ドイツ式入れ歯(テレスコープ)の症例

レジリエンツテレスコープ(天然歯のみを利用した症例)

「70歳のあなたの、10~20年先の人生を見据えて、治療方法を検討しています」
残っている歯を守るためにレジリエンツテレスコープで対応しました。
生涯に渡って長く使える入れ歯をご提供いたします。

【解説】
小山市在住、
60代、女性の患者さまです。
遠方から来院されている患者さまです。

下の入れ歯は、当院で15年前に製作したものです。
当時の私にとっては、この入れ歯が最善の治療法でした。
症例
症例
症例
症例
症例

下の歯の咬み合せの面の写真です。
症例

特に、痛み等の問題はありませんでした。
ただしそろそろ、支えの歯の寿命が訪れそうな時期です。
そこで、残された歯の延命もかねて、再治療を計画しました。
今後、入れ歯の破損で急なトラブルが起こった時に備えて、通院回数も少なく、簡単な修理で最低10年以上は使用可能な設計を検討しました。
ドイツ式入れ歯のひとつ、レジリエンツテレスコープ式部分入れ歯です。

治療後の下アゴの咬み合せの面の写真です。
内冠と呼ばれる内側の冠を装着しました。
症例

そこに外冠と呼ばれる、外側の冠(入れ歯)が装着されます。
症例

そこに外冠と呼ばれる、外側の冠(入れ歯)が装着されます。
症例
症例

治療後の正面写真です。
症例

この入れ歯なら、もしも残っている歯を抜歯する事になっても、簡単な修理で使い続ける事が可能です。
遠方で通院が難しく、ドイツ式入れ歯の知識が無い歯科医でも保存できない歯の抜歯さえできれば、大丈夫です。
残りの歯が3本以下の方に特にお勧めの入れ歯です。この入れ歯で、最低10~20年は大丈夫です。100歳まで使い続けてください。
私も、頑張ります。

症例一覧に戻る

無料カウンセリングをおこなっております

無料カウンセリングをおこなっております