ドイツ式入れ歯(テレスコープ)の症例

コーヌステレスコープ式部分入れ歯(天然歯のみを利用した症例)

「インプラントでもドイツ式入れ歯でも、咬み合せが悪ければ、良く噛めません」
咬みあわせが崩れていたため、きっちりと咬みあわせの調整を行ってから、
下アゴにコーヌステレスコープ式部分入れ歯を入れました。

【解説】
佐野市在住、
60代、男性の患者さまです。

下アゴの奥歯を失い、入れ歯を希望され来院されました。

初診時の正面写真です。下の前歯が見えません。
症例

右横から見た写真です。
症例

左横から見た写真です。
症例

下の歯の咬み合せの面の写真です。
症例

診査すると噛む力が強い方で、歯がすり減ってしまい前歯が無くなりそうな状態でした。
症例

下の前歯がすり減って、無くなりそうです。
症例

そのために、咬み合せの高さが低くなり入れ歯が作れない状態でした。まずは、すべての歯を仮の歯に置き換え、咬み合せの高さを元に戻します。仮の歯を装着して、咬み合せの高さを高くしました。下の前歯が見えてきました。

多くの医院では歯が抜けたら、何も考えずに、そのまま入れ歯の型取りをしています。入れ歯のあなたもそんな経験がありませんか?世界一安い、日本の保険診療が基本になっているので、ある意味仕方がないかもしれません。

でも高額な自費診療でも、同様な医院が多いそうですよ・・・。
当院は、妥協しません。

症例

そして、ドイツ式入れ歯のひとつ、コーヌステレスコープ式部分入れ歯を装着しました。

内冠と呼ばれる内側の冠を装着しました。
症例

下の歯の咬み合せの面の写真です。
症例

そこに外冠と呼ばれる、外側の冠(入れ歯)が装着されます。
症例

入れ歯はこんな感じになっています。
歯の上に、すっぽり保護するようにはめ込まれるのです。
症例

上の歯は、ご予算の関係ですべて保険治療です。
ただし、咬み合せの歪みは整えていますよ。
症例
症例

インプラントや入れ歯治療は、単に歯を失った隙間を埋めれば良いという物ではありません。
歯科治療で一番大切なことは、咬みあわせを整えることなのです。

治療後の正面写真です。
症例

入れ歯やインプラントは、治療法の一つにすぎません。
高額な入れ歯やインプラント治療も、咬み合せが悪ければ良く噛めません。
咬み合せに精通している歯科医院を選ぶことが大切です。
特に高額治療を受ける時は、慎重にしてくださいね。

症例一覧に戻る

無料カウンセリングをおこなっております

無料カウンセリングをおこなっております