ドイツ式入れ歯(テレスコープ)の症例

リーゲルテレスコープ式部分入れ歯(天然歯とインプラントを併用した症例)

「歯にダイヤモンド!おそらく、日本でたった一つの貴重な症例です」
残った歯とインプラントを併用したリーゲルテレスコープ式を入れました。
当院は患者さまのご要望にできるだけお答えできるよう最善を尽くします。

【解説】
佐野市在住、
60代、男性の患者さまです

お口の中の総合的な治療をご希望で来院されました。
診査の結果、残された歯の状態が悪く、多くの歯が神経の組織を取り除かれて、脆い歯でした。今後、次々に歯根の破折が予想されます。

そこでインプラントを併用したリーゲルテレスコープ義歯を選択しました。
2重冠構造なので、今後、予想される歯根の破折による抜歯等にも対処可能な設計としました。
愉快な方で、前歯にダイヤモンドを加工して埋め込んで欲しいとのご希望で、苦労の末、なんとかご要望にお応えできました。とても、お喜び頂けました。

治療後の正面写真です。2個のダイヤがキラリ!
症例
症例

回転レバーを開けば入れ歯が外れます。
症例

内側の冠です。
症例

この症例は、世界でも稀な症例となりました。おそらく日本でこの方だけだと思います。K様、貴重な経験をありがとうございます。

実は、K様はこの歯をとても気に入って、ルビーとサファイアを埋め込んだ仕様を現在計画中です。

当院は、あなたの無理難題にお答えします。

症例一覧に戻る

無料カウンセリングをおこなっております

無料カウンセリングをおこなっております