2017年2月28日

インプラントの症例

奥歯のインプラント(周りの歯を傷つけない症例)

「本当にインプラント治療が、最善の治療法なのでしょうか?
正直いつも悩みます・・・」
上アゴの小臼歯2本をインプラントにしました。

【解説】
佐野市在住、
40代、男性の患者さまです。

「できるだけ周りの歯を削りたくない」との思いで、インプラント治療を希望され来院されました。
お口の中を拝見すると、抜歯予定の歯以外は健康な歯でした。

インプラント治療の最大の利点の一つに、周囲の歯を傷つけないという点があります。
この症例は、まさにインプラント治療の恩恵を享受できたと言えるかもしれません。
ただしこの症例は、アゴの骨の厚みが少ないため理想的な長さのインプラントの埋め込みのために、リスクを覚悟で骨の移植を行いました。

左右に1本づつ埋め込まれたインプラントです。
症例

治療後の上アゴの咬み合せの面です。
症例

治療後の正面写真です。
症例

幸い、何事もトラブルなく治療は終了しましたが、どんな治療にも利点と欠点があります。
もしかしたら、歯を削りブリッジにする事があなたには最善かもしれません。
この方が、もし70歳だったらインプラント治療を希望されたでしょうか?

当院は、あなたにとって最善の治療をあなたとともに検討します。
営利目的で、インプラント治療に誘導する事はありませんのでご安心ください。

治療後のレントゲン写真です。
症例

症例一覧に戻る

インプラントの症例

前歯のインプラント(アゴの骨が足りない方の症例)

「他院で、インプラントが出来ないと診断されても、
あきらめないでご相談ください」
上アゴの欠損した部分にインプラントを入れて対応しました。
骨が足りなく他院で処置ができなかった症例です。

【解説】
佐野市在住、
40代、女性の患者さまです。

他院で上の前歯を抜歯されて、数か月後にご紹介で来院されました。

治療前の正面写真です。
仮の歯が装着されていて、外した状態です。
症例

他院では、ブリッジと呼ばれる「抜けた歯の隣りの歯を削る治療法」を予定していたそうです。
「できるだけ周りの歯を削りたくない」とのご希望で、インプラント治療を計画しました。

すでに抜歯されて数か月を経過していたので、アゴの骨がかなり吸収していました。
一般的に歯を抜くと、アゴの骨の厚みが幅で4mm以上、高さで2mm以上吸収すると言われています。
この方のアゴの骨も、吸収が進み痩せていました。
インプラント治療の経験が少ない歯科医は、アゴの骨の厚みと高さが充分に保存されている症例以外は、インプラントの埋め込みができません。

当院では、アゴの骨の厚みや高さが不足している症例でも、あらゆる技術を駆使して埋め込み可能です。
他院で、インプラントが出来ないと診断されても、あきらめないでご相談ください。

治療後の正面写真です。
症例
症例

症例一覧に戻る

インプラントの症例

前歯のインプラント(抜歯即時埋入法の症例)

「嫌な手術も1回で済みますよ!
歯を抜いた日に、インプラントを埋め込めるって知ってますか?」
上アゴ前歯1本をインプラントにしました。
抜歯後すぐにインプラントを埋入する方法で手術が1回で済みました。

【解説】
佐野市在住、
30代、女性の患者さまです。

上の前歯(写真の左上、真ん中から2番目の歯)の違和感で、来院されました。

治療前の正面写真です。
症例

診査の結果、残念ながら根っこが折れて保存不能でした。
症例

「できるだけ周りの歯を削りたくない」とのご希望で、インプラント治療を計画しました。
この方は、インプラントの埋め込み手術を、抜歯と同時に行いました。

治療後のレントゲン写真です。
症例

専門的には、「抜歯即時埋入法」と呼ばれている高度な手術です。
最大の利点は、抜歯と同時にインプラントの埋め込みが終了するので、嫌な手術が1回で済むことです。
欠点は、手術の難易度が高いので初心者の歯科医には難しいという点です。

インプラント治療を導入している医院はたくさんありますが、多くの医院が年間治療本数が0~数本と言われています。抜歯と同時のインプラントの埋め込みはできません。
当院は、インプラント専用手術室を完備し、インプラント埋入実績が1,000本以上あります。
抜歯即時埋入インプラントの経験も豊富です。
症例

治療後の正面写真です。
症例
症例

同業歯科医から、難症例のインプラント治療の患者さまを依頼される医院です。

症例一覧に戻る

インプラントの症例

総入れ歯から固定式の歯へ(強度と耐久性を考えた症例)

「誰にでも、セラミックの歯が最善とは限りません」
上アゴの全部の歯と下アゴ奥歯をインプラントで復元しました。
奥歯の咬みあわせ面を金属にし、強度を高めています。

【解説】
佐野市在住、
50代、男性の患者さまです。

奥様の紹介で、インプラント治療を希望され来院されました。

治療後の正面写真です。
症例

治療前の上アゴの咬み合せの面の写真です。
症例

治療前の上アゴの咬み合せの面の写真です。
症例

お仕事が忙しく、身体を犠牲にされてきました。
今回は、何とかお時間を調整され治療にご協力いただきました。
できる限り、残り少ない天然の歯にダメージを与えない治療法を検討しました。
また、身体の大きな男性で、噛む力がとても強い方なので、見た目よりも、強度と耐久性を重視した設計を考えました。

治療後の正面写真です。
症例

治療後のレントゲン写真です。
症例

そのため、奥歯の咬み合せの面は審美的なセラミックを使用しないで、部分的にあえて金属の冠で仕上げました。
もちろん素材は貴金属ですので、低アレルギーです。

治療後の上のアゴの咬み合せの面です 
症例

治療後の下アゴの咬み合せの面です 
症例

当院では、単に見た目だけのセラミック治療はお勧めしません。
もちろん、あなたがどうしても破損のリスクを覚悟で見た目を重視したいならかまいません。あなたの希望を、喜んで最優先します。

最近では、セラミック素材も進歩してジルコニアと呼ばれる高強度な冠も普及して来ました。このジルコニアと言う素材も万能ではありませんが、これからは、きっと歯科治療の主流になるでしょう。
あなたの希望を、遠慮なくお伝えください。

症例一覧に戻る

インプラントの症例

総入れ歯から固定式の歯へ(AGCテレスコープ義歯による症例)

「安売りのインプラントはお好きですか?」
上アゴをインプラント義歯の最高峰「AGCテレスコープ義歯」で対応しました。
下アゴは新技術で製作したメタルフレームを使用しました。

【解説】
足利市在住、
60代、男性の患者さまです。

インプラント治療を希望されて来院されました。

治療後の正面写真です。
症例

治療前の上アゴの咬み合せの面の写真です。
症例

治療前の下アゴの咬み合せの面の写真です。
症例

「専門家に任せるから、最善の治療をお願いしたい」との要望でした。
インプラント治療は、日進月歩で次々に新しい治療法が開発されています。
ただし、最新の治療法が最善とは限りませんので注意が必要です。

インプラント治療を導入している医院はたくさんありますが、内容は医院によってまったく異なるのです。当然、価格も大きな差があります。
あなたが、「同じインプラントなのに、どうしてこんなに値段が違うの?」って、考えるのも無理はありません。

参考までに、お伝えしますが世界的なインプラント治療の平均価格は、1本あたり日本円で50~60万円です。
ネット上では、1本10万円以下で提供している医院もみかけますが、大丈夫なのでしょうか?

数年前の報道で、「インプラントの使い回し」のニュースもありました。
読売新聞にも、「歯科医院の7割以上が、切削器具の使い回しをしている」と出ていましたよ。

当院は、高水準・高品質・安心・安全な医療の提供を目指しています。
この症例は、なるべくリスクの少ない治療法を検討し、インプラント治療の最高峰「AGCテレスコープ義歯」を計画しました。
この技法の特徴は、インプラントに固定される義歯が接着剤を使用しないで、摩擦力で固定されできる点です。
接着剤を使用しない利点は、歯を固定する時に、もしも歯科医が接着剤を取り残したら、接着剤が歯石と同じような作用をします。
その歯肉に炎症を引き起こすリスクを排除できるのです。
欠点は、製作工程が複雑なので治療費が高額となることです。

当院のAGCテレスコープ義歯は、AGC技工の第一人者、木村社長率いる松戸市の協和デンタラボラトリーにお願いしています。
都内の高名なインプラント専門医の多くが、AGC技工は協和デンタルラボラトリーにお願いしています。

下アゴは、接着剤を使用せずに、ネジで義歯を固定する技法で仕上げました。
これも最新のCAD/CAM技術(コンピューター削りだし)を駆使した
高精度・高強度のメタルフレームを使用したセラミックの歯で仕上げています。

治療後の正面写真です。
症例

治療後の右横から見た写真です。
症例

治療後の左横から見た写真です。
症例

治療後の下アゴの咬み合せの面です。
症例

当院は、都内の有名インプラント専門医ご用達のラボと提携し、高度な技工物を製作可能です。
今後も世界基準で最新のインプラント治療の提供を目指して常に研鑽していく所存です。

症例一覧に戻る

インプラントの症例

総入れ歯から固定式の歯へ(手術当日から噛めるようになる症例)

「治療期間中でも仮の歯を装着し、歯の無い期間を作らないように配慮致します」
上アゴ全ての歯と、下アゴ奥歯をインプラントブリッジで対応しました。
手術当日に仮歯を入れて噛めるようにしました。

【解説】
栃木市在住、
50代、女性の患者さまです。

治療前の正面写真です。
症例

治療前の右横から見た写真です。
症例

治療前の左横から見た写真です。
症例

インプラント治療を希望されて、遠方より来院されました。
そこで、保存可能な下アゴの前歯以外は、すべてインプラントにて復元する計画を立てました。
治療に際して配慮した事は、治療中でも歯の無い期間を1日たりとも作らないという事でした。
保存不能なボロボロな歯を何とか一時的に利用し、さらに仮の歯専用のインプラントを併用する事で、固定性の仮の歯を、すべての治療期間中装着したのです。

インプラントを埋め込んだ当日の仮の歯です。
症例

手術後の上のアゴの咬み合せの面です。
症例

治療後の正面写真です。
症例

治療後のレントゲン写真です。
症例

治療後の右横から見た写真です。
症例

治療後の左横から見た写真です。
症例

当院では、あらゆる手段を駆使してあなたの要望にお応えします。

症例一覧に戻る

インプラントの症例

総入れ歯から固定式の歯へ(3本のインプラントのみで対応した症例)

「流行のインプラント治療「オールオン4」より難易度の高い治療法です」
下アゴにわずか3本のインプラントを埋入して、全部の歯を復元させました。

【解説】
佐野市在住、
60代、女性の患者さまです。

入れ歯でお悩みで来院されました。
入れ歯やインプラント治療の利点、欠点をご説明したところ、入れ歯で苦労されていた事もあるのでしょう、インプラント治療を選択されました。

