インプラントの症例

総入れ歯から固定式の歯へ(骨の移植を行った症例)

「同業歯科医からも信頼の厚い、インプラント専門医院です」
上アゴの足りない骨に骨移植を行い、インプラントを埋入しました。
インプラント義歯の最高峰「AGCテレスコープ義歯」により予後も安定します。

【解説】
佐野市在住、
60代、男性の患者さまです。

市内の歯科医院から、インプラント治療の依頼で紹介来院されました。

治療前の正面写真です。
症例

入れ歯を外すとこんな感じです。
症例

治療前の右横から見た写真です。
症例

治療前の左横から見た写真です。
症例

他院から紹介来院された患者さまですが、上の奥歯の部位のアゴの骨の厚みが少ないために、その医院では対応できなかったためです。

治療前のレントゲン写真です。
症例

骨の厚みが少ない場合の対処法は2つあります。

1、骨を移植して、厚みを増やす
2、インプラント体を斜めに埋め込んで、骨の厚みを確保する

今回は、骨の移植を計画しました。理由は、歯の本数を後方まで製作したかったからです。
この方の奥歯の骨の厚みは、1ミリ以下でしたので、とても苦労しましたが何とか成功しました。

治療後のレントゲン写真です。
症例

インプラント体に固定されている歯は、インプラント治療の最高峰「AGCテレスコープ義歯」です。
症例

治療後の右横から見た写真です。
症例

治療後の左横から見た写真です。
症例

この技法の特徴は、インプラントに固定される義歯が接着剤を使用しないで、摩擦力で固定されできる点です。

超精密加工された、土台です。
症例

そこに、義歯がはめ込まれます。
症例
症例
症例

義歯の裏側です。純金の冠が仕込まれています。
症例

接着剤を使用しない利点は、歯を固定する時に、もしも歯科医が接着剤を取り残したら、接着剤が歯石と同じような作用をします。
その歯肉に炎症を引き起こすリスクを排除できるのです。
欠点は、製作工程が複雑なので治療費が高額となることです。

当院のAGCテレスコープ義歯は、AGC技工の第一人者、木村社長率いる松戸市の協和デンタルラボラトリーにお願いしています。
都内の高名なインプラント専門医の多くが、AGCは協和デンタルラボラトリーにお願いしています。

当院は、わざわざあなたが都内まで通院しなくても、最新のインプラント治療を提供できるように常に研鑽しています。
同業の歯科医から、治療依頼される医院ですのでご安心ください。
是非、ご相談ください。

症例一覧に戻る

無料カウンセリングをおこなっております

無料カウンセリングをおこなっております