2017年5月31日

ドイツ式入れ歯(テレスコープ)の症例

リーゲルテレスコープ式部分入れ歯

リーゲルテレスコープ式部分入れ歯(天然歯のみを利用した症例)
リーゲルテレスコープ式部分入れ歯(天然歯のみを利用した症例)
「この症例は国内ではとても珍しい、貴重なものです。当院は、世界基準の歯科医療を追求しています。」
リーゲルテレスコープ・レジリエンツテレスコープ
リーゲルテレスコープ・レジリエンツテレスコープ
「あなたにインプラント治療ばかり勧める歯医者さんは、危険です」
リーゲルテレスコープ・レジリエンツテレスコープ
リーゲルテレスコープ式部分入れ歯(天然歯のみを利用した症例)
「お友達に、絶対に入れ歯だとバレたくないあなたへ!」
リーゲルテレスコープ
リーゲルテレスコープ式部分入れ歯(天然歯のみを利用した症例)
「インプラントは怖い、でもかっこ悪い入れ歯は絶対嫌!」って、お悩みのおしゃれな奥様へ!「取り外し式のブリッジって、ご存知ですか?」
リーゲルテレスコープ
リーゲルテレスコープ式部分入れ歯(後パラタルバー&セラミックの症例)
「安心してください。上アゴの天井部分の補強フレームは、あなたが悩むほど違和感はありません!何よりも、残された歯の延命の延命になりますよ。」
リーゲルテレスコープ
リーゲルテレスコープ式部分入れ歯(後パラタルバー&ハイブリッドの症例)
「インプラントは嫌だけど、絶対お友達に入れ歯だと気づかれたくないあなたへ!」
CSPテレスコープ(天然歯のみを利用した症例)
CSPテレスコープ(天然歯のみを利用した症例)
「見た目を最優先したいあなたへ!こんなドイツ式入れ歯もあります。」
リーゲルテレスコープ式部分入れ歯(天然歯のみを利用した症例)
リーゲルテレスコープ式部分入れ歯(天然歯のみを利用した症例)
「インプラントは絶対嫌!40歳のあなたのための、美容入れ歯です」
リーゲルテレスコープ式部分入れ歯(天然歯のみを利用した症例)
リーゲルテレスコープ式部分入れ歯(天然歯のみを利用した症例)
「インプラントばかり勧められてお悩みのあなたへ!その歯医者さんに行くのは、もうやめてください」

コーヌステレスコープ式部分入れ歯

コーヌステレスコープ式部分入れ歯(天然歯のみを利用した症例)
コーヌステレスコープ式部分入れ歯(天然歯のみを利用した症例)
「ノンクラスプデンチャーから、ドイツ式コーヌステレスコープデンチャーへ」
コーヌステレスコープ式部分入れ歯(天然歯のみを利用した症例)
コーヌステレスコープ式部分入れ歯(天然歯のみを利用した症例)
「日本の歯科大学では教えてくれない、歯を守るドイツ式入れ歯ならではの特別な設計です」
コーヌステレスコープ式部分入れ歯(天然歯のみを利用した症例)
コーヌステレスコープ式部分入れ歯(天然歯のみを利用した症例)
「インプラントでもドイツ式入れ歯でも、咬み合せが悪ければ、良く噛めません」
コーヌステレスコープ式部分入れ歯(天然歯のみを利用した症例)
コーヌステレスコープ式部分入れ歯(天然歯のみを利用した症例)
「限られたご予算の中で、最善の治療法を検討し結果を出します」

レジリエンツテレスコープ式部分入れ歯

レジリエンツテレスコープ(天然歯のみを利用した症例)
レジリエンツテレスコープ(天然歯のみを利用した症例)
「70歳のあなたの、10~20年先の人生を見据えて、治療方法を検討しています」
レジリエンツテレスコープ(天然歯のみを利用した症例)
レジリエンツテレスコープ(天然歯のみを利用した症例)
「高いお金を払って、最後にガッカリしたくないあなたへ!」
レジリエンツテレスコープ(天然歯のみを利用した症例)
レジリエンツテレスコープ(天然歯のみを利用した症例)
「残りの歯が少なくてもしっかり噛める入れ歯をお作りします」

国内では、少数の医院でしか施術出来ません。
インプラント併用のドイツ式テレスコープ義歯の症例

リーゲルテレスコープ式部分入れ歯(インプラントだけで入れ歯を支えている症例)
リーゲルテレスコープ式部分入れ歯(インプラントだけで入れ歯を支えている症例)
「国内でこのようなドイツ式入れ歯の治療症例をもっている歯科医院は、数軒しかありません」
リーゲルテレスコープ式部分入れ歯(天然歯とインプラントを併用した症例)
リーゲルテレスコープ式部分入れ歯(天然歯とインプラントを併用した症例)
歯医者さんで、「すべての歯を抜いてインプラントにしましょう」って言われて泣きそうなあなたへ!
リーゲルテレスコープ式部分入れ歯(天然歯とインプラントを併用した症例)
リーゲルテレスコープ式部分入れ歯(天然歯とインプラントを併用した症例)
「ミラクルデンチャー vs ドイツ式入れ歯 vs インプラント」
フリクションピンテレスコープ(超精密加工された金属の2重冠を利用した症例)
フリクションピンテレスコープ(超精密加工された金属の2重冠を利用した症例)
「80歳、もうインプラントはやりたくないあなたへ。日本では、たった2台しか導入されていない精密工作器械で製作しています。」
リーゲルテレスコープ式部分入れ歯(天然歯とインプラントを併用した症例)
リーゲルテレスコープ式部分入れ歯(天然歯とインプラントを併用した症例)
「歯にダイヤモンド!おそらく、日本でたった一つの貴重な症例です」

2017年5月26日

その他の入れ歯の症例

入れ歯とインプラントの良いとこ取りの症例(インプラントデンチャー)
入れ歯とインプラントの良いとこ取りの症例(インプラントデンチャー)
「取り外し式の総入れ歯なのに、天然の歯と同じ食べ物が食べられます。それが、インプラントデンチャーです。」
総入れ歯にインプラントを併用した症例(インプラントデンチャー)
総入れ歯にインプラントを併用した症例(インプラントデンチャー)
「費用対効果を求めるあなたに!たった2本のインプラントを埋め込む事で、あなたの総入れ歯が劇的に安定します」
特殊なアタッチメントデンチャー
特殊なアタッチメントデンチャー
「ドイツ式テレスコープ義歯以外の選択肢もあります」
保険治療の部分入れ歯
保険治療の部分入れ歯
「保険の入れ歯なんて、どこで作っても同じでしょ・・・?」
って、お悩みのあなた!この保険の入れ歯なら、欲しくないですか?

インプラントの症例

近隣の歯科医療関係者の方へ
自院で手に負えない、難症例の患者さまをご紹介ください。当院は近隣の医院様から多数の患者さまの診療依頼を受けております。特に多数歯欠損症例の経験が豊富です。以下の症例をご確認ください。

難症例の紹介依頼フォームはこちら

総入れ歯から固定式の歯へ(多数歯連結インプラント)
総入れ歯から固定式の歯へ(多数歯連結インプラント)
「要職を退かれた社長さん!そろそろ大切な身体に、ご褒美をあげませんか?」
総入れ歯から固定式の歯へ(骨造成手術を回避した症例)
総入れ歯から固定式の歯へ(骨造成手術を回避した症例)
「骨が薄いから、インプラントは無理だって断られたあなたへ!朗報です!」
総入れ歯から固定式の歯へ(インプラントを斜めに埋入した症例)
総入れ歯から固定式の歯へ(骨造成手術を回避した症例)
「いつまでも健康で綺麗な口元でいたい、80歳の素敵な奥様へ」
総入れ歯から固定式の歯へ(インプラントを斜めに埋入した症例)
総入れ歯から固定式の歯へ(天然歯を残した症例)
「入れ歯で苦労している両親を見ていて、入れ歯にだけはなりたくないとお考えのあなたへ!」
総入れ歯から固定式の歯へ(手術当日から噛めるようになる症例)
総入れ歯から固定式の歯へ(手術当日から噛めるようになる症例)
「治療期間中でも仮の歯を装着し、歯の無い期間を作らないように配慮致します」
総入れ歯から固定式の歯へ(強度と耐久性を考えた症例)
総入れ歯から固定式の歯へ(強度と耐久性を考えた症例)
「誰にでも、セラミックの歯が最善とは限りません」
総入れ歯から固定式の歯へ(骨の移植を行った症例)
総入れ歯から固定式の歯へ(骨の移植を行った症例)
「同業歯科医からも信頼の厚い、インプラント専門医院です」
部分入れ歯から固定式の歯へ(AGCテレスコープ義歯の症例)
部分入れ歯から固定式の歯へ(AGCテレスコープ義歯の症例)
「やっと自分にご褒美があげられる、最高の提案をしてください」 とお願いされました。
総入れ歯から固定式の歯へ(他院のインプラント治療をやり直した症例)
総入れ歯から固定式の歯へ(他院のインプラント治療をやり直した症例)
「2年でインプラントが抜け落ちた社長さん!私で良ければ相談してください」
総入れ歯から固定式の歯へ(AGCテレスコープ義歯による症例)
総入れ歯から固定式の歯へ(AGCテレスコープ義歯による症例)
「安売りのインプラントはお好きですか?」
総入れ歯から固定式の歯へ(オールオン4の症例)
総入れ歯から固定式の歯へ(オールオン4の症例)
「たった1日で、総入れ歯から固定式の歯へ!夢のインプラント治療!」
総入れ歯から固定式の歯へ(3本のインプラントのみで対応した症例)
総入れ歯から固定式の歯へ(3本のインプラントのみで対応した症例)
「流行のインプラント治療「オールオン4」より難易度の高い治療法です」
前歯のインプラント(抜歯即時埋入法の症例)
前歯のインプラント(抜歯即時埋入法の症例)
「嫌な手術も1回で済みますよ!歯を抜いた日に、インプラントを埋め込めるって知ってますか?」
前歯のインプラント(アゴの骨が足りない方の症例)
前歯のインプラント(アゴの骨が足りない方の症例)
「他院で、インプラントが出来ないと診断されても、あきらめないでご相談ください」
奥歯のインプラント(周りの歯を傷つけない症例)
奥歯のインプラント(周りの歯を傷つけない症例)
「本当にインプラント治療が、最善の治療法なのでしょうか? 正直いつも悩みます・・・」

矯正治療の症例

八重歯の症例
八重歯の症例
「歯並びは気になるけど、どうしても歯を抜きたくない、八重歯のあなたへ!」
八重歯の症例
八重歯の症例
「歯並びが悪いのに、歯医者さんで生え変わるまで待ちましょうと言われたら、違う歯医者さんに行ってください」
八重歯の症例
八重歯の症例
「お子様の定期検診は、矯正の知識が豊富な歯医者さんが理想ですよ」
八重歯の症例
八重歯の症例
「絶対に歯は抜きたくないと、ご紹介で来院されました。」
受け口(反対咬合)の症例
受け口(反対咬合)の症例
「受け口のお子様をお持ちのお母さんへ!治療開始は3歳が理想です!」
受け口(反対咬合)の症例
受け口(反対咬合)の症例
「警告!受け口は、油断してると元に戻ります!舌の悪い癖を治しましょう!」
受け口(反対咬合)の症例
受け口(反対咬合)の症例
「受け口のお子様をお持ちのお母さんへ!小学生になる前に、治療を開始してください」
上の前歯が内側に傾いてしまった症例
上の前歯が内側に傾いてしまった症例
「簡単な症例なら、10万円以下の治療費で済む場合もありますよ」
前歯のデコボコの症例
前歯のデコボコの症例
「歯医者さんで歯を抜かれる前に、私に一度見せてもらえますか?」
前歯の軽度のデコボコの症例
前歯の軽度のデコボコの症例
「子供さんのストレスが、出来るだけ少ない治療法にこだわります」

審美歯科の症例

審美セラミック
審美セラミック
「歯を白くするのが審美歯科ではありません!大切な事は、咬みあわせです。白い歯は当たり前です。高いお金をかけて白い歯にして、顎関節症になったのでは、本末転倒です。」

2017年5月19日

矯正治療の症例

八重歯の症例

「絶対に歯は抜きたくないと、ご紹介で来院されました。」

【解説】
足利市在住、
10代の男の子です。

当院では極力、抜歯をしない矯正を目指しますが、精密に診断をして出っ歯や八重歯など、抜歯をしても何ら問題が無い場合は、例外もあります。

もちろん、あなたが抜歯したくないなら抜かない方法を検討します。

ということで、今回も八重歯を抜かないで頑張っている最近の症例をお見せします。

治療前です。
県外から通院されている、10代の男性です。
歯を抜かないで治療して欲しいと、紹介で来院されました。
写真の右上の歯肉が膨れていますね?実は、糸切り歯(八重歯)が埋まっています。
症例

左横から見たところです。
糸切り歯の生えるスペースが、まったくありません・・・
症例

右横から見たところです。
こちらは糸切り歯が、正常に生えていますよ。
症例

上の歯の咬み合せの面の写真です。
糸切り歯の生えるスペースが、まったくありません・・・。
多くの歯医者さんでは、あなたに抜歯の宣告をします・・・。

ウソだと思うなら、この画像を歯医者さんに見せてください(笑)
私だって、本当は抜歯したいくらいです・・・。
でも、自分の子供なら抜きたくないので頑張りました。

症例

さて、糸切り歯のスペースを作ります。これが、大変苦労します。
やっとスペースが、少し出来てきました。
埋まっていた歯も出てきましたよ~!
症例

裏側に矯正装置を装着しているので、前からは見えません。
当然、周りのお友達にも気づかれません。
症例

ここまでくれば、ほぼ大丈夫です。この勝負は、私達の勝ちです!
患者さまの協力があったから、成功したのです。

これから、表側に針金の矯正装置を装着します。
症例
症例

ちなみに下の歯の治療前です。
症例

ここまで治りましたよ。外からは、見えない装置です。
症例

ちなみに、ここまで来るのに1年かかりました。

これからも当院は、見た目は綺麗で当たり前、身体の健康を第一に考えて頑張ります。

私で良ければ、気軽に相談にきてください。

症例一覧に戻る

2017年5月 8日

難症例の患者さま紹介依頼画面

自院で手に負えない、難症例の患者さまをご紹介ください。
当院は近隣の医院様から多数の患者さまの診療依頼を受けております。
とくに、多数歯欠損症例の経験が豊富です。
以下のフォームよりお申し込みください。