治療後の正面写真です。
症例

治療後のレントゲン写真です。
症例

この症例は、総入れ歯の方にわずか3本のインプラントで全ての歯を復元させた貴重な症例です。
似たような治療法に、4本のインプラントで全ての歯を復元させる、最近流行のオールオン4という名称の難易度の高い治療法があります。
その治療法より、インプラント体の本数を減らした、さらに難易度の高い技術です。

治療後の下アゴの咬み合せの面です。
症例

この症例は、10年前の症例ですが現在も経過良好です。

症例一覧に戻る

インプラントの症例

総入れ歯から固定式の歯へ(他院のインプラント治療をやり直した症例)

「2年でインプラントが抜け落ちた社長さん!
私で良ければ相談してください」
上アゴはAGCインプラント義歯にてやり直しを行いました。
下アゴは最新技術で製作したメタルフレームを使用し対応しました。

【解説】
佐野市在住、
70代、男性の患者さまです。

奥様のご紹介で来院されました。

治療前の正面写真です。
症例

治療前のレントゲン写真です。
症例

インプラント体が折れています。
症例

他院で施術された上下のインプラントの不具合でお悩みでした。
まだ、治療後2年位だそうです。
お口の中を診査すると、上アゴのインプラントに固定された歯が今にも抜け落ちそうでした。
レントゲンで確認すると、埋め込まれたインプラント体の周囲から膿がでています。
さらに、インプラント体が何本も折れています。

抜け落ちた上のインプラント体と義歯です。
症例

すべてのインプラント体に問題を抱えていました。
残念ですが、すべて除去が必要です。短期間での失敗です。

インプラント治療に不信感を持たれているのでは?と考え、当初、入れ歯治療をお勧めしました。
しかし、もう一度インプラント治療に挑戦したいとのご希望でした。
そこで、なるべくリスクの少ない治療法を検討し、インプラント治療の最高峰「AGCテレスコープ義歯」を計画しました。

治療後の正面写真です。
症例

治療後のレントゲン写真です。
症例

治療後の右横から見た写真です。
症例

治療後の左横から見た写真です。
症例

治療前の上アゴの咬み合せの面の写真です。
症例

超精密加工された土台です。
症例

この技法の特徴は、インプラントに固定される義歯が接着剤を使用しないで、摩擦力で固定されできる点です。
接着剤を使用しない利点は、歯を固定する時に、もしも歯科医が接着剤を取り残したら、接着剤が歯石と同じような作用をします。
その歯肉に炎症を引き起こすリスクを、排除できるのです。
欠点は、製作工程が複雑なので治療費が高額となることです。

当院のAGCテレスコープ義歯は、AGC技工の第一人者、木村社長率いる松戸市の協和デンタルラボラトリーにお願いしています。
都内の高名なインプラント専門医の多くが、AGC技工は協和デンタルラボラトリーにお願いしています。

下アゴは、接着剤を使用せずに、ネジで義歯を固定する技法で仕上げました。
下の写真は、下アゴの金属フレームです。ネジ穴が開いていますよ。
症例

これも最新のCAD/CAM技術(コンピュウター削りだし)を駆使した高精度・高強度のメタルフレームを使用したセラミックの歯で仕上げています。

治療後の下アゴの咬み合せの面です。ネジ穴は、白い樹脂で塞いでいます。
症例

当院は、都内の有名インプラント専門医ご用達のラボと提携し、高度な技工物を製作可能です。
今後も世界基準で最新のインプラント治療の提供を目指して常に研鑽していく所存です。

同業歯科医院様から、多数の患者さまを治療依頼される医院ですのでご安心ください。

症例一覧に戻る

インプラントの症例

総入れ歯から固定式の歯へ(骨の移植を行った症例)

「同業歯科医からも信頼の厚い、インプラント専門医院です」
上アゴの足りない骨に骨移植を行い、インプラントを埋入しました。
インプラント義歯の最高峰「AGCテレスコープ義歯」により予後も安定します。

【解説】
佐野市在住、
60代、男性の患者さまです。

市内の歯科医院から、インプラント治療の依頼で紹介来院されました。

治療前の正面写真です。
症例

入れ歯を外すとこんな感じです。
症例

治療前の右横から見た写真です。
症例

治療前の左横から見た写真です。
症例

他院から紹介来院された患者さまですが、上の奥歯の部位のアゴの骨の厚みが少ないために、その医院では対応できなかったためです。

治療前のレントゲン写真です。
症例

骨の厚みが少ない場合の対処法は2つあります。

1、骨を移植して、厚みを増やす
2、インプラント体を斜めに埋め込んで、骨の厚みを確保する

今回は、骨の移植を計画しました。理由は、歯の本数を後方まで製作したかったからです。
この方の奥歯の骨の厚みは、1ミリ以下でしたので、とても苦労しましたが何とか成功しました。

治療後のレントゲン写真です。
症例

インプラント体に固定されている歯は、インプラント治療の最高峰「AGCテレスコープ義歯」です。
症例

治療後の右横から見た写真です。
症例

治療後の左横から見た写真です。
症例

この技法の特徴は、インプラントに固定される義歯が接着剤を使用しないで、摩擦力で固定されできる点です。

超精密加工された、土台です。
症例

そこに、義歯がはめ込まれます。
症例
症例
症例

義歯の裏側です。純金の冠が仕込まれています。
症例

接着剤を使用しない利点は、歯を固定する時に、もしも歯科医が接着剤を取り残したら、接着剤が歯石と同じような作用をします。
その歯肉に炎症を引き起こすリスクを排除できるのです。
欠点は、製作工程が複雑なので治療費が高額となることです。

当院のAGCテレスコープ義歯は、AGC技工の第一人者、木村社長率いる松戸市の協和デンタルラボラトリーにお願いしています。
都内の高名なインプラント専門医の多くが、AGCは協和デンタルラボラトリーにお願いしています。

当院は、わざわざあなたが都内まで通院しなくても、最新のインプラント治療を提供できるように常に研鑽しています。
同業の歯科医から、治療依頼される医院ですのでご安心ください。
是非、ご相談ください。

症例一覧に戻る

インプラントの症例

総入れ歯から固定式の歯へ(インプラントを斜めに埋入した症例)

「いつまでも健康で綺麗な口元でいたい、80歳の素敵な奥様へ」
上アゴの薄い骨にインプラントを斜めに埋入し、骨造成手術を回避しました。
下アゴはセラミックのブリッジで対応しました。

【解説】
足利市在住、
80代、女性の患者さまです。

当院の患者さまの紹介で、ご来院されました。
「良く噛めないので、食事が美味しくない」「見た目も気になるので、綺麗にしたい」とのご要望でした。

治療前の正面写真です。
症例

治療前の右横から見た写真です。
症例

治療前の左横から見た写真です。
症例

治療前の上アゴの咬み合せの面の写真です。
症例

治療前の下アゴの咬み合せの面の写真です。
症例

当初ご高齢の方ですので、身体の負担を考えドイツ式入れ歯をお勧めしました。
ところが、「もしも入れ歯で満足できなかったら、その間の治療期間が無駄になる」
「確実に、1回で良く食べられるようにして欲しい」
との要望でした。
そこで、とてもお元気な方ですので、インプラント治療で、固定式の歯を甦らせる計画を立てました。

治療後のレントゲン写真です。
症例

よくある事ですが、上のアゴの奥歯の部位はアゴの骨の厚みが少ない場合が多いのです。
インプラント体を埋め込む場合には、リスクを覚悟で骨の厚みを増やす手術が必要になります。
今回は、できるだけリスクを避け、身体の負担を軽減するために、インプラント体を斜めに埋め込む技術を使い、リスクのある処置を避ける工夫をしました。
レントゲン写真で、真ん中のインプラント以外が傾斜しているのはそのためです。

治療後の正面写真です。
症例

治療後の上のアゴの咬み合せの面です 。
ネジで固定しています。写真のネジ穴は仮に塞いであります。
最後に、しっかりと樹脂で塞ぎます。
症例

当院はあなたのために、できるだけ安全な治療法を検討します。

症例一覧に戻る

インプラントの症例

総入れ歯から固定式の歯へ(天然歯を残した症例)

「入れ歯で苦労している両親を見ていて、入れ歯にだけはなりたくないとお考えのあなたへ!」
上アゴをインプラントブリッジで修復しました。
残った歯を抜かないことで、アゴの骨の吸収を抑えることが可能です。

【解説】
佐野市在住、
60代、女性の患者さまです。

当院の患者さまのご紹介で、来院されました。

治療前の正面写真です。
症例

治療前の右横から見た写真です。
症例

治療前の左横から見た写真です。
症例

治療前の上アゴの咬み合せの面の写真です。
症例

治療前の下アゴの咬み合せの面の写真です。
症例

ご家族が入れ歯でとても苦労されていたこともあり、しっかり噛める、インプラント治療をご希望されました。
診断の結果、すべての歯が神経の組織を取り除かれた脆い歯でした。
さらに古い被せ物を除去してみると、虫歯で崩壊が進み歯肉の上にご自分の歯が見え無くなる程でした。
数回の相談の結果、今回はインプラントを支えにした固定性のブリッジタイプの歯を計画しました。

下の写真は、インプラント体が埋め込まれたところです。
歯肉の下に埋没させる予定の根っこが、まだ見えます。
症例

根っこの埋没手術後の写真です。
根っこが隠れました。
症例

状態の悪い歯は支えとしては利用しませんが、アゴの骨の吸収を予防するために天然の歯の根っこの部分は、歯肉の下に埋没させています。
歯を抜かないので、アゴの骨は痩せません。
この技術を使う事で、最終的な歯の見た目をできるだけ自然に見せるように努力しています。
多くの医院では、すべて抜歯する事が当たり前です。
当院では、あらゆる技術を駆使してあなたの期待に応える努力を惜しみません。

治療後の正面写真です。
症例

治療後の右横から見た写真です。
症例

治療後の左横から見た写真です。
症例

治療後の上のアゴの咬み合せの面です 
ネジで固定してあります。ネジ穴は、最終的には白い樹脂で塞ぎます。
症例

治療後のレントゲン写真です。
症例

症例一覧に戻る

インプラントの症例

総入れ歯から固定式の歯へ(骨造成手術を回避した症例)

「骨が薄いから、インプラントは無理だって断られたあなたへ!朗報です!」
上アゴの薄い骨にインプラントを斜めに埋入し、咬みあわせを回復ました。
下アゴはセラミックのブリッジで対応しました。

【解説】
佐野市在住、
60代、女性の患者さまです。

治療前の正面写真です。
症例

治療前の右横から見た写真です。
症例

治療前の左横から見た写真です。
症例

治療前の上アゴの咬み合せの面の写真です。
症例

治療前の下アゴの咬み合せの面の写真です。
症例

入れ歯で長い間、苦労されてきた患者さまです。
インプラント治療を希望され、紹介で来院されました。

近年、急速に普及してきたインプラント治療ですが、アゴの骨の厚みや幅が足りない場合はできません。
ただし、いろいろな技術を使えば骨を増やしてインプラントを埋め込む事ができるのですが、身体の負担も増え、治療の難易度も高いので失敗するリスクも高まります。
もしご希望なら成功するまで、私も誠心誠意頑張りますが、気がすすまないですよね・・・?

