« 2018年3月
  •  
  •  
  •  
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
2018年3月 9日

口腔アレルギー症候群

こんにちは、目黒歯科医院です。
今日は口腔アレルギー症候群のお話を少ししたいと思います。

口腔アレルギー症候群(OAS)とは
リンゴなどの果物や生野菜を摂取した直後、口腔内のかゆみやヒリヒリ感、軽度の発赤、口唇・口腔内・口蓋の浮腫などがみられることがあります。
通常これらの症状は軽度で、自然におさまります。

また、花粉症の患者様に起こりやすく、PFS(pollen-associated food allergy syndrome)とも呼ばれています。
特にシラカバの花粉症の人に口腔アレルギーが多いと言われており、シラカバの花粉のタンパク質と構造がにているリンゴに対してアレルギー症状が出ます。

食物アレルギーは、小腸からアレルギーの原因物質が吸収され、じんましんや咳、腹痛などが起きますが、OASの場合は口腔粘膜の接触によりアレルギー症状が起こるのが特徴です。

下に、アレルギーの表を記入しておくので、もし
「そういえば自分そうかもしれない・・」
という方は照らし合わせてみてみてください。

主な花粉と交差反応が報告されている果物・野菜

〇シラカバ(シラカンバ)
バラ科・リンゴ、西洋ナシ、サクランボ、モモ、スモモ、アンズ、アーモンド
セリ科・セロリ、ニンジン
ナス科・ジャガイモ
マタタビ科・キウイ
カバノキ科・ヘーゼルナッツ
ウルシ科・マンゴー
シシトウガラシなど・・

〇スギ
ナス科・トマト

〇ヨモギ
セリ科・セロリ、ニンジン
ウルシ科・マンゴー
スパイスなど

〇イネ科
ウリ科・メロン、スイカ
ナス科・トマト、ジャガイモ
マタタビ科・キウイ
ミカン科・オレンジ
マメ科・ピーナッツ
など

〇ブタクサ
ウリ科・メロン、スイカ、カンタロープ、ズッキーニ、キュウリ
バショウ科・バナナ
など

〇プラタナス
カバノキ科・ヘーゼルナッツ
バラ科・リンゴ
レタス
トウモロコシ
マメ科・ピーナッツ、ヒヨコマメ

どうでしたか?
少しでも参考になればと思います。

Google +1

目黒歯科医院
スタッフ

目黒歯科医院 院長 目黒 伸行

医院サイト:
http://www.meguro-shika.jp/

こんにちは。佐野市で唯一ドイツ式入れ歯を手がけ、難症例のインプラント治療にも対応する「目黒歯科医院」です。

当院には、歯のことで長年にわたって悩まれ、満足のいく入れ歯やインプラントの治療を求めて何軒も歯科医院をまわってこられた患者さまが多く来られます。宇都宮や県外からわざわざ来院されることも珍しくありません。
そんな患者さまのご期待に応えるために、できるだけお気持ちに寄り添い、満足いただける治療をご提供するために努力してきました。
本気で治したい、心から健康になりたいという方のご期待に応えること。理想の治療を求めてくださる方に、満足していただける治療をご提供することが私の願いであり、幸せでもあるのです。

院長 目黒伸行

Google +1