※こちらのフォームは歯科医師専用です。

内容 難症例の患者さまを紹介します  お問い合わせをします  
医院名 *必須例)歯科デンタルクリニック(全角)
お名前 *必須例)山田 太郎(全角)
フリガナ *必須例)ヤマダ タロウ(全角)
メールアドレス *必須例)aaa@bbb.jp
メールアドレス(再入力) *必須※確認のため、コピーをせずにもう1度入力してください。
電話番号 *必須例)0312341234(半角英数字)
電話連絡ご希望日時 例)月曜日の12時~13時に希望します。
ご相談内容・その他 ※具体的なご相談やその他ご希望がある場合はご記入ください。

インプラントの症例

部分入れ歯から固定式の歯へ(AGCテレスコープ義歯の症例)

「やっと自分にご褒美があげられる、最高の提案をしてください」
とお願いされました。
上アゴにはインプラント義歯の最高峰「AGCテレスコープ義歯」を製作しました。
下アゴはインプラントと天然歯でのセラミックブリッジで対応しました。

【解説】
佐野市在住、
70代、女性の患者さまです。

お口全体の総合的な治療を希望され、紹介来院されました。
診査の結果、残念ながら保存可能な歯は下アゴの前歯が数本だけでした。

この方の希望は、
「最善の治療を、提案して欲しい」
そして長い間、入れ歯でお悩みだったので、
「可能ならば、インプラントで固定式にしたい」
とのことでした。
そこで今回は、下アゴの前歯以外はインプラントで、固定性の歯を制作する計画を立てました。

治療前の正面写真です。
被せてある冠の周りから虫歯が進行していました。
症例

上アゴの咬みあわせの面の写真です。入れ歯を外した状態です。
症例

上アゴの咬みあわせの面の写真です。入れ歯を装着した状態です。
症例

下アゴの咬みあわせの面の写真です。入れ歯を外した状態です。
症例

下アゴの咬みあわせの面の写真です。入れ歯を装着した状態です。
症例

右横からの写真です。
症例

左横からの写真です。
症例

治療後です。
好きな物が何でも食べられると、とてもお喜びいただけました。
症例

右横からの写真です。
症例

左横からの写真です。
症例

上アゴの咬みあわせの面の写真です。
症例

今回は、AGCテレスコープ義歯という方法で治療しました。
この技法の特徴は、インプラントに固定される義歯が接着剤を使用しないで、摩擦力で固定されできる点です。
接着剤を使用しない利点は、歯を固定する時に、もしも歯科医が接着剤を取り残したら、接着剤が歯石と同じような作用をします。
その歯肉に炎症を引き起こすリスクを、排除できるのです。
欠点は、製作工程が複雑なので治療費が高額となることです。

当院のAGCテレスコープ義歯は、AGC技工の第一人者、木村社長率いる松戸市の協和デンタルラボラトリーにお願いしています。
都内の高名なインプラント専門医の多くが、AGC技工は協和デンタルラボラトリーにお願いしています。

下アゴの咬みあわせの面の写真です。
症例

下アゴは、前歯は天然の歯、奥歯はインプラントを利用したセラミック冠です。

症例一覧に戻る

その他の入れ歯の症例

保険治療の部分入れ歯

「保険の入れ歯なんて、どこで作っても同じでしょ・・・?」
って、お悩みのあなた!この保険の入れ歯なら、欲しくないですか?

【解説】

いわゆる一般的な歯科医院で作られる保険の入れ歯です。
症例
症例

当院で製作した保険の入れ歯です。
症例

裏面です。
症例

入れ歯を外した状態です。
症例

入れ歯を装着しました。
コンパクトな設計で違和感も少なく快適です。
症例

当院ではわざわざ北海道の歯科技工所に依頼して、保険治療の設計の限界ギリギリで製作しています。
保険の入れ歯にここまで手間暇をかける医院は他にはないと思いますよ。

とは言え、保険の入れ歯では噛むことはできますが、歯を守ることはできません。
将来のことを考えて、当院がお勧めするドイツ式入れ歯にされることをご検討ください。

症例一覧に戻る

ドイツ式入れ歯(テレスコープ)の症例

リーゲルテレスコープ式部分入れ歯(後パラタルバー&セラミックの症例)

「インプラントは嫌だけど、絶対お友達に入れ歯だと気づかれたくないあなたへ!」
上アゴの残っている歯に金属の内冠をはめて装着したリーゲルテレスコープです。
審美的にも優れた治療法です。

【解説】
佐野市在住、
60代、女性の患者さまです。

上アゴの奥歯の欠損に入れ歯を希望されて来院されました。

治療前の正面写真です。
症例

右横からの写真です。
症例

左横からの写真です。
症例

上アゴの咬みあわせの面の写真です。
症例

内冠を装着しました。
症例

上アゴの咬みあわせの面の写真です。入れ歯を外した状態です。
症例

こんな仕掛けが組み込まれていますよ。
このレバーを開いて、入れ歯を着脱します。
症例

治療後の正面写真です。
症例

誰も、あなたが入れ歯だとは気づきませんよ!

症例一覧に戻る

ドイツ式入れ歯(テレスコープ)の症例

リーゲルテレスコープ式部分入れ歯(後パラタルバー&セラミックの症例)

「安心してください。
上アゴの天井部分の補強フレームは、あなたが悩むほど違和感はありません!
何よりも、残された歯の延命の延命になりますよ。」
上アゴの残っている歯に金属の内冠をはめて装着したリーゲルテレスコープです。
違和感を感じない補強フレームを施しました。

【解説】
栃木市在住、
50代、女性の患者さまです。

お口の中の総合的な治療を希望され、紹介来院されました。

治療前の正面写真です。
症例

治療前の上アゴの、咬みあわせの面の写真です。
症例

歯の本数は多いのですが、状態は良くありませんでした。
今後、根っこが折れて抜歯となる可能性が高いのです。
そこで、もしものトラブルに備えて2重冠構造のドイツ式テレスコープ義歯を計画しました。

では、治療経過です。
すべての冠を除去しました。そして、歯周病の治療を行います。
症例

そこに、内冠を装着します。
症例

仮の歯で、最終の歯の形をチエックします。
症例

今回は、補強のために上アゴの天井部分に補強フレームを設置しました。そのため、補強フレームの設置場所を確認します。
患者さまに確認しながら一番違和感が無い場所を選びます。
症例

治療後の正面写真です。
症例

右横からの写真です。
症例

左横からの写真です。
症例

上アゴの咬みあわせの面の写真です。入れ歯を装着した状態です。
開閉レバーが仕込まれています。この状態で、着脱します。
症例

普段は、レバーを閉めた状態です。
症例

いかがですが?
この方のように、上アゴの天井部分に補強フレームを設置する場合、違和感を気にされる方が多いのですが、適切な場所に設置すればすぐに身体の一部として馴染みますので、心配する必要はありません。
何よりも利点は、この補強フレームを設置することで残された歯にかかる力を分散して、歯を守ることができます。さらに、入れ歯が破損するリスクも格段に減らすことが可能です。

症例一覧に戻る

その他の入れ歯の症例

特殊なアタッチメントデンチャー

「ドイツ式テレスコープ義歯以外の選択肢もあります」
下アゴの奥歯に精密な仕掛けを施して固定させた入れ歯です。
患者さまのご要望に沿った最善な治療を提案します。

【解説】
佐野市在住、
60代、男性の患者さまです。

上アゴは総入れ歯、下アゴは左右の奥歯の部分入れ歯の患者さまです。

装着後の正面写真です。術後10年経過しています。
症例

下アゴの咬みあわせの面の写真です。
症例

入れ歯を外すとこうなります。
症例

左右の奥歯の部分には、こんな仕掛けがついています。
症例
症例

解りづらいですが、入れ歯の裏側にも精密な仕掛けが仕込んであります。
症例

当院は入れ歯専門医院として、あらゆる種類の入れ歯に対応しています。
あなたのご希望、ご予算を遠慮無くお話ください。最善な治療法をご提案致します。

症例一覧に戻る

ドイツ式入れ歯(テレスコープ)の症例

レジリエンツテレスコープ(天然歯のみを利用した症例)

「ノンクラスプデンチャーから、ドイツ式レジリエンツテレスコープデンチャーへ」
下アゴに残っている2本の歯を利用したレジリエンツテレスコープです。
残りの歯が少なくてもしっかり噛める入れ歯をお作りします。

【解説】
佐野市在住、
70代、女性の患者さまです。

下アゴに歯が2本残っていますね。
そこにドイツ式入れ歯の2重冠構造の内側の冠を装着しました。
症例

そこに、入れ歯がはめ込まれます。
症例

入れ歯の裏側には穴が空いていて、そこに内冠がはめ込まれます。
症例

上アゴは総入れ歯です。
症例

正面写真です。
症例

2本の歯を有効に利用することにより、しっかりと噛みしめる事ができます。
日本の歯科大学では、教えてくれないドイツで生まれた技法です。
残りの歯が、3本前後のあなたに最適な治療法です。

症例一覧に戻る

ドイツ式入れ歯(テレスコープ)の症例

コーヌステレスコープ式部分入れ歯(天然歯のみを利用した症例)

「ノンクラスプデンチャーから、ドイツ式コーヌステレスコープデンチャーへ」
下アゴの残っている歯に内冠をかぶせて装着したコーヌステレスコープです。
精密で正しい設計、製作ができる当院の入れ歯は、10年20年と長持ちします。

【解説】
佐野市在住、
50代、男性の患者さまです。

下アゴの入れ歯の、作り替えを希望されて来院されました。

現在は、ノンクラスプデンチャーが装着されています。
症例

外すとこんな感じです。
症例

咬みあわせの面の写真です。
症例

内冠を装着しました。咬みあわせの面の写真です。
症例

正面写真です。
症例

こに、上から入れ歯がはめ込まれます。入れ歯の表側です。
症例

入れ歯の裏側です。
症例

正面写真です。
症例

模型で解説しますね。
内冠です。咬みあわせの面です。
症例

前から見た写真です。
症例

咬みあわせの面の写真です。
症例

こんな感じで、はめ込まれますよ。
症例

いかがですか?
日本の歯医者さんが知っているドイツ式入れ歯はこのコーヌステレスコープがすべてです。
そして、間違った設計や製作法で製作されています。
ドイツ式入れ歯は、正しい設計と製作法の研修を受けている歯科医院でお願いしてくだいね。

症例一覧に戻る

2017年4月 6日

患者さまの声 目次

インプラント治療を受けられた患者さまの声


インプラント治療を受けられた患者さまの声

男性 80代 足利市

患者さまよりお喜びの声

そこでH23.4に上歯(全部)の手術をいたしました。手術時間は14:00~18:00でこの間痛みも時間のたつのも全然感じませんでした。手術終了後、目黒先生に送られて帰宅しましたのが、出血も痛みもなくこんなに簡単に手術ができるのかと感心しました。(手術前の不安と恐怖感は何だったろう)
それから本歯が入るまでは、懇切丁寧な検査と調整が行われた事に対し、感謝以外に何物もありません。現在では自分の若かった頃の食事(味とかたいもの)が出来る様になり、毎日が満足感と喜びを感じています。以上言葉では表せない事がいっぱいあります。ただただ感謝々々のみ。以上  

患者さまよりお喜びの声患者さまよりお喜びの声

男性 佐野市

患者さまの声

急に歯が悪くなり、今度治療の時は入れ歯を入れないとだめかな、入れ歯だと食べ合わせにくい、味がわからないなどの話を聞いていたので悩んでいた時、妻の友達がインプラントを入れると聞き、当院を紹介していただき、院長先生に入れ歯とインプラントのち外を細部にわたり丁寧に説明していただき、インプラントの治療を受ける事にしました。
インプラント治療中も仮歯も入り、いつも何不自由なく生活する事が出来ました。毎日の生活も好物を食べられ、又、旅行に行っても何不自由なく旅する事が出来、今ではインプラントを入れて良かったと思います。メンテナンスもしっかりして、安心して余生を楽しみたいと思う。先生を始め、スタッフの皆様も細やかな気づかいに感謝申し上げます。

E.M様 女性 佐野市

患者さまの声

奥歯がだめになった時、インプラント治療があることを知りましたが、手術しなければならないこと、日数がかかること、メディアからの失敗したニュースなど恐怖が先立って、とても踏み切れませんでした。
一昨年退職して時間ができたことと、院長先生の丁寧な説明、そして体験した人々の本を読み、ようやく決意しました。
それからも不安で、何かあるたびに電話をしたり、とび入りで診察していただいたり...。いつも快く応じて下さいました。先生もスタッフの方々も。
歯が入った時は感動でした。これからの人生まだまだ元氣にがんばれそうです。本当に本当に感謝です。目黒歯科医院の皆様ありがとうございます。

F.O様 女性 佐野市

患者さまの声

H13年11月に初めてインプラント治療を受けて、快適になった事は20~30年来の入れ歯の不自由さや、旅行に行った際などに人目を忍んで歯を磨く恥ずかしい思いから開放された事でしょうか?
治療を決心する迄は、取り外しの入れ歯の不自由さには辟易しながらも、こわい様な不安な思いがあって、何度も目黒先生に説明をお願いしましたが、その度に先生は親切に説明して下さり、安心して治療を受ける決心がつきました。
治療中も痛みや不具合を感じる事は殆どなく、何度となく先生御自身が出来映えを納得される迄やって下さった結果、8年経た現在迄、一度も異和感や揺らぎもなく、私の口元で白く輝いています。それも上に10本、下に4本もです。
目黒先生の技術力の高さを確信すると共に、心より感謝しております。アフターフォローも万全ですし、スタッフの方々も親切で、安心しておまかせ出来ますよ。

K.S様 女性 70代 佐野市

患者さまの声

10年前の私は"インプラント"という言葉を知りませんでした。左右の奥歯が入歯でしたが、なかなか思う様に合わず憂うつな毎日を送っていました。そんな時以前お世話になった目黒歯科を思い出し行ってみました。そこで初めてインプラントの説明を聞きました。それは自分がずっと想像していた治療方法だったのです(顎の骨に歯を植え付ける)。治療費はちょっと高額でしたが、入れ歯の煩わしさから抜け出したかったのです。私はアクセサリーなどには興味がないので、これから先もお世話になる歯にお金をかけようと思いインプラントをお願いする事にしました。治療から2~3年は固い物を食べる際、気を付けていましたが、いつの間にかしっかり自分の歯になっていました。今では何でも普通に食べられます。最近テレビ等でインプラントのトラブルを知りました。しかし、私は何のトラブルもなく治療していただいた事に感謝しています。これからも3ヶ月に1度の定期検診を怠らず、1年でも長くインプラントと付き合っていきたいです。
これからも宜しくお願いします。

佐野市 女性

患者さまの声

私がインプラント治療を受けることになったきっかけは、上の奥歯を抜歯しなければならなくなり、その後の処置として他の歯科医院でブリッジか部分入れ歯のどちらかを選択するよう言われたからでした。
でも、ブリッジは長持ちしないというイメージと、部分入れ歯についても手入れの煩わしさや年齢的にも抵抗がありました。
インプラントに関しては、知人がインプラント治療を受けていたこともあり、多少の知識はありました。でも、色々と不安に感じることがあり、高額な治療費も心配の一つでした。しかし、歯科衛生士さんが親切に分かりやすく説明して下さったので、納得してインプラントの治療を受けることができました。
普段の治療よりも時間はかかりましたが、処置中の痛みはなく、終わった後の痛みや腫れも、私の場合思っていたより軽く済みました。その後も全く違和感なく自分の歯を同じように食事もできています。
せっかく高額な治療を受けたのですから、今後も定期検診を怠らず、歯を大切にしていきたいと思います。

T.K様 女性 佐野市

患者さまの声

58才の時、私の口の中は銀歯だらけでした。
60才の時、全部白い歯になりました。凄く凄く嬉しかったです。
2011年3月よりインプラント4本、セラミック10本の治療を開始。本数が多かったので時間が掛かりましたが、妥協をしない先生の丁寧な治療、そして優しいスタッフさんに囲まれて安心して受ける事が出来ました。ありがとうございました。
これからの人生、自信をもって笑顔で過ごしたいと思います。
5才位は若く見えるかも?

