2021年6月22日

⑨やわらかいシリコンの入れ歯(治療最低金額の目安:15万円)

柔らかいシリコンの入れ歯について(コンフォート、フェアリー)
治療費の目安  裏打ちのみ15万円 義歯は別途必要

柔らかいシリコーンで入れ歯の裏打ちをします。
メーカー様のうたい文句は、やわらかいので痛くない、という事です。
しかし、実際にはデメリットが多いので、あまりお勧めは致しません。

デメリット
安定しない・カビが生える・腐る・定期的なシリコーンの交換が必要になる。

患者様の年齢・性別:60代・男性
治療期間:約1ヶ月
主訴:ピッタリ合った入れ歯を作りたい。
費用(概算):15万円
リスク:安定しない・カビが生える・腐る。定期的なシリコーンの交換が必要になる。

院長ブログより抜粋

注意!裏側に柔らかいシリコーンを貼り付ける入れ歯は、カビが生えやすいです。 これは上の総入れ歯の写真です。(裏面)
症例

変な色をしているのがわかります。
よくある入れ歯は、こんな感じです。

症例

この患者様は、入れ歯の裏打ちが剥がれたと来院されました。

症例

柔らかいシリコーンで裏打ちされた入れ歯で、そのシリコーンが剥がれたのです。
ちなみに入れ歯は、数年前に私が作りました。
シリコーンの裏打ちを作成しているメーカーの宣伝を要約すると、
・総入れ歯のゆるみを吸着し、やわらかいシリコーンがグッと噛み締めた際の痛みを緩和。
・シリコーンの適度な弾力が吸盤のような密閉性を生みだし食事の際の細かい食べカスが、入れ歯と歯茎の間に入りにくくなる。
こんな感じの内容です。

そして、こんな方へお勧めと書かれています。
・長年総入れ歯で深い悩み
・何度調整しても痛い
・総入れ歯がゆるい
といった感じです。

昔は私もこのタイプを作成していましたが、最近、このシリコーンの裏打ちされた入れ歯をやらなくなったのは理由があります。

一つは、シリコーンの劣化です。
この方は毎日、専用洗浄剤を使いとても清潔に使用されていたので、これでも良い状態です。
シリコーンのメーカー保証は、3年です。
3年以内なら、剥がれ等のトラブルには対応してもらえます。
もちろん3年以上使えますが、基本的には3年程度で張り替えが理想です。
定期的に、10万円前後の張り替えの費用がかかります。

二つ目は、シリコーン表面の汚れです。
毎日、専用の洗浄剤で洗浄しないとシリコーン表面にカビが生えてきます。
メーカー指定の洗浄剤を使用しないと、保証が受けられません。
通常の入れ歯より汚れが付きやすいのですが、入れ歯の汚れは、特に高齢者では誤嚥性肺炎の原因になります。
個人的には日頃のお手入れが、きちんと出来ない方には適さないと思います。

三つ目は、入れ歯が分厚くなります。
入れ歯全体がシリコーンで出来ている訳では無いので、シリコーンの厚み(約2ミリ)に加えて貼り付ける入れ歯本体の厚み(約1~2ミリ)や補強金属プレートの厚み(約1ミリ)が加わるのです。
通常の自費診療の入れ歯は、金属プレート部分なら0.5ミリ弱です。
ドイツ製の強化プラスチックでも約1.2ミリです。

そして、 メーカーのうたい文句である
適応症の
・長年総入れ歯で深い悩み
・何度調整しても痛い
・総入れ歯がゆるい
等は、そもそも、シリコーンで裏打ちすれば解決できる問題ではなく、歯医者さんの技術の問題です。
痛い入れ歯にシリコーンを貼り付けても、痛い入れ歯は痛いのです。
調整されて緩みなく、痛く無い入れ歯にシリコーンを裏打ちしなければ意味がありません。
否定はしませんが、あまりメリットが無いのです。

下の写真が、張り替え後です。新品の状態ですよ。表側は、金属プレートで補強してあります。

症例症例

参考までに、張り替え前です。

症例

参考までに、
・シリコーンが劣化して剥がれたら通常の硬いプラスチックの補修材料で裏打ち。
・費用を安く仕上げるなら、保険診療の裏打ち。
・予算が許すなら、数日間のお預かりになりますが劣化の少ない樹脂で裏打ち。
以上の事が可能です。

