虫歯の進行度と当院の治療

初期虫歯(Co・要観察歯)Co
歯のごく表面が感染している状態。痛みなどはなく、定期検診時にダイアグノデントで発見できるものです。歯を削ったりすることはなく、メンテナンスで進行を防ぐことができます。

エナメルう蝕(C1)C1
歯の表面に穴が開いた状態ですが、まだ痛みを伴う自覚症状はほとんどありません。虫歯部分だけを慎重に削り、白い詰め物で穴を塞ぎます。

象牙質う蝕(C2)C2
象牙質まで細菌が侵入した状態です。痛みや冷たい水がしみるようになります。麻酔をして感染部分を削り、詰め物をします。

神経まで達した虫歯(C3)C3
神経まで細菌が侵入した状態です。歯髄炎になって激しい痛みを感じることもあります。感染部分を削り、神経を抜く処置(抜髄)を行うことが多くなります。

残根状態の虫歯(C4)C4
歯の根だけが残ってしまった状態です。根の先に膿ができて激しい痛みが起こることもあります。根管治療で根管内の感染した部分を洗浄し薬を詰めます。保存不可能と診断した場合は抜歯となります。

時々、週刊誌で歯医者さんの悪口を見かけますが、先日も簡単に歯を抜いてインプラント治療に誘導する歯科医が多いという記事を見かけました。もちろん状態の悪い歯を無理に保存することが、すべて正しい事とは思いませんが、当院では可能な限り歯を抜かない努力をしています。

無料カウンセリングをおこなっております

無料カウンセリングをおこなっております