F.I様 女性 佐野市

患者さまの声

今年の1月で88才になりました。86才から通院し、今やりっぱな2回目の永久歯が入っております。主人の介護も終わり、気がつくと自分の歯がいいかげんなことになっておりました。常々娘よりこちらをすすめられてまして、いざ治療を開始しはじめますと、わかりやすくていねいな説明を受けました。ですので、迷うことなくインプラント手術を受けました。年齢のせいでの総入れ歯という選択肢は頭のすみに少しはありましたが、やはり少しでも自分の歯を残すという先生の説明に納得しました。きれいで自然で本当の自分の歯と合った歯が入り、とても気に入ってます。もちろん何でもバリバリ食べています。この治療は大満足です。
ありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。

女性 70代 佐野市

患者さまの声

インプラントを勧められた時は、真先に自分の年令の事を思った。七十半ばでインプラントを埋めて大丈夫なのだろうか?骨が脆くはないのだろうか?
色々と説明受けたが、手術が終わるまでは多少の不安はありました。
今ではやって良かったと思います。自分の歯と同じく、味、食感、噛み具合もまったく違和感もなく、食事を楽しんでいます。

精密補綴治療(審美歯科)を受けられた患者さまの声


精密補綴治療(審美歯科)を受けられた患者さまの声

T.E様 男性 佐野市

患者さまの声

3年ぐらい前からものをかむと奥歯に少し痛みを感じていた。痛みを感じるその歯は、むし歯を治療し、つめものをした完全に直った歯であった。どうして痛むのだろうか悩んでいた。
つめものをした別の歯が外れてしまったので、初診の目黒先生に治療を受けた。その際、痛みを感じていた奥歯はむし歯が侵攻していると告げられた。直ちに金合金アンレーの治療をしてもらった。
治療後は痛みはなくなった。私の悩みは解消した。目黒歯科医院では、治療のほかに歯の健全な状態維持のための指導(歯ブラシ・歯間ブラシの使い方等)を受けた。私は目黒先生に歯科医師としての高い見識、卓越した技術、歯一本一本に対する深い愛情を感じました。目黒先生に治療と指導を受けることができれば、毎日苦労をかけ、重責を担っている大切な歯は、いつまでも健康を保ちつづけることができると確信しています。

M.K様 女性 佐野市

患者さまの声

シルバーだった奥歯が笑った際など見えて気になり、今回白く見える歯に交換することを決めました。
治療中は先生をはじめ、スタッフの方々が優しく、又、丁寧に接して下さいました。不明な点などを質問、相談すると分かりやすく説明してくれるので、安心して治療を受けることが出来ました。
ありがとうございました。
見ための改善が図れ、満足しています。

精密咬みあわせ治療を受けられた患者さまの声


精密咬みあわせ調整治療を受けられた患者さまの声

佐野市

患者さまの声

咬み合わせの調整を念入りにしていただき「場合によってはブリッジの解体が必要です」なんともないブリッジの解体はいやでした。先生にお伝えすると「頑張ります」と言っていただき安心して治療を受ける事が出来ました。治療が終わると口内がすっきりして、口内の邪魔者が無くなったようでした。まもなく60才になる私ですが久々の新鮮な気分を味わう事が出来、こんなに気持よく物を噛む事が出来る様になり歯で悩んでいる方にも、この喜びをお伝えしたいです。
先生やスタッフの細かい説明にも安心して受診する事が出来ました。
本当に歯の健康管理の大切さを実感しました。
有り難うございました。

佐野市

患者さまの声

噛み合わせの治療をしていただきました。始めに原因と今後の治療についてきちんと説明をいただいたので、安心してお任せできました。
治療は丁寧かつ精密。ここまで徹底してくださるのかと思うほど、治療には十分な時間をとってくださいました。今では顎がカクカク音がしていたのも睡眠時の歯軋りもすっかり無くなり、肩こりも大分軽減されたように思います。
スタッフの方の細かい所まで気配りのできる対応もすばらしいので、心が和みました。一生歯を守っていくには、正しいケアを実践していくこと、そして良いかかりつけの歯医者さんを見つけることがとても大切だと思いました。今後も宜しくお願い致します。

佐野市

患者さまの声

以前から奥歯が高く、前歯で咬み切れない感じがあったのですが、どうせ治せないんだろうなぁとあきらめていました。しかし、こちらの待ち合い室で資料を見て、治ればいいなぁと思って咬み合わせの調整をして頂きました。奥歯の高さを少しづつ調整して最初の1回で奥歯の高さを感じなくなり、しっかち噛める様になりました。そして、次の調整で更に前歯もあたる様になり、しっかり噛める感じがしました。肩こりもありましたが、やわらいだ感じがします。また以前は「さ行」の発音が息がもれてしまって、上手に発音できなかったのが、今ははっきり発音できます。改めて正しい咬み合わせの大切さを実感しました。

佐野市岩崎町

患者さまの声

虫歯の治療に通い、噛み合わせもズレていると知りました。幸い自分では何の自覚もありませんでした。放っておくと、いずれ体のあちこちに影響し、痛みなどとして表れてくるそうです。いつの間に噛み合わせにズレが!...それは置いといて。実際、噛み合わせの治療は丁寧な説明をされながら、かぶせ物の高さ調節などされたのか、カチカチと何度も上下の歯を合わせ確認しながら見ていただきました。治療前と後では、カチカチとした音や、歯のふれた感じが違っていました。今回は歯の総点検と思っています。健康の基礎をしっかり作り、日々食べる喜び、楽しみ、幸わせを感じて、元氣に過ごしたいと思います。

メンテナンスを受けられた患者さまの声


メンテナンスを受けられた患者さまの声

佐野市

患者さまの声

全面ガラスの木漏れ日が差し込む中で、リラックスした氣持ちで治療が受けられるのが、とても気に入っています。また、カウンターの季節の花が心を和ませてくれます。
歯科衛生士の皆さんはとても親切で丁寧です。皆さんの影響で歯磨きの意識が高まりました。
これからもお世話になりますが、よろしくお願いします。

C.O様 女性 30代 佐野市

患者さまの声

今までは、まさに歯医者は痛い時だけに行くものだと思っていました。しかし目黒さんに通いだしてからは意識が変わりメンテナンスの重要さがわかるようになったと思います。そもそも考えてみれば、メンテナンスがあるという事を目黒さんで教えて頂いたようなものです。目黒さんにくる前は歯医者をてんてんとしていて決めていませんでした。どの歯医者さんもメンテナンスの事を教えてくれませんでしたし。メンテナンスをする事により、虫歯ができにくくもなりましたし、フロスを使ったり、フッ素入りのうがい薬を使ったりする様になりました。一生使う歯なのでこれからもきちんとメンテナンスをしていこうと思っています。

M.Y様 佐野市

患者さまの声

定期的にメンテナンスに伺っていますがキチンと歯磨きしているつもりですが、自己流が出てしまいスタッフの方々に親切に教えていただき大変勉強になり、お陰様で予防へとつながっていると思います。
歯間ブラシや、フッ素入りのうがい薬を使用していつも口の中のケアーが出来、健康のバロメーターへとつながっているのだと思います。
それと歯医者さんの室内の空気、お水、スリッパへの心遣いとても嬉しく目黒歯医者さんに巡り会えた事に心から感謝しております。
これからもメンテナンスよろしくお願い致します。

佐野市

患者さまの声

窓越しの若葉が目に爽やかさを写し。耳には快よい曲が流れている。目をとじて歯のメンテナンスを受けている間、しばしば心地好い眠りに誘われる。
丁寧な歯のクリーニングを受けている間、私は時々喫茶店に来てコーヒーを待っている様な錯覚を覚える。そうして30~40分後クリーニングを終えた私の歯はツルツルして、舌ざわりが良い。
毎回思う「今から食べ物食べるのがもったいない」と。
歯にとっての最良を第一に考え、提示して下さるので、傾聴しています。

Y.T様 女性 佐野市

患者さまの声

健康は口から
もう何年になるだろうか、思い切って歯の治療をしていただいた。それ以来一度も歯が痛んだことがない。おかげ様で毎日健康で生活できることに感謝している。口は歯の玄関ともいわれ歯が痛くなってからではおそいといわれている。
私は、月に一度歯のクリーニングに通っているが、歯の手入れは健康への第一歩という体験をしている一人。80才を過ぎても家族と同じ食事がおいしく食べられることは、これまでお世話になった目黒先生のおかげで今後共どうぞよろしくお願いいたします。

K.H様 佐野市

患者さまの声

私は米国在住を通して、アメリカ人の歯を大切にする習慣を見る機会がありましたが、なかでも皆さんが若い内に歯の矯正をするのには驚きました。「歯並びの美しさは口腔健康の基本」との考えのようです。
又、アメリカ人は口臭を気にしますので、フロスとフッ素入りマウスウォッシュを欠かしません。市の水道水にもフッ素が入っていて虫歯予防には力を入れています。健康保険でも年2回の清掃はカバーしてくれました。
目黒さんも、歯のメンテナンスを始め、口腔ケア、噛み合わせ等にも力を入れて下さるので安心です。

2017年3月28日

咬みあわせの専門的な治療にも取り組んでいます

咬合治療

正しい咬みあわせとは、筋肉がリラックスした状態で正しい位置で噛める状態です。人間の身体は、どの部分からみてもバランスがとれていて、左右・前後どちらにも片寄らない事が理想です。院長はIPSG包括歯科医療研究会に所属し、咬合治療や顎関節症の治療にも取り組んできました。身体全体に影響を与える咬みあわせの治療は、最も重要で基本的な歯科の分野と考えて力を入れています。

咬みあわせは全身の健康に大きく影響します
咬みあわせが悪いと毎日の食事で咀嚼嚥下をする中で、いろいろなところに問題が出てきます。実は心筋梗塞や胃潰瘍、手足のしびれ、不定愁訴などは咬みあわせの不具合から来ることがあると言われています。たった1本の歯の治療から、咬みあわせ全体が狂うこともあります。原因がわからないのに体に不調のある方は、一度咬みあわせをチェックしてみることをお勧めします。

治療は咬みあわせの診断からスタートします

咬合治療咬みあわせの診断は、まず咬合器による検査から行います。また歯に莫大な力がかかる歯ぎしりがあるかないかを調べます。歯にかかる力や、その影響で虫歯や歯周病が起きてないかをチェックすることで、お口の中の咬みあわせのバランスを知ることができ、それに基づいた治療や予防のプランが作れるのです。

被せ物や入れ歯の製作でも咬合器が活躍しています
当院では、補綴物や入れ歯を製作するときも咬合器を使い、咬みあわせを重視しています。患者さまの正確な咬みあわせのデータに合わせて、模型を咬合器に取り付け、そこから被せ物や入れ歯を作ることでお口にぴったり合ったものを作製しています。

顎関節症の診療も行います

顎関節症顎関節症は、歯並びや咬みあわせが悪いことだけでなく、生活習慣やストレス、姿勢の悪さなど、様々な要因により顎関節や関節周囲の筋肉が不調和を引き起こして発症すると言われています。

アゴのあたりに違和感を感じても何科を受診していいのかわからない、という方が多いようです。当院は口腔外科出身の院長が、その知識や経験を活かした的確な咬合治療を行いますので、心当たりのある方はご相談ください。

【顎関節症チェック】こんな症状があればぜひご相談ください!!
・アゴが大きく開けない
・耳の前のアゴの関節付近が痛い
・アゴを動かすと音がする
・アゴが痛い
・口が開かない

【院長コラム】顎関節症について (アメブロより)

院長コラム

頭痛、肩こり、腰痛が、実は咬みあわせの不良で起こる事があるって、知ってますか?

実は最近、こんな患者さまが増えているのです。
耳鼻科や整形外科、整体、鍼灸、等々の先生からの紹介や、それらの先生から歯科の受診を勧められたという方々です。依頼の内容は、咬みあわせを調べて欲しいというものです。

あなたは、肩こりの原因が歯から来ているなんて今まで考えた事ないですよね・・・?実は全てではありませんが、咬みあわせの不調が全身の健康に悪影響を与えている事も多いのです。

コラムのつづきはこちら(Ameba ブログへ)

口腔外科出身の経験と知識を活かして対応します

口腔外科

「生え方が悪く、当院では抜けないと言われた」「親知らずの抜歯は痛いので嫌!」。そんな声をよく聞きます。院長は口腔外科出身の知識と技術力を駆使して、親知らずの抜歯など口腔外科領域の診断や治療にも対応しています。専門機関との連携のもと、重症の親知らずや外傷などにも対応しますのでご安心ください。

早めに治療しておきたい親知らず親知らず
親知らずは最後に生えてくる1番奥の永久歯で、多くの場合10代後半から20代で生え始めます。近年はアゴが細く、親知らずの生えるスペースが不足している人が増える傾向にあり、「生えても一部だけが出ている」「横に傾いている」「完全に埋まったままになっている」など、複雑な生え方が目立ちます。

生え方によっては充分な歯磨きができないために虫歯になりやすく、また周りの歯や歯ぐきに悪影響を与えて炎症を起こしてしまいます。当院ではできるだけ痛みを軽減した治療を行っていますので、親知らずでお困りの方はぜひご相談ください。

院長コラム

親知らずは、神様が仕掛けた時限爆弾!百害あって一利無し?早い時期に抜きましょう!

