12歳まで虫歯を作らないことが目標です

小児歯科12歳までに虫歯になったのは、お子さまの口腔内の管理ができなかった親の責任と言われています。幼い頃からきちんとした予防と正しい歯磨きや生活習慣で、虫歯を防ぐことができるものです。当院では虫歯を予防しながら、お子さま自身の歯磨きとご家族の仕上げ磨きをアドバイスします。その後は4ヶ月に1回程度の定期検診を行い、歯の生え方や歯並びをチェックし、おやつの食べ方などの生活指導も行います。

子どもの虫歯はご家族が原因かも?!
虫歯菌は生後6ヶ月から3才の間に最も感染しやすく、一度感染すると一生その種類の菌を持ち続けます。出産前にお母さんはもちろん、身近なご家族も歯科治療や予防を受け、虫歯菌のリスクをチェックしてお口の環境を整えておきましょう。感染の機会を少なくするために、同じ箸を使わないこと、口移しで食べさせないことも心がけてください。

無料カウンセリングをおこなっております

無料カウンセリングをおこなっております