ドイツ式入れ歯(テレスコープ)の症例

リーゲルテレスコープ・レジリエンツテレスコープ(天然歯のみを利用した症例)

「あなたにインプラント治療ばかり勧める歯医者さんは、危険です」
3本の歯しか残っていない上アゴはレジリエンツテレスコープで対応しました。
5本の歯が残っている下アゴはリーゲルテレスコープ式入れ歯を入れました。

【解説】
佐野市在住、
60代、男性の患者さまです。

お口の中の総合的な治療を希望されて来院されました。

初診時の正面写真です。
症例

右横から見た写真です。
症例

左横から見た写真です。
症例

診断の結果は、上アゴが3本、下アゴが5本しか保存できませんでした。
ご希望は、
「インプラントはやりたくない」
「入れ歯で最善の治療法を希望したい」との事でした。

そこで、上の入れ歯は、残りの歯が3本以下の方に特にお勧めのレジリエンツテレスコープ式、下の入れ歯はリーゲルテレスコープ式
ドイツ式部分入れ歯を装着しました。

下の写真は、上の歯の冠をすべて除去したところです。
症例

内冠と呼ばれる内側の冠を装着しました。
症例

そこに外冠と呼ばれる、外側の冠(入れ歯)が装着されます。
症例

入れ歯の裏側です。
症例

下の写真は、下の歯の冠をすべて除去したところです。
症例

下の歯に、内冠と呼ばれる内側の冠を装着しました。
症例

そこに外冠と呼ばれる、外側の冠(入れ歯)が装着されます。
症例

回転レバーを開くと、入れ歯が外れる仕組みです。
症例

見た目も、とても綺麗になり何でも食べられるとお喜び頂けました。
治療後の正面写真です。
症例

模型だとこんな感じです。内冠です。
症例

模型だとこんな感じです。内冠です。
症例

回転レバーを開いた状態です。
症例

いかがですか?最先端のドイツ式入れ歯です。

■治療内容
上アゴ レジリエンツテレスコープ
下アゴ リーゲルテレスコープ
※上下ともに天然歯のみを利用

■治療期間・回数
期間:約1年5ヶ月

■費用
自由診療
本ケースでの治療費
下顎のみ180万円(仮歯なども含む)

■リスクや副作用
レバーを指に掛け、開け閉めをする練習が必要です。
清掃が不十分だと歯周炎が起こりますので、定期的な検診やメンテナンスが必要。
(おおよそ2~3ヶ月に1回程度)

「ドイツ式部分入れ歯」に戻る
「入れ歯・インプラント専門治療」に戻る
「症例一覧」に戻る

カウンセリングをおこなっております

無料カウンセリングをおこなっております