人間の身体の中に不要な物は無いと思いますが、歯科医の立場で考えると要らない物が二つあります。
一つ目は、極論ですが、「乳歯」です。そして、二つ目は「親知らず」です。

この親知らずと言う歯は、生えるスペースが足りないため、生える途中でも、他の歯を前へ前へと押して行きます。

コラムのつづきはこちら(Ameba ブログへ)

親知らずを放置すると起こりやすいトラブル

親知らずとその隣の歯が虫歯になりやすい親知らず
歯磨きが充分にできないため汚れが溜まりやすいため、虫歯や炎症を起こす危険性があります。また、その手前の歯にも悪影響が及んでしまいます。

歯並びが悪くなる
横向きに生えた場合は、手前の歯を押す力が強いために一番細い歯である前歯の並びが悪くなることがあります。

顎関節症などアゴに影響が出る
咬みあわせも悪影響が及ぶと、顎の筋肉に負担がかかり、顎関節症を起こすことがあります。

歯科小手術も行っています

歯科治療の際に、外科的処置を必要とする病気が見つかることも多いものです。当院では、歯肉や歯根の周囲のできものなど歯科小手術も行っています。稀に口腔がんが見つかることもありますので、気になることがある場合は気軽にご相談ください。

歯医者さん嫌いにならないための取り組みを大切にしています

小児歯科

「歯医者さんは怖い」「歯科治療は痛い」。小さい頃に歯科治療でトラウマを持ってしまったお子さまは、成長しても歯科医院が苦手のままで、歯の治療や予防に消極的になります。小児歯科で最も大切なことは、歯科医院に親しみを持ち、予防や治療にも積極的に取り組むお子さまを育んでいくことだと考えています。

そこで当院では、初めてのお子さまや恐怖心の強いお子さまには無理して治療は行わず、お口を開ける練習などトレーニングを重ね、お子さまが充分に慣れてから予防や治療を行います。「歯医者は怖くないところ」と理解すると、その後は自ら積極的に治療・予防に取り組むようになり、虫歯のないお子さまに成長することができます。

さらに、当院では他院と異なる子供の治療に対する考えがあります。「生え替わる乳歯の虫歯は無理に治療をしない」ということです。

普通の歯医者さんは、こんな風に説明します。
「乳歯の虫歯は、放置してはいけませんよ」
「乳歯の虫歯を放置すると、永久歯の生えてくる隙間がなくなりますよ」

みたいな感じです。もちろん、間違いではありません。でも、嫌がる子供を押さえつけて無理矢理治療する事が果たして良い事でしょうか?私の子供だったら放置します。

当院では歯並びのチェックを重視しています
当院の特徴は、虫歯の治療より優先すべき歯並びのチェックを重点的に観察している事です。

小児歯科一般的な小児矯正の治療のタイミングは、6~8歳頃がベストといわれています。ちょうど永久歯に生え変わる時期です。お子さまの顎の成長を利用することで、永久歯が生える十分なスペースを確保しながら理想的な歯並びと咬みあわせを作ることができます。矯正のタイミングを逃すと将来抜歯のリスクや、受け口になったり顔が曲がることで顎変形症のリスクが高まります。

お子さまの歯並びが気になる方は、なるべく早めに相談にお越しください。歯並びの状態を正確に診断し、治療のタイミングを見極めます。

院長コラム

お母さん、知ってますか?内緒の話ですが、どうせ生え替わる乳歯の治療は必要無いですよ・・・。

私の医院では、子供を虐めない治療を目標にしています。もちろん、大人のあなたも虐めませんよ(笑)
そのひとつの取り組みとして、乳歯の虫歯の治療は、基本的にはしません。ほったらかしです・・・。

でも一番の理由は、別にあります。
ここだけのお話なので、小さな声で言いますね・・・

コラムのつづきはこちら(Ameba ブログへ)

12歳まで虫歯を作らないことが目標です

小児歯科12歳までに虫歯になったのは、お子さまの口腔内の管理ができなかった親の責任と言われています。幼い頃からきちんとした予防と正しい歯磨きや生活習慣で、虫歯を防ぐことができるものです。当院では虫歯を予防しながら、お子さま自身の歯磨きとご家族の仕上げ磨きをアドバイスします。その後は4ヶ月に1回程度の定期検診を行い、歯の生え方や歯並びをチェックし、おやつの食べ方などの生活指導も行います。

子どもの虫歯はご家族が原因かも?!
虫歯菌は生後6ヶ月から3才の間に最も感染しやすく、一度感染すると一生その種類の菌を持ち続けます。出産前にお母さんはもちろん、身近なご家族も歯科治療や予防を受け、虫歯菌のリスクをチェックしてお口の環境を整えておきましょう。感染の機会を少なくするために、同じ箸を使わないこと、口移しで食べさせないことも心がけてください。

お子さんの虫歯予防に効果的【フッ素塗布とシーラント】

小児歯科フッ素には歯の表面を溶けにくくし、酸を作る細菌の力を抑えて再石灰化を助けるなどの効果があるため、ごく初期の虫歯を回復させることができます。生えてきた直後の虫歯のない永久歯に塗布するのが最も効果的です。その後も継続して塗布することにより歯質を強化します。虫歯予防のために、3〜4か月に1度はフッ素塗布をお勧めします。

また、歯ブラシが当たりにくい奥歯の溝には食べカスなどが残りやすく、そこから虫歯になりやすいため、溝を特殊な樹脂でコーティングし、虫歯を予防するシーラントも行っています。

お子さまの歯並びや咬みあわせが気になる時はご相談ください

小児歯科歯並びや咬みあわせは、子どもの頃の舌の使い方や口呼吸、指しゃぶりなどの悪習癖や、食生活の影響を受けて崩れてしまうことがあります。この状態のまま成長すると、将来的に不正咬合による見た目の悪さや、咬みあわせ不良からくる肩こりや腰痛、顎関節症といった症状を引き起こす要因になってしまいます。

当院では、正しい咬みあわせでしっかり噛んで食べることを重視して、お子さまの生活習慣や食生活のアドバイスを行います。歯科衛生士によるMFT(口腔筋機能トレーニング)や、口呼吸を改善するあいうべ体操、また矯正治療のご相談も実施していますので、お気軽にご相談ください。

2017年3月27日

歯を抜かない矯正治療に取り組んでいます

矯正治療

「子どもの歯並びが気になる」「歯並びが気になって人前で笑えない」そんなお悩みはありませんか。

歯並びが悪い不正咬合は、見た目の問題だけでなく噛む機能を充分に発揮できず、消化器官に負担をかけることがあります。歯が重なり合った部分にお手入れが行き届かなかったり、充分に噛めないことから、表情を作る筋肉が衰え口角が下がったり、目尻が垂れてくることもあります。

さらに院長が強くお伝えしたいことは、悪い咬みあわせによる全身への悪影響です。歯並びや咬みあわせが悪いと、健康を左右するいろいろな症状が現れます。そして、医科の各種検査で、原因の解らないものであれば、軽い物は「不定愁訴」と呼び、その症状が慢性化して重くなって行くと「○○症候群」「○○病」などと呼ばれる病気になってしまうのです。いろいろなそれらの症状は、年齢に応じた身体の成長過程や逆に老化によっても違ってきますがたくさんの症状や病気が現れるのです。参考までに、学童期までは下記のような症状の不定愁訴が現れやすいです。

幼児期(2~6歳)子どもの不定愁訴
扁桃腺が腫れやすい・鼻炎・小児ぜんそく・アトピーなどの肌荒れ・視力低下

学童期(6~11歳前後)
扁桃腺が腫れやすい・鼻炎・小児ぜんそく・疲れている時しか上を向いて寝られない(いつも横向きかうつぶせ寝)・疲れている時は上を向いて寝るがイビキをかく・寝起きが悪い・午前中はボーとしている・あくびが多い・ボーッとした目をしている・平熱が低い・若いのに肩こり・イライラしやすい(自律神経の機能低下)・落ち着きが無い・肌荒れ・視力低下・若年者の高血圧

これらの症状は、中高年になっても複雑にからみあって続くのです。歯並びや咬みあわせを治すということは、単に見た目の美しさを求めるだけではありません。今の子供達が、元気なお爺ちゃんお婆ちゃんになるために必要なのです。当院の矯正治療の目標は多くの歯科矯正医の先生方とは少し違っています。

一言で言えば、「あなたの健康維持のお手伝いをする矯正治療です」
「歯の見た目だけを大切にする歯科医」ではなく「からだ全体を大切にする歯科医」を目標にしています。

そして、「小さな咬みあわせの異常でも見逃さないで、予防する」
「矯正治療を早い時期から始める事で、歯並びの成長発育を助けながら永久歯を抜かない方法で治療する」
ということを、心がけています。

そして、現在原因不明の不定愁訴に悩まされている中高年のあなたは、信頼できる歯科医院で、是非咬みあわせの検査を受ける事をお勧めします。

いかがですか?
院長は歯並びのお悩みにお応えしたいと、小児の非抜歯矯正を中心に研鑽を積んできました。歯並びを整え素敵な笑顔になって、生涯健康な生活を送っていただくために、当院の矯正治療をお役立ていただきたいと考えています。

院長コラム

うちの子は 集中力が無くて、ぜんぜん成績が上がらないとお悩みのお母さんへ!酸欠かもしれませんよ?

さて、歯並びの悪いお子様をお持ちのお母さんは、かかりつけの歯医者さんでよくこんな事を言われませんか?
「○○ちゃんは、アゴの発育が悪いですね・・・」「いずれ、矯正治療が必要になりそうですね・・・」
みたいな感じです。

実は私も、そう思っていた一人です。でも、どうやらそれは間違いだったようです。

コラムのつづきはこちら(Ameba ブログへ)

アゴの成長を促し、お子さんのストレスが少ない非抜歯矯正をめざします【小児矯正】

小児矯正子どもの不正咬合の多くは、歯の大きさに対してアゴの成長が遅れていると考えられていました。しかし近年の研究では、どうやら日本人のアゴの成長はほぼ正常であることが発表されてきました。もちろん、受け口のように下アゴが過度に成長し、上のアゴの成長が遅れている場合もありますが、歯が並ばない原因は、主に歯が内側に倒れてしまい全体の歯列のアーチが狭くなってしまった事に起因しているようです。

そこで当院では、内側に倒れた歯を修正するために3Dリンガルという装置を使い、歯を並べる隙間を確保してできるだけ歯を抜かない矯正を行っています。この装置は表側からは見えないので、お友達に矯正している事が気づかれません。小児の矯正治療でよく見かける「床矯正装置」という取り外し式装置も併用しますが、当院では床矯正装置は、乳歯と永久歯の混在する時期に上アゴにのみ使用します。下アゴには使用しません。理由は、違和感が多いので子供さんのストレスになるからです。さらにブラケットを装着する矯正治療の期間をできるだけ短くし、お子さまに優しい矯正治療を行いたいと考えています。

子どもの不正咬合は舌や呼吸のストレスに繋がり、口呼吸などの原因となります。特に反対咬合(受け口)や骨格に問題がある場合は、早いうちにご相談ください。

院長コラム

子供の歯並びでお悩みのお母さんへ! 梅干しを見せるだけで、歯並びが良くなる方法!

先日、私が校医をさせて頂いている小学校の歯科検診に行って来ました。
虫歯は少ないのですが、歯並びの悪い児童が、とても多い事です。全校生徒243人中158人、何と65%の児童に歯並びの問題があるのです・・・。厳しく検査をすれば、おそらくもっと増えると思います。異常事態ですね・・・。

もしかして、あなたの子供さんは大丈夫ですか?
そしてあなたは、こんなお話を聞いた事はありませんか?

コラムのつづきはこちら(Ameba ブログへ)

小児矯正の流れ

乳歯の矯正乳歯矯正
反対咬合の場合、3歳ごろから、就寝時に着脱可能な装置(パナシールド)を使用し、口腔機能トレーニングを行い、正しい舌のポジションに改善します。そして、4~5歳で下アゴの成長を抑えるチンキャップという装置(帽子みたいに被るタイプ)を使用します。乳歯の段階では歯の表側にワイヤーは着けずに、1年以上かけて治療と管理を行います。咬みあわせが改善されたら、永久歯への生え替わりを経過観察し、問題が起きれば小児矯正へと移行します。

院長コラム

3歳児検診で、受け口と言われてお悩みのお母さんへ!受け口が、5千円で治せるって知ってますか?

乳歯の受け口が、治療せずに永久歯になった時に、正常な咬みあわせになるチャンスは歯の生え変わりのときですが、3歳の時点で受け口であれば、治療せずに治る可能性はかなり低いと言えるでしょう。

そして乳歯では正常な咬みあわせなのに、永久歯に反対咬合になる子供さんも意外に多いです。
ということで、お母さんに是非知ってもらいたいことがあります。

コラムのつづきはこちら(Ameba ブログへ)

第一期矯正第一期矯正
歯の内側で歯列の発育を手助けする3Dリンガル矯正装置を7歳頃から使用し、永久歯を抜かないできれいに並べるための指導を行っていきます。舌の筋肉によって歯並びが発育することを重視し、健康を維持できる歯並びと咬みあわせをめざす矯正治療です。MFT(口腔周囲筋トレーニング)を併用します。このトレーニングは難しいものではありません。ご存じかもしれませんが、今井先生という内科の先生が指導している「アイウベ体操」と同じものです。実は今井先生は、私の師匠の矯正セミナーの受講生でもあります。内科医なのに、偉いですね。

アゴの発育は女子で14歳前後、男子では18歳前後で止まり、成長後はあまり効果が期待できませんので、乳歯が永久歯に生え替わる前から行うことをお勧めしています。そうすることで第二期の治療において非抜歯矯正や矯正期間の短縮が期待できます。

第二期矯正第2期矯正
永久歯列になってから、必要に応じてブラケットとワイヤーによる矯正を行います。成人矯正とほぼ同じ内容ですが、一期からの継続であれば抜歯せずに短い期間で歯並びを整えることが可能となります。

お子さまの負担の少ない矯正治療が実現します

3Dリンガル矯正装置3Dリンガル矯正装置は立体的にアゴの骨に働きかけ、より好ましい形へと導きます。痛みや違和感が少なく、歯の内側に装置を装着するので外からも見えず、子どもにできるだけストレスを与えない装置です。

矯正治療は早期に開始するほど治療期間も短くなることが期待できます。当院では、お子さまに負担を与える矯正治療の期間をなるべく短くし、治療費を抑える努力を行っています。特に取り外し式矯正装置の場合、お子さまがきちんと装着時間を守らなければ治療期間が延び、治療費用も増えていきます。お子さまの将来のために、ご家族と連携しながらスムーズに矯正治療が進むようにサポートしています。