特に上アゴの奥歯は、この患者さまのように骨の厚みが少ない場合が多いのです。
インプラント体を垂直に埋め込むと、鼻の横にある空洞(上アゴ洞)に突き抜けてしまいます。
そこで、インプラントを埋め込むために、リスクを覚悟でその空洞に骨を移植して、厚みを増やす手術が必要になるのです。

この症例ではなるべくリスクのある処置を避け、現在のアゴの骨を効果的に利用するために、インプラント体を斜めに傾斜させて埋め込んでいます。

レントゲン写真です。
症例

その他の利点として、人工的に作った骨を使わないので、インプラント体がアゴの骨に結合する時間も短縮できます。

治療後の正面写真です。
症例

治療後の右横から見た写真です。
症例

治療後の左横から見た写真です。
症例

治療後の上のアゴの咬み合せの面です 
症例

治療後の下アゴの咬み合せの面です 
奥歯の銀歯は、抜歯予定でしたが患者さまの希望で残しました。
症例

当院は、常にあなたにとって最善の治療法を検討します。
あなたの希望を優先致します。

症例一覧に戻る

インプラントの症例

総入れ歯から固定式の歯へ(オールオン4の症例)

「たった1日で、総入れ歯から固定式の歯へ!
夢のインプラント治療!」
下アゴをオールオン4と呼ばれる画期的な治療法で対応しました。

【解説】
佐野市在住、
60代、女性の患者さまです。

総合的な治療を希望され、紹介で来院されました。

治療前の正面写真です。
症例

手術当日に、固定式の歯を装着します。
症例

手術直後の、固定式の仮の歯です。
症例

長年、入れ歯で苦労されてきたそうで、「可能ならインプラント治療で固定性の歯にしたい」とのご希望でした。
今回は、予算的な制限で下アゴのみインプラント治療を計画しました。
5本のインプラントで、14本の歯を製作しています。

見た目も劇的に改善され、とてもお喜びいただけました。
症例
症例

治療後の右横から見た写真です。
症例

治療後の左横から見た写真です。
症例

治療後のレントゲン写真です。
症例

この方は、最近流行中のオールオン4と呼ばれている治療法で対応しました。
どんな治療法かと言うと、「総入れ歯がたった1日で固定性の歯に生まれ変わる」という画期的な方法です。

当院では、15年前から施術しています。
第一号の患者さまは先代の院長である私の母です。
現在も経過良好ですよ。

症例一覧に戻る

インプラントの症例

総入れ歯から固定式の歯へ(多数歯連結インプラント)

「要職を退かれた社長さん!
そろそろ大切な身体に、ご褒美をあげませんか?」
上下全ての歯をインプラントブリッジにして咬みあわせを回復した症例です。

【解説】
佐野市在住、
60代、男性の患者さまです。

上下のアゴの総入れ歯のインプラント治療の症例です。

治療前の正面写真です。
症例
症例
症例

お仕事が忙しく、通院する時間が無く身体を犠牲にされていました。
要職を退かれ時間に少しゆとりが出来たので、身体のためにしっかり歯を治したいと来院されました。
相談の結果、状態の悪い歯を無理に保存せず、インプラント治療で固定性の歯を甦らせる計画を立てました。

この症例は歯科医がレントゲンを確認すれば解りますが、アゴの骨の吸収を予防するために、数本の根っこを歯肉の下に保存しています。
完全に歯肉の下に埋没させていますので、感染のリスクはとても低いです。
症例

治療後のレントゲン写真です。
症例

見た目をできるだけ自然に仕上げたいためです。
症例
症例
症例

治療後は好きな物を何でも食べられると、お喜びいただけました。
総入れ歯でお悩みのあなた、是非ご相談ください。

症例一覧に戻る

その他の入れ歯の症例

総入れ歯にインプラントを併用した症例(インプラントデンチャー)

「費用対効果を求めるあなたに!
たった2本のインプラントを埋め込む事で、あなたの総入れ歯が劇的に安定します」
下アゴにインプラントを埋入し、インプラントデンチャーを装着しました。
最小限の治療で患者さまの負担を抑え、快適な噛み心地を提供します。

【解説】
60代、男性の患者さまです。

下の写真は、インプラント体が2本埋め込まれた状態です。
症例

入れ歯の表側です。
症例

入れ歯の裏側です。
インプラント体に装着された維持装置に、はまり込む部品が装着されています。
症例

お口の中です。
症例

正面から見た写真です。
症例

たくさんのインプラントを埋め込むのは怖いけど、総入れ歯が外れるのはもっと嫌ってお悩みのあなたへお勧めですよ。

症例一覧に戻る

その他の入れ歯の症例

入れ歯とインプラントの良いとこ取りの症例(インプラントデンチャー)

「取り外し式の総入れ歯なのに、天然の歯と同じ食べ物が食べられます。
それが、インプラントデンチャーです。」
下アゴに残っているインプラントを活用した取り外しのできる総義歯を入れました。
固定式に比べて清掃性が高く、お口を健康に保てます。

【解説】
佐野市在住、
80代、女性の患者さまです

12年前、下アゴの総入れ歯の不具合のため、紹介でご来院されました。
そしてインプラントを支えに、固定式の義歯を装着した患者さまです。

特に問題なくお使い頂いていましたが、脳梗塞で入院され右半身に軽い麻痺が残り歯磨きが難しくなり、お困りで相談にお見えになりました。

インプラント治療の欠点として、歯磨きの難しさがあります。なぜなら多くの場合、歯が抜けるとアゴの骨が吸収して小さなアゴになります。でも、その小さなアゴに装着される人工の歯は元通りの大きな歯です。当然、小さなアゴと大きな歯との境目に段差ができるのです。

そこに食べ物が詰まりやすいのです。

インプラント治療が終わったら、ご自分でメンテナンスが出来るようにトレーニングも必要です。

そこで今回は、軽い麻痺のためもあって、お掃除が難しい固定式から簡単に取り外して清掃できる、総入れ歯に変更しました。
でも、せっかくインプラントが埋め込まれているのでこれを利用しない手はありません。そこでインプラントを総入れ歯の支えとして利用する計画を立てました。

下の写真が埋め込まれたインプラントです。5本のインプラントが埋め込まれていますよ。
術後12年目です。経過良好です。
症例

そこに、入れ歯を固定するためのバーを装着します。
ドルダーバーと呼ばれていますよ。
症例

そして、入れ歯の裏側にはバーを挟み込むクリップが埋め込まれています。
今回は、4カ所に設置しました。
症例

表側です。咬みあわせの面は、見た目はあまり良くありませんが、機能と強度を優先してオーダーメードの金属で仕上げています。
症例

今回の症例は、奥歯までバーを伸ばしているので入れ歯の沈み込みや揺れはありません。固定式の歯と同じ力で噛むことが可能です。

この症例のように、固定式だけがインプラント治療ではありません。
あなたにとっての最善の治療法を考えます。
是非、ご希望をお聞かせください。

症例一覧に戻る

ドイツ式入れ歯(テレスコープ)の症例

フリクションピンテレスコープ(超精密加工された金属の2重冠を利用した症例)

「80歳、もうインプラントはやりたくないあなたへ
日本では、たった2台しか導入されていない精密工作器械で製作しています。」
上アゴの残った歯とインプラントに精密加工された内冠を装着しました。
患者さまのお口の状態に合わせた治療で、一生涯使える入れ歯を提供します。

【解説】
佐野市在住、
80代、女性の患者さまです

10数年前に、当院にて右上の奥歯にインプラント治療を施術した患者さまです。
症例

今回、左上の奥歯の動揺が気になるとのことで、再治療となりました。

下の写真は、インプラントを埋め込む前です。
症例

右横から見た状態です。
症例

左横から見た状態です。
症例

今回は、年齢的な理由でインプラント治療は希望されませんでした。
診査の結果、全体に歯の状態は悪いのですが、何とかすべて保存できそうでした。
ただし今後、予想できないトラブルがいつ起こるか解りません。
そこで、2重冠構造のフリクションピンテレスコープ義歯で対応しました。
2重冠なので、内側の冠に問題が起きても、簡単な修理で外側の入れ歯を、使い続ける事が可能になります。

この症例はご高齢のため、リーゲルテレスコープ式入れ歯のレバー開閉が不安なため、開閉レバー無しの、フリクションピンという維持装置としました。

治療後の正面写真です。
症例

治療後の右横から見た写真です。
症例

治療後の左横から見た写真です。
症例

咬み合せの面の写真です。
症例

内冠と呼ばれる、内側の冠です。
症例

内冠の側面の拡大写真です。
超精密加工されたフレームに溝が形成されています。
症例
症例

外側の冠にピンが仕込んであります。
症例

これは放電加工という技術で、この工作機械は日本国内には2台しかないそうです。
症例

群馬県高崎市の京王歯研さんにお願いしています。
加工中の動画です。

この入れ歯で、20年、100歳以上は大丈夫です。ご安心ください。

症例一覧に戻る

2017年2月27日

ドイツ式入れ歯(テレスコープ)の症例

リーゲルテレスコープ式部分入れ歯(天然歯とインプラントを併用した症例)

「歯にダイヤモンド!おそらく、日本でたった一つの貴重な症例です」
残った歯とインプラントを併用したリーゲルテレスコープ式を入れました。
当院は患者さまのご要望にできるだけお答えできるよう最善を尽くします。

【解説】
佐野市在住、
60代、男性の患者さまです

お口の中の総合的な治療をご希望で来院されました。
診査の結果、残された歯の状態が悪く、多くの歯が神経の組織を取り除かれて、脆い歯でした。今後、次々に歯根の破折が予想されます。

そこでインプラントを併用したリーゲルテレスコープ義歯を選択しました。
2重冠構造なので、今後、予想される歯根の破折による抜歯等にも対処可能な設計としました。
愉快な方で、前歯にダイヤモンドを加工して埋め込んで欲しいとのご希望で、苦労の末、なんとかご要望にお応えできました。とても、お喜び頂けました。

治療後の正面写真です。2個のダイヤがキラリ!
症例
症例

回転レバーを開けば入れ歯が外れます。
症例

内側の冠です。
症例

この症例は、世界でも稀な症例となりました。おそらく日本でこの方だけだと思います。K様、貴重な経験をありがとうございます。

実は、K様はこの歯をとても気に入って、ルビーとサファイアを埋め込んだ仕様を現在計画中です。

当院は、あなたの無理難題にお答えします。

症例一覧に戻る

ドイツ式入れ歯(テレスコープ)の症例

リーゲルテレスコープ式部分入れ歯(インプラントだけで入れ歯を支えている症例)

「国内でこのようなドイツ式入れ歯の治療症例をもっている歯科医院は、
数軒しかありません」
インプラントを活用したリーゲルテレスコープ式部分入れ歯です。
取り外しが出来る入れ歯なので清掃性も抜群です。