この患者様は、シリコーンがお気に入りだったので再度張り替えました。
私は、シリコーンで裏打ちされた入れ歯を否定している訳ではありません。
いろいろな治療法がありますので、メーカーのうたい文句を全て鵜呑みにしないで、どんな種類の治療法があるのか、是非一度ご相談ください。
ご自身の知らない、しかし今以上に自分にあった治療法が見つかるかもしれません。
当院は、いろいろなメニューをご用意しています。

①保険治療(治療費の目安:数千円)
②ドイツ式レジリエンツ式部分入れ歯(治療最低金額の目安:80万円)
③ドイツ式総入れ歯治療・上下一組(治療最低金額の目安:100万円)
④全ての歯を失った方の高度なインプラント(治療最低金額の目安:250万円)
⑤ドイツ式総入れ歯で難症例(治療最低金額の目安:100万円)
⑥ハイブリットなドイツ式入れ歯(治療最低金額の目安:100万円)
⑦特殊アタッチメント入れ歯(治療最低金額の目安:80万円)
⑧ノンクラスプデンチャー(治療最低金額の目安:10万円)
⑨やわらかいシリコンの入れ歯(治療最低金額の目安:15万円)

⑧ノンクラスプデンチャー(治療最低金額の目安:10万円)

ノンクラスプデンチャーの利点は、安価で作成できる入れ歯であり、見た目的に金属のバネがついていないように見える事です。
しかし、欠点が多く、力のかかり方がが、保険の入れ歯と変わりない為、残っている歯をダメにしやすいです。
また、補強がない分、破折しやすく、壊れても修理ができないので、壊れたら新しく作成しなおさなくてはいけない点です。

患者様の年齢・性別:50代・女性
治療期間:3週間~1ヶ月弱
主訴:奥歯に入れ歯を作りたい。
費用(概算):10万円
リスク:破折しやすく修理がきかない。残っている自分の歯をダメにしてしまう。

治療前
症例
治療後
症例


院長ブログより抜粋


下の写真を見てください。50代の女性の患者様です。総合的な治療を希望されて来院されました。

症例症例

ひとまず、見た目の問題をある程度解決したいとの事で仮の入れ歯を製作しました。
見た目を綺麗に、という事なので仮ですが、ノンクラスプデンチャーと呼ばれるバネも見えないタイプの義歯で作成しました。

下の写真が装着後の写真です。
この、ノンクラスプデンチャーを最終的な義歯として使うのは、個人的には、お勧めできません。
保険治療の入れ歯と同じで、残された歯の延命にはならないからです。

この入れ歯の宣伝文句としては、金属製の留め金が無いので見た目が良いとのことです。
しかし、実はそんなことありません。

症例

左の前歯の長さ(青〇)が、右の前歯(黄〇)とくらべると短くなっています。

何故こうなってしまうのでしょうか。
理由は、ノンクラスプデンチャーは金属製のバネの代わりに、入れ歯を支える歯の周りに、ピンクのプラスチック製の歯肉を貼り付けているからです。横から見る歯が短くなっているのがわかりますね。

症例症例

この程度なら、気にならないというあなたには良いかもしれません。
最近では少し割高になりますが、支える歯に貼り付けるピンクの部分を透明に仕上げる事も可能です。
でも見た目の問題よりも、構造的に歯の負担が大きいので私はお勧めしません。

よくある普通の保険の入れ歯です。

症例

そして、下がノンクラスプデンチャーです。

症例

一般的なノンクラスプデンチャーは、柔らかい事を売り物にしています。
こんな感じです。一見すると、柔らかいので歯肉に優しそうですね。

症例症例

実は、これが大きな間違いです。人間の咬む力はもの凄く、小さな歯に成人の体重くらいの力がかかります。
入れ歯が柔らかくグニャグニャ変形すれば、歯肉に食込んで痛いのです。
さらに、変形すればビール瓶の栓抜きみたいにあなたの歯を引っこ抜くような力がかかるのです。

と言うことで、仮の歯ですが私の医院のノンクラスプデンチャーは金属で補強しています。

症例

これなら変形はしません。
どうしても、このタイプの入れ歯がご希望ならご相談ください。

①保険治療(治療費の目安:数千円)
②ドイツ式レジリエンツ式部分入れ歯(治療最低金額の目安:80万円)
③ドイツ式総入れ歯治療・上下一組(治療最低金額の目安:100万円)
④全ての歯を失った方の高度なインプラント(治療最低金額の目安:250万円)
⑤ドイツ式総入れ歯で難症例(治療最低金額の目安:100万円)
⑥ハイブリットなドイツ式入れ歯(治療最低金額の目安:100万円)
⑦特殊アタッチメント入れ歯(治療最低金額の目安:80万円)
⑧ノンクラスプデンチャー(治療最低金額の目安:10万円)
⑨やわらかいシリコンの入れ歯(治療最低金額の目安:15万円)

