総入れ歯でわかる?!歯科医師の実力

総入れ歯は軟らかい歯肉のクッションに乗っかって、硬い2つの入れ歯がぶつかり合うようなもの。噛む道具なのに噛む力が入れ歯を揺すり不安定にさせます。噛む力に揺すられてこすれて痛みの原因になることも少なくありません。

歯がないので上下のアゴを閉じても合わさる場がなく、歯科医師が噛む位置を決めなければなりません。噛んでも入れ歯ががたつかないような精密な咬みあわせを作ることが大切になります。ですから歯科医師泣かせで、入れ歯が嫌いな歯科医師が多いのです。

歯科医師の知識と経験、技術の差がはっきり出てしまうのが総入れ歯なのです。そして、歯科医師の要求を的確に再現してくれる歯科技工士さんの能力も重要になります。歯科医師と歯科技工士が共に最高の力を出さなければよい結果は出ないのが総入れ歯です。総入れ歯を作るときは入れ歯治療の経験が豊富で、優れた歯科技工士と連携している歯科医師を選ばれることをお勧めします。

b03.JPG
b01.jpg


●目黒歯科医院では入れ歯・インプラントなどの相談を受け付けております。
※詳細な診断をご希望される場合には、保険診療にてレントゲン撮影・歯周組織検査をお勧め致します。
現在の状態を詳細に把握することができ、それにより具体的な治療法のご提案が可能となります。
(健康保険の一部負担金は、3割負担の方で~3,500円程度です。相談料は、無料となります。)
※レントゲン撮影、歯周組織検査をご希望されない場合、具体的な治療法について提案ができない場合があります。(こちらの相談をご希望される場合、一回3,000円の費用がかかります。)b10.png
b09.pngb08.png

カウンセリングをおこなっております

無料カウンセリングをおこなっております