口腔外科出身の経験と知識を活かして対応します

口腔外科

「生え方が悪く、当院では抜けないと言われた」「親知らずの抜歯は痛いので嫌!」。そんな声をよく聞きます。院長は口腔外科出身の知識と技術力を駆使して、親知らずの抜歯など口腔外科領域の診断や治療にも対応しています。専門機関との連携のもと、重症の親知らずや外傷などにも対応しますのでご安心ください。

早めに治療しておきたい親知らず親知らず
親知らずは最後に生えてくる1番奥の永久歯で、多くの場合10代後半から20代で生え始めます。近年はアゴが細く、親知らずの生えるスペースが不足している人が増える傾向にあり、「生えても一部だけが出ている」「横に傾いている」「完全に埋まったままになっている」など、複雑な生え方が目立ちます。

生え方によっては充分な歯磨きができないために虫歯になりやすく、また周りの歯や歯ぐきに悪影響を与えて炎症を起こしてしまいます。当院ではできるだけ痛みを軽減した治療を行っていますので、親知らずでお困りの方はぜひご相談ください。

院長コラム

親知らずは、神様が仕掛けた時限爆弾!百害あって一利無し?早い時期に抜きましょう!

人間の身体の中に不要な物は無いと思いますが、歯科医の立場で考えると要らない物が二つあります。
一つ目は、極論ですが、「乳歯」です。そして、二つ目は「親知らず」です。

この親知らずと言う歯は、生えるスペースが足りないため、生える途中でも、他の歯を前へ前へと押して行きます。

コラムのつづきはこちら(Ameba ブログへ)

親知らずを放置すると起こりやすいトラブル

親知らずとその隣の歯が虫歯になりやすい親知らず
歯磨きが充分にできないため汚れが溜まりやすいため、虫歯や炎症を起こす危険性があります。また、その手前の歯にも悪影響が及んでしまいます。

歯並びが悪くなる
横向きに生えた場合は、手前の歯を押す力が強いために一番細い歯である前歯の並びが悪くなることがあります。

顎関節症などアゴに影響が出る
咬みあわせも悪影響が及ぶと、顎の筋肉に負担がかかり、顎関節症を起こすことがあります。

歯科小手術も行っています

歯科治療の際に、外科的処置を必要とする病気が見つかることも多いものです。当院では、歯肉や歯根の周囲のできものなど歯科小手術も行っています。稀に口腔がんが見つかることもありますので、気になることがある場合は気軽にご相談ください。

無料カウンセリングをおこなっております

無料カウンセリングをおこなっております