⑦特殊アタッチメント式部分入れ歯:ミニSGアタッチメント(治療最低金額の目安:80万円)

完全オーダーメイドのドイツ式入れ歯と違い、こちらは、セミオーダーメイドのような作りになっているので、ドイツ式入れ歯と比べ、比較的安価で作成が可能です。

基本的には自分の歯を支えにするのですが、ドイツ式入れ歯と若干作りが違います。
大きな利点は、ドイツ式入れ歯と比べ費用が安価で保険の入れ歯よりも残りの歯に負担をかけず、更に使いやすいといった所です。
欠点としては、ドイツ式入れ歯と違い内外冠のような二重構造になっていないので、壊れた時の修理が難しいという点です。

患者様の年齢・性別:70代・男性
治療期間:約1年半(インプラント治癒待ち期間も含む)
主訴:奥歯に入れ歯を作りたい。
費用(概算):80万円
リスク:他の歯がダメになった時に再度治療が必要。アタッチメントのゴムが緩んだら、歯科医院で取り換える必要がある。

院長ブログより抜粋

下の写真を見て下さい。70代の患者様です。奥歯に入れ歯を作りたいと来院されました。

症例症例

上アゴ(写真右側)をみると左右の奥歯が4本足りません。残された歯の状態は、比較的良好でした。
当院は、ドイツ式入れ歯が専門です。
ドイツ式入れ歯は、すべての装置がオーダーメイドですが、今回は一部既製品の装置を使用した部分入れ歯を計画しました。

ミニSGアタッチメントと呼ばれている装置です。ドイツ式入れ歯以外も得意ですので、ご紹介します。

治療開始、金属冠を全て除去しました。
写真右側の銀色の部位は、歯髄と呼ばれる神経組織が除去されていたため、マンホールの蓋のようにキャップをして根っこだけを保存してあります。

症例

そこに連結補強されたセラミック冠を装着します。

症例

左右の奥歯のセラミック冠をよく見て下さい。
何か突起物が付いています。これが、ミニSGアタッチメントです。
分かりやすく模型で見てみましょう。

症例症例

この突起に入れ歯がはめ込まれます。

下の写真が、入れ歯に埋め込まれた仕掛けです。

症例

セラミック冠はすべて連結されています。

症例

前歯に2カ所、突起がありますが、これは歯科技工士さんがセラミック冠を調整するために直接触って汚染しないように器具でつまむために付いています。もちろん、セットする時に、この突起は削除されます。

そして、セラミックの歯と奥歯の入れ歯はこのように装着されます。

症例

また、この入れ歯には、保険の入れ歯によくある銀色の留め金がなく、とてもすっきりしているのがわかります。

症例症例

お口の中は、こんな感じで、横から見ても、スッキリしています。

症例症例

よくある保険診療の入れ歯は、留め金を引っかけた歯の周りに食べかすが溜まりやすいです。
高確率で虫歯になるのですが、このタイプの入れ歯はそのリスクは格段に減ります。

さらに、全ての歯が連結補強されているので、残された歯の負担が減ります。
部分入れ歯を入れた方なら経験があると思いますが、部分入れ歯を装着すると、留め金を引っかけた支えの歯が揺れてきます。
そして、数年で歯を失うことが多く、少しずつ総入れ歯に近づいていきます。
この患者様のように、残された歯を連結補強するのは、そのリスクを最小限に抑えるためなのです。
手間はかかりますが、結果的に時間の節約になります。
歯が抜ける度に、歯医者さん通いの必要が無いからです。
中高年のみなさん!人生の貴重な時間の節約になりますよ。
入れ歯の悩みなんか忘れて、人生を楽しんでください。
入れ歯で、悩んでいる時間がもったいないですよ。

