小児矯正の流れ

乳歯の矯正乳歯矯正
反対咬合の場合、3歳ごろから、就寝時に着脱可能な装置(パナシールド)を使用し、口腔機能トレーニングを行い、正しい舌のポジションに改善します。そして、4~5歳で下アゴの成長を抑えるチンキャップという装置(帽子みたいに被るタイプ)を使用します。乳歯の段階では歯の表側にワイヤーは着けずに、1年以上かけて治療と管理を行います。咬みあわせが改善されたら、永久歯への生え替わりを経過観察し、問題が起きれば小児矯正へと移行します。

院長コラム

3歳児検診で、受け口と言われてお悩みのお母さんへ!受け口が、5千円で治せるって知ってますか?

乳歯の受け口が、治療せずに永久歯になった時に、正常な咬みあわせになるチャンスは歯の生え変わりのときですが、3歳の時点で受け口であれば、治療せずに治る可能性はかなり低いと言えるでしょう。

そして乳歯では正常な咬みあわせなのに、永久歯に反対咬合になる子供さんも意外に多いです。
ということで、お母さんに是非知ってもらいたいことがあります。

コラムのつづきはこちら(Ameba ブログへ)

第一期矯正第一期矯正
歯の内側で歯列の発育を手助けする3Dリンガル矯正装置を7歳頃から使用し、永久歯を抜かないできれいに並べるための指導を行っていきます。舌の筋肉によって歯並びが発育することを重視し、健康を維持できる歯並びと咬みあわせをめざす矯正治療です。MFT(口腔周囲筋トレーニング)を併用します。このトレーニングは難しいものではありません。ご存じかもしれませんが、今井先生という内科の先生が指導している「アイウベ体操」と同じものです。実は今井先生は、私の師匠の矯正セミナーの受講生でもあります。内科医なのに、偉いですね。

アゴの発育は女子で14歳前後、男子では18歳前後で止まり、成長後はあまり効果が期待できませんので、乳歯が永久歯に生え替わる前から行うことをお勧めしています。そうすることで第二期の治療において非抜歯矯正や矯正期間の短縮が期待できます。

第二期矯正第2期矯正
永久歯列になってから、必要に応じてブラケットとワイヤーによる矯正を行います。成人矯正とほぼ同じ内容ですが、一期からの継続であれば抜歯せずに短い期間で歯並びを整えることが可能となります。

無料カウンセリングをおこなっております

無料カウンセリングをおこなっております