ご希望に合わせながら、将来を見据えた当院にしかできない治療を提供すること

妥協のない最善の治療

誰しもご自分の歯で一生涯にわたって過ごせることが理想ですが、残念ながらほとんどの方が、虫歯や歯周病など歯の病気やトラブルに見舞われています。歯並びが悪くなることもあれば、ケガによる歯の欠損や、虫歯・歯周病による抜歯が避けられないこともあります。

当院には、歯とともに失った食べる楽しみや笑顔を取り戻し、充実した人生を送り続けたいという患者さまがたくさん来院されます。院長は、そんな患者さまのお気持ちに寄り添いながら、できる限りご自分の歯に近い機能性や審美性を取り戻す治療をご提供することに心血を注いできました。

当院では、難症例にも対応するインプラント治療、佐野市で唯一手がけるドイツ式入れ歯、お子さまの健やかな成長を促す非抜歯矯正など、患者さまの思いや願いに応え、将来にわたって満足していただける価値ある歯科治療、当院にしかできない治療に取り組んでいます。

当院の入れ歯治療では、部分入れ歯は「テレスコープ義歯」「特殊アタッチメント義歯」
総入れ歯は「上下顎同時印象法による総入れ歯」という自費の入れ歯を採用しております。
入れ歯専門医院

あなたは80歳になっても、もう一度怖いインプラント治療を受けたいですか?

インプラント治療は、1~2本程度の少数歯欠損から、全ての歯を失った方の高度な多数歯欠損症例まで対応可能です。
当院では保険診療の入れ歯は、お勧めしていません。

保険の部分入れ歯はどうしてお勧めできないの?
【院長ブログ抜粋】なんでも保険で治療してくれる歯医者さんが、
あなたの歯の寿命を 短くしているって、知ってますか?

さて入れ歯のあなたに、質問があります。
あなたのお口の中には、何本の歯が残っていますか?
下の写真を見て下さい。70代、男性の患者様のお口です。
1162.jpg
入れ歯を作り治したいと、紹介で来院されました。
よくある保険の入れ歯が装着されています。

そして入れ歯を外してみると、こんな感じでした。
上アゴの、噛み合わせの面の写真です。
1163.jpg
入れ歯の下に隠れて、3本の折れた根っこがあります。
そして、銀歯が2本残っているのがわかります。
左右に1本ずつですが、写真の左の銀歯の上の歯が折れています。

きっとこの場所にも、銀歯が装着されていたはずです。
その銀歯に、部分入れ歯の金属製の留め金(バネ)が引っかかっていたのです。

下の写真は右横から見た写真です。銀歯にバネが引っかかっています。
1164.jpg
左横から見た写真です。
折れた根っこの上に、入れ歯のバネがあるのが解りますか?
1165.jpg
銀歯に引っかけられたバネの影響で、歯が抜けたのです。

なぜなら、こんな理由からです。
この患者様が食事をしていない時は、入れ歯は、下の写真の状態です。
水平状態です。
1166.jpg
でも、前歯で咬もうとするとこうなります。
1167.jpg
そして、奥歯で咬もうとするとこうなります。
1168.jpg
つまり、銀歯に引っかけたバネを支点に回転(転覆)するのです。

これは、ビール瓶の栓を抜くように銀歯を引っこ抜くような力となるのです。
栓を抜くようなイメージ
あなたが食事をするたびに、ジワジワと自分で歯を抜いているのと同じなのです。
なんと入れ歯が、恐怖の自動抜歯装置になっているのです。


不適切な大きさの保険の総入れ歯の、最大の欠点とは?
「合わない入れ歯を入れていると、10年で5ミリもアゴの骨が溶けるって知っていますか?」
次に、総入れ歯の症例で保険がお勧めできない理由をご説明致します。
もしかしたら、あなたは入れ歯をお使いではないですか?
そして、こんな経験はありませんか?
「入れ歯を装着して最初は痛かったけど、慣れてきた」といった経験です。

入れ歯は、噛むと入れ歯の下の歯茎は強く押されます。
その結果、歯茎の下の顎の骨も強く押されて、血のめぐりが悪くなり、骨がやせ細ってくるのです。
10年で、5ミリもアゴがとける!というデータもあるのです。
恐ろしくないですか?
お口の中だから気がつきませんが、あなたの指が、10年で5ミリ短くなったら一大事ですよね?

総入れ歯の人のアゴの骨が、1年間にどのくらいやせるかというと、約0.5ミリです。
2年で、約1ミリもの骨がなくなります。
こう考えると総入れ歯を使用されている方が、2~3年で入れ歯が合わなくなり、
新しい入れ歯を作り直す理由が理解できますよね。

また、よく入れ歯の患者さんが、「入れ歯は最初のうちは痛いけど、しばらく我慢して使えば慣れる!」と言われることがあります。
これは、強く押されたアゴの骨が急激にやせて当たらなくなったのです!
痛みがとれたと、喜んではいられないのです。

歯科医師として皮肉な話しですが、私たち歯科医が、一生懸命作った入れ歯が、
虫歯や歯周病の原因になり、あげくのはてに、アゴの骨までやせ細らせていた
のです。

「入れ歯をつけると、残っている歯がダメになるからつけたくない!」という患者さんがいらっしゃいます。
それは、この事実を自ら体験しているからに違いありません。

もちろん、これも保険の入れ歯だから起こるというわけではありません。
正しい設計がされていなければ、高額な入れ歯でも同様です。
ダメな設計の入れ歯は使い続けることによって、歯肉が痩せ合わなくなるのは当然なのです。

この事実をご存知でしたか?