①保険治療(治療費の目安:数千円)
②ドイツ式レジリエンツ式部分入れ歯(治療最低金額の目安:80万円)
③ドイツ式総入れ歯治療・上下一組(治療最低金額の目安:100万円)
④全ての歯を失った方の高度なインプラント(治療最低金額の目安:250万円)
⑤ドイツ式総入れ歯で難症例(治療最低金額の目安:100万円)
⑥ハイブリットなドイツ式入れ歯(治療最低金額の目安:100万円)
⑦特殊アタッチメント入れ歯(治療最低金額の目安:80万円)
⑧ノンクラスプデンチャー(治療最低金額の目安:10万円)
⑨やわらかいシリコンの入れ歯(治療最低金額の目安:15万円)

⑥ハイブリットなドイツ式入れ歯(治療最低金額の目安:100万円)

※費用は設計やインプラント埋入本数により大きく変わります。

インプラント=固定式の歯、というのが一般的な考えですが、こちらのハイブリット入れ歯は違います。
インプラントの歯を支えにして、ドイツ式入れ歯を入れる方法です。
取り外しのできるブリッジだと思っていただけると少しわかりやすいかもしれません。

この利点は、セルフケアでのインプラントの清掃性の悪さをカバー出来るところにあります
また、上物は取り外せるため、固定式よりも修理が容易になる点も魅力的です。
欠点としては、取り外し式になるために、毎日の歯磨きでその都度取り外しをしなくてはならないことです。
しかし、歯磨き以外では常に装着していられるため、夜は歯がない、などということはありません。

患者様の年齢・性別:60代・男性
治療期間:約1年半(インプラント治癒待ち期間も含む)
主訴:歯は極力抜きたくない。入れ歯は嫌。
費用(概算):300万円
リスク:外科処置が入る。セルフケアをする時にその都度、取り外しが必要。

治療前
症例
治療後
症例


院長ブログより抜粋


「ドイツ式入れ歯のお話。良いとこ取りのハイブリッド入れ歯とは?」

今、このページを見ているあなたは、入れ歯や歯を失ってお悩みですか?
現在、歯科医療の分野では、歯を失った場合の機能回復の方法は、以下の3種類が一般的です。

①歯を支えにして、抜けている場所に歯を作る方法(ブリッジと呼ばれる補綴物)
②取り外し式の入れ歯
③インプラント

最近、歯科業界ではインプラント治療がブームみたいですが、あなたのインプラントのイメージはどうでしょう。
多くの人のイメージは、「インプラント=固定式の歯」ではないでしょうか?

もちろん固定式も可能です。
しかし、固定式インプラント治療を選択する前に、よく考えてもらいたい事があります。
何らかの理由で歯を失った場合、その原因は何だったのでしょうか?

歯周病、虫歯、事故で歯が折れた、等...
もし、歯周病で歯を失ってしまった場合、インプラントで復元した歯が歯周病にならない自信がありますか?
歯周病で歯を失ってしまった方は上手く歯磨きができなかった為に、歯周病になってしまった方が多いです
インプラントにしたらいきなり歯磨きが上手になる、ということはあまり現実的なお話ではありませんね。

そこで、タイトルの「ハイブリッド入れ歯」のお話です。
「ハイブリッド入れ歯」の名前は私が勝手につけました。
電気自動車のハイブリッドカーみたいに、良いところを組み合わせるイメージです。

この入れ歯は、ドイツ式入れ歯とインプラントの良いところを組み合わせた治療法です。
もちろん、インプラントが嫌な人にはお勧めしていません。

では、ドイツ式入れ歯とインプラントの融合のハイブリッド入れ歯の症例写真を見てみましょう。
まずは治療前の写真、60代の男性です。
正面から見て、真ん中の歯から左側の歯はすべて保存不能です。

症例

この患者さんの希望は、
①歯はなるべく抜きたくない
②入れ歯は嫌

でした。

そこで、患者さんと相談しました。
「取り外し式の方が、清掃性も良いし、修理も簡単です」
「違和感が無ければ、取り外し式でも良いですか?」

お返事は「違和感がなければ、入れ歯の経験もあるし大丈夫」と言って頂けました。

歯を失うとアゴの骨は痩せてきます。
インプラント治療は素晴らしい治療法ですが、痩せた歯肉の上に大きな人工の歯を装着するので、どうしても、清掃性が悪くなります。
患者様自身でのお手入れが難しいのです。

