インプラントの症例

総入れ歯から固定式の歯へ(強度と耐久性を考えた症例)

「誰にでも、セラミックの歯が最善とは限りません」
上アゴの全部の歯と下アゴ奥歯をインプラントで復元しました。
奥歯の咬みあわせ面を金属にし、強度を高めています。

【解説】
佐野市在住、
50代、男性の患者さまです。

奥様の紹介で、インプラント治療を希望され来院されました。

治療後の正面写真です。
症例

治療前の上アゴの咬み合せの面の写真です。
症例

治療前の上アゴの咬み合せの面の写真です。
症例

お仕事が忙しく、身体を犠牲にされてきました。
今回は、何とかお時間を調整され治療にご協力いただきました。
できる限り、残り少ない天然の歯にダメージを与えない治療法を検討しました。
また、身体の大きな男性で、噛む力がとても強い方なので、見た目よりも、強度と耐久性を重視した設計を考えました。

治療後の正面写真です。
症例

治療後のレントゲン写真です。
症例

そのため、奥歯の咬み合せの面は審美的なセラミックを使用しないで、部分的にあえて金属の冠で仕上げました。
もちろん素材は貴金属ですので、低アレルギーです。

治療後の上のアゴの咬み合せの面です 
症例

治療後の下アゴの咬み合せの面です 
症例

当院では、単に見た目だけのセラミック治療はお勧めしません。
もちろん、あなたがどうしても破損のリスクを覚悟で見た目を重視したいならかまいません。あなたの希望を、喜んで最優先します。

最近では、セラミック素材も進歩してジルコニアと呼ばれる高強度な冠も普及して来ました。このジルコニアと言う素材も万能ではありませんが、これからは、きっと歯科治療の主流になるでしょう。
あなたの希望を、遠慮なくお伝えください。

症例一覧に戻る

無料カウンセリングをおこなっております

無料カウンセリングをおこなっております