咬みあわせを重視した矯正治療を行います【成人矯正】

インビザライン当院では成人矯正にも対応します。当院の特徴でもある3Dリンガルアーチワイヤーを使用し、歯の裏側から歯並びを整える等、基本的な治療の流れはお子さまの矯正と同じです。そして当院のこだわりは、矯正治療においても咬みあわせを重視し、単なる見た目だけの矯正治療ではなく、顎関節症を防ぎ、お口の中だけでなく身体全体の健康を守り維持する治療を心がけています。

目立たない矯正装置や、インビザライン(マウスピース)による矯正のメニューもご用意しています。成人式や結婚式といった大事なイベントの時だけ装置を外すこともできます。お気軽にご相談ください。

インビザラインホームページへ

無理なく続けられる予防メニューをご提案します

予防歯科

欧米では、歯科医院の受診者80%以上は定期検診と歯のクリーニングで来院されます。痛くないときにこそ歯科医院を受診することで、継続的にお口の健康を維持することができます。ところが日本では痛い時にしか受診しない方がほとんど。これが日本が歯科後進国と称されるゆえんです。

当院では、病気になる前に未然に防ぐ予防に力を入れており、来院者の半数以上は定期検診とメンテナンスの方です。入れ歯治療やインプラント治療を受けられた方も、メンテナンスで良好なお口の状態を維持されています。ご家庭でのお手入れも無理なく続けられるように、ブラッシング指導もていねいに行います。お得な会員制度をご用意していますので、継続的に良い状態を維持されたい方はぜひご検討ください。

「メンテナンスを受けられた患者さまの声」へ

生涯にわたって健康に過ごすためのメンテナンス

メンテナンス東北大学の研究では、残っている歯の減少とともに脳も萎縮し、脳機能が低下すると報告されています。また、しっかり噛める人は自立した生活を送れる可能性が高くなることもわかっています。自分の歯はもちろんですが、適切な入れ歯やインプラントで咀嚼する能力を維持することは、心身の健康にも大きく影響するようです。

入れ歯の汚れが原因で誤嚥性肺炎になることも
入れ歯の汚れをそのままにしておくと歯石のように汚れが表面にこびりつき、お口の中の細菌の格好の棲み家になります。入れ歯のクリーニングや口腔ケアは、誤嚥性肺炎の予防にも欠かせません。

当院では、入れ歯をお使いの方に適したグッズや上手なお手入れ方法をていねいにご指導します。お年寄りのMFT(口腔周囲筋トレーニング)、嚥下咀嚼訓練なども行っています。いつまでも健やかで充実した毎日を送るために、予防歯科をお役立てください。

当院の予防歯科メニュー

PMTC予防歯科メニュー
PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・ティース・クリーニング)とは、歯の専門家(歯科医師、歯科衛生士)によるクリーニングです。ペーストを歯面に塗り、専用機器で磨き上げることで、虫歯や歯周疾患の原因となるバイオフィルムを除去します。ホワイトニングを組み合わせることもできます。

ブラッシング指導予防歯科メニュー
虫歯や歯周病の原因のほとんどは、ブラッシング不足です。当院では、一人ひとりのお口の状態や歯並びなどに合った正しいブラッシング指導を歯科衛生士がていねいに行っています。

スケーリング予防歯科メニュー
スケーラーと呼ばれる専用器具で、歯肉や歯周ポケットから歯垢や歯石などを除去します。超音波を利用したスケーラーで歯石が簡単に除去でき、痛みもほとんどありません。

【審美歯科】見た目も満足できる審美治療をご提供します

審美歯科

「銀歯が気になる」「笑顔に自信を持ちたい」「結婚式は白い歯で」そんなご希望をかなえるのが、審美歯科治療です。

保険診療でも前歯も含めて糸切り歯(犬歯)の2本後ろの奥歯(第二小臼歯)まで、白い歯で治せます。ただし、色や艶などの自然な質感、変色の問題、強度など、セラミック冠には到底かないません。また、歯並びや他の前歯にも色や形に問題をかかえている場合は、1本だけの治療では綺麗な仕上がりにはなりません。当院では、最高品質のセラミックを2本目から割引適用するなど、ご予算の範囲で最善の治療を提案することができます。

前歯は特に審美性を重視しています
特に前歯の治療には仮の歯を必ず製作して装着し、形や色などを確認していただきます。多数の歯を同時に治療される場合も、仮の歯の状態で見た目のバランスや形、色を確認していただきます。できるだけご要望に添って、患者さまの口元へのこだわりを実現したいと考えています。

見た目だけでなく機能性や咬みあわせを重視した審美治療

審美治療当院では、見た目の美しさだけではなく機能性と咬みあわせを重視しています。そのため、歯の裏側の咬みあわせにも配慮しています。裏側が咬み合っていないと、加齢によって前歯が前に飛び出してくることがあります。1本の補綴物から咬みあわせがずれていく原因にもなるのです。当院では、将来にわたって美しさと機能性を維持するための精度の高い治療をご提供します。

院長コラム

最新審美オールセラミッククラウン

あなたは、歯医者さんで歯を治療する時に、保険外治療の歯を勧められた経験はありますか?
現在の主流は、セラミック素材の研究が進み、金属の骨組を一切使用しない、オールセラミック冠に変わりつつあります。

おそらく、近い将来は歯に金属を使用しなくなる日が間違いなく来るでしょう。

コラムのつづきはこちら(Ameba ブログへ)

その症状、金属アレルギーではありませんか?

金属アレルギー保険診療で使用されてきたアマルガムパラジウム合金は、金属アレルギーの原因となり人体に有害として、スウェーデンやドイツでは使用禁止となっています。当院では、人体に埋め込まれる歯科治療に使う材料は、可能な限り生体親和性の良い材料を選択するべきと考えて、体に安心なセラミックなどをお勧めしています。

金属アレルギーを起こす可能性のあるお口の中の金属を取り除き、セラミックなどの安全な材料を使用したメタルフリー治療にも対応していますのでご相談ください。

<こんな症状はありませんか? 金属アレルギーのチェック>
・歯科治療を受けてから調子が悪い
・口内炎が治らない
・手や顔の皮膚トラブルがある
・指輪などの金属製品でかぶれる
・歯ぐきが黒ずんでいる
・最近、お口の中で金属の味がする

院長コラム

あなたは知らないと思いますが、実は海外では使用禁止なんですよ・・・

歯科医療先進国ドイツでは、使用が禁止されているパラジウム合金の宝庫です・・・。
悲しいかな、日本の保険歯科医療の現実です。あなたの、お口の中は大丈夫ですか?

個人的な意見ですが、保険診療を勧める歯科医は、あなたの身体の事を考えてくれていないと思いますよ・・・。

コラムのつづきはこちら(Ameba ブログへ)

【ホワイトニング】憧れの白い歯で輝く笑顔になりたい方に

ホワイトニングホワイトニングは、歯を削ることなく薬剤の力で歯の表面を白くする治療です。生まれつきの歯の変色や汚れを白くしたい方、結婚式や成人式のために白い歯にしたい方などに最適です。

当院では、歯に優しいしみにくいマイルドな薬剤を使ったオフィスホワイトニングを提供しています。まだ国内では普及していない最新のホワイトニング剤です。さらに、ご家庭で気軽に歯を白くできるホームホワイトニングを併用されるとより効果的です。予防歯科のメニューにも組み込んでいますので、ぜひお試しください。

豊富な診療実績をもとに10年先を考えた治療を行います

インプラント

インプラントは、歯を失った部分のアゴの骨にチタンでできたインプラント体(人工歯根)を埋入し、その上に歯を作る治療です。インプラント体がアゴの骨と結合するまでの2〜6ヶ月時間がかかりますが、他の歯を痛めることなく、天然の歯に近い噛み心地を再現できるなど、とてもメリットの多い治療法です。

また、きちんとメンテナンスを続ければ、長持ちすることも最近の調査で明らかになっています。歯を失う原因の多くは歯周病です。重度歯周病の歯を無理して残すよりは、お口の中を改善してインプラントにした方がよいケースもたくさんあります。

安心して治療を受けていただくための環境も整え、難症例にも対応インプラント
院長は早くからインプラント治療を手がけ、1000本を超える豊富な治療実績があります。当院にはインプラント専用オペ室CT分析シュミレーションソフトの使用など、安全で精度の高い治療を行うための環境も整えています。

埋入手術の際は、局所麻酔と静脈内鎮静法を併用して行います。これにより手術に対する不安や痛み、術中に口を開けたままの状態でいることなどの精神的・身体的ストレスをなくすことができ、安心して治療を受けていただけます。当院では、難症例にも対応することができますので、他院では無理と言われたケースでもぜひご相談ください。

近隣の歯科医療関係者の方へ
自院で手に負えない、難症例の患者さまをご紹介ください。当院は近隣の医院様から多数の患者さまの診療依頼を受けております。特に多数歯欠損症例の経験が豊富です。以下の症例をご確認ください。

インプラント治療の症例はこちら
難症例の紹介依頼フォームはこちら

インプラントは治療後のメンテナンスこそが重要です

インプラント人間の体には異物を排除する性質がありますので、インプラント体を異物であると認識させない努力が必要です。そのためにインプラントの上に固定された人工の歯の周りを常に清潔に保つ必要があります。ていねいな歯磨きと専門家による定期的なメンテナンスが大切です。

そもそも歯を失った原因は、間違った歯磨きやメンテナンス不足であることが多いのですから、せっかく成功したインプラントが同じ運命をたどってインプラント歯周炎にならないようにする努力が必要です。当院では、治療後も定期検診とメンテナンスをご案内し、徹底した管理で健康維持に努めています。ご提案通りにホームケアやメンテナンスを受けられている患者さまは、今も良好な状態で過ごされています。

院長コラム

インプラントを検討中のあなた!インプラントだって、歯周病になるって知ってますか?

インプラント治療ですが、もちろん、欠点もあります。インプラントばかりを勧める先生は、あまり欠点を教えてくれませんが万能ではありませんよ。どんな治療法にも欠点はあります。

あなたが治療法を選ぶ時には、利点と欠点をよ~く考えて決めてくださいね!
でも、私みたいに欠点を話してくれる先生は少ないですよ・・・。

コラムのつづきはこちら(Ameba ブログへ)

世界的に信頼されている有名メーカーのインプラントを使用

院長は今までの診療経験をもとに、信頼できるトップメーカーのインプラント体を症例に合わせて使い分けています。当院では、チタンのまわりに骨の成分であるハイドロキシアアパタイトをコーティングしたHAインプラントをご提案しています。HAインプラントは骨との結合が早く、他のインプラントより治療期間が短くて済みます。また、骨造成が必要な骨の薄い方に適したインプラントです。

ブローネマルク(ノーベル社)
ブローネマルク
カルシテック(ジンマー社)カルシテック

当院では世界4大メーカーであるブローネマルク(ノーベル社)、カルシテック(ジンマー社)のインプラントをメインに使用しております。

高度なオールオンフォーにも対応します

オールオンフォー総入れ歯の方や多くの歯を失った方に、4本のインプラント体をバランスよく骨に埋入して、上物を支える治療法です。手術時間も比較的短くて済み、費用も抑えることもできます。埋入手術当日に固定式の仮の歯を入れますので、その日のうちに噛むこともでき、機能面はもちろん、審美的にも優れた治療法です。

近隣の歯科医療関係者の方へ
自院で手に負えない、難症例の患者さまをご紹介ください。当院は近隣の医院様から多数の患者さまの診療依頼を受けております。特に多数歯欠損症例の経験が豊富です。以下の症例をご確認ください。

インプラント治療の症例はこちら
難症例の紹介依頼フォームはこちら

インプラントのメリット

違和感がないインプラントのメリット
インプラントは、天然歯とほとんど変わらない感覚を再現することができます。

耐久性
きちんとメンテナンスすれば平均15年も持ちこたえ、状態がよければ、40年以上長持ちしているケースもあります。

よく噛める
強い力が加わっても安定しているため、自分の歯と同じように噛むことができます。

美味しく食べられる
味覚が低下することがなく、美味しく食べることができます。

話しやすい
話すことに支障はありません。

周りの天然歯への負担が少ない
残った歯に依存することがないので、全体の寿命を延ばすことができます。

インプラントのデメリット

手術が必要になるインプラントのデメリット
インプラントは外科的手術が必要になります。全身疾患を抱えていらっしゃる患者さまは、主治医との相談が必要になります。

治療期間が長くなる
インプラント埋入後、歯槽骨と結合するまでに数か月の期間を要します。

メンテナンスが必要
インプラントは治療が終わってからも通院が必要になります。歯科医院でプロのメンテナンスを受ける必要があります。

費用が高い(保険が適用にならない)
インプラントは保険が適用になりません。外科的手術が必要になりますから、治療にかかる料金が高くなってしまいます。

インプラント周囲炎のリスクがある
メンテナンスをしっかり行わないと、細菌感染によるインプラントの脱落を招くリスクがあります。インプラントも天然歯の歯周病と似た「インプラント周囲炎」に感染する可能性があります。

徹底した治療と予防で歯を守りましょう

歯周病治療

歯周病は実は怖い病気で、日本人成人の約70〜80%は歯周病に感染している国民病とも言われています。自覚症状が少なく放置されがちな歯周病ですが、痛みや違和感を感じるようになった頃にはかなり進行していて、手遅れになると歯が抜け落ちてしまいます。歯周病は歯を失う最も多い原因と言われています。

天然乳酸菌サプリメント歯周病は細菌による感染症です。当院では歯周病検査でリスクを特定してから、効果的な歯周病治療を行います。必要に応じて内科治療も行い、ノーベル生理学賞・医学賞審査本部のスウェーデン・カロリンスカ医科大学が研究を進めている天然乳酸菌サプリメントもご用意しています。歯周病が心配な方もぜひご相談してください。

専門的な歯周病治療をご用意しています
保険診療の歯周病治療では治療回数などに制約があり、すべての歯石を除去するのに7~8回通院が必要です。そこで当院では、1〜2回の通院で歯石を除去できる自費診療も行います。一気に環境が改善されることにより歯肉の改善も早くなります。お忙しい方や歯周病に悩まれている方に最適です。

※集中歯石除去の料金 1時間:21,600円(税込)

将来や生活習慣までを考えた歯周病対策をアドバイスします

歯周病対策歯周病は感染症であり生活習慣病でもあるため、悪くなった部分だけを治せばよいというものではありません。当院では原因やリスクを見極め、生活習慣までを考えたお口の中全体の健康を視野に入れた総合的な治療と、徹底した歯磨き指導で再発を防ぎます。歯周病の治療では、必ず歯周ポケット(歯と歯肉の境目の溝)の深さをきちんと計測します。歯周ポケットは歯周病の進行度を確認する重要な指標ですが、歯周ポケットをきちんと図る歯科医師は意外と少ないようです。当院ではどの患者さまに対しても6点法(通常は4点法)で歯周ポケットを計り、進行度に適した治療や予防をご提案しています。

