咬みあわせの専門的な治療にも取り組んでいます

咬合治療

正しい咬みあわせとは、筋肉がリラックスした状態で正しい位置で噛める状態です。人間の身体は、どの部分からみてもバランスがとれていて、左右・前後どちらにも片寄らない事が理想です。院長はIPSG包括歯科医療研究会に所属し、咬合治療や顎関節症の治療にも取り組んできました。身体全体に影響を与える咬みあわせの治療は、最も重要で基本的な歯科の分野と考えて力を入れています。

咬みあわせは全身の健康に大きく影響します
咬みあわせが悪いと毎日の食事で咀嚼嚥下をする中で、いろいろなところに問題が出てきます。実は心筋梗塞や胃潰瘍、手足のしびれ、不定愁訴などは咬みあわせの不具合から来ることがあると言われています。たった1本の歯の治療から、咬みあわせ全体が狂うこともあります。原因がわからないのに体に不調のある方は、一度咬みあわせをチェックしてみることをお勧めします。

治療は咬みあわせの診断からスタートします

咬合治療咬みあわせの診断は、まず咬合器による検査から行います。また歯に莫大な力がかかる歯ぎしりがあるかないかを調べます。歯にかかる力や、その影響で虫歯や歯周病が起きてないかをチェックすることで、お口の中の咬みあわせのバランスを知ることができ、それに基づいた治療や予防のプランが作れるのです。

被せ物や入れ歯の製作でも咬合器が活躍しています
当院では、補綴物や入れ歯を製作するときも咬合器を使い、咬みあわせを重視しています。患者さまの正確な咬みあわせのデータに合わせて、模型を咬合器に取り付け、そこから被せ物や入れ歯を作ることでお口にぴったり合ったものを作製しています。

顎関節症の診療も行います

顎関節症顎関節症は、歯並びや咬みあわせが悪いことだけでなく、生活習慣やストレス、姿勢の悪さなど、様々な要因により顎関節や関節周囲の筋肉が不調和を引き起こして発症すると言われています。

アゴのあたりに違和感を感じても何科を受診していいのかわからない、という方が多いようです。当院は口腔外科出身の院長が、その知識や経験を活かした的確な咬合治療を行いますので、心当たりのある方はご相談ください。

【顎関節症チェック】こんな症状があればぜひご相談ください!!
・アゴが大きく開けない
・耳の前のアゴの関節付近が痛い
・アゴを動かすと音がする
・アゴが痛い
・口が開かない

【院長コラム】顎関節症について (アメブロより)

院長コラム

頭痛、肩こり、腰痛が、実は咬みあわせの不良で起こる事があるって、知ってますか?

実は最近、こんな患者さまが増えているのです。
耳鼻科や整形外科、整体、鍼灸、等々の先生からの紹介や、それらの先生から歯科の受診を勧められたという方々です。依頼の内容は、咬みあわせを調べて欲しいというものです。

あなたは、肩こりの原因が歯から来ているなんて今まで考えた事ないですよね・・・?実は全てではありませんが、咬みあわせの不調が全身の健康に悪影響を与えている事も多いのです。

コラムのつづきはこちら(Ameba ブログへ)

無料カウンセリングをおこなっております

無料カウンセリングをおこなっております