子供の歯並び、矯正治療でお悩みの方へ

32 子供の歯並びが気になる方や、他院で歯を抜く矯正法を提案され困っている方へ
歯並びが悪い原因の多くは、歯の大きさに対してアゴの成長(歯列の成長)が遅れている場合がほとんどです。当院は、遅れているアゴの成長を助ける装置を使い、なるべく歯を抜かない矯正法を考えます。
当院で主に使用している矯正装置は、子供にできるだけストレスを与えない、3Dリンガル装置です。
これは歯の内側に装置を装着するので外からは見えません。外から針金で縛る矯正の期間をできるだけ短くなるように努力しています。世間では乳歯が残っている時期に外側から針金で縛る矯正治療が行われていますが、アゴの成長発育を邪魔してしまうので、注意が必要です。当院は、外側から針金で縛る矯正装置は永久歯に生え替わってから使用しています。
「歯を抜かない小児矯正」へ

33 矯正治療はお金がかかるので心配されている方へ
歯並びの問題は、早期(小学校低学年)に治療を開始するほど治療期間は短くなります。ただし、永久歯に生え替わる13~14歳までは経過観察が必要です。早期で簡単な症例で一部分だけの歯並びの改善なら、10万円以下で治療可能な場合もあります。
ご両親が歯並びの問題に気がついたらすぐに専門家に相談するのが、費用を抑える秘訣です。特に、受け口の骨格的な問題は3~4歳くらいから治療を開始すべきです。
当院では、歯並びについての小冊子を無料で差し上げています。是非、ご相談ください。
「歯を抜かない小児矯正」へ

34 矯正治療は毎回お金がかかるので、総額がわからず心配されている方へ
子供の矯正治療は、アゴの成長発育に影響されます。アゴの発育は女の子で14歳前後、男の子で18歳前後です。そのため成長発育にあわせてオーダーメードな治療が必要になります。当院では、なるべく治療費を抑える努力をし、最小の治療費を目指します。さらに、歯並びは治したいけれど、長期間の矯正治療に自信が持てない方のために、矯正装置ごとに分割でのお支払いも可能です。治療開始時におおよそ予想されるであろう最大の治療費を提示致します。特に、取り外し式矯正装置の場合、お子さまがきちんと装着時間を守らなければ期間が延び、それに合わせて治療費用は増えていきます。ご家庭での保護者の方のご協力が不可欠です。
基本的に、取り外し式の矯正装置は上アゴにのみ使用します。下アゴの取り外し式装置(床矯正装置)は現在使用していません。使用期間は、乳歯(C・D・E)が残存している時期だけです。
「歯を抜かない小児矯正」へ

35 矯正治療は針金が目立つので、迷われてる方へ
透明で目立たないマウスピースによる矯正のメニューもご用意しております。ご相談ください。
マウスピース矯正では、世界シェアNo.1のインビザラインシステムを導入しています。
「歯を抜かない小児矯正」へ

無料カウンセリングをおこなっております

無料カウンセリングをおこなっております