将来や生活習慣までを考えた歯周病対策をアドバイスします

歯周病対策歯周病は感染症であり生活習慣病でもあるため、悪くなった部分だけを治せばよいというものではありません。当院では原因やリスクを見極め、生活習慣までを考えたお口の中全体の健康を視野に入れた総合的な治療と、徹底した歯磨き指導で再発を防ぎます。歯周病の治療では、必ず歯周ポケット(歯と歯肉の境目の溝)の深さをきちんと計測します。歯周ポケットは歯周病の進行度を確認する重要な指標ですが、歯周ポケットをきちんと図る歯科医師は意外と少ないようです。当院ではどの患者さまに対しても6点法(通常は4点法)で歯周ポケットを計り、進行度に適した治療や予防をご提案しています。

<6点法とは>
歯周ポケット測定において、歯の頬側の近心・中央・遠心と、舌側の近心・中央・遠心の計6点を診査します。一般的には頬側の近心・中央・遠心と舌側の中央の4点を計測することが多いようですが、精密な歯周病治療を行うには6点法がベストな診査方法です。

院長コラム

警告!歯周病のあなた! 歯周ポケットを測定しない歯医者さんから、 すぐ逃げてください!」

真面目な歯医者さんは、必ず歯周ポケットを測定しますよ。
歯周病のあなたは、歯周ポケットの測定値を、歯科衛生士さんに必ず聞いてください。
自分の身体の事ですよ・・・。興味をもってくださいね・・・。

でも、ここだけの話ですが、実は、歯周ポケットを測定してくれる歯医者さんは、とても少ないのです・・・。

コラムのつづきはこちら(Ameba ブログへ)

徹底したブラッシング指導
当院では歯科衛生士が患者さま一人ひとりの歯石のつきやすさやブラッシング技術、生活習慣なども考慮したきめ細かい歯磨き指導を行います。ご自身の歯並びやブラッシングのくせ等を把握していただいた上で、ご自身でプラークコントロールができるようにブラッシング方法を習得していただきます。

無料カウンセリングをおこなっております

無料カウンセリングをおこなっております