« 2018年2月
  •  
  •  
  •  
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  •  
  •  
  •  
2018年2月 7日

歯磨きのフッ素情報!②

こんにちは、目黒歯科医院です。

今日は昨日に引き続き、歯磨きのフッ素についてお話しましょう。

では、皆様、まずはこちらの画像をご覧ください。
img1.jpg

こちらは、歯科医院で売っている歯磨き粉や、薬局さんで売っている歯磨き粉を一覧にした物です。
もちろん、まだまだ種類はありますので、一概にこれで全部というわけではありません。

そして、こちら、フッ素の濃度の高い順番に並んでいます。
一番上の列が1500ppmF・真ん中が1000ppmF・下が500ppmFです。
隅っこに番外として、あかちゃん用のフッ素無配合のものがちょこっと乗っていますね。

使用年齢としては、
3~5歳くらいのお子様は500ppmFの歯磨き粉
6~14歳(中学生)くらいのお子様は1000ppmFの歯磨き粉
15歳(高校生)~大人の方は1500ppmFの歯磨き粉
だいたいになりますが、これを目安にしていただくと解りやすいです。

また、歯ブラシにつける歯磨き粉の分量がちょっと見切れてしまっているので、
こちらに文章にして記入しておきます。

15歳以上→2cm程度
6~14歳→1cm程度
3~5歳→5mm程度

歯ブラシに歯磨き粉ってどれくらいつけるの?
と言う方はこちらを目安にしていただくと解りやすいですね。

また、あくまでもこの表は2018年のものなので、これがずっと正しいとは限りません。
歯科の器械だけでなく、歯磨き粉やお薬も日々進化をしています。

では、今日のお話はここで終わりますが、予防についてもっと知りたいという方は是非こちらのページをご一読ください。
http://www.meguro-shika.jp/2025prevention/

また、目黒歯科医院の歯科衛生士スタッフがつぶやく役立ちブログにも、
予防歯科についていろいろ書かれているので、是非そちらにも目を通してみてください。

https://ameblo.jp/meguro-dhstaff/

内容も解りやすくゆる~い感じで書かれていますよ(^u^*)

Google +1

目黒歯科医院
スタッフ

目黒歯科医院 院長 目黒 伸行

医院サイト:
http://www.meguro-shika.jp/

こんにちは。佐野市で唯一ドイツ式入れ歯を手がけ、難症例のインプラント治療にも対応する「目黒歯科医院」です。

当院には、歯のことで長年にわたって悩まれ、満足のいく入れ歯やインプラントの治療を求めて何軒も歯科医院をまわってこられた患者さまが多く来られます。宇都宮や県外からわざわざ来院されることも珍しくありません。
そんな患者さまのご期待に応えるために、できるだけお気持ちに寄り添い、満足いただける治療をご提供するために努力してきました。
本気で治したい、心から健康になりたいという方のご期待に応えること。理想の治療を求めてくださる方に、満足していただける治療をご提供することが私の願いであり、幸せでもあるのです。

院長 目黒伸行

Google +1