« 2018年4月
2018年4月16日

歯ブラシの変え時期とは

こんにちは、目黒歯科医院です。

本日は、歯ブラシの変える時期のお話を少し。
スタッフが友人さんに
「歯ブラシっていつと頃変えるの?ずっと使っていたら毛がへたってきたんだけど」
と聞かれたそうです。
スタッフがどれくらいその歯ブラシを使っていたのか聞いたところ、なんと・・。

およそ半年も同じ歯ブラシを使っていたそうです!

大体の目安になりますが、歯ブラシは1か月で交換してください。
歯ブラシの毛先がへたっていなくても、です。
また、歯ブラシ圧が高い方は毛先のへたりや広がりが早いです。
そういった方は、一か月たたなくても交換してください。

適切に歯ブラシを新しい物に変えていかなくては歯ブラシの清掃効果が落ちてしまいます。
皆様も、ずっと歯ブラシの交換は適切な時期にしていきましょう。

Google +1
2018年2月26日

歯ブラシと歯間ブラシの連続技

こんにちは、目黒歯科医院です。
今日は歯ブラシと歯間ブラシの連続技について少しお話していきます。

皆様は、歯磨きをするときに、歯間ブラシや糸ようじ(フロス)を使用しますか?

たぶん、答えは人によってまちまちだと思います。

「たまにフロス(または歯間ブラシ)を使うかな」
「毎日、最低でも一回は使っています」
「まったくやってないよ」
「気づいたらやるようにしています」

たぶん、ざっくりあげるとしたらこの辺のお答えが多いのではないでしょうか?

この中で一番良い答えは「毎日最低でも一回はフロス(歯間ブラシ)を使用しているよ」と言う方です。
まず、フロスや歯間ブラシの習慣が無い方は習慣をつけることから始めていきましょう。

さて、歯間ブラシやフロスを使用している方も、さらに有効な使い方があるので、ここもちょっとお話していきましょう。

では、歯間ブラシやフロスを使用されている方は、歯磨きの後と前、どちらにフロス(歯間ブラシ)を使用していますか?

歯ブラシの前に使用している方、後に使用している方。
ここで意見が割れてくると思います。

そして、目黒歯科医院では、歯間ブラシは歯磨きの前に使用することをオススメしています。

それは、なぜかというと・・・。
皆様は歯磨き粉など、使用することが多いと思います。
歯磨き粉にはフッ素を筆頭に、さまざまな薬液が配合されています。
その時、歯と歯の間に汚れが詰まっていると、歯の間に、しっかりと薬液が入って行ってくれません。
イメージとしては、細かい所からお掃除して、最後に歯ブラシでしっかり磨くような感じですね。

せっかく歯間ブラシや、フロスを使用していただいているなら、効果的な方が良いですよね?

是非、フロスや歯間ブラシを歯ブラシの後にやっている方は、順番を逆にしてみてください。

また、フロスや歯間ブラシを使ったことが無いから解らないといった方は、是非一度目黒歯科医院にお越しください。
スタッフが歯間ブラシのサイズの確認やフロスの入れ方などを詳しくお話させていただきます。

Google +1
2018年2月23日

デリケートな口臭のお話

こんにちは、目黒歯科医院です。

口臭で悩んでいる人は多くいるかと思います。

先日、スタッフがこんな記事をネットで読みました。
「歯を磨いているのに、どこもお口の中が悪くないのに口臭がする。
そんな時は、胃が悪いんです。だからこのサプリを飲みましょう・・・云々・・」

この広告を見て、スタッフは首をかしげていました。

「歯科医院に行ってないのに、なんで、口の中はどこも悪くないってわかるんですかね?」

まったくもって、その通りだと思います。

まず、歯周病も虫歯も、自覚症状が出てくる場合、相当悪くなってからが多いです。
自己診断で、虫歯なさそう、歯周病じゃなさそう。
・・・これはあまりよく無いですね。

自分で診断できれば、医者も歯医者も必要ありません。

もちろん、サプリをすべて否定するわけではありません。
実際、質の良いサプリも多く存在します。

しかし、口臭を何とかしようとするなら、まずは、きちんと検診を受け、お口のクリーニングや虫歯のチェック、舌のお掃除の指導を受けることが一番だと思います。

口臭の相談は恥ずかしい物ではありません。
もし、そういったご相談をしたい場合、スタッフに声をかけて頂ければ、詳しくお話を伺わせていただきますので、どうぞ、お気軽にご相談ください。

Google +1
2018年2月17日

歯ブラシだけでは落としきれない汚れのお話

こんにちは、目黒歯科医院です。

オリンピックの男子フィギュアスケート、素晴らしいですね。
羽生選手が金・宇野選手が銀、う~ん、快挙ですね!

