できるだけ痛みと負担を軽減した治療を心がけています

虫歯治療

「虫歯治療は痛い」「歯医者が怖い」というイメージをお持ちの方がまだ多くいらっしゃいます。この悪いイメージを払拭するために、当院では治療の痛みをできるだけ軽減するように心がけています。

一度削った歯は二度と元に戻らず、しかも歯は削って詰めた場所から悪くなるため、できるだけ削らない最小限の治療を心がけています。当院ではダイアグノデント(虫歯診断用レーザー)を取り入れ、ごく初期の虫歯も見落とさず、確実に発見する事を心がけています。また、基本的な事ですが虫歯の取り残しを防止するために、虫歯菌に感染した部分を選択的に染色する事ができる、う蝕検知液を必ず使用しています。地味な治療ですが、何度も何度も感染した部分を染色し、除去するという作業を繰り返すのです。感染した部分が染色されなくなるまで徹底的に繰り返し行います。

症例
ダイアグノデント
症例
う蝕検知液

当院は虫歯の取り残しによる再発を、できるだけ防ぐための努力を惜しみません。意外に知られていませんが、日本では、う蝕検知液を当たり前に使用している医院は少ないのです。すべて、高品質で安心、安全の医療を提供するためです。

拡大鏡で精度の高い治療を行います拡大鏡
治療の際は肉眼の2.5倍から10倍に拡大して見ることのできる拡大鏡を使い、精度の高い治療を心がけています。また、メガネのようにかけて使うタイプなので移動が可能で、すべての患者さまの治療に対応することができます。小さな虫歯も把握でき、患部だけを削り取る繊細な治療ができます。精密に歯を削る時に、肉眼で処置する時代はもう終わりました。ただしあくまで正しい知識と経験を持ち合わせた術者が使用しなければ無意味です。

当たり前ですが、どんな治療にも熟練するには正しい知識と経験年数が必要なのです。臨床経験30年の私だからこそ、解ることがたくさんあるのです。丁寧に処置しても不良な経過をたどる事だってあるのです。多くの失敗を経験しないと解らない事がたくさんあります。知識と経験の集大成であなたの健康に貢献します。

麻酔の痛みも軽減します電動麻酔器
よく患者さまからお聞きするお話ですが、虫歯の治療や、歯の根っこの治療に麻酔をしない歯医者さんが多いようです。もちろん、すでに神経組織を取り除かれた歯を削る場合は、麻酔をしない時もあります。歯を削る振動よりも、麻酔の後の違和感が嫌いな患者さまもいるからです。
(歯を削る振動も不快で耐えられない場合は、もちろん麻酔をします。)

私の医院では、基本的に痛みを伴う可能性のあるすべての処置に局所麻酔を使用します。他院では省略されている事が多い虫歯の治療や、歯の根っこの治療には、痛みが出やすいからです。できる限り、あなたに痛みを与えたくないからです。

麻酔をしない歯医者さんが多い理由は、日本の歯医者さんが忙しすぎるからです、低報酬の保険治療が基本になっているので、同時に複数の患者さまの治療を受け持たなくてはいけないからです。さらに、コスト削減しなければならないので麻酔薬をできるだけ節約したいのです。

いかがですか?歯科業界の裏事情です。
最後に、当院では他院で宣伝されている程度の事は当たり前のように実践しています。コンピューター制御の電動麻酔器を使用し、麻酔に使用する針も痛みの少ない世界最小の細い針を使用したり、麻酔薬の温度にも配慮して痛みの軽減に努めています。当たり前のように、コストや手間暇を惜しまず痛みのともなう可能性のある処置には必ず麻酔をする事を徹底し、そして、1番大切なのは長年の経験で培ったテクニックです。

できるだけ痛くない麻酔注射を実践しています。

神経をとらない治療を心がけていますユニット
神経をとった歯は枯れ木のようにとても弱くなることから、できるだけ神経を残した治療を心がけています。あなたは日本人が先進国の中で、総入れ歯の人の割合がダントツに多い事をご存じですか?その原因のひとつに安易に神経の組織が除去されているという現実があります。保険制度の弊害で、薄利多売の医療で一人の患者さまに時間をかけられない日本では、歯を削った後に歯を保護するための仮の歯を製作している時間がありません。そのため知覚過敏のクレームをもらわないために、神経組織を除去した方が都合良いのです。さらに、日本製の診療チェアは歯を削る時に出てくる冷却水の量が少ないため、歯にダメージを与えてしまいます。研究では、歯を削るときには最低毎分50cc以上の冷却水が必要とされています。多くの国産診療チェアはその規格を残念ながら満たしていません。

ドックスベストセメント当院では、毎分50cc以上の注水量を誇るドイツ製の高性能の診療チェアを導入していますので、知覚過敏を最小限に抑える事ができます。さらに、臨床経験30年の知識と経験で、歯のダメージを最小限に抑える努力を惜しみません。また3Mix-MP法、ドックスベストセメントなどの最新の薬剤を積極的に取り入れ適材適所で使い、神経組織の保存に努めています。

院長コラム

危険です!小学生のお子さんをお持ちのお母さんへ! 黒くても、削らなくて良い虫歯もありますよ・・

ご自分や子供さんの歯を見た時に、黒くなっていると虫歯だと思いますよね・・・?そして、慌てて歯医者さんに行きますよね・・・。
とても良い事なのですが、注意しなければいけない事があります。

お子さんの学校検診の結果をよく見ると、COとかCとか、記号が書いてありますよね・・・?
COとかCと言うのは、虫歯の程度を表す印なのですが、このCOと言うのが、問題なのです・・・。

コラムのつづきはこちら(Ameba ブログへ)

無料カウンセリングをおこなっております

無料カウンセリングをおこなっております