歯を抜かない矯正治療に取り組んでいます

矯正治療

「子どもの歯並びが気になる」「歯並びが気になって人前で笑えない」そんなお悩みはありませんか。

歯並びが悪い不正咬合は、見た目の問題だけでなく噛む機能を充分に発揮できず、消化器官に負担をかけることがあります。歯が重なり合った部分にお手入れが行き届かなかったり、充分に噛めないことから、表情を作る筋肉が衰え口角が下がったり、目尻が垂れてくることもあります。

さらに院長が強くお伝えしたいことは、悪い咬みあわせによる全身への悪影響です。歯並びや咬みあわせが悪いと、健康を左右するいろいろな症状が現れます。そして、医科の各種検査で、原因の解らないものであれば、軽い物は「不定愁訴」と呼び、その症状が慢性化して重くなって行くと「○○症候群」「○○病」などと呼ばれる病気になってしまうのです。いろいろなそれらの症状は、年齢に応じた身体の成長過程や逆に老化によっても違ってきますがたくさんの症状や病気が現れるのです。参考までに、学童期までは下記のような症状の不定愁訴が現れやすいです。

幼児期(2~6歳)子どもの不定愁訴
扁桃腺が腫れやすい・鼻炎・小児ぜんそく・アトピーなどの肌荒れ・視力低下

学童期(6~11歳前後)
扁桃腺が腫れやすい・鼻炎・小児ぜんそく・疲れている時しか上を向いて寝られない(いつも横向きかうつぶせ寝)・疲れている時は上を向いて寝るがイビキをかく・寝起きが悪い・午前中はボーとしている・あくびが多い・ボーッとした目をしている・平熱が低い・若いのに肩こり・イライラしやすい(自律神経の機能低下)・落ち着きが無い・肌荒れ・視力低下・若年者の高血圧

これらの症状は、中高年になっても複雑にからみあって続くのです。歯並びや咬みあわせを治すということは、単に見た目の美しさを求めるだけではありません。今の子供達が、元気なお爺ちゃんお婆ちゃんになるために必要なのです。当院の矯正治療の目標は多くの歯科矯正医の先生方とは少し違っています。

一言で言えば、「あなたの健康維持のお手伝いをする矯正治療です」
「歯の見た目だけを大切にする歯科医」ではなく「からだ全体を大切にする歯科医」を目標にしています。

そして、「小さな咬みあわせの異常でも見逃さないで、予防する」
「矯正治療を早い時期から始める事で、歯並びの成長発育を助けながら永久歯を抜かない方法で治療する」
ということを、心がけています。

そして、現在原因不明の不定愁訴に悩まされている中高年のあなたは、信頼できる歯科医院で、是非咬みあわせの検査を受ける事をお勧めします。

いかがですか?
院長は歯並びのお悩みにお応えしたいと、小児の非抜歯矯正を中心に研鑽を積んできました。歯並びを整え素敵な笑顔になって、生涯健康な生活を送っていただくために、当院の矯正治療をお役立ていただきたいと考えています。

院長コラム

うちの子は 集中力が無くて、ぜんぜん成績が上がらないとお悩みのお母さんへ!酸欠かもしれませんよ?

さて、歯並びの悪いお子様をお持ちのお母さんは、かかりつけの歯医者さんでよくこんな事を言われませんか?
「○○ちゃんは、アゴの発育が悪いですね・・・」「いずれ、矯正治療が必要になりそうですね・・・」
みたいな感じです。

実は私も、そう思っていた一人です。でも、どうやらそれは間違いだったようです。

コラムのつづきはこちら(Ameba ブログへ)

無料カウンセリングをおこなっております

無料カウンセリングをおこなっております