【解説】
佐野市在住、
60代、男性の患者さまです

インプラント治療を希望され、当院の患者さまの紹介で来院されました。

初診時の正面写真です。総入れ歯を外した状態です。
症例

総入れ歯を装着した状態です。
症例

上アゴの咬み合せの面です。
症例

下アゴの咬み合せの面です。
症例

この方は、他院で数年前に上下の歯にインプラント治療を受けましたが、失敗に終わっています。しかし「今回もう一度、インプラント治療に挑戦したい」との強い要望でした。
今度は、失敗は許されません。そこで、内科的に糖尿病がある事などもしもご病気で通院が難しくなっても、修理やメンテナンスが容易で、できる限り清掃性の良い義歯を検討しました。

6本のインプラント体が埋め込まれているので、固定式の義歯でも製作可能なのですが、あえて取り外し式の、リーゲルテレスコープ義歯としました。

内冠と呼ばれる、内側の冠を装着しました。
症例

2重冠とする事で、義歯を外せばインプラントの周りが解放されるため清掃性が抜群です。

そこに、入れ歯がはめ込まれます。
症例

回転レバーを開くと入れ歯が外れます。
症例

さらに取り外し式のため、万が一のトラブルにも敏速に対応できます。
当院は、10年先を見据えた治療法をあなたと共に考えます。

ドイツ式入れ歯を導入している医院でも、インプラントのみを支えにした、リーゲルテレスコープ義歯を提供できる医院は国内でも少数です。

治療後の正面写真です。
症例

理由は、インプラント治療と入れ歯治療の両方に精通している医院が少ないからです。

治療後のレントゲン写真です。
症例

症例一覧に戻る

ドイツ式入れ歯(テレスコープ)の症例

リーゲルテレスコープ式部分入れ歯(天然歯とインプラントを併用した症例)

「ミラクルデンチャー vs ドイツ式入れ歯 vs インプラント」
上アゴの神経のない歯だけでは支えられないため、インプラントを埋入してリーゲルテレスコープを入れました。
ミラクルデンチャーでは残念ながら長くは持たない症例です。

【解説】
小山市在住、
50代、男性の患者さまです

入れ歯の悩みでインターネットで検索、ミラクルデンチャーを知り、相談で遠方から来院されました。

初診時の正面写真です。
症例

右横から見た写真です。
症例

左横から見た写真です。
症例

上アゴの咬み合せの面です。
症例

下アゴの咬み合せの面です。
症例

診査の結果、咬み合せのバランスが大きく崩れており、その場しのぎの治療では良い結果が出ない事をご説明しました。ご納得いただき、総合的に治療させて頂きました。

上の歯は、すべての歯が神経の組織が取り除かれて、脆い歯でした。今後、次々に歯根の破折で抜歯となることが予想されます。
そこで、インプラントを併用したリーゲルテレスコープ義歯を選択しました。
2重冠構造なので、今後、予想される歯根の破折による抜歯等のトラブルにも対処可能です。

当院は、県内第一号のミラクルデンチャー導入医院です。
どうしても「ミラクルデンチャー」という名称の部分入れ歯を希望される場合は対応しますが、欠点が多いため、現在当院では、ドイツ式入れ歯をお勧めしています。

治療後の正面写真です。下の歯は、シンプルなインプラントを支えにしたブリッジです。
症例

咬みあわせの面の写真です。
症例

開閉レバーを開いた状態です。
症例

内冠の状態です。
症例

常に最新の治療法が最善ではありません。あなたにとっての最善を目指します。

症例一覧に戻る

ドイツ式入れ歯(テレスコープ)の症例

リーゲルテレスコープ式部分入れ歯(天然歯とインプラントを併用した症例)

歯医者さんで、「すべての歯を抜いてインプラントにしましょう」って言われて泣きそうなあなたへ!
上アゴにインプラントを埋入し、それを支えにリーゲルテレスコープで対応しました。
天然の歯だけでは対応が難しい場合でも、インプラントを併用することで対応できます。

【解説】
佐野市在住、
60代、男性の患者さまです。

お口の中の総合的な治療を希望され、奥様のご紹介で来院されました。

初診時の正面写真です。
症例

上の咬み合せの面です。
症例

下の咬み合せの面です。
症例

右横から見た写真です。
症例

左横から見た写真です。
症例

重度の歯周病の方なのですが、できる限り歯を保存したいとの強いご希望でした。
相談の結果、インプラントを併用したリーゲルテレスコープ義歯で対応しました。 
どうしても保存不能な歯を抜歯し、インプラントを埋め込みました。

そこに内冠と呼ばれる、内側の冠を装着しました。
症例

そこに、入れ歯がはめ込まれます。
症例

回転レバーを開くと、入れ歯が外れます。
症例

治療後の正面写真です。
症例

仕上がりは、入れ歯というよりも、固定性のブリッジに近い使用感を得る事ができ、大変お喜び頂けました。なによりも、この方の強い希望である、天然の歯を保存する事ができました。
最近ではインプラント治療が普及してきたためか、保存可能な歯をすべて抜歯してインプラントに置き換えてしまうような症例も見かけます。
賛否両論がありますが、インプラント治療も万能ではありません。
当院は、あなたにとって最善の治療法をあなたと一緒に検討します。

下アゴは、シンプルなインプラントを支えにした固定性のブリッジです。
症例

治療後のレントゲン写真です。
症例

症例一覧に戻る

ドイツ式入れ歯(テレスコープ)の症例

リーゲルテレスコープ式部分入れ歯(天然歯のみを利用した症例)

「インプラントは怖い、でもかっこ悪い入れ歯は絶対嫌!」
って、お悩みのおしゃれな奥様へ!
「取り外し式のブリッジって、ご存知ですか?」
上アゴに残った多くの歯を活用したリーゲルテレスコープ式部分入れ歯です。
ドイツ式部分入れ歯は取り外しも楽にでき清掃しやすいので残った歯を守れます。

【解説】
足利市在住、
50代、女性の患者さまです。

上の奥歯の違和感で、紹介でご来院されました。
診断の結果、残念ながら歯根が折れていて保存不能となりました。

初診時の正面写真です。
症例

治療前の右横から見た写真です。
症例

治療前の左横から見た写真です。
症例

治療前の咬み合せの面の写真です。
症例

診査の結果、状態の悪い歯が多く、いつ根っこが折れて抜歯になっても不思議では無い状態でした。

そこで、重冠構造のドイツ式入れ歯の一つ、リーゲルテレスコープ式部分入れ歯を装着しました。

術後の正面写真です。
症例

右横から見た写真です。
症例

左横から見た写真です。
症例

術後の咬みあわせの面です。
症例

2重冠の内側の冠です。
症例

上の冠(ブリッジ)は、レバーを開けば外れます。
もしも内側の冠にトラブルが起きて、不幸にも抜歯になっても外側の冠は修理して使い続ける事が可能です。見た目も自然で、お友達にも入れ歯だと気づかれませんよ。

インプラントは怖いけど、普通の入れ歯は絶対嫌な、おしゃれな奥様にぴったりです。

症例一覧に戻る

ドイツ式入れ歯(テレスコープ)の症例

リーゲルテレスコープ式部分入れ歯(天然歯のみを利用した症例)

「お友達に、絶対に入れ歯だとバレたくないあなたへ!」
下アゴ奥歯の欠損をリーゲルテレスコープ式部分入れ歯で修復しました。
当院のドイツ式部分入れ歯は10年20年と長持ちする入れ歯です。

【解説】
栃木市在住、
60代、女性の患者さまです。

下アゴの入れ歯を希望されて、ご主人の紹介で来院されました。

初診時の下の歯です。
症例

「10年以上使えるような、丈夫な入れ歯を作って欲しい」との要望でした。
そこで今回は、すべての歯を入れ歯の支えとして利用し、もしもトラブルが起きた時にも入れ歯を修理して使い続けられるような設計としました。

ドイツ式入れ歯のリーゲルテレスコープ式部分入れ歯です。

模型で解説しますね。内冠と呼ばれる、内側の冠です。
症例

そこに、入れ歯がはめ込まれます。
症例

開閉レバーを開くと、こんな感じです。
症例

見た目は、保険の入れ歯のように金属製のバネがありませんので、周りの人には、入れ歯を装着しているなんて気づかれません。とても、お喜び頂けました。

治療後の正面写真です。
症例

もう誰も、あなたが入れ歯を装着しているなんて思いませんよ!

症例一覧に戻る

ドイツ式入れ歯(テレスコープ)の症例

リーゲルテレスコープ式部分入れ歯(天然歯のみを利用した症例)

「インプラントは絶対嫌!40歳のあなたのための、美容入れ歯です」
上アゴ奥歯の欠損をリーゲルテレスコープ式部分入れ歯で補いました。
インプラントは怖い...と不安の方もドイツ式入れ歯で美しく仕上げます。

【解説】
佐野市在住、
40代、女性の患者さまです。

左上の奥歯を失われた方です。

初診時の咬み合せの面の写真です。
写真右上の奥歯の歯が、保存不能となりました。
症例

最初にインプラント治療を検討しましたが、骨の厚みが薄いため骨の移植が必要でした。最終的に、今回はなるべくリスクの少ない入れ歯で治療計画を立てました。

内冠と呼ばれる、内側の冠を装着しました。
症例

そこに、入れ歯がはめ込まれます。
症例

回転レバーを開いた状態です。
症例

ドイツ式入れ歯のリーゲルテレスコープ式部分入れ歯です。
見た目は、保険の入れ歯のように金属製のバネがありませんので、周りの人には入れ歯を装着しているなんて気づかれません。

左横から見た写真です。
内冠と呼ばれる、内側の冠を装着しました。
症例

そこに、入れ歯がはめ込まれます。
症例

日本では、保険治療の入れ歯のイメージが悪いためか、入れ歯が敬遠されていますが、海外では、若い方も当たり前に入れ歯を選択されますよ。
私も怖がりなので、歯を失ったら高品質のドイツ式入れ歯を選ぶと思いますよ・・・。

症例一覧に戻る

ドイツ式入れ歯(テレスコープ)の症例

リーゲルテレスコープ式部分入れ歯(天然歯のみを利用した症例)

「インプラントばかり勧められてお悩みのあなたへ!
その歯医者さんに行くのは、もうやめてください」
2本の歯を支えにしたリーゲルテレスコープ式部分入れ歯で対応しました。
最小限の範囲の治療でしっかり噛める入れ歯があります。

【解説】
佐野市在住、
60代、男性の患者さまです。

左下の奥歯に、入れ歯を希望されて来院されました。
症例

インプラントは怖いので、やりたくないそうです。
最近、歯科界ではインプラント治療が歯を失った方の最善の治療法のように宣伝されていますが、それは間違いです。

すべての治療法には、利点も欠点もあります。
当院は、あなたにとっての最善の治療法をあなたと一緒に考えます。
この患者さまには、ドイツ式入れ歯のリーゲルテレスコープ式部分入れ歯で対応しました。2本の歯を支えにして、最小限の治療本数で設計しています。