<6点法とは>
歯周ポケット測定において、歯の頬側の近心・中央・遠心と、舌側の近心・中央・遠心の計6点を診査します。一般的には頬側の近心・中央・遠心と舌側の中央の4点を計測することが多いようですが、精密な歯周病治療を行うには6点法がベストな診査方法です。

院長コラム

警告!歯周病のあなた! 歯周ポケットを測定しない歯医者さんから、 すぐ逃げてください!」

真面目な歯医者さんは、必ず歯周ポケットを測定しますよ。
歯周病のあなたは、歯周ポケットの測定値を、歯科衛生士さんに必ず聞いてください。
自分の身体の事ですよ・・・。興味をもってくださいね・・・。

でも、ここだけの話ですが、実は、歯周ポケットを測定してくれる歯医者さんは、とても少ないのです・・・。

コラムのつづきはこちら(Ameba ブログへ)

徹底したブラッシング指導
当院では歯科衛生士が患者さま一人ひとりの歯石のつきやすさやブラッシング技術、生活習慣なども考慮したきめ細かい歯磨き指導を行います。ご自身の歯並びやブラッシングのくせ等を把握していただいた上で、ご自身でプラークコントロールができるようにブラッシング方法を習得していただきます。

歯周病は全身との健康とも深い関係があります

歯周病と全身疾患近年の医学研究により、これまで口の中だけと考えられていた歯周病が、糖尿病をはじめ、心筋梗塞や脳梗塞、肺炎、早産など全身のさまざまな疾患を引き起こす原因となっていることがわかってきました。これは歯周病菌が作る毒素や炎症成分が血液中に流れ、全身に回ることによりいろいろな臓器の健全な働きを邪魔することが原因だからです。歯周病の治療と予防が全身の健康も守ることにつながります。

歯周病の進行と当院の治療

歯肉炎歯周病の進行
歯肉(歯ぐき)が赤く腫れた状態です。この段階でていねいな歯磨きや歯科医院で適切な処置を受けることで、元の健康な状態に戻せます。

軽度歯周病歯周病の進行
歯と歯肉の間の歯周ポケットと呼ばれる部分にプラーク(歯垢)がたまり、そこに細菌が繁殖して初期の歯周病となります。歯肉が赤く腫れ、歯磨きなどで出血することもあります。まだ初期の段階ですので、歯科衛生士によるブラッシング指導と数回のクリーニングで回復できます。

中等度歯周病歯周病の進行
口臭や出血もひどく歯石もかなり目立つ状態です。歯周菌によって骨が後退を始め、歯周ポケットも深くなり歯がぐらつきます。歯の表面や歯周ポケットの歯石を取り、歯肉の状態が改善された段階で再検査を行います。歯周ポケットの奥まで歯石が着いている場合は、外科手術を行います。

重度歯周病歯周病の進行
歯肉が化膿して真っ赤に腫れ、骨もかなり溶けて後退しています。歯のぐらつきも大きく、かなり危険な状態ですので、症状によっては歯周外科手術で歯の保存を試みます。治療後の改善がみられない場合や、保存ができないと判断した場合は、残念ながら抜歯となります。

【院長コラム】歯医者さんに質問してください(アメブロより)

院長コラム

歯周病で、もう抜くしかないって言われたあなた! 歯医者さんに質問してください

「歯医者さんが抜かなくてもいい歯まで抜いて、インプラント治療をやっている」
みたいな内容の記事も、運悪く?その先生が、あなたの歯周病が治らないと判断したから、「抜きましょう」となったのです。

歯周病のあなた、あきらめないでくださいね!探せば、どこかに良い歯医者さんがいますよ。もしかしたら歯を残せるかもしれませんよ!

コラムのつづきはこちら(Ameba ブログへ)

できるだけ痛みと負担を軽減した治療を心がけています

虫歯治療

「虫歯治療は痛い」「歯医者が怖い」というイメージをお持ちの方がまだ多くいらっしゃいます。この悪いイメージを払拭するために、当院では治療の痛みをできるだけ軽減するように心がけています。

一度削った歯は二度と元に戻らず、しかも歯は削って詰めた場所から悪くなるため、できるだけ削らない最小限の治療を心がけています。当院ではダイアグノデント(虫歯診断用レーザー)を取り入れ、ごく初期の虫歯も見落とさず、確実に発見する事を心がけています。また、基本的な事ですが虫歯の取り残しを防止するために、虫歯菌に感染した部分を選択的に染色する事ができる、う蝕検知液を必ず使用しています。地味な治療ですが、何度も何度も感染した部分を染色し、除去するという作業を繰り返すのです。感染した部分が染色されなくなるまで徹底的に繰り返し行います。

症例
ダイアグノデント
症例
う蝕検知液

当院は虫歯の取り残しによる再発を、できるだけ防ぐための努力を惜しみません。意外に知られていませんが、日本では、う蝕検知液を当たり前に使用している医院は少ないのです。すべて、高品質で安心、安全の医療を提供するためです。

拡大鏡で精度の高い治療を行います拡大鏡
治療の際は肉眼の2.5倍から10倍に拡大して見ることのできる拡大鏡を使い、精度の高い治療を心がけています。また、メガネのようにかけて使うタイプなので移動が可能で、すべての患者さまの治療に対応することができます。小さな虫歯も把握でき、患部だけを削り取る繊細な治療ができます。精密に歯を削る時に、肉眼で処置する時代はもう終わりました。ただしあくまで正しい知識と経験を持ち合わせた術者が使用しなければ無意味です。

当たり前ですが、どんな治療にも熟練するには正しい知識と経験年数が必要なのです。臨床経験30年の私だからこそ、解ることがたくさんあるのです。丁寧に処置しても不良な経過をたどる事だってあるのです。多くの失敗を経験しないと解らない事がたくさんあります。知識と経験の集大成であなたの健康に貢献します。

麻酔の痛みも軽減します電動麻酔器
よく患者さまからお聞きするお話ですが、虫歯の治療や、歯の根っこの治療に麻酔をしない歯医者さんが多いようです。もちろん、すでに神経組織を取り除かれた歯を削る場合は、麻酔をしない時もあります。歯を削る振動よりも、麻酔の後の違和感が嫌いな患者さまもいるからです。
(歯を削る振動も不快で耐えられない場合は、もちろん麻酔をします。)

私の医院では、基本的に痛みを伴う可能性のあるすべての処置に局所麻酔を使用します。他院では省略されている事が多い虫歯の治療や、歯の根っこの治療には、痛みが出やすいからです。できる限り、あなたに痛みを与えたくないからです。

麻酔をしない歯医者さんが多い理由は、日本の歯医者さんが忙しすぎるからです、低報酬の保険治療が基本になっているので、同時に複数の患者さまの治療を受け持たなくてはいけないからです。さらに、コスト削減しなければならないので麻酔薬をできるだけ節約したいのです。

いかがですか?歯科業界の裏事情です。
最後に、当院では他院で宣伝されている程度の事は当たり前のように実践しています。コンピューター制御の電動麻酔器を使用し、麻酔に使用する針も痛みの少ない世界最小の細い針を使用したり、麻酔薬の温度にも配慮して痛みの軽減に努めています。当たり前のように、コストや手間暇を惜しまず痛みのともなう可能性のある処置には必ず麻酔をする事を徹底し、そして、1番大切なのは長年の経験で培ったテクニックです。

できるだけ痛くない麻酔注射を実践しています。

神経をとらない治療を心がけていますユニット
神経をとった歯は枯れ木のようにとても弱くなることから、できるだけ神経を残した治療を心がけています。あなたは日本人が先進国の中で、総入れ歯の人の割合がダントツに多い事をご存じですか?その原因のひとつに安易に神経の組織が除去されているという現実があります。保険制度の弊害で、薄利多売の医療で一人の患者さまに時間をかけられない日本では、歯を削った後に歯を保護するための仮の歯を製作している時間がありません。そのため知覚過敏のクレームをもらわないために、神経組織を除去した方が都合良いのです。さらに、日本製の診療チェアは歯を削る時に出てくる冷却水の量が少ないため、歯にダメージを与えてしまいます。研究では、歯を削るときには最低毎分50cc以上の冷却水が必要とされています。多くの国産診療チェアはその規格を残念ながら満たしていません。

ドックスベストセメント当院では、毎分50cc以上の注水量を誇るドイツ製の高性能の診療チェアを導入していますので、知覚過敏を最小限に抑える事ができます。さらに、臨床経験30年の知識と経験で、歯のダメージを最小限に抑える努力を惜しみません。また3Mix-MP法、ドックスベストセメントなどの最新の薬剤を積極的に取り入れ適材適所で使い、神経組織の保存に努めています。

院長コラム

危険です!小学生のお子さんをお持ちのお母さんへ! 黒くても、削らなくて良い虫歯もありますよ・・

ご自分や子供さんの歯を見た時に、黒くなっていると虫歯だと思いますよね・・・?そして、慌てて歯医者さんに行きますよね・・・。
とても良い事なのですが、注意しなければいけない事があります。

お子さんの学校検診の結果をよく見ると、COとかCとか、記号が書いてありますよね・・・?
COとかCと言うのは、虫歯の程度を表す印なのですが、このCOと言うのが、問題なのです・・・。

コラムのつづきはこちら(Ameba ブログへ)

お口の中を健康にするための当院の虫歯治療

虫歯治療ただ単に、虫歯を削って詰める治療はしません。
当院ではまず、念入りな診査でお口の中全体の問題点を洗い出し、最善の結果がでるように治療計画を立てることで、できるだけ再治療とならない処置を行います。ただ悪いところだけを治すその場限りの治療ではなく、お口の中全体を健康にするトータルな治療を行います。虫歯が再発しやすい方には、虫歯菌の検査と除菌をお勧めします。そして治療後は定期的な検診とメンテナンスで予防を徹底し、お口の中の健康を維持していただきます。

さて、ここまでのお話はよくあるまじめな歯医者さんのホームページにも書かれていますね?当たり前の事です。では私の医院が、他院と圧倒的に違うところを説明しますね。まずは質問ですが、あなたはどうして虫歯や歯周病になるか知っていますか?

例えば
①虫歯菌の大好物の甘い物を取り過ぎ
②歯磨きが下手くそで、磨き残しがある
③虫歯菌や歯周病菌が原因
④歯並びが悪い
⑤そもそも歯の質が弱い
⑥虫歯菌や歯周病菌に対する抵抗力(免疫力)が弱い
⑦お口の中が乾燥している(口呼吸している)

などなど、いろいろ原因があります。すべて、正解です。多くの歯医者さんは、あなたと一緒にこの原因を無くそうと努力しています。もちろん私も同じです。「だったら他の歯医者さんと、何も変わらないじゃ無いか?」って思いますよね?

ここからが本題です。前記した・・・当院ではまず、念入りな診査でお口の中全体の問題点を洗い出し、最善の結果がでるように治療計画を立てる・・・この、念入りな診査が他院とは大きく異なるのです。

他院で行う診査は
①レントゲン写真
②歯周ポケットの検査
くらいです。

もちろん目で見て、歯や歯肉の状態は当たり前に診査しますよ。少しまじめな先生は、
③記録に残すため、お口の中の写真を撮影します
④虫歯菌や歯周病菌の遺伝子検査をします。
だいたい、ここまでです。

咬みあわせでは最初の質問、「虫歯や歯周病の原因について?」の私の考えをお話します。私の考える虫歯や歯周病の原因は、「ズレた咬みあわせ」です。あなたが普段咬んでいる位置が本来の咬みあわせの中心から、ズレてしまった事が原因で、上の歯と下の歯が咬み合わさるタイミングにズレが生じるのです。

例えば、よくあるケースですが、上下の歯が咬み合わさる瞬間に、左右どちらかの奥歯が最初に接触してから、その他の歯がしっかり咬み合わさるというような場合です。

歯には複雑な凹凸があります。少しでもズレがあると上下の歯の凹凸が正確に咬み合わないのです。どこかの歯が最初にぶつかるのです。当然その最初にぶつかった歯には、強い衝撃が加わります。するとどうなるでしょう・・・?人間の身体の中でも1番堅い、歯の表面のエナメル質でさえヒビが入るのです。その割れ目に虫歯菌が侵入して繁殖し、歯を溶かすのです。なんとなく理解できましたか?

歯周病も、強い衝撃が加わっている歯の周りに磨き残しがあれば、病状が瞬く間に進行するのです。私は、多くの医院のように流れ作業で、単に虫歯の穴を削って詰めるだけの治療はしたくないのです。ただ単に、銀歯を白いセラミックの歯に変えたり、歯が抜けたら、そこの隙間にインプラントを埋め込むだけでは意味が無いのです。

その歯を失うきっかけとなった、本当の原因は咬みあわせです。その咬みあわせのズレの診査、診断無しで、高品質な治療はありえません。当院は、咬みあわせのズレの診査、診断ができる数少ない医院です。そこが、他院との大きな違いです。

咬みあわせの精密な診査・診断を行うための器具症例
咬合器
症例
フェイスボウ

虫歯の自費治療も行っています

根管治療 歯の根の治療はとても繊細な処置です。針の穴ほどしかない太さの神経の管を清掃してお薬を詰めなければなりません。保険診療による根管治療は1回の治療時間にどうしても制約が出てしまい、長い期間がかかりますが、最新システムなら平均2~3回、単純な根の形態なら1回で終了できます。

また複数の虫歯がある場合は、1回2時間前後の診療時間を確保する集中治療、歯科治療が苦手な方には、うとうとと眠ったような状態で治療を受けていただける笑気吸入鎮静法や静脈内鎮静法にも対応しますので、事前にご相談ください。

集中治療に掛かる費用の目安(1時間につき)
歯科医師:86,400円(税込) 歯科衛生士:21,600円(税込)
以下の治療の組み合わせとなります。
精密根管治療・高品質レジン充填治療・ホワイトニング・歯周外科手術・集中歯石除去・その他内容は治療計画作成時にご相談いたします。
セラミック冠、入れ歯などの補綴物ば別途となります。
麻酔医派遣費用 1回:108,000円(税込)

料金表はこちら

虫歯の進行度と当院の治療

初期虫歯(Co・要観察歯)Co
歯のごく表面が感染している状態。痛みなどはなく、定期検診時にダイアグノデントで発見できるものです。歯を削ったりすることはなく、メンテナンスで進行を防ぐことができます。

エナメルう蝕(C1)C1
歯の表面に穴が開いた状態ですが、まだ痛みを伴う自覚症状はほとんどありません。虫歯部分だけを慎重に削り、白い詰め物で穴を塞ぎます。

象牙質う蝕(C2)C2
象牙質まで細菌が侵入した状態です。痛みや冷たい水がしみるようになります。麻酔をして感染部分を削り、詰め物をします。

神経まで達した虫歯(C3)C3
神経まで細菌が侵入した状態です。歯髄炎になって激しい痛みを感じることもあります。感染部分を削り、神経を抜く処置(抜髄)を行うことが多くなります。

残根状態の虫歯(C4)C4
歯の根だけが残ってしまった状態です。根の先に膿ができて激しい痛みが起こることもあります。根管治療で根管内の感染した部分を洗浄し薬を詰めます。保存不可能と診断した場合は抜歯となります。

時々、週刊誌で歯医者さんの悪口を見かけますが、先日も簡単に歯を抜いてインプラント治療に誘導する歯科医が多いという記事を見かけました。もちろん状態の悪い歯を無理に保存することが、すべて正しい事とは思いませんが、当院では可能な限り歯を抜かない努力をしています。

【院長コラム】歯医者さんで、神経を抜くって言われたら(アメブロより)

院長コラム

歯医者さんで、神経を抜くって言われたら、 すぐにこんな質問をしてください!