さて、今日のお話はブラシで落としきれない汚れのお話です。
歯肉の溝の中はプラーク(細菌の塊)が溜り安い場所です。
そのため、この部分をを歯ブラシで注意して磨いている方も多いと思います。

ですが、歯ブラシでは溝の中のプラークは完全にとりきれません。
しかも、無理に溝の中にブラシを入れて磨くことを続けると、歯肉が傷つき、虫歯になりやすい歯の根面が露出してしまいます。

歯肉を傷つけずきれいに磨く方法は、歯科医院で聞くことが出来ます。

もちろん、目黒歯科医院でもブラッシングの指導をおこなっていますので、ご興味のある方は是非一度ご連絡ください。

Google +1
2018年1月27日

歯磨きって・・・

こんにちは、目黒歯科医院です。

歯磨きのタイミングっていつなの?
そもそも歯磨きって1日に何回すればいいの?
歯磨きのことって、「そんな初歩的な事?」と思われそうで聞きにくい・・・

そういった事で悩んだことはありませんか?
今日はそんな疑問にお答えしていきましょう。

その前に、予防処置についてのホームページはこちらになります。
まだ、見ていない方は是非ご覧ください。
http://www.meguro-shika.jp/2025prevention/

歯磨きのタイミングっていつなの?

実はこのタイミング、いろいろな説があります。
食べた直後、食べてから30分以上たった後、1時間以上たった後、などなど。
なんで意見が分かれてしまうのでしょう。

その理由は、食後の口内環境にあります。
口の中にいる菌が、食べ物の糖をエサにして、口内環境を酸性にします。

口腔内が酸性に傾いている時は硬いエナメル質が溶け(脱灰)、口内環境が酸性からアルカリ性に戻ると、再石灰化が始まり、溶けた歯を修復します。
毎日お口の中は脱灰と再石灰化を繰り返している訳ですね。

食後約30分の間は酸性が強く脱灰されている状態なので、歯が傷つきやすいと言われています。
しかし、本当は酸性の時間を減らすために、早めに菌の餌となる糖を除去することのほうが大切です。
そのため、口腔内が酸性に大きく傾いている食後10分以内に歯磨きをすることが好ましいです。

ただ、これはあくまでも通常の場合です。

皆さんは、酸蝕症(さんしょくしょう)と言う言葉をきいたことがありますか?
これは、強い酸などを使用する職業についている方がなりやすいとされています。

酸性のミストやガスを吸うことにより、歯のエナメル質が溶けて、薄くなってしまう病気です。
塩酸・硝酸・亜硫酸ガス・硫酸などを使用する職業の方は、再石灰化が始まる1時間後に磨くのが良いかもしれません。
自分の仕事でそういった薬品を扱っているけど、自分がそれになっているかわからない。
そんな方は一度歯科医院で確認してもらっても良いでしょう。


一日何回歯磨きをすればいいの?

理想は毎食後にするのが良いです。
しかし、昼に磨いている時間が無い、夜眠くて無理。と言う方もいらっしゃいます。
ここでは、生活スタイルも人によって違いますので、ここで絶対磨いてください!と言うタイミングだけお答えします。

ずばり、眠る前と朝起きた時、です。
特に眠っている時は口の中の細菌が繁殖しやすい環境なので、しっかり磨きましょう。
朝起きた時は、口の中に菌がうじゃうじゃいる状態なので、出来れば磨いてから朝食をとってもらうといいです。
しかし、起きて磨いてさらに朝食後にまた磨くのは、難しいよ、と言う方は、起きた時にまずうがいをしてから朝食をとってもらえると良いです。

歯磨きをするタイミングと、1日何回歯磨きをするかのざっくりしたお話はここまでになりますが、もっと詳しく!と言う方は是非、一度歯科医院にいらしてください。

お口の中を拝見させていただきながら、あなたの生活スタイルにあった歯磨きの仕方や時間サイクルなどを詳しくご提案させていただきます。

Google +1
2018年1月24日

エアフローメンテナンスのお声

こんにちは、目黒歯科医院です。
このブログは、あなたの歯科治療に対する疑問や、
あなたやご家族が、歯科治療で後悔や失敗をしないように
最新の歯科治療や、
知らないと損する歯科業界のビックリ仰天の裏事情など
ためになる正しい情報を発信していきたいと思います。

目黒歯科医院のホームページはこちらです
http://www.meguro-shika.jp/

今回は、皆様にエアフローメンテナンスのお声をご紹介します。

エアフローメンテナンスって何?
という方はまずこちらの動画をご覧ください。

(※見られない方はこちらから→ https://youtu.be/nZYNQfJBeLA )

歯垢やステインなどを水とパウダーで吹き飛ばしてしまいます。
細かい溝なども綺麗にできるのでおすすめです。

また、目黒歯科医院のエアフローは細かい粒子のパウダーを使用していますので、インプラントや冠なども傷つけず、綺麗にすることが可能です。

では、そんなエアフローメンテナンスを受けた皆様のお声を見ていきましょう。

2.jpg

60代 女性 H・U様より

<Q1>何故、当院を選ばれましたか?
その予防処置を受けようと決心された理由はなんですか?

