審美歯科の症例

審美セラミック

「歯を白くするのが審美歯科ではありません!
大切な事は、咬みあわせです。白い歯は当たり前です。
高いお金をかけて白い歯にして、顎関節症になったのでは、本末転倒です。」

【解説】
佐野市在住、
60代、女性の患者さまです。

右上の奥歯の欠損にインプラント治療を希望されて市内の医院様から、ご紹介で来院されました。
アゴの骨の厚みが無いため、紹介先では施術できないためでした。

詳細な診査の結果、多数の被せ物が虫歯になり、さらに、アゴの関節にも不具合がありました。
軽度の顎関節症です。原因は、不適切な被せ物が多数あり、咬みあわせのバランスが大きく崩れていたからです。

そこで、お口の中全体の総合的な治療を提案しました。
ご納得され、インプラントを併用して、最新のオールセラミック冠によるお口全体の修復治療を行いました。

下の写真が、治療前の正面写真です。下の歯がほとんど見えませんね?
顎関節症の方は、この方のように咬みあわせが深くなって下の前歯が見えない事が多いです。
症例

治療前の右横から見た写真です。
奥歯がありません。
症例

治療前の左横から見た写真です。
症例

治療前の上の咬みあわせの面の写真です。
症例

治療前の下の咬みあわせの面の写真です。
症例

すり減った咬みあわせの高さを元に復元します。
仮の歯で、適切な高さを診断します。
症例

下の前歯で、本だけ短い歯がありますね?これが、元の高さです。
約2.5mm高さを増やしました。

下が正面写真です。
症例

治療前がこちらです。
症例

さらに最終的な仮の歯を再制作して、確認します。
症例

インプラントも埋め込み済みです。
症例

この段階で、アゴの不調も良くなりました。
この仮の歯の情報を元に、最終の歯を制作します。

下の写真が治療後です。歯の色は、あまり白くし過ぎないように、優しい感じに仕上げました。
あなたが望めば、いくらでも白くできますよ。遠慮しないで、ご希望をお聞かせください。
症例

治療後の上の咬みあわせの面の写真です。
症例

治療後の下の咬みあわせの面の写真です。
症例

今回は、金属を使わないオールセラミック冠で治療しました。
最近では、金属に匹敵する位の強度が出せると言われていますが、慎重に設計しないと、破折します。

下の写真は、装着前の上の歯のオールセラミック冠です。
表と裏側の状態です。従来のセラミック冠のような、金属の裏打ちがありません。
そして、すべて連結補強してあります。
症例
症例

いかがですか?
症例

上下の歯の長さも適切になりました。
歯だけを見ても、バランスが良いのが解ると思いますが、実は、咬みあわせを元に戻すと、口元がとても若返るのですよ!

理由は、頬のたるみが解消されるからです。
これは、ただ単に適当に白い歯を入れても変わりません。総合的な治療の結果です。
これが、真の意味の審美歯科です。

お悩みのあなた、是非相談にいらしてください。
解決法を一緒に探していきましょう。

症例一覧に戻る

無料カウンセリングをおこなっております

無料カウンセリングをおこなっております