内冠と呼ばれる、内側の冠を装着しました。
症例

そこに、入れ歯がはめ込まれます。
症例

咬み合せの面です。内冠です。
症例

そこに外冠(入れ歯)が装着されます。
症例

開閉レバーを開くと入れ歯が外れます。
症例

模型で説明しますね。
内冠と呼ばれる、内側の冠です。
症例

義歯が装着された状態です。
症例

開閉レバーを開いた状態です。
症例

レバーの拡大画像です。
症例

見た目も、自然です。
症例

症例一覧に戻る

ドイツ式入れ歯(テレスコープ)の症例

レジリエンツテレスコープ(天然歯のみを利用した症例)

「高いお金を払って、最後にガッカリしたくないあなたへ!」
1本の歯しか残っていなくてもレジリエンツテレスコープでしっかり噛むことができます。

【解説】
佐野市在住、
60代、女性の患者さまです。

入れ歯を作り替えたいとのご希望で来院されました。

初診時の正面写真です。
症例

初診時、軟らかい樹脂製の入れ歯「スマイルデンチャー」を使用されていました。
そして、痛くて噛めないとの事でした。

専門家が診ればあたり前ですが、何故か流行している樹脂製の柔らかいバネなし入れ歯は良く噛めません。
理由は柔らかいので噛む力で変形して、歯肉に食い込んでしまうからです。どうしてもこのタイプの入れ歯を希望される場合は、見えない裏側を金属の骨組みで補強しておくことが大切です。

当院では、このタイプの入れ歯を希望される場合は必ず金属の骨組みで変形を予防しています。

さて、この患者さまは、上のアゴに1本しか歯が残っていません。
こういう症例は、ドイツ式入れ歯のレジリエンツテレスコープが最適です。

残された歯の延命にもなります。さらに、もしもこの1本の歯を失うことになっても簡単な修理で使い続けることが可能です。
症例

内冠と呼ばれる、内側の冠を装着しました。
症例

そこに、入れ歯がはめ込まれます。
症例

治療後の正面写真です。
症例

右横から見た写真です。
症例

左横から見た写真です。
症例

今回の患者さまは、前歯の大きさや歯並びにこだわりを持たれていて、数回の仮合わせを行い仕上げました。

「若いころの歯がよみがえりました」とお喜びいただきました。
当院では、患者さまが納得されるまで何回でもやり直します。
「完成してから、がっかり」なんてさせませんので、ご安心ください。

症例一覧に戻る

ドイツ式入れ歯(テレスコープ)の症例

CSPテレスコープ(天然歯のみを利用し対応した症例)

「見た目を最優先したいあなたへ!こんなドイツ式入れ歯もあります。」
2本しか残っていない上アゴにはレジリエンツテレスコープを入れました。
下アゴには特殊な精密加工(CSP)を施したリーゲルテレスコープで対応しました。

【解説】
佐野市在住、
60代、女性の患者さまです。

初診時の正面写真です。
症例

上の歯の咬み合せの面の写真です。
症例

下の歯の咬み合せの面の写真です。
症例

右横から見た写真です。
症例

左横から見た写真です。
症例

お口の中の総合的な治療を希望されて来院されました。
「インプラント治療は嫌」
「入れ歯で最善の治療を希望したい」との事でした。

そこで、上アゴは2本の歯を利用したレジリエンツテレスコープ式、
下アゴは、審美性を重視してセラミック冠を装着し、
リーゲルテレスコープ式ドイツ式部分入れ歯を装着しました。

上の歯に、内冠と呼ばれる内側の冠を装着しました。
症例

そこに外冠と呼ばれる、外側の冠(入れ歯)が装着されます。
症例

下の歯です。これは、2重冠ではありません。
見えない裏側に、精密加工を施しています。
症例

そこに入れ歯がはめ込まれます。
症例

回転レバーを開くと、入れ歯が外れます。
症例

治療後の正面写真です。
症例

右横から見た写真です。
症例

左横から見た写真です。
症例

劇的に見た目も改善され、若返ったとお喜び頂けました。

症例一覧に戻る

ドイツ式入れ歯(テレスコープ)の症例

リーゲルテレスコープ・レジリエンツテレスコープ(天然歯のみを利用した症例)

「あなたにインプラント治療ばかり勧める歯医者さんは、危険です」
3本の歯しか残っていない上アゴはレジリエンツテレスコープで対応しました。
5本の歯が残っている下アゴはリーゲルテレスコープ式入れ歯を入れました。

【解説】
佐野市在住、
60代、男性の患者さまです。

お口の中の総合的な治療を希望されて来院されました。

初診時の正面写真です。
症例

右横から見た写真です。
症例

左横から見た写真です。
症例

診断の結果は、上アゴが3本、下アゴが5本しか保存できませんでした。
ご希望は、
「インプラントはやりたくない」
「入れ歯で最善の治療法を希望したい」との事でした。

そこで、上の入れ歯は、残りの歯が3本以下の方に特にお勧めのレジリエンツテレスコープ式、下の入れ歯はリーゲルテレスコープ式
ドイツ式部分入れ歯を装着しました。

下の写真は、上の歯の冠をすべて除去したところです。
症例

内冠と呼ばれる内側の冠を装着しました。
症例

そこに外冠と呼ばれる、外側の冠(入れ歯)が装着されます。
症例

入れ歯の裏側です。
症例

下の写真は、下の歯の冠をすべて除去したところです。
症例

下の歯に、内冠と呼ばれる内側の冠を装着しました。
症例

そこに外冠と呼ばれる、外側の冠(入れ歯)が装着されます。
症例

回転レバーを開くと、入れ歯が外れる仕組みです。
症例

見た目も、とても綺麗になり何でも食べられるとお喜び頂けました。
治療後の正面写真です。
症例

模型だとこんな感じです。内冠です。
症例

模型だとこんな感じです。内冠です。
症例

回転レバーを開いた状態です。
症例

いかがですか?最先端のドイツ式入れ歯です。

症例一覧に戻る

ドイツ式入れ歯(テレスコープ)の症例

レジリエンツテレスコープ(天然歯のみを利用した症例)

「70歳のあなたの、10~20年先の人生を見据えて、治療方法を検討しています」
残っている歯を守るためにレジリエンツテレスコープで対応しました。
生涯に渡って長く使える入れ歯をご提供いたします。

【解説】
小山市在住、
60代、女性の患者さまです。
遠方から来院されている患者さまです。

下の入れ歯は、当院で15年前に製作したものです。
当時の私にとっては、この入れ歯が最善の治療法でした。
症例
症例
症例
症例
症例

下の歯の咬み合せの面の写真です。
症例

特に、痛み等の問題はありませんでした。
ただしそろそろ、支えの歯の寿命が訪れそうな時期です。
そこで、残された歯の延命もかねて、再治療を計画しました。
今後、入れ歯の破損で急なトラブルが起こった時に備えて、通院回数も少なく、簡単な修理で最低10年以上は使用可能な設計を検討しました。
ドイツ式入れ歯のひとつ、レジリエンツテレスコープ式部分入れ歯です。

治療後の下アゴの咬み合せの面の写真です。
内冠と呼ばれる内側の冠を装着しました。
症例

そこに外冠と呼ばれる、外側の冠(入れ歯)が装着されます。
症例

そこに外冠と呼ばれる、外側の冠(入れ歯)が装着されます。
症例
症例

治療後の正面写真です。
症例

この入れ歯なら、もしも残っている歯を抜歯する事になっても、簡単な修理で使い続ける事が可能です。
遠方で通院が難しく、ドイツ式入れ歯の知識が無い歯科医でも保存できない歯の抜歯さえできれば、大丈夫です。
残りの歯が3本以下の方に特にお勧めの入れ歯です。この入れ歯で、最低10~20年は大丈夫です。100歳まで使い続けてください。
私も、頑張ります。

症例一覧に戻る

ドイツ式入れ歯(テレスコープ)の症例

コーヌステレスコープ式部分入れ歯(天然歯のみを利用した症例)

「限られたご予算の中で、最善の治療法を検討し結果を出します」
残った下アゴの歯に金属の内冠をかぶせ、コーヌステレスコープ式部分入れ歯を入れました。
患者さまのご希望に寄り添った最小限の範囲の治療にも対応します。

【解説】
佐野市在住、
60代、女性の患者さまです。

下の奥歯の入れ歯を希望されて、来院されました。

初診時の正面写真です。
症例

下の歯の、咬み合せの面の写真です。
左右の奥歯が失われています。
症例

最小限の範囲で治療をすすめて欲しいとの事でした。
そこで、左右2本ずつ計4本の歯を利用する治療計画を立てました。

下の歯の冠を、すべて除去したところです。
症例

内冠と呼ばれる、内側の冠を装着しました。
症例

前から見るとこんな感じです。内冠の正面写真です。
症例

治療後の、下の歯の咬み合せの面の写真です。
症例

治療後の正面写真です。
症例

右横から見た写真です。
症例

左横から見た写真です。
症例

ドイツ式入れ歯のひとつ、コーヌステレスコープ式部分入れ歯です。
歯の状態が良ければ、少ない本数でも対応可能な場合もあります。
当院は、あなたのご予算に合わせて、複数の治療プランを提案しています。
遠慮なく、ご希望をお聞かせください。

症例一覧に戻る

ドイツ式入れ歯(テレスコープ)の症例

コーヌステレスコープ式部分入れ歯(天然歯のみを利用した症例)

「インプラントでもドイツ式入れ歯でも、咬み合せが悪ければ、良く噛めません」
咬みあわせが崩れていたため、きっちりと咬みあわせの調整を行ってから、
下アゴにコーヌステレスコープ式部分入れ歯を入れました。

【解説】
佐野市在住、
60代、男性の患者さまです。

下アゴの奥歯を失い、入れ歯を希望され来院されました。

初診時の正面写真です。下の前歯が見えません。
症例

右横から見た写真です。
症例

左横から見た写真です。
症例

下の歯の咬み合せの面の写真です。
症例

診査すると噛む力が強い方で、歯がすり減ってしまい前歯が無くなりそうな状態でした。
症例

下の前歯がすり減って、無くなりそうです。
症例

そのために、咬み合せの高さが低くなり入れ歯が作れない状態でした。まずは、すべての歯を仮の歯に置き換え、咬み合せの高さを元に戻します。仮の歯を装着して、咬み合せの高さを高くしました。下の前歯が見えてきました。

多くの医院では歯が抜けたら、何も考えずに、そのまま入れ歯の型取りをしています。入れ歯のあなたもそんな経験がありませんか?世界一安い、日本の保険診療が基本になっているので、ある意味仕方がないかもしれません。

