インプラントで、失われた自信を取り戻しませんか?

「重度の歯周病で総入れ歯の宣告を受けて、鬱病になりそうなあなたへ!
インプラントで、失われた自信を取り戻しませんか?」

50代の患者様です。
重度の歯周病の患者様です。
当院の患者様のご紹介で来院されました。

治療前の状態です。


上の歯の咬みあわせの面です。

下の歯の咬みあわせの面です。

この方は重度の歯周病です。
診査の結果は、保存可能な歯は2~3本しかありませんでした。

そこで、ドイツ式入れ歯とインプラント療法の利点と欠点をご説明しました。

①年齢的にも入れ歯に抵抗がある。
②まだまだお若くて元気なので、インプラント治療では避けられない外科処置も頑張って頂ける。
③現役でお仕事をバリバリされている方なので、接客中に入れ歯が外れる心配をするのは絶対に嫌だ。
④入れ歯の違和感や、発音のしづらさがとても心配

ということでした。

そこで今回は、上下共にインプラント治療で固定式の歯を蘇らせる計画をたてました。
では、治療経過です。
上下のアゴにインプラントを埋め込みます。

上のアゴです。

下のアゴです。

そして、いつも通りに仮の歯で最終の形を再現して、患者様と一緒に仕上がり具合を確認します。
ここが一番大切です!
きちんと仮の歯を製作してくれる歯医者さんにお願いして下さいね!




患者様と相談の結果、この形で決定しました。

そして、完成です。
治療前後で比較してみますね。
治療後の正面写真です。

治療前は、こんな感じです。

横から見ると

咬みあわせの面は、



術後のレントゲン写真です。

治療前は

いかがですか?
この患者様は、奥歯の骨の厚みが薄かったので通常ではインプラント治療が不適応な症例です。
もちろん、リスクを覚悟で骨の移植をしてインプラントを埋め込む事も可能です。

今回は、できる限り安全な方法を検討した結果、インプラントを傾斜させて埋め込む技法を採用しました。
傾斜埋入法と呼びます。

手術も、リラックスする安定剤を点滴しながら行いますから、ウトウトしている間に終了です。
ちっとも怖くありません。

重度の歯周病で、すべての歯を失ったあなた!
総入れ歯がどうしても耐えられないあなた!
外科処置が怖くて、インプラント治療を避けていたあなた!

あきらめないで、インプラント治療を検討してみませんか?
もちろん、入れ歯にするかインプラント治療にするかはあなた次第です!

どちらも素晴らしい治療法ですよ!
お悩みのあなた、是非ご相談下さい!

カウンセリングをおこなっております

無料カウンセリングをおこなっております