そこで、インプラントの上部を取り外し式にして清掃性を良くするのです。
下の写真をご覧ください。

症例

向かって左側の歯の部分にインプラントを埋め込みました。

症例

この銀色の部分に入れ歯がはめ込まれます。

はめ込んだ写真を見てみましょう。

症例

きれいに仕上がりました。
この入れ歯を取り外す時は、レバーを開きます。

症例

正面から見てみると、入れ歯には見えないほど綺麗です。

症例

術後のレントゲン画像です。

症例

患者さんには、とても喜んで頂けました。

ドイツ式入れ歯とインプラントを組み合わせる事により、大切な自分の歯を抜かないで、違和感の無い入れ歯を作ることが出来ました。

このような特殊な治療は、入れ歯とインプラントのどちらの治療法にも精通していないとできません。
全国的にも、提供できるクリニックは少数です。
入れ歯やインプラントでお悩みの方は、是非、ご相談下さい。

①保険治療(治療費の目安:数千円)
②ドイツ式レジリエンツ式部分入れ歯(治療最低金額の目安:80万円)
③ドイツ式総入れ歯治療・上下一組(治療最低金額の目安:100万円)
④全ての歯を失った方の高度なインプラント(治療最低金額の目安:250万円)
⑤ドイツ式総入れ歯で難症例(治療最低金額の目安:100万円)
⑥ハイブリットなドイツ式入れ歯(治療最低金額の目安:100万円)
⑦特殊アタッチメント入れ歯(治療最低金額の目安:80万円)
⑧ノンクラスプデンチャー(治療最低金額の目安:10万円)
⑨やわらかいシリコンの入れ歯(治療最低金額の目安:15万円)

⑤ドイツ式総入れ歯で難症例(治療最低金額の目安:100万円)

ドイツ式総入れ歯で難症例の患者様に対応したケース
治療費の目安  総入れ歯(上下ひと組) 100万円
※難易度が高くても、治療費は変りませんのでご安心下さい。

院長ブログ抜粋

「危険です!咬みあわせが悪い入れ歯を使っていると、歯肉がコンニャクみたいにプヨプヨになるって知っていますか?」 


下の写真を見て下さい。60代の患者様です。入れ歯の相談で来院されました。
初診時の正面観、上下に総入れ歯が装着されていました。

症例

よく見ると、下の歯が向かって左方向にずれていて、咬みあわせがおかしいことがわかります。
上アゴの総入れ歯の裏側には、市販の入れ歯安定剤がべったり貼り付けてありました。

症例症例

下アゴの総入れ歯にも、上アゴと同様、市販の入れ歯安定剤が張り付けてあります。

症例症例

入れ歯を外した、上アゴの歯肉はコンニャク見たいにプヨプヨで、難症例なのがすぐに解ります。
(写真左・上顎:写真右・下顎)

症例症例

歯医大学の授業でプヨプヨ歯肉の呼び名をコンニャク状顎堤(フラビーガム)と習います。
プヨプヨなコンニャクみたいな歯肉の上に入れ歯が乗っかっているので、安定させるのは難しいのです。
一般の方は「歯肉なら、プヨプヨだよね?」と、思うかもしれませんが違います。
咬みあわせがしっかりした、安定性の良い入れ歯ならプヨプヨ歯肉になりません。
プヨプヨ歯肉は、下アゴの入れ歯で上アゴの入れ歯の前歯部分を突き上げる事でなります。
急激にアゴの骨が吸収することによっておこるのです。
あなたの入れ歯は大丈夫ですか?

ご相談の結果、ドイツ式の総入れ歯(シュトラックデンチャー)を選択され、治療開始です。

型取りや位置決めは以下の内容と同手順でしていますので、参考までにみてください。
総入れ歯治療における、世界初の特殊な歯型採り(上下顎同時印象法)の解説

では、取れた型取りの写真を見てみましょう。
真後ろから見たところです。舌の裏側の形がしっかり採れていますよ。
(写真左:上アゴ・写真右:下アゴ)

症例症例

歯医者さんで歯型を採った経験のある方ならわかると思いますが、ほぼ100%の歯医者さんは、歯型は上下バラバラで採ります。上下の総入れ歯の歯型を同時に採る歯医者さんなんて、まず居ません。
しかし、同時に採らなければいけない理由があるのです。
同時に採ることによって、お口の中全ての情報が記録できるからです。
舌の形、唇の裏側、頬の裏側などなど、余すこと無く記録できます。