でも高額な自費診療でも、同様な医院が多いそうですよ・・・。
当院は、妥協しません。

症例

そして、ドイツ式入れ歯のひとつ、コーヌステレスコープ式部分入れ歯を装着しました。

内冠と呼ばれる内側の冠を装着しました。
症例

下の歯の咬み合せの面の写真です。
症例

そこに外冠と呼ばれる、外側の冠(入れ歯)が装着されます。
症例

入れ歯はこんな感じになっています。
歯の上に、すっぽり保護するようにはめ込まれるのです。
症例

上の歯は、ご予算の関係ですべて保険治療です。
ただし、咬み合せの歪みは整えていますよ。
症例
症例

インプラントや入れ歯治療は、単に歯を失った隙間を埋めれば良いという物ではありません。
歯科治療で一番大切なことは、咬みあわせを整えることなのです。

治療後の正面写真です。
症例

入れ歯やインプラントは、治療法の一つにすぎません。
高額な入れ歯やインプラント治療も、咬み合せが悪ければ良く噛めません。
咬み合せに精通している歯科医院を選ぶことが大切です。
特に高額治療を受ける時は、慎重にしてくださいね。

症例一覧に戻る

ドイツ式入れ歯(テレスコープ)の症例

コーヌステレスコープ式部分入れ歯(天然歯のみを利用した症例)

「日本の歯科大学では教えてくれない、
歯を守るドイツ式入れ歯ならではの特別な設計です」
上アゴの残っている臼歯に内冠をかぶせて装着したコーヌステレスコープです。
床部分の骨組みはドイツ式入れ歯独特のデザインを採用しました。

【解説】
足利市在住、
50代、女性の患者さまです。

上アゴの奥歯を失い、なんとかして欲しいと来院されました。

初診時の正面写真です。
症例

右横から見た写真です。
症例

左横から見た写真です。奥歯がありません。
症例

上の歯の咬み合せの面の写真です。
症例

上の歯の咬み合せの面の写真です。
症例

インプラントは怖いので、入れ歯をご希望されました。
最小限の治療本数で、計画を立てて欲しいとのご希望です。
このような症例は、すべての歯を利用するのが最善なのですが、今回は左右2本ずつ、計4本の歯で設計しました。

4本の歯に、内冠と呼ばれる内側の冠を装着しました。
症例

この症例はドイツ式入れ歯の一つ、コーヌステレスコープです。
この方のように、左右の歯を失った場合は、上のアゴの天井部分に左右の入れ歯を一体化する骨組みが必要になります。

入れ歯の患者さまが、違和感をとても気にされる部分です。そこで当院では、入れ歯の骨組みの位置や形体を、事前に患者さまに確認して頂きます。仮の骨組みを何種類か製作し、患者さまに了解を得てから、最終的な骨組みの製作にはいるのです。模型上で作図して設計しています。

青と赤でのラインで設計しました。
症例

仮の骨組みです。赤い樹脂で製作されている部分です。
理想的な2つのパターンで製作しました。
症例
症例

今回は、2つの形態で製作し確認したところ、シュパルテという名前の、日本の歯科大学では、教育すらされないデザインの骨組みを選ばれました。

治療後の咬み合せの面の写真です。
症例

この骨組みのデザインは、とても違和感が少なく、さらに残された歯の負担も少なくできる優れものです。ドイツ式入れ歯の独特のデザインの一つです。
当院は、手間ひまを惜しまず、あなたの期待にお答えします。

治療後の正面写真です。
症例

保険治療の入れ歯のように、金属製の銀色のバネは見えません。残された歯の負担も最小限です。
良い物を長く使い続ける、質実剛健の国、ドイツで生まれた入れ歯です。

症例一覧に戻る

ドイツ式入れ歯(テレスコープ)の症例

リーゲルテレスコープ・レジリエンツテレスコープ(天然歯のみを利用した症例)

「入れ歯でスルメが食べられるとお喜び頂けました」
上アゴには僅かに残った2本の歯を活用したレジリエンツテレスコープを入れました。
下アゴはリーゲルテレスコープ式部分入れ歯で対応しました。

【解説】
佐野市在住、
70代、男性の患者さまです。

長年、入れ歯で苦労されていた患者さまです。
当院で入れ歯治療を受けた患者さまからのご紹介で来院されました。

初診時のお口の中です。
正面から見た写真です。
症例

右横から見た写真です。
症例

右横から見た写真です。
症例

上の咬み合せの面の写真です。
症例

下の咬み合せの面の写真です。
症例

お口の中を拝見すると、よくある保険治療の入れ歯が上下に装着されていました。
症例

特に、上の前歯は噛む度に下の歯に突き上げられて、グラグラでした。このままでは、すべての歯を失ってしまいます。

そこで、上の入れ歯は少ない歯を保護して入れ歯の支えにできる、ドイツ式入れ歯のレジリエンツテレスコープ義歯を選択しました。

内冠と呼ばれる、内側の冠を装着しました。
症例

そこに外冠と呼ばれる、外側の冠が装着されます。
症例

入れ歯の裏側です。内冠がはめ込まれるための、穴が開いています。
症例

下の入れ歯は、リーゲルテレスコープ式部分入れ歯で対応しました。
内冠と呼ばれる内側の冠を装着しました。
症例

そこに外冠と呼ばれる、外側の冠が装着されます。
症例

この外側の冠には、こんな仕掛けが仕込んであります。
この開閉レバーを開くと、義歯が外れる仕組みです。
症例

入れ歯を外すと、こうなります。
症例

装着した時の、正面写真です。
症例
入れ歯で、スルメが食べられるとお喜び頂けました。
この方には、お喜び頂きご親戚の方を紹介いただきました。
信頼して頂き、本当にありがとうございます。

症例一覧に戻る

2017年2月24日

ドイツ式入れ歯(テレスコープ)の症例

リーゲルテレスコープ式部分入れ歯(天然歯のみを利用した症例)

「この症例は国内ではとても珍しい、貴重なものです。
当院は、世界基準の歯科医療を追求しています。」
上下の多くの歯を活用したリーゲルテレスコープ式部分入れ歯です。
人工の歯はセラミックで対応しました。

日本歯科評論に症例として掲載されました。
詳細はこちらをご覧ください

【解説】
足利市在住、
50代、女性の患者さまです。

お口の中の総合的な治療を希望され、紹介で来院されました。

初診時の正面写真です。
すべての歯が治療済みです。
症例

右横から見た写真です。
金属冠と歯肉の境目から、2次的な虫歯になっています。
症例

左横から見た写真です。奥歯が1本抜けたままになっています。
他院で埋め込んだインプラントが、失敗に終わったそうです。
症例

上の咬み合せの面の写真です。
金属冠の咬み合せの面に穴が開いている箇所が数か所あります。
症例

下の咬み合せの面の写真です。
金属冠の咬み合せの面に穴が開いています。
症例

この方は以前、他院にて施術されたインプラント治療が失敗したそうです。そこで今回は、インプラント治療以外で長持ちする治療法を検討しました。この方の歯は、ほとんどの歯がすでに何度も治療されて、神経の組織が取り除かれており、例えるなら、枯れ木のような状態です。

多くの歯が今後、噛む力で根っこが割れて抜歯のリスクを抱えています。そのため残された歯が、抜歯のトラブルに見舞われても、簡単な修理で対応可能な治療法を検討しました。

相談の結果、ドイツ式入れ歯の一つである2重冠構造のリーゲルテレスコープ義歯を選択しました。そうする事で、内側の冠が抜歯となっても、外側の義歯は修理しながら使い続ける事が可能です。

良い物を大切に長く使う、質実剛健の国、ドイツで生まれた入れ歯です。

この症例は、日本ではとても珍しい症例で、2014年、学会の広告にも掲載されました。
詳細はこちら

下の写真は、上の歯の冠をすべて除去したところです。
症例

そこに、内冠と呼ばれる内側の冠を装着しました。
症例

そこに外冠と呼ばれる、外側の冠が装着されます。
症例

この外側の冠には、こんな仕掛けが仕込んであります。
この開閉レバーを開くと、義歯が外れる仕組みです。
症例

同様に、下の冠を外した状態です。
出来る限り歯髄と呼ばれる歯の神経組織を保存しています。
症例

内冠と呼ばれる内側の冠を装着しました。
症例

そこに外冠と呼ばれる、外側の冠が装着されます。
症例

この外側の冠には、こんな仕掛けが仕込んであります。
この開閉レバーを開くと、義歯が外れる仕組みです。
症例

正面から見たところです。
入れ歯だとは、誰にも気づかれませんよ。
症例

治療後の右横から見たところです。
症例

治療後の左横から見たところです。
症例

当院は、ドイツ式入れ歯を扱う歯科医院の中でも、積極的に最先端の技術を導入している、全国的でも数少ない医院の一つです。どうぞ他院と比較してから、最後にご来院ください。

症例一覧に戻る

2017年2月 8日

採用情報

当院の願いは「本当に良い治療」を提供して、患者さまに笑顔になっていただくこと。
「この先生の所に来てよかった」と思っていただけるクリニックを目指しています。
この思いに共感できる方を募集しております。

募集 正社員・パート
職種 急募:歯科衛生士/受付事務
給与 能力等により優遇
勤務 〒327-0317 栃木県佐野市田沼町289-4
東武佐野線 田沼駅 車で5分
診療時間 平日 9:00~18:30 (最終受付 17:30)
休日 水木隔週・土日・祝/完全週休2日制
資格 歯科衛生士
待遇 詳細は面談の上
仕事内容 歯科医院内での歯科衛生士/受付事務
●各種セミナー参加、院内での定期的勉強会、個人指導あり
診療科目 一般歯科・入れ歯・インプラント・歯周病治療・矯正歯科・小児歯科・審美歯科・ホワイトニング・咬合治療・予防歯科
応募方法 まずはお電話にてお問合せください
0283-62-1125

Q&A

あなたは、こんな悩みをお持ちではないですか?
どうぞ、私たちに相談してください。

歯を失い、入れ歯やインプラントをお考えの方へ

1 入れ歯で、こんなお悩みを持たれてる方へ
何回作っても入れ歯が合わない。入れ歯を入れたら2~3年おきに歯が抜ける。
上の入れ歯が落っこちる、下の入れ歯が浮いてくる等々入れ歯の悩みはつきません。このような悩みは、正しい入れ歯の設計がされていない場合に起きやすい症状です。そんな悩みがあるならば、一度お口の中を全体的に考慮した治療を検討されてみたらいかがでしょうか?
咬みあわせの不具合など他に問題を抱えたまま、ただ単に歯が抜けた場所に入れ歯を入れても良い結果は得られない事がほとんどです。当院は、局所だけにこだわらず、あなたにあったオーダーメードの総合的な治療プランを立ててから治療を行います。
「入れ歯専門医院」へ

2 入れ歯を入れたら口元のしわが増えて、老け顔でお困りな方へ
入れ歯は食べるための道具だけではありません、発音や口元の張りを美しく保つ役割もになっています。
当院でお勧めしている自費製作の入れ歯は、口元の張りをあなたのお好みで自由に復元可能です。
ホウレイ線や唇の形なども、入れ歯の大きさで大きく左右されます。
是非、審美入れ歯を体験してください。
「審美専門の歯科技工士常駐」へ

