ドイツ式入れ歯(テレスコープ)の症例

リーゲルテレスコープ式部分入れ歯(天然歯とインプラントを併用した症例)

「ミラクルデンチャー vs ドイツ式入れ歯 vs インプラント」
上アゴの神経のない歯だけでは支えられないため、インプラントを埋入してリーゲルテレスコープを入れました。
ミラクルデンチャーでは残念ながら長くは持たない症例です。

【解説】
小山市在住、
50代、男性の患者さまです

入れ歯の悩みでインターネットで検索、ミラクルデンチャーを知り、相談で遠方から来院されました。

初診時の正面写真です。
症例

右横から見た写真です。
症例

左横から見た写真です。
症例

上アゴの咬み合せの面です。
症例

下アゴの咬み合せの面です。
症例

診査の結果、咬み合せのバランスが大きく崩れており、その場しのぎの治療では良い結果が出ない事をご説明しました。ご納得いただき、総合的に治療させて頂きました。

上の歯は、すべての歯が神経の組織が取り除かれて、脆い歯でした。今後、次々に歯根の破折で抜歯となることが予想されます。
そこで、インプラントを併用したリーゲルテレスコープ義歯を選択しました。
2重冠構造なので、今後、予想される歯根の破折による抜歯等のトラブルにも対処可能です。

当院は、県内第一号のミラクルデンチャー導入医院です。
どうしても「ミラクルデンチャー」という名称の部分入れ歯を希望される場合は対応しますが、欠点が多いため、現在当院では、ドイツ式入れ歯をお勧めしています。

治療後の正面写真です。下の歯は、シンプルなインプラントを支えにしたブリッジです。
症例

咬みあわせの面の写真です。
症例

開閉レバーを開いた状態です。
症例

内冠の状態です。
症例

常に最新の治療法が最善ではありません。あなたにとっての最善を目指します。

症例一覧に戻る

無料カウンセリングをおこなっております

無料カウンセリングをおこなっております