実は総入れ歯というのは、筋肉の力で支えられています。
内側は舌、外側は唇や頬の筋肉です。
入れ歯全体を、筋肉の力で包み込む事で安定性が増すのです。

従来の上下バラバラの歯型では、お口の周囲の筋肉の情報量が足りないのです。
それを克服した、上下顎同時印象法は究極の歯型採りの技法です。

さあいよいよ、仮合わせです。
赤いワックスに人工の歯が並んでいます。

症例症例

お口の中に入れて、最終チェックです。

症例

そして、完成です。

症例症例

症例症例

完成した、総入れ歯の正面です。

症例

治療前の入れ歯と比べると入れ歯の縁の厚みが全然違います。
唇、頬、舌にしっかり支えてもらうために、隙間をしっかり埋める必要があるので、入れ歯の縁が厚くなるのです。もちろん、厚くなったからといって違和感が増える事はありません。
失われた歯肉を適切に、復元しているだけですから安心して下さいね。

もちろん新しい入れ歯なので、何回かの調整は必要ですが
治療前の入れ歯みたいに市販の入れ歯安定剤なんて、必要ありません。

患者様のお顔はお見せできませんが、治療前の入れ歯は咬み合わせの高さが極端に低い入れ歯で、横顔のバランスも崩れていました。
新しい入れ歯は、咬みあわせの高さも復元したので、横顔のバランスも良く、アゴのラインもスッキリしました。
口元のシワシワも無くなり、張りが出て10歳以上若返りましたよ。

総入れ歯でお悩みのあなた、悩んでいる時間がもったいないですよ。
究極の歯型採りで製作するシュトラックデンチャーを是非、お試しください。


①保険治療(治療費の目安:数千円)
②ドイツ式レジリエンツ式部分入れ歯(治療最低金額の目安:80万円)
③ドイツ式総入れ歯治療・上下一組(治療最低金額の目安:100万円)
④全ての歯を失った方の高度なインプラント(治療最低金額の目安:250万円)
⑤ドイツ式総入れ歯で難症例(治療最低金額の目安:100万円)
⑥ハイブリットなドイツ式入れ歯(治療最低金額の目安:100万円)
⑦特殊アタッチメント入れ歯(治療最低金額の目安:80万円)
⑧ノンクラスプデンチャー(治療最低金額の目安:10万円)
⑨やわらかいシリコンの入れ歯(治療最低金額の目安:15万円)

④全ての歯を失った方の高度なインプラント(治療最低金額の目安:250万円)

インプラント本体埋め込み 1本 20万円(被せ物は別途必要)
全ての歯を失った方の場合 250万円
※治療計画により、何本のインプラント体を埋め込むかで費用が大きく変わります。
その為、治療費目安の金額に大きな差がでます。

インプラントのメリットは自分の歯のように違和感なくしっかり噛めることです。
どうしても入れ歯は入れていられない、自分の歯のように何でも噛みたいといった方にお勧めです。
しかし、デメリットも勿論存在します。
保険適用外(高額治療)、外科処置が必要、持病を持っている方の場合施術できない事がある、ケアをしっかりしないと歯周病に罹患する、といった点が挙げられます。
しかし、何でも自分の歯のように噛めるということはとても魅力的なメリットです。

患者様の年齢・性別:60代・男性
治療期間:約1年半(インプラント治癒待ち期間も含む)
主訴:入れ歯は使ってみて無理だったので、それ以外が良い。
費用(概算):250万
リスク:外科処置が入る。インプラントは虫歯にはならないが歯周病に罹患する。

治療前
入れ歯
治療後
入れ歯


インプラント治療について院長ブログより抜粋


「高額な入れ歯やインプラント治療で、後悔する前にお読み下さい」

下の写真を見てください。60代の患者様です。上の歯が壊れて来院されました。上の前歯がありません。

症例

しかし、お口を開けると前歯が出てきました。反対咬合(受け口)の患者様です。
(左:正面開口時、右:上アゴ)

症例症例

銀歯を支えている歯が虫歯になり、グラグラしていました。
残念ながら、保存が難しい歯だらけです。
銀歯を外してよく調べた結果、再度ご自分の歯を支えにした、固定生の義歯での修復は無理でした。
治療計画は、取り外し式の入れ歯を選択し長期間使用可能な、ドイツ式入れ歯(※)です。
(※)レジリエンツ入れ歯についてはこちらをご参照ください。(レジリエンツ入れ歯のリンクはってください)
下の写真は銀歯を外した支えの歯がこれ以上虫歯にならないよう、仮として虫歯予防の金属冠を装着したところです。

症例

その上に、取り外し式の入れ歯がはめ込まれます。見た目は総入れ歯ですが、入れ歯の下には歯が残っています。
ドイツ式入れ歯のシミュレーションをするための仮の入れ歯です。
(左:上アゴ、右:正面)