3 入れ歯を入れたら、笑っても前歯が隠れて見えなくなったり、出っ歯になって悲しくなった方へ
「芸能人は歯が命」と昔のCMで言われていたように、前歯の見え方で、お顔のイメージは大きく変化します。自費製作の入れ歯は、可能な限りあなたのどんなご要望にもお応えします。
是非、あなたの美しさへのこだわりを聞かせてください。
当院は、一流芸能人ご用達の某有名自費専門歯科医院で10年間勤務していた歯科技工士が常勤しています。あなたの細かなご要望に敏速に対応可能です。
「審美専門の歯科技工士常駐」へ

4 入れ歯の留め金(バネ)が目立つので困っている方へ
当院でお勧めしている自費制作の入れ歯は、最新のドイツ式テレスコープ入れ歯です。この入れ歯は、一般的な残っている歯に引っかける銀色の留め金(バネ)はありません。日本の入れ歯に使われるこの留め金(バネ)はドイツでは、大学の授業からも外されています。最新のドイツ式テレスコープ入れ歯は見た目も自然で、入れ歯を入れている事は他人には解りません。
「ドイツ式部分入れ歯」へ

5 インプラントは怖いから、良く噛める入れ歯で、良いものが欲しい方へ
当院でお勧めしているドイツ式テレスコープ入れ歯は、日本の保険診療で製作できる入れ歯と違い、しっかり噛む力を支える事が可能です。咬み応えのある固い食べ物を好む、入れ歯先進国ドイツで愛されている入れ歯です。
当院では、ドイツ式テレスコープ入れ歯の小冊子をご用意しています。
お電話で「ドイツ式入れ歯の小冊子希望」とお申し付けください。
「ドイツ式部分入れ歯」へ

6 インプラントばかり勧められて、入れ歯の質問を聞いてもらえなくて悲しくなった方へ
ここ10年位、日本ではインプラント治療がブームですが、インプラントが入れ歯よりも優れているのではありません。あくまで歯を失った方の治療法の一つにすぎません。
どちらの治療法も利点と欠点があります。誰にでも新しい治療法が必ずしも良い治療法ではありません。
あなたに合った治療法が最善と考えます。
治療法を考える上で、最も大切な事は咬みあわせです。インプラントでも入れ歯でも良いのです。
例えば、家を建てるのにどんなに良い素材を使っても、設計図に間違いがあれば良い家は建ちません。
当院は、咬みあわせを最優先する世界標準の医療を提供することを目指しています。
「入れ歯専門医院」へ

7 他人に入れ歯と気づかれないような、歯を失う前の個性的な歯並びにして欲しい方へ
当院で製作するオーダーメードの自費製作の入れ歯は、あなたのお好みで自由に歯の形や歯並びを選べます。もしもあなたが、歯を失う前の歯の形や歯並びが気に入っていたのなら、そのままの昔の歯と同じ形の歯を使い、個性的な歯並びにすることも可能です。
さらに歯の色も、たくさんの色見本からお好みの色をお選びいただけます。
あなただけの世界に一つの入れ歯をお作りします。
「審美専門の歯科技工士常駐」へ

8 できるだけ早くいい総入れ歯(保険外治療の総義歯)を作りたい方へ
当院独自の型取りは、上下のアゴの型取りを同時に行います。お口の中の舌や頬の筋肉まで、詳細な情報を採得することが可能になります。同時に治療回数の短縮にもなり、最短4回で完成します。
「ドイツ式総入れ歯」へ

9 最新の入れ歯の実物が見たいと思われている方へ
当院では、いろいろな最新の入れ歯のサンプルをご用意しています。
実物を見て触ってお確かめください。
また実際に当院で治療を終えられた、多数の症例写真をお見せすることも可能です。
他院のホームページによく見受けられる、器材メーカーのカタログ掲載写真ではありません。
さらにドイツ式入れ歯をアニメーションで解説したDVDもご用意しています。
「入れ歯専門医院」へ

10 実際に、最新の入れ歯を入れた体験者の感想を聞きたいと思われている方へ
最新の入れ歯の体験者のお声を多数いただいています。
待合室の壁には、当院で自費治療を受けていただいた方のお声の一部を100枚貼りだしています。
「お喜びの声を頂きました」へ

11 最新の入れ歯の資料が欲しいとお考えの方へ
院長が所属しているIPSG包括歯科医療研究会代表、日本初の高齢者歯科学講座教授、稲葉繁先生の「ドイツ式入れ歯の小冊子」をご用意しています。
お電話にて「入れ歯の無料小冊子希望」とお申しつけください。
「小冊子申し込みフォーム」へ

12 インプラント治療は高いし、値段の違いってどうしてと思われてる方へ
保険外診療は医院により費用が異なります。高いものにも安いものにも理由があります。
医療は日用品とは違います。インプラントは身体の中に埋め込む物ですので、慎重にお選びください。
当院は、必ず治療開始前に詳細なお見積りをお出しします。
そして何度でも、あなたの疑問にお答えします。
もちろんインプラントだけが治療法ではありません。
インプラント以外の最新の治療法も含めてご説明いたします。
あなたに合った最善の治療法をご提案させて頂きます。
さらに「インプラントが得意な医院の選び方」が書かれた小冊子をご用意しています。
お電話かFAXで「インプラントの無料小冊子を希望」とお申し付けください。
「妥協の無い最善の治療」へ

13 インプラント治療は時間がかかると思われている方へ
当院で使用している最新のインプラントは、表面に骨の成分のアパタイトをコーティングすることにより、アゴの骨に短期間で固定されます。
骨の状態が良い方は、最短7週間で固定式の仮の歯が装着できます。また、仮の歯専用の暫間インプラントを利用することにより、手術当日に固定性の仮の歯を装着することも可能です。
さらに、「オールオン4」と呼ばれている「総入れ歯から固定性の歯に1日で生まれ変われる治療法」にも対応しています。オールオン4は15年前から導入しています。最初の患者さまは先代の院長、私の母です。
「豊富なインプラント実績」へ

14 他院でインプラント治療は無理だと言われて諦めていた方へ
インプラントを埋め込むには骨の厚みが必要です。骨の厚みが足りない場合に不適応と診断されます。
解決策として、
①骨の厚みを増やす
②薄い骨に埋め込める特殊なインプラントを使用する
等があります。
当院は、他院からの紹介で難症例の方が多数ご来院されています。
「豊富なインプラント実績」へ

15 高血圧や高齢でインプラント治療はどうかなと考えている方へ
当院は、高血圧、心臓病など全身疾患の方や恐怖心が強い方でも安心・安全に手術を受けていただけるように、リラックスできるお薬を点滴しながら、痛みもなくリラックスした状態で手術が可能です。
これは静脈内鎮静法と呼ばれ、大学病院麻酔科の専門医が担当しますのでご安心ください。
「豊富なインプラント実績」へ

16 診断(相談)したらインプラントを勧められると思われている方へ
そもそもインプラント治療を勧められたからといって、その治療を受けなければならない義務はあなたにはありませんので、ご安心ください。
インプラントは、歯を失った方の治療法の一つでしかありません。問題は、歯科医が最善の治療法がインプラントしか無いと思い込み、それをあなたに無理に勧めることです。そのためにあなたは仕方なくインプラントを検討されているのではないでしょうか?
インプラントはすばらしい治療法ですが、インプラント以外にも治療法はたくさんあります。
当院は、あなたのご希望を最優先することをお約束します。決して治療の強要はいたしません。なぜなら、多数の患者さまにご来院して頂けているからです。営利目的で治療の強要など必要ありません。
「入れ歯・インプラント専門医院」へ

17 インプラント治療は支払総額がわからないので怖いという方へ
インプラント治療を含めて、自費診療では最初に治療費総額のお見積りを差し上げます。お口の状態や患者さまの希望により治療内容が変更になる場合は、ていねいにご説明し、同意の上で再度お見積りを作成します。
私たちは専門家ですので、術前の診査である程度の内容の変更は予想ができます。予想される問題点は良いことも悪い事も最初にお話しいたしますので、ご安心ください。
もちろんカードや分割ローンにも対しています。
「アプラスデンタルローン」へ

18 治療器具やインプラントの使い回しの報道で、衛生面が心配な方へ
器具の滅菌は、個人の診療室には珍しい最新の大型滅菌器(オートクレーブ)を導入しています。
その他にも、ウイルスを死滅させる特殊な酵素を使った超音波洗浄、ガス滅菌器等最新設備で対応しています。
潔癖症のあなたには、毎回、完全使い捨ての器具(有料)で施術も可能です。
「妥協の無い最善の治療」へ

審美歯科、セラミックの被せ物をお考えの方へ

19 前歯が欠けたけど治療費は高額になるんでしょうか?費用が知りたいという方へ
現在、保険診療でも前歯も含めて糸切り歯(犬歯)の2本後ろの奥歯(第二小臼歯)まで、白い歯で治せます。ただし、色や艶などの自然な質感、変色の問題、強度などセラミック冠にはかないません。また、歯並びや他の前歯にも、色や形に問題をかかえている場合は1本だけの治療では綺麗な仕上がりにはなりません。
当院では、2本目から最高品質のセラミックが20%(6本目からは30%)の割引をしています。
できるだけあなたのご予算の範囲で最善の治療を提案いたします。是非ご相談ください。
「知らないと損する虫歯の治療」へ

20 前歯の治療をすると歯がなくなるのが困るので治療したくないという方へ
前歯の治療には、仮の歯を必ず製作していますのでご安心ください。
多数の歯を同時に治療される場合、自費診療の場合には最終的な歯を装着前に、仮の歯の状態で形を患者さまに確認していただきます。
その仮の歯を装着して、ご自宅でご家族にも確認してもらう事も可能です。
あなたの口元へのこだわりを再現いたします。本物の歯が出来上がってから、がっかりなんて悲しい思いはさせませんのでご安心ください。
当院に常勤している歯科技工士は、政財界、芸能界の著名な方ご用達の某有名歯科医院で10年間、腕を磨いた匠の職人です。究極の女優仕上げも可能です。
「審美専門の歯科技工士常駐」へ

21 ピアスで金属アレルギーがあるから、お口の銀歯が心配な方へ
あまり知られていませんが、日本の健康保険で使用されているアマルガムやパラジウム合金は、金属アレルギーの問題等で人体に有害とされており、スウェーデンやドイツでは使用禁止です。経済的な問題が大きいとはいえ医療です。有害と解っている素材を使用するのはいかがなものでしょうか?
現在アレルギーの症状が発現していなくても、人体に埋め込まれる材料は可能な限り生体親和性の良い材料を選択すべきと考えます。
治療の基本は、他人に治療した痕が解らないようにすることです、親からもらった歯は白い歯です。
当院は、身体にやさしい治療を推奨しています。
「芸能人御用達の審美セラミック」へ

