失敗しない総入れ歯【ドイツ式総入れ歯・シュトラックデンチャー】

総入れ歯治療で失敗したくないあなたへ!骨隆起は除去しないでください!
企業秘密ですが、世界初の歯型採りをご紹介します。

下の写真を見て下さい。
70代、男性です。インターネットで検索され、来院されました。
自費総入れ歯の患者様です。
ドイツ式総入れ歯、シュトラックデンチャーの症例になります。

上アゴの写真です。

さて、この患者様の上アゴには特徴があります。
どこだとおもいますか?
ヒントは、画像の左側、中央付近です。
では、答えを下の画像でお見せします。

発見できましたか?
分かりやすいように角度を変えてみましょう。

何やら、膨らみがあります。
それも、左右で3つもあります。

これは、骨隆起と呼ばれる骨の出っ張りです。
病的な物では無いので、心配はいりません。通常は、何もしません。

でも、総入れ歯の治療時、一般的には歯医者さんは嫌がります。
理由は、入れ歯の外形が上手く作れないからです。
歯型も上手く採りにくいです。

そのために、歯医者さんによっては外科的に除去を勧める場合も多いです。
でも、私の考えは全く違います。

この膨らみを逆に利用して、入れ歯の安定性向上に利用します。

総入れ歯のクレームの多くは、入れ歯がユルいというものです。
上アゴの入れ歯なら、落っこちるというクレームです。

下の写真を見て下さい。
歯型の写真を逆さまにしました。喉の方から見ている状態です。

上の入れ歯なので、当然入れ歯は落っこちないように重力に抵抗しています。
ここで少し考えてください、

もしもこの膨らみに入れ歯が引っかかれば落っこちませんよね・・・。
とても、役に立つのです。

ということで、
世界初の歯型採りで入れ歯の製作に入ります。
最初にお見せした歯型から、さらにあなた専用の個人トレーを呼ばれる器具を製作します。

下の写真が上アゴ用です。

下の写真が、下アゴ用です。
企業秘密ですが、お見せします。
下あごには、3カ所にピンが埋め込まれています。

そして、下の写真を見て下さい。
何か、落書きがありますね?

これは、ゴシックアーチと呼ばれるアゴの動きの軌跡です。
カラスの足跡みたいですね。
これで、咬みあわせの中心を探すのです。

ちなみに、歯医者さんの人生で、
一生ゴシックアーチを採らないで終る人がほとんどです。

下の写真が、咬みあわせの中心です。
青い丸印の部分です。

この中心で、しっかり咬み合うのを確認しています。

そして、この咬みあわせの中心で上下顎同時に歯型を採ります。
当院の歯型採りは、恩師の稲葉繁教授が発案された治療法です。

上下の歯型を同時に採得、さらにお口のスペースを全て記録できます。
何だか意味不明だと思いますが、
全ての歯を失った方の総入れ歯治療は、歯科治療の最高難度、最高峰です。

知識と技術の見せ所なのです。
情報量は多いほど、完成度が上がります。
まさに、画期的な歯型採りなのです。
但し、とっても難しいです。

入れ歯のベテランのあなたは、歯医者さんで歯型採りの経験が沢山あるはずです。
でも、上の歯型と下の歯型は別々に採ったはずです。


横から見ると、上下が一体化されていますよ。

それを、咬合器と呼ばれる器械に装着したところです。

途中の製作過程は、省略しますね。
そして、仮合わせをして確認します。

そして、完成です。






関連リンク

カウンセリングをおこなっております

無料カウンセリングをおこなっております