症例症例

反対咬合が改善されているのがわかりますね。この時点で、見た目の問題はかなり改善しました。

しかし、固定式の銀歯から取り外し式の入れ歯への変更です。
装着感は残念ながらあまり満足頂けませんでした。
もちろん、仮の入れ歯ですのでまだ改善余地はあります。
しかし、入れ歯の下に歯が残っていて多少の横揺れを防止できるとしても、限界があります

特に総入れ歯は、前歯で硬い物を咬むと入れ歯が転覆して外れてしまいます。
今回の患者様は、入れ歯の下に歯が残っているので簡単には落ちませんが、転覆して浮き上がる事は避けられません。

総入れ歯は、外れるように作られた道具です。これが道具の限界なのです。
リンゴを丸かじりできるような総入れ歯を作るのは、歯医者さんや歯科技工士さんの技術も重要ですが、患者様のアゴの骨が痩せていない、唾液の性状が粘液性である等、有利な条件が揃わなければとても難しいのです。
患者様が歯を失う前と同じような咬む能力を取り戻したい場合、総入れ歯では限界があります。

義足で例えるなら、
100メートルを全力疾走できる機能が欲しいのか?
ゆっくりと歩けるだけの最低限の機能が欲しいのか?
患者様の希望で治療法は変わります。

今回の患者様は、入れ歯の浮き上がり等の機能的な点に、どうしても満足されなかったので、治療計画をインプラント支持の固定性義歯に変更しました。

当院は、入れ歯治療とインプラント治療、どちらにも精通しています。
今回のような途中からの計画変更は、治療期間のロスはありますが全く問題はありません。

下の写真がインプラントを埋め込んだ後の写真です。これから、歯型を採ります。

症例

ここで、当院の秘密兵器の登場です。

症例

これはこのように使用します。
インプラント体の位置関係に狂いが生じないように、強固な骨組みと、インプラント体に連結されたパーツを固定するのです。

症例症例

インプラント治療の歯型採りの必需品で、精度の高い治療には欠かせません。
しかし、このオーダーメイドの金属フレームを使用している歯医者さんは少ないです。

下の写真が、完成した固定式の歯です。

症例

お口の中に装着しました。ネジで固定されていて、白い所は粘土みたいな仮のフタです。
治療前と比べてみましょう。(左:治療後、右:治療前)

症例症例

前から見ると、こんな感じです。

症例

反対咬合の方なので、上アゴの骨が小さく相対的に歯が長くなります。
しかし、この長さでも、笑った状態でほとんど歯が見えません。

お顔はお見せできませんが、とても自然です。

症例

いかがですか?
写真だと簡単に完成したように感じるかもしれませんが、何度も患者様と見た目の確認をしています。

とても手間暇がかかります。
仮の歯を何度も修正して、完成の歯の形をシミュレーションしています。
下の写真が、修正中の仮の歯です。

症例

高額な治療費をかけて作るので、当院は納得いくまで見た目を追求させていただきます。
さらに、インプラントを利用し入れ歯の支えに適切に利用する事で、咬み心地や残された歯の寿命を格段に向上させる、他院では真似できないハイブリッドなテレスコープ式部分入れ歯の提供も可能です。


①保険治療(治療費の目安:数千円)
②ドイツ式レジリエンツ式部分入れ歯(治療最低金額の目安:80万円)
③ドイツ式総入れ歯治療・上下一組(治療最低金額の目安:100万円)
④全ての歯を失った方の高度なインプラント(治療最低金額の目安:250万円)
⑤ドイツ式総入れ歯で難症例(治療最低金額の目安:100万円)
⑥ハイブリットなドイツ式入れ歯(治療最低金額の目安:100万円)
⑦特殊アタッチメント入れ歯(治療最低金額の目安:80万円)
⑧ノンクラスプデンチャー(治療最低金額の目安:10万円)
⑨やわらかいシリコンの入れ歯(治療最低金額の目安:15万円)

③ドイツ式総入れ歯治療・上下一組(治療最低金額の目安:100万円)

患者様の年齢・性別:患者様の希望により、非公開
治療期間:約3ヶ月
主訴:しっかり噛める入れ歯を作りたい。
費用(概算):110万
リスク:インプラント程、自分の歯のようには噛めない。道具として使いこなすための訓練が必要。

ドイツ式総入れ歯は保険の総入れ歯と比べられない程、使いやすいです。
フィット感が良く、歯肉に対して吸い付きも良いです。(※)