22 悪い所は全部しっかり治したいので、1回の時間を長くしてもらいたいという方へ
当院では、お口の中全体の問題点を洗い出し、最善の結果がでるように治療計画を考えます。そうすることにより、治療のやり直しのリスクを減らす事が可能になります。自費診療では最短で治療が進むように、1回2時間前後のお時間を頂き、隣接している歯は同時に処置するように心がけています。
「知らないと損する虫歯の治療」へ

23 生まれつきの歯の変色の悩みや、もっと白い歯でイメージアップしたい方へ
歯は、ホワイトニング(歯の漂白)で白くする事が可能です。生まれつきの歯の変色や、より白い歯を希望されている方、結婚式を控えているのでそれまでに白い歯にしたい方などに最適です。当院のホワイトニングは歯にダメージを与えない最新の薬剤を使用しますので、是非お試しください。ご家庭で気軽に歯を白くできるホームホワイトニングを併用されるとより効果的です。
「ホワイトニング」へ

虫歯や歯周病、健康維持の予防処置をお考えの方へ

24 お口の中が、ネバネバして歯にヌメリがあるような感じで気持ちが悪い方へ
欧米では、歯科医院の受診者の80%以上は定期検診と歯の清掃の方です。ところが日本では痛い時にしか受診しない方がほとんどです。あなたも歯科衛生士によるプロの歯の清掃を受けてみませんか?ツルツル、ピカピカでとっても気持ちが良いですよ。口臭予防にも最適です。
当院のご来院者の半数以上は、定期検診と歯の清掃の方です。歯医者はお口の中をきれいにしてくれる場所です。予防先進国の欧米を見習い、痛くないときにこそ利用する習慣をつけてみませんか?
「集中歯石除去の最新歯周病治療」へ

25 歯周病で、歯がぐらぐらで困っている方へ
歯周病は、細菌による感染症です。当院は歯周病菌の遺伝子検査を導入しています。きちんと悪玉菌を特定して飲み薬や除菌水でお口の中の環境を整えます。
歯周病に効果的なサプリメントもご案内しています。
歯周病が良くならないとあきらめていた方、是非ご相談してください。
「集中歯石除去の最新歯周病治療」へ

26 忙しいので、歯石取りに何回も行くのが大変な方へ
一般的に、保険診療の規定だと一度に歯石をとる本数が決められています。たくさん歯石がついてる方の場合は、通常お口の中を上下で6分割して行います。初診時は、問診、レントゲンや歯周ポケット(歯と歯肉の境目の溝の深さ)などの検査、応急処置で終わります。そのため一通り歯石を除去するのに7~8回通院が必要です。さらに、重度の歯周病の方は、再検査後、歯周ポケットの深い場所の歯石を再度除去する必要があります。
当院では、お忙しい方のために自費診療にて歯石取りのメニューも用意しています。
通常6回程度かかる処置を、2回で済ませる事が可能です。
ご希望なら、1日でお口全体の一通りの歯石除去が可能です。
時間短縮以外にも、いっきに環境が改善されることにより歯肉の改善も早くなります。
お忙しい経営者の方や、歯周病に悩んでいて早く良くなりたい方に最適です。
ご希望の方は、お問い合わせください。
「集中歯石除去の最新歯周病治療」へ

27 母親に虫歯が多いので、子供に遺伝しないか心配な方へ
虫歯菌は、3歳くらいまでに母親から感染すると言われています。理想的には、出産前から母親を含む同居されてるご家族のお口の環境を整えておくのが理想でしょう。虫歯菌のリスクを検査して、ハイリスクならキシリトールの摂取や除菌をお勧めします。是非、ご相談ください。
「虫歯も歯周病も予防できます」へ

28 次々に虫歯になり、私の歯はもともと弱いのかもと思われている方へ
虫歯は細菌による感染症です。あなたのお口の虫歯菌の状態を詳しく検査(遺伝子検査)し虫歯のリスクを下げる事が大切です。虫歯になりやすい方は是非、虫歯菌の検査と除菌をお勧めします。
「虫歯も歯周病も予防できます」へ

29 継続的にお口の健康を維持したい方へ
現在、当院のご来院者の半数以上は定期検診とメンテナンスの方です。病気になる前に未然に防ぐ予防に力を入れています。
お得な会員制度をご用意していますので、継続的に良い状態を維持されたい方はご検討ください。
「虫歯も歯周病も予防できます」へ

咬みあわせの不具合や顎関節症でお悩みの方へ

30 咬みあわせがおかしいため全身に影響が出てきた気がしている方へ
人間の身体は、どの部分からみてもバランスがとれていて、前後・左右どちらにも片寄らない事が理想です。歯は頬で隠れているので分かりづらいのですが、実は咬みあわせの平面も左右対称で、床と並行であることがとても大切なのです。体の筋肉はお互いに緊張して均衡を保っているため、私たち歯科医師が扱う頭の部分の影響が、肩、背、腰、足に波及する事は当然予想できる事です。
当院は、身体全体に影響を与える咬みあわせの治療こそが、最も重要な歯科の分野と考えます。
咬みあわせに不安を抱えているあなた、是非ご相談ください。
「咬みあわせと身体の不具合の関係」へ

31 アゴが大きく開けない、耳の前のアゴの関節付近が痛い、アゴを動かすと音がするという症状で困っている方へ
顎関節症には、アゴの痛みを訴えたり、口が開かない、耳の前のアゴの関節あたりでパキン・ジョリジョリという音がする症状があります。アゴのあたりに違和感を感じても、どこの病院に行ったらいいかわからない......という方がほとんどではないでしょうか?
患者さまのなかには、内科、耳鼻科、整形外科などで何でもないと言われて、最後は精神科まで受診される方もいます。たまたま歯科を受診した事がきっかけで、顎関節症であったことが判明する事も多いのです。
当院の院長は、元日本歯科大学教授、稲葉繁先生の主催するIPSG包括歯科医療研究会に所属(特別会員)しており、顎関節症の治療に取り組んでいます。
稲葉繁先生の書かれた、咬みあわせの小冊子もご用意しています。
お電話で「咬みあわせの無料小冊子を希望」とお申し付けください。
「咬みあわせと身体の不具合の関係」へ

子供の歯並び、矯正治療でお悩みの方へ

32 子供の歯並びが気になる方や、他院で歯を抜く矯正法を提案され困っている方へ
歯並びが悪い原因の多くは、歯の大きさに対してアゴの成長(歯列の成長)が遅れている場合がほとんどです。当院は、遅れているアゴの成長を助ける装置を使い、なるべく歯を抜かない矯正法を考えます。
当院で主に使用している矯正装置は、子供にできるだけストレスを与えない、3Dリンガル装置です。
これは歯の内側に装置を装着するので外からは見えません。外から針金で縛る矯正の期間をできるだけ短くなるように努力しています。世間では乳歯が残っている時期に外側から針金で縛る矯正治療が行われていますが、アゴの成長発育を邪魔してしまうので、注意が必要です。当院は、外側から針金で縛る矯正装置は永久歯に生え替わってから使用しています。
「歯を抜かない小児矯正」へ

33 矯正治療はお金がかかるので心配されている方へ
歯並びの問題は、早期(小学校低学年)に治療を開始するほど治療期間は短くなります。ただし、永久歯に生え替わる13~14歳までは経過観察が必要です。早期で簡単な症例で一部分だけの歯並びの改善なら、10万円以下で治療可能な場合もあります。
ご両親が歯並びの問題に気がついたらすぐに専門家に相談するのが、費用を抑える秘訣です。特に、受け口の骨格的な問題は3~4歳くらいから治療を開始すべきです。
当院では、歯並びについての小冊子を無料で差し上げています。是非、ご相談ください。
「歯を抜かない小児矯正」へ

34 矯正治療は毎回お金がかかるので、総額がわからず心配されている方へ
子供の矯正治療は、アゴの成長発育に影響されます。アゴの発育は女の子で14歳前後、男の子で18歳前後です。そのため成長発育にあわせてオーダーメードな治療が必要になります。当院では、なるべく治療費を抑える努力をし、最小の治療費を目指します。さらに、歯並びは治したいけれど、長期間の矯正治療に自信が持てない方のために、矯正装置ごとに分割でのお支払いも可能です。治療開始時におおよそ予想されるであろう最大の治療費を提示致します。特に、取り外し式矯正装置の場合、お子さまがきちんと装着時間を守らなければ期間が延び、それに合わせて治療費用は増えていきます。ご家庭での保護者の方のご協力が不可欠です。
基本的に、取り外し式の矯正装置は上アゴにのみ使用します。下アゴの取り外し式装置(床矯正装置)は現在使用していません。使用期間は、乳歯(C・D・E)が残存している時期だけです。
「歯を抜かない小児矯正」へ

35 矯正治療は針金が目立つので、迷われてる方へ
透明で目立たないマウスピースによる矯正のメニューもご用意しております。ご相談ください。
マウスピース矯正では、世界シェアNo.1のインビザラインシステムを導入しています。
「歯を抜かない小児矯正」へ

その他

36 お口に関する、こんな症状でお困りの方へ
かぶせた冠が入れても、すぐに取れてしまう。治療が終わったと思ったら別の冠が外れてしまった。歯の咬みあわせがなんかしっくりこない。いつまでたっても歯周病が改善しない等々、あなたのお口の悩みはつきません。このような時は、お口の中を総合的に検査して問題点を洗い出してみる事をお勧めします。その場しのぎの応急処置の繰り返しでは、長期に安定したお口の環境は維持できません。当院は、病気の予防や永続的な健康維持などを総合的に考慮した医療を提案しています。
「妥協の無い最善の治療」へ

37 歯医者は痛いので、怖いと感じている方へ
当院では、虫歯の治療、根の治療等ほぼすべての治療に局所麻酔を使用しています。麻酔に使用する針も痛みの少ない世界最小の細い針を使用して痛みの軽減に努めています。ご安心ください。
インプラント手術には大学病院の麻酔科と提携して、静脈内鎮静法でうとうとと眠ったような状態での処置も可能です。ご相談ください。
「妥協の無い最善の治療」へ

38 どんな診療をしているのか知りたい方へ
入れ歯、インプラント、顎関節症、子供の矯正の小冊子をご用意しています。
お電話にて、「○○の小冊子希望」とお申し付けください。
「小冊子申し込みフォーム」へ

39 歯のこと全般に困っているので相談したい方へ
歯でお悩みでしたらお電話やメールでのお問い合わせをご用意しています。
WEB上の問い合わせフォームよりご連絡いただければ、できるだけ早くお応えいたします。
「メールフォーム」へ

40 根の治療が2か月も経つのに、なかなか終わらないと不安に感じている方へ
根の治療はとても繊細な処置です。針の穴ほどの太さの神経の管を清掃してお薬を詰めなければなりません。
症例によっては期間がかかることもありますが、最新システムなら平均2~3回、単純な根の形態なら1回で終了できます。是非、ご相談ください。
「知らないと損する虫歯の治療」へ

無料カウンセリングをおこなっております

無料カウンセリングをおこなっております