あなたは、歯医者さんで「神経を抜く」って、言われた事がありますか?
なんか、聞いただけで怖いですね・・・。

以前の記事でも書きましたが、「神経を抜く」という治療は、歯の中の治療の事です。
歯の中には、歯髄と呼ばれる神経の組織が入っています。さらに神経の組織以外にも、血管やリンパ組織なども入っています。

歯医者さんは、あなたの虫歯が進行して神経などの組織が炎症を起こして、回復の見込みが無いと判断した時に、あなたに、「○○さん、この歯は残念ですが虫歯が進行して神経の組織まで炎症を起こしています。神経を抜く治療が必要になりますね・・・。」となるのです。

コラムのつづきはこちら(Ameba ブログへ)

患者さまを幸せにする理想的な歯科治療に専念できることが私の幸せです

院長あいさつこんにちは。佐野市で唯一ドイツ式入れ歯を手がけ、難症例のインプラント治療にも対応する「目黒歯科医院」院長の目黒伸行です。

当院には、歯のことで長年にわたって悩まれ、満足のいく入れ歯やインプラントの治療を求めて何軒も歯科医院をまわってこられた患者さまが多く来られます。宇都宮や県外からわざわざ来院されることも珍しくありません。そんな患者さまのご期待に応えるために、できるだけお気持ちに寄り添い、満足いただける治療をご提供するために努力してきました。

本気で治したい、心から健康になりたいという方のご期待に応えること。理想の治療を求めてくださる方に、満足していただける治療をご提供することが私の願いであり、幸せでもあるのです。

患者さまよりお喜びの声をいただきました

患者さまよりお喜びの声
そこでH23.4に上歯(全部)の手術をいたしました。手術時間は14:00~18:00でこの間痛みも時間のたつのも全然感じませんでした。手術終了後、目黒先生に送られて帰宅しましたのが、出血も痛みもなくこんなに簡単に手術ができるのかと感心しました。(手術前の不安と恐怖感は何だったろう)

それから本歯が入るまでは、懇切丁寧な検査と調整が行われた事に対し、感謝以外に何物もありません。現在では自分の若かった頃の食事(味とかたいもの)が出来る様になり、毎日が満足感と喜びを感じています。以上言葉では表せない事がいっぱいあります。ただただ感謝々々のみ。以上  
80代男性 H24.5月11日
患者さまよりお喜びの声患者さまよりお喜びの声
詳しくはこちら(アメブロへ)

理想の治療をご提供するために学び続けてきました

院長あいさつ私の両親は共に歯科医で、歯科大学を卒業後、父の故郷である福島県で開業していました。その後私が小学生の頃に母の出身地である、この佐野市に移転開業しました。子供の頃、週末になると父が全国の、時には海外まで勉強会に出掛けていたのは、今でも記憶に残っています。その背中を見て育ち、同じく歯科医師の道を歩んだ私は、歯科医師として学び続けることと、患者さまに寄りそう真摯な診療姿勢を両親から教わったように思います。そして私も開業し診療に携わるかたわら、専門的な治療や最先端の知識を学んできました。

学んできた治療技術をすべて患者さまに
私はすべての歯科治療を高いレベルで習得したいと考えて、幅広い分野の研鑽を積んできました。その中でまず力を入れたのはインプラントです。私が歯科医師として成長するのと同じように、インプラント治療が普及し進展していくのを目の当たりにし、夢中になって学び診療経験を重ねてきました。

その一方、インプラントの適応にならない方など、歯を失ってもインプラントでは救えない方が多いことも痛感し、入れ歯治療についてもさまざまな治療技術を学んできました。その結果、インプラントと入れ歯治療の両方に精通する事ができました。しかし、最近の歯科業界を見ていると、インプラント治療が得意な先生はインプラントだけ、入れ歯治療が得意な先生は入れ歯だけを患者さまにお勧めしているように感じます。もちろん、得意な治療法をお勧めする事は悪いことではありません。でも、それぞれの治療法を極めないで単に最新というだけでその治療法をお勧めするのは問題があるのではないでしょうか?

なぜなら、そもそも最新の治療法が最善とは限りません。そしてあなたが望んでいない、あなたに適さない治療法に誘導される可能性も高いのです。

当院の強みは、あなたが望む最善の治療法が提供できる点です。さらに、インプラント治療とドイツ式入れ歯治療の、両方の利点を融合させた他院では真似できない最先端の治療にも挑戦しています。

院長あいさつそして数年前、幸運にもIPSG包括歯科医療研究会に出会い、あらためて「歯科治療の根幹は、咬みあわせにある」「正確な咬みあわせを伴わない歯科治療は、どんなに高価で最先端な治療法でも、無意味である」ということを再確認できました。

以前から強く感じていたのですが、
歯並びや咬みあわせが、全身の健康に深く関わりがあるという事実です。

悪い咬みあわせによる全身への悪影響です。歯並びや咬みあわせが悪いと、健康を左右するいろいろな症状が現れます。そして、医科の各種検査で、原因の解らないものであれば、軽い物は「不定愁訴」と呼び、その症状が慢性化して重くなって行くと「○○症候群」「○○病」などと呼ばれる病気になってしまうのです。

そして「不定愁訴」と言われている様々な全身の症状が咬みあわせを治療する事により改善されるケースがとても多いのです。

IPSG包括歯科医療研究会では、その正確な咬みあわせを構築する理論をベースにしてドイツ式入れ歯を中心に、審美セラミック治療、顎関節症、咬合治療や摂食嚥下トレーニング、お口の中を総合的に整える全顎治療を学びました。そして多くの患者さまに自信を持ってお勧めできる高水準・高品質な治療が実現できるようになりました。

さらに今、歯科医師人生最後の仕上げとして学んでいるのが矯正治療です。特に将来ある子どもたちにできるだけつらい思いをさせず、健やかできれいな歯並びでのびのびと成長してほしいと願い、専門的な小児矯正・非抜歯矯正に取り組んでいます。

「入れ歯・インプラント専門治療」へ
「歯を抜かない小児矯正」へ

歯のことで悩むのを当院で最後にしていただくために

院長あいさつ「やっと理想の入れ歯に出会えた」「人前で思い切り笑えるようになった」と患者さまが笑顔になってくださることが、何よりも私の喜びです。ドイツ式入れ歯やインプラント、矯正治療などはいずれも自費診療になりますが、その価値を認めてくださる患者さまが多く、私自身も「好きな治療に専念させていただいている」という喜びがあります。私の原動力は、患者さまと自分のめざす治療が一致し、実現する達成感なのです。

時間をかけて患者さまのお話をお聞きし、歯科治療に対する思いをくみ取り、本当のご要望を引き出し、最適の治療をご提案することを心がけています。その場しのぎの治療ではなく、一生涯、健やかに過ごしていただくための本当に望ましい歯科治療をご提供したいと考えています。

私は常に患者さまからも学び、その笑顔に力をいただいてきました。今後も一人でも多くの患者さまのご希望をかなえ、素敵な笑顔で充実した人生を送っていただけるように、学んできた全てを歯科治療に生かし、皆さまに還元してまいります。

幼少期のおはなし

院長あいさつ右の写真は白黒写真で時代を感じますが、幼少期の写真です。

私にもこんな可愛い?時代がありました。現在も変わりませんが、小さい頃から弱虫で注射が大嫌いでした。幼稚園の予防接種の時に脱走して、保母さんに追いかけられ泣きながら自宅まで走って帰った事もあります。逃げ足だけは速かったです。今では、髪も無くなり見た目は変わり果てましたが、50年後の私にぜひ会いに来て下さい。

2017年3月 3日

審美歯科の症例

審美セラミック

「歯を白くするのが審美歯科ではありません!
大切な事は、咬みあわせです。白い歯は当たり前です。
高いお金をかけて白い歯にして、顎関節症になったのでは、本末転倒です。」

【解説】
佐野市在住、
60代、女性の患者さまです。

右上の奥歯の欠損にインプラント治療を希望されて市内の医院様から、ご紹介で来院されました。
アゴの骨の厚みが無いため、紹介先では施術できないためでした。

詳細な診査の結果、多数の被せ物が虫歯になり、さらに、アゴの関節にも不具合がありました。
軽度の顎関節症です。原因は、不適切な被せ物が多数あり、咬みあわせのバランスが大きく崩れていたからです。

そこで、お口の中全体の総合的な治療を提案しました。
ご納得され、インプラントを併用して、最新のオールセラミック冠によるお口全体の修復治療を行いました。

下の写真が、治療前の正面写真です。下の歯がほとんど見えませんね?
顎関節症の方は、この方のように咬みあわせが深くなって下の前歯が見えない事が多いです。
症例

治療前の右横から見た写真です。
奥歯がありません。
症例

治療前の左横から見た写真です。
症例

治療前の上の咬みあわせの面の写真です。
症例

治療前の下の咬みあわせの面の写真です。
症例

すり減った咬みあわせの高さを元に復元します。
仮の歯で、適切な高さを診断します。
症例

下の前歯で、本だけ短い歯がありますね?これが、元の高さです。
約2.5mm高さを増やしました。

下が正面写真です。
症例

治療前がこちらです。
症例

さらに最終的な仮の歯を再制作して、確認します。
症例

インプラントも埋め込み済みです。
症例

この段階で、アゴの不調も良くなりました。
この仮の歯の情報を元に、最終の歯を制作します。

下の写真が治療後です。歯の色は、あまり白くし過ぎないように、優しい感じに仕上げました。
あなたが望めば、いくらでも白くできますよ。遠慮しないで、ご希望をお聞かせください。
症例

治療後の上の咬みあわせの面の写真です。
症例

治療後の下の咬みあわせの面の写真です。
症例

今回は、金属を使わないオールセラミック冠で治療しました。
最近では、金属に匹敵する位の強度が出せると言われていますが、慎重に設計しないと、破折します。

下の写真は、装着前の上の歯のオールセラミック冠です。
表と裏側の状態です。従来のセラミック冠のような、金属の裏打ちがありません。
そして、すべて連結補強してあります。
症例
症例

いかがですか?
症例

上下の歯の長さも適切になりました。
歯だけを見ても、バランスが良いのが解ると思いますが、実は、咬みあわせを元に戻すと、口元がとても若返るのですよ!

理由は、頬のたるみが解消されるからです。
これは、ただ単に適当に白い歯を入れても変わりません。総合的な治療の結果です。
これが、真の意味の審美歯科です。

お悩みのあなた、是非相談にいらしてください。
解決法を一緒に探していきましょう。

症例一覧に戻る

矯正治療の症例

前歯の軽度のデコボコの症例

「子供さんのストレスが、出来るだけ少ない治療法にこだわります」

【解説】
佐野市在住、
小学生のお子さまです。

前歯の重なりが気になると来院されました。

上の前歯の真ん中から数えて2本目の歯が、下の前歯の内側に入り込んでいます。
このまま放置すれば、後ろに生えている犬歯(糸切り歯)に押されて年齢と共に悪化します。
症例

右横から見た写真です。
症例

左横から見た写真です。
下の歯の内側に、上の前歯が入り込んでいます。
症例

咬み合せの面の写真を見てください。
歯並びがデコボコで、窮屈です。
症例

そこで、歯の傾きを修正する矯正装置を装着しました。
症例
症例

〇○ヶ月後です。上の前歯が下の前歯を飛び越えました。
症例

さらに咬み合せの面の歯並びも整ってきました。
症例

歯並びの問題は、放置せずに気がついたらすぐに相談してください。

症例一覧に戻る

矯正治療の症例

上の前歯が内側に傾いてしまった症例

「簡単な症例なら、10万円以下の治療費で済む場合もありますよ」

【解説】
佐野市在住、
小学生のお子さまです。

前歯の歯並びを治したいと来院されました。

治療前の正面写真です。
症例
症例

この患者さまの場合は、幸い骨格的な発育の異常ではありません。
単純な歯の生えている角度の異常です。(専門的には、歯軸と言います)
さらに幸運なことに、今回は歯の生えるスペースもありました。
そこで、取り外し式の矯正装置で裏側から押し出す計画を立てました。

矯正装置を入れた状態です。
症例

個人差がありますが、3ヶ月で治療終了しました。
治療後の正面写真です。
症例

治療前の上アゴの咬み合せの面の写真です。
症例

このようなケースは、治療費用も10万円以下で済みます。
そして、治療開始時期が早ければ早い程、効果的です。

症例一覧に戻る

矯正治療の症例

受け口(反対咬合)の症例

「警告!受け口は、油断してると元に戻ります!
舌の悪い癖を治しましょう!」

【解説】
佐野市在住、
小学生のお子さまです。

前歯の反対咬合が気になると来院されました。
症例

症例5の患者さまと同じですが、さらに、注意点があります。
反対咬合の原因の一つに、舌の問題があるのです。
舌が下アゴの位置を決めているからです。
つまり、舌を「べ~」っと前に出せば下アゴは前に出ます。逆に舌でノドの奥を舐めれば下アゴは後ろに下がるのです。

正常な舌の位置は、舌の先が上の前歯の裏側の歯肉に接触しています。
でも、反対咬合の患者さまは舌の位置が正しくありません。
舌の先が、上の歯肉から離れているのです。
無意識に、舌を上の歯と下の歯の隙間から出そうとするのです。
お母さんが、お子さんのお口の中を覗いた時に、舌が歯の隙間から見えていたらダメなのです。