吸い付きやフィット感が良いということは、それだけよく噛めるという事にもつながります。
また、見た目も良く、総入れ歯になって口元の失われた張りを取り戻すこともできます。
(※)歯肉の形には個人差がありますので、フィット感や吸い付きもその方の歯肉の状態により変わります。

治療前
入れ歯
治療後
入れ歯


では、実際何故このようにフィット感良く作れるのか、詳しく見てみましょう。

院長ブログより抜粋

総入れ歯治療における、世界初の特殊な歯型採り(上下顎同時印象法)の解説になります。

下の写真を見て下さい。総入れ歯の患者様です。
上下のアゴの歯型(左:上アゴ、右:下アゴ)です。

症例症例

専門の人が見ると、上手に歯型が採れていることがわかります。
そしてほとんどの歯医者さんは、この歯型で入れ歯を製作します。

しかし、私はもう一手間加えるため、この歯型から、こんな道具を製作します。
患者様専用の歯型を採る道具です。企業秘密ですが、特別にお見せします。
当院の個人トレーは、多くの歯医者さんが知っている個人トレーの形をしていません。
(個人トレー/左:上アゴ、右:下アゴ)

症例症例

上アゴには1カ所、下アゴ用には3カ所にピンが埋め込まれています。
裏返してみてみましょう。
(個人トレー/左:上アゴ、右:下アゴ)

症例症例

この道具は、精密な歯型を採る時に使います。

理由として、1回目の歯型は既製品のトレーで採っています。
その場合、精密に採れません。

保険の入れ歯は、既製品のトレーでたった1回の歯型を採って製作します。
だから、保険の入れ歯は精度が悪いのです。

当院では1回目の歯型から患者様専用の歯型を採る道具を製作します。
そしてそれを調節して、より精密な材料を使い、2回目の歯型を採るのです。

さらに、1回目の歯型が上手に採れたからといっても、安心できません。
その歯型から製作したトレーは、まだまだ調節が必要なのです。
なぜかというと、このあなた専用の個人トレーという道具は硬い歯型の上で作られました。
しかし、実際の歯肉は、柔らかく、場所によって厚みが違います。厚いところもあれば、薄いところもあります。
歯肉の下には、アゴの骨があり、硬い入れ歯とアゴの骨に挟まれた歯肉は、強い力で挟まれれば、痛みが出るのです。硬い歯型の上で製作された道具は、お口の中で必ず調整が必要になるのです。

下の写真を見て下さい。白い材料は、入れ歯の適合状態を調べる物です。
強く圧迫されている場所が薄くなるのでその場所に印をつけて、削りとるのです。

症例

白い材料を剥がし、印の部分を削り取ります。

症例症例

この作業を上下何度も繰り返します。
そして、今回は自費診療なので、咬みあわせの正確な位置を調べます。
下アゴを前後左右に動かして、咬みあわせの中心を調べるのです。
専門的には、ゴシックアーチという目印を記録します。

症例症例

その中心に凹みを付与し、やっと準備完了です。
下の写真は、接着剤を塗り終えたところです。
この上に精密な歯型採りの材料、高価なシリコン印象材を盛り付けて、お口の中に挿入します。

症例症例

そして、ついに完成です。
分かりにくいかもしれませんが、上下の歯型を同時に採っています
私の恩師、稲葉繁先生が考案した歯型採りの方法で、「上下顎同時印象法」と呼びます。

症例

症例症例

お口の中の情報が、全て網羅できる究極の歯型採りの技法です。
総入れ歯でお悩みのあなた、是非ご相談下さい。


①保険治療(治療費の目安:数千円)
②ドイツ式レジリエンツ式部分入れ歯(治療最低金額の目安:80万円)
③ドイツ式総入れ歯治療・上下一組(治療最低金額の目安:100万円)
④全ての歯を失った方の高度なインプラント(治療最低金額の目安:250万円)
⑤ドイツ式総入れ歯で難症例(治療最低金額の目安:100万円)
⑥ハイブリットなドイツ式入れ歯(治療最低金額の目安:100万円)
⑦特殊アタッチメント入れ歯(治療最低金額の目安:80万円)
⑧ノンクラスプデンチャー(治療最低金額の目安:10万円)
⑨やわらかいシリコンの入れ歯(治療最低金額の目安:15万円)

無料カウンセリングをおこなっております

無料カウンセリングをおこなっております