用と説明をご案内
https://www.meguro-shika.jp/2065price-list/

症例別治療費の目安
https://www.meguro-shika.jp/2055case/#riegel

Google +1

ページの先頭へ

Google +1

目黒歯科医院

目黒歯科医院 院長 目黒 伸行

医院サイト:
http://www.meguro-shika.jp/

こんにちは。佐野市で唯一ドイツ式入れ歯を手がけ、難症例のインプラント治療にも対応する「目黒歯科医院」です。

当院には、歯のことで長年にわたって悩まれ、満足のいく入れ歯やインプラントの治療を求めて何軒も歯科医院をまわってこられた患者さまが多く来られます。宇都宮や県外からわざわざ来院されることも珍しくありません。
そんな患者さまのご期待に応えるために、できるだけお気持ちに寄り添い、満足いただける治療をご提供するために努力してきました。
本気で治したい、心から健康になりたいという方のご期待に応えること。理想の治療を求めてくださる方に、満足していただける治療をご提供することが私の願いであり、幸せでもあるのです。

院長 目黒伸行