この事実を裏づけるように、入れ歯安定剤の売り上げが年々右肩上がりに急増し、年間百億円をゆうに超えるほどです。

下の写真の入れ歯を見てください。

入れ歯入れ歯


なんと、これは同じ患者様の入れ歯です。

小さい方が他院で製作された、保険の入れ歯です。
大きい方は私が製作した、ドイツ式の総入れ歯です。

ちなみに歯医者さん100人にどちらの入れ歯が良い入れ歯かを質問すれば、
100%大きい入れ歯と答えます。歯医者さんなら、みんな解っています。
「だったら、そうやって作って!」と、あなたが思う気持ちは解りますが、この技術を習得している歯医者さんは、とても少ないのです。

歯医者さんが時間とお金をたくさん使って、自分で学ぶしかないのです。簡単には、修得できません。
そして、製作費も高額です。とても安価な保険診療では対応できないのです。

本当に良い物を望まれる方に、お勧めですよ。


下アゴの総入れ歯を指でつまんで、乱暴に持ち上げています。
私が一生懸命下アゴの総入れ歯を外そうとしていますが、外れません。
患者様の下アゴが、私が入れ歯を引っ張る力で上下に動いています。
当然ですが大きく口を開いても、浮き上がりません。
歯医者さんなら皆が知っていますが、上アゴの総入れ歯が吸いつくように作るのは簡単ですが、
下アゴの総入れ歯が吸いつくように作るのはとても難しいです。

最善の治療を実現するための診療環境も整えています

理想的な診療環境をつくるために滅菌設備を充実させ、安心・安全の治療を提供しています。最新の高圧蒸気滅菌器(オートクレーブ)やガス滅菌器、超音波洗浄器など、都心の大型医院レベルの設備を整えました。また、ハンドピース滅菌器によるハンドピースの滅菌を徹底しています。大量のハンドピースと先端ドリルのストックも用意していますので、使いまわしをせずに1本1本徹底的に滅菌処理を施しております。さらにインプラント専用の手術室を設け、クリーンな環境下での精密治療に努めています。

オペ室
インプラント専用手術室
高圧蒸気滅菌器
高圧蒸気滅菌器
ハンドピース滅菌器
ハンドピース滅菌器

ガス滅菌器
ガス滅菌器
超音波洗浄機
超音波洗浄機

また、歯科治療に使用する器具や材料も自信を持ってお勧めできるよう、歯科先進国で認められている世界水準のものを揃えています。診療ユニットには、ドイツ製高性能の診療チェアを採用いたしました。全ては患者さまのことを第一に考え、投資した設備です。

診療ユニット診療ユニット

【院長コラム】歯を削る機器、7割が使い回し・・・

院長コラム

「歯を削る機器、7割が使い回し・・・」って、知ってますか?

「歯を削る機器、7割が使い回し・・・」というこの記事の後に、実は、こんな事が起きたそうです。

歯科医療機器の、滅菌消毒器械の一つ、高圧蒸気滅菌器(オートクレーブ)の受注が、急増したのです。
もしかして、その時に発注した医院は、高圧蒸気滅菌器(オートクレーブ)を、持っていなかったのでしょうか・・・?

コラムのつづきはこちら

治療前、そして治療後も最善を尽くします

妥協のない最善の治療歯の治療は患部だけを治療すればよいというものではありません。特にインプラントや入れ歯などの高度な治療は、まずお口の中を徹底的に診査し、歯周病治療などで状態を整える"治療前の治療"にも妥協はできません。さらに治療後も定期検診やメンテナンスを継続して、患者さまとともに歯を守る環境を整えることが必要です。治療前にも治療後にも最善を尽くしてこそ、満足していただける歯科治療が実現するのです。

私たちは、お口の健康を生涯にわたって共に守っていくパートナーとして、お口全体の将来までを考えた治療と予防をご提供します。患者さま一人ひとり、一本一本の歯と真摯に向き合い、妥協のない最善の治療を手がけて参ります。

歯周病治療について詳しく

【院長コラム】歯を抜かれる前に、相談してください

院長コラム

歯医者なんて、どこでも同じでしょ?って、お考えのあなたへ! 歯を抜かれる前に、相談してください。

私の医院は、歯を失われてお悩みの方が多く来院されます。
そのため、特殊なドイツ式テレスコープ義歯や、インプラント治療に力を入れています。
インプラントの埋め込み実績も、1,000本以上あります。ドイツ式入れ歯の症例数も、豊富です。

そんな多くのインプラント治療を手掛けている私が言うのも変ですが、歯科業界のインプラントブームには、疑問があります...。
それは、「何でもかんでも、歯が抜けたらインプラントで治療しましょう」みたいな風潮だからです...。

コラムのつづきはこちら

b03.JPG b01.jpg
●目黒歯科医院では入れ歯・インプラントなどの相談を受け付けております。
※詳細な診断をご希望される場合には、保険診療にてレントゲン撮影・歯周組織検査をお勧め致します。
現在の状態を詳細に把握することができ、それにより具体的な治療法のご提案が可能となります。
(健康保険の一部負担金は、3割負担の方で~3,500円程度です。相談料は、無料となります。)
※レントゲン撮影、歯周組織検査をご希望されない場合、具体的な治療法について提案ができない場合があります。(こちらの相談をご希望される場合、一回3,000円の費用がかかります。) b10.png
b09.pngb08.png

カウンセリングをおこなっております

無料カウンセリングをおこなっております