<A>検診の時にかおり先生(歯科衛生士主任)から「エアフローの動画を見せて頂き、自分で磨き残した所や、磨きにくい所をジェット噴射などできれいになるのではないかと思い、一度体験をしてみようと思いました。

<Q2>実際に、治療・予防処置を受けられて、以前と比べて感じた変化などありましたか?
(見た目・噛み心地・安全性の変化など)

<A>最初は水の勢いに少し驚きましたが、痛く無く、終わったとは歯の表面がピカピカになりました。
口の中もすっきりして気分爽快でした。
磨ききれなかった思考を全部ジェット噴射で飛ばしてもらえたようです。

<Q3>当院をご存じ無い方に是非、推薦のメッセージなど、一言お願いいたします。

<A>丁寧な説明や治療が受けられますよ!

H・U様、ご回答ありがとうございました。

このように、皆様の治療のお声をすこしずつ、こちらにも載せさせていただこうと思います。

Google +1
2017年8月 6日

夏休みのある日。親子で目黒歯科医院にご来院くださいました。

1500719396224.jpgのサムネール画像


暑中お見舞い申し上げます。


日本の夏らしく、高温で湿度の高い日が続いていますが、体調管理は上手にできていますでしょうか?

日本には四季があり、季節ごとに景色や環境が大きく変化します。


でもね、お口の中の環境は、一年中「真夏」。


細菌(バクテリア)とってとっても住みやすい住環境なのです。


では、歯磨きの目的とはいったい何でしょうか?


DSC_1496リサイズ.jpg


歯にこびりついた細菌の塊である「歯垢を取り除くこと」ですよね~♪

毎日の歯磨きで、上手に歯垢がとれれば、虫歯や歯周病とは無縁で健康的な日々を送ることができますよ。


先日、いつも歯のお手入れにご熱心な男性がお見えになられました。

いつもお一人でいらっしゃるのですが、この日は可愛らしいお嬢さんとご一緒です。


お父さんのお口の中を、とっても熱心に覗き込んでいたのが印象的でした♪


この可愛らしいお嬢さんも、歯磨きがきちんとできる健康的な女性に成長されることでしょう。


ご来院いただき、ありがとうございます♪


かしこ 歯科衛生士 目黒かおり

Google +1
2017年7月26日

雨の続く中、目黒歯科医院にご来院いただきありがとうございます。

あれ?

梅雨があけた直後から、ほぼ毎日雨降りが続いていますね。

本日もお足元が悪い中、ご来院いただきましてありがとうございます。


気温が高くて、湿気が多いとバクテリア(細菌)にとっては好都合な環境ですね。

ご存知でしたか?

お口の中は、まさに細菌の宝庫です。

一年中36度前後・一年中大雨注意報?笑・・・それがお口の中です。


お口の衛生状態は、クリーニングの質により良くもなり、大惨事にもなりますよ。

ぜひ、歯科衛生士の常駐している目黒歯科医院にご来院くださいませ。


虫歯・歯周病治療の為のケアにとどまらず、全身の健康維持のために「予防歯科」を併設しております。

入れ歯・インプラントの専門歯科医院ですが、それ以前に、日々、歯を守るお手伝いをしております。


shutterstock_641678581リサイズ.jpg


かしこ 歯科衛生士主任 目黒かおり

PS 本日はセミナー参加のため東京に出張中です。

Google +1

目黒歯科医院
スタッフ

目黒歯科医院 院長 目黒 伸行

医院サイト:
http://www.meguro-shika.jp/

こんにちは。佐野市で唯一ドイツ式入れ歯を手がけ、難症例のインプラント治療にも対応する「目黒歯科医院」です。

当院には、歯のことで長年にわたって悩まれ、満足のいく入れ歯やインプラントの治療を求めて何軒も歯科医院をまわってこられた患者さまが多く来られます。宇都宮や県外からわざわざ来院されることも珍しくありません。
そんな患者さまのご期待に応えるために、できるだけお気持ちに寄り添い、満足いただける治療をご提供するために努力してきました。
本気で治したい、心から健康になりたいという方のご期待に応えること。理想の治療を求めてくださる方に、満足していただける治療をご提供することが私の願いであり、幸せでもあるのです。

院長 目黒伸行

Google +1