下の写真のように、舌が見えているのはNGです。
症例

せっかく治った反対咬合が、舌の悪臭癖が原因で元に戻ってしまう事もあるのです。
歯医者さんで教えてもらった、舌の筋トレを忘れないでくださいね。

この患者さまは、こんな装置で治しました。
治療中の上アゴの咬み合せの面の写真です。
症例

治療後の正面写真です。
症例

約3ヶ月で、上の前歯が下の前歯を飛び越えました。

症例一覧に戻る

矯正治療の症例

受け口(反対咬合)の症例

「受け口のお子様をお持ちのお母さんへ!
小学生になる前に、治療を開始してください」

【解説】
佐野市在住、
小学生のお子さまです。

前歯の反対咬合をお母様が気にされ来院されました。

治療前の正面写真です。
症例

治療前の右横から見たところです。
症例

治療前の左横から見たところです。
下の歯が上の歯の外側に出ています。
症例

遅くてもこの位の年齢で、お母さんが気づいて来院して頂けるととても助かります。
すばらしいです。さらに、お子さんの負担も軽くなり、治療もスムーズに進みます。

そして、反対咬合で注意が必要な点はもう一つあります。
前歯の反対咬合はお母さんでも解りやすいのですが、奥歯の反対咬合もあるのです。
この女の子もそうでした。

奥歯の反対咬合は、放置すれば、顔が曲がってしまいます。
この女の子は、上アゴの発育が悪いので、まず幅を拡げる取り外し式の矯正装置を装着しました。奥歯の反対咬合も改善されますよ。

治療中の写真です。
症例

そして上の前歯が飛び越えやすいように、咬み合せの面をマウスピースのように覆うことで上下の歯と歯の間に隙間を作っています。
症例

約2カ月後には、上の前歯が下の前歯を飛び越えました。
治療後の正面写真です。
症例

治療後の右横から見たところです。
症例

治療後の左横から見たところです。
症例
反対咬合のような骨格的な問題は、早期に治療を開始する事がとても大切です。
かかりつけの歯医者さんで様子を見ましょうと言われても、絶対に待たないでくださいね。

症例一覧に戻る

矯正治療の症例

受け口(反対咬合)の症例

「受け口のお子様をお持ちのお母さんへ!治療開始は3歳が理想です!」

【解説】
佐野市在住、
小学生のお子さまです。

受け口が気になると来院されました。

治療前の正面写真です。
症例

治療前の右横から見たところです。
症例

治療前の左横から見たところです。
症例

反対咬合に代表される骨格的な異常は、できる限り早期に治療開始する事が大切です。
歯科医でも知らない人が多いのですが、アゴの成長は下アゴに主導権があります。
下アゴが先に成長して、下アゴの刺激で上アゴが成長するのです。そして下アゴの成長をコントロールしているのが、上アゴなのです。
つまり、反対咬合の子供さんは、上アゴによる発育のブレーキが効かないため、下アゴがドンドン成長してしまいます。さらに、刺激が加わらない上アゴは発育しません。

そこで、治療法は2つです。
1. まず、下アゴの成長を抑えてあげる
2. 上アゴの成長を助けてあげる

ということで、下アゴにはチンキャップという装置、上アゴには取り外し式の矯正装置を装着しました。
どちらの装置も、自宅でのみ装着するだけです。学校でのいじめの心配もありませんよ。
〇○ヶ月で、反対咬合が改善されました。

治療中の上アゴの矯正装置です。
上のアゴを横に成長させるのと同時に、前歯の裏側の針金で前歯を裏から押しています。
症例

3ヶ月後です。
症例

前歯の裏側の針金が飛び出て来たのが解りますか?
前から見るとこんな感じです。
症例

治療後の正面写真です。
症例

なんとか飛び越えましたね。
まだ治療は続きますが、できるだけ早く骨格的な問題は解決する事が大切です。
理由は、顔の形ができてしまうからです。歯並びは元に戻せても骨格は戻せません。

症例一覧に戻る

矯正治療の症例

前歯のデコボコの症例

「歯医者さんで歯を抜かれる前に、私に一度見せてもらえますか?」

【解説】
佐野市在住、
小学生のお子さまです。

前歯の悩みで来院されました。

治療前の正面写真です。
症例

治療前の右横から見たところです。
症例

治療前の左横から見たところです。
症例

治療前の上アゴの咬み合せの面の写真です。
症例

この程度の歯並びでも、他院では抜歯と言われる事が多いようです。
全体の歯並びの大きさを拡大する事で、抜歯をせずに並べることができました。

治療中です。
症例

治療後の正面写真です。
症例

治療後の右横から見たところです。
症例

治療後の左横から見たところです。
症例

治療後の上アゴの咬み合せの面の写真です。
症例

症例一覧に戻る

矯正治療の症例

八重歯の症例

「お子様の定期検診は、矯正の知識が豊富な歯医者さんが理想ですよ」

【解説】
佐野市在住、
小学生のお子さまです。

歯並びの悩みで来院されました。

治療前の上アゴの咬み合せの面の写真です。
症例

一見、そんなに悪くなさそうに見えますが、実は一大事なのです。
歯科医でも、うっかりすると見落としてしまいがちなので、あなたには、良く解らないのも無理はありません。
よく見ると、写真の左右の犬歯(糸切り歯)が出てくる場所がまったく無いのです・・・。
このままでは、確実に八重歯になります。

多くの歯医者さんでは、このまま永久歯に生え変わるまで様子を見ましょうと言われます。
そして、さんざん待たされて
「残念ですがお母さん、抜歯しないと歯が並びません・・・」
と言われます・・・。

でも待ってはダメです。問題を発見したらできるだけ早く治療を開始しましょう。
歯医者さんの言う通り、待っていたら歯を抜く確率が高くなりますよ。
そんな時は歯医者さんに質問してください。
「先生、生え変わるまで待っても、歯を抜かないで済みますか?」
って、聞いてください。
おそらく歯医者さんは、
「生え変わってからじゃないと、解りません・・・」
って、答えますよ・・・。

という事で、少し時間はかかりましたが、あらゆる技術を駆使して抜歯をせずに並べました。

治療中です。なんとか隙間が出来てきました。
症例

針金をつけて、修正します。
症例

治療後の正面写真です。
症例

治療後の右横から見たところです。
症例

治療後の左横から見たところです。
症例

治療前の上アゴの咬み合せの面の写真です。
なんとか抜かないで歯が並びましたよ。
症例

矯正のテクニックはたくさんあります。
不安だったらいろいろな歯医者さんに相談してくださいね。

症例一覧に戻る

矯正治療の症例

八重歯の症例

「歯並びが悪いのに、歯医者さんで生え変わるまで待ちましょうと言われたら、
違う歯医者さんに行ってください」

【解説】
佐野市在住、
小学生のお子さまです。

矯正治療を希望され紹介で来院されました。

治療前の正面写真です。
症例

治療前の右横から見たところです。
症例

治療前の左横から見たところです。
症例

一見、そんなに悪くなさそうに見えますが、実は一大事なのです。

治療前の上アゴの咬み合せの面の写真です。
症例

歯科医でも、うっかりすると見落としてしまいがちなので、あなたには、良く解らないのも無理はありません。
よく見ると、写真の右側の犬歯(糸切り歯)が出てくる場所がまったく無いのです・・・。
このままでは、確実に八重歯になります。

多くの歯医者さんでは、このまま永久歯に生え変わるまで様子を見ましょうと言われます。
理由は、矯正治療の知識が乏しいからです・・・。
多くの医院は、矯正治療は大学などからアルバイトを派遣させて対応しています。
そして、歯科大学の矯正科の多くは子供の治療はやりません。

つまり、永久歯に生え変わってからの技術なのです。
基本的に、生え変わるまでは何もしません。
でも待ってはダメです。問題を発見したらできるだけ早く治療を開始しましょう。
歯医者さんの言う通り、待っていたら歯を抜く確率が高くなりますよ。

そんな時は歯医者さんに質問してください。
「先生、生え変わるまで待っても、歯を抜かないで済みますか?」
って、聞いてください。
おそらく歯医者さんは、「生え変わってからじゃないと、解りません・・・」
って、答えますよ・・・。
という事で、少し時間はかかりましたが、あらゆる技術を駆使して抜歯をせずに並べました。

ここまでくれば、大丈夫です。
症例

治療後の上アゴの咬み合せの面の写真です。
症例

この患者さまは、前歯の裏側に過剰歯と呼ばれる余分な歯が埋まっていましたが、アゴの成長が促進されて、裏側から生えてきました。この歯は、抜歯しています。
歯医者さんで、永久歯を抜かれる前に、是非ご相談ください。

症例一覧に戻る

矯正治療の症例

八重歯の症例

「歯並びは気になるけど、どうしても歯を抜きたくない、八重歯のあなたへ!」

【解説】
佐野市在住、
小学生のお子さまです。

八重歯の悩みで来院されました。

治療前の正面写真です。
症例

糸切り歯(犬歯)が2本、歯並びの外側に飛び出ています。
多くの医院では、このような症例は八重歯の後ろの歯を2本抜歯してその隙間に八重歯を並べます。
でも、当たり前ですが、本人もお母さんも出来るだけ歯を抜きたくないですよね?
私の家族だったら、やっぱり抜歯は嫌です。あなたの気持ち、痛いほど解ります。
という事で、少し時間はかかりましたが、あらゆる技術を駆使して抜歯をせずに並べました。

治療中の写真です。
症例

治療後の正面写真です。
症例

治療後の右横から見たところです。
症例

治療後の右横から見たところです。
症例

治療前の上アゴの咬み合せの面の写真です。
症例

治療後の下アゴの咬み合せの面です 
症例

症例一覧に戻る

2017年3月 1日

入れ歯とインプラントの長所を合わせ持つ【インプラントデンチャー】

インプラントデンチャー

インプラントと入れ歯のメリットを生かした総入れ歯です。入れ歯の裏側に維持装置を取り付け、インプラントに固定させるので非常に安定した違和感の少ない入れ歯を作ることができます。総入れ歯がよく外れるという方には、最小限2本のインプラントを埋入するだけで格段に安定性が増します。本数も少なく済み、身体の負担も最小限で安心です。自信を持ってお勧めできる入れ歯です。

審美性や快適性も高く、充実した生活が過ごせます
留め金などがないので審美性が高く、自然に見えるので入れ歯を気にせず話したり笑ったりすることができます。美しさや快適性も求める方、お仕事や趣味に積極的に活動したい方に適しています。一般的なインプラントのように固定式ではなく取り外しができるので、清掃性に優れています。万が一、寝たきりなど介護状態になっても口腔ケアが行き届き、患者さまにもメリットの大きい入れ歯でしょう。

症例「入れ歯とインプラントの良いとこ取りの症例」
症例「総入れ歯にインプラントを併用した症例」

【院長コラム】小さい入れ歯はアゴの骨を溶かします(アメブロより)

院長コラム

NHKテレビの試してガッテン見ましたか?小さい入れ歯はアゴの骨を溶かします

あなたは、今年の2月のNHKテレビの人気番組「試してガッテン」の総入れ歯の話を見ましたか?
私も録画して見たのですが、何でも食べられると豪語されていたお年寄りの、入れ歯の出来はひどいものでした・・・。

知ってはいましたが、日本の入れ歯のレベルの低さに改めて衝撃を受けました・・・。

コラムのつづきはこちら(Ameba ブログへ)

若さと自信を取り戻したい方に自然で若々しい笑顔と口元を

30代からの入れ歯

「若いのに入れ歯なんてイヤだ」「入れ歯が気になり、人前で笑えない」「ついつい口元を手で隠す癖がついている」。そんな方々にぜひお勧めしたいのが、今までの入れ歯のイメージとはまったく異なる当院のドイツ式部分入れ歯です。ドイツ式部分入れ歯には歯に引っ掛ける留め金がなく、見た目も自然で入れ歯かどうか見分けがつきません。また食事のときに外れてしまうこともありません。

特に若い方は、入れ歯を外している姿や顔を誰にも見られたくないはずです。ドイツ式部分入れ歯は、夜寝るときも取り外しをする必要がありませんので、旅行先で外して寝たりすることもなく安心です。

また、ドイツ式部分入れ歯は10年後20年後にお口の環境が変化しても調整・修理しながら長く使用できることも、若い方にお勧めしたい理由です。自然で人に気づかれることなく、しっかり噛むこともできます。歯とともに失った食べる楽しみや笑顔を取り戻せる入れ歯なのです。

当院ではインプラントより入れ歯を選ばれる30~40代が増えています

30代からの入れ歯近年、若くして歯を失った方にはインプラントが勧められますが、当院では、30〜40代の多くの患者さまがドイツ式入れ歯を選ばれ、快適に使われています。インプラントもメリットの多い治療ですが、体にとっては異物を埋め込む治療であり、決して万能ではありません。

すでにたくさんの歯を失ってしまっている場合、インプラントの本数も増えます。30代でインプラントをたくさん入れたとすると、70歳の時にはどうなっているでしょうか。きちんとメンテナンスを続けて、お口の中を良好に維持できればよいのですが、インプラント周囲炎になってしまったら、インプラントは基本的には元に戻らず、いずれ抜け落ちる運命です。若いからこそ長期的な視点で治療方法を選んでいただきたいのです。

<こんな方はインプラントよりドイツ式入れ歯が適しています>
・歯を失った原因が歯周病なのでリスクが高い
・アゴの骨の厚みが少ないのでインプラントは難易度が高い
・糖尿病や高血圧など全身状態に不安がある
・手術など外科治療は苦手
・体に異物を埋め込むのはイヤ

「ドイツ式入れ歯(テレスコープ)の症例」へ

ドイツ式入れ歯は将来、総入れ歯になるリスクを減らすことができます

30代からの入れ歯たくさんの銀歯やブリッジが装着されている方は、お口の中の状態がとても悪くなっており、残った歯も危険な状態です。ドイツ式部分入れ歯はブリッジや保険の入れ歯のような無理な力が残っている支えの歯にかかりません。そして弱くなっている歯を連結することで、歯の寿命を延ばすこともできます。

少しでも長く自分の歯を残し、より充実した生活を送っていただくために、どんな治療が一番良いのかを患者さまとともに考え、最善な治療をご提供したいと考えています。

<若い方にドイツ式入れ歯をお勧めする理由>
・保険の入れ歯のような金具が見えません
・見た目も自然で、入れ歯だと気づかれません
・入れ歯が動かないので、よく噛めます
・就寝時も装着したままで大丈夫
・長期間、修理しながら使用できます
・残った歯をなくした時も、修理して使えます

【院長コラム】40歳で入れ歯だなんて、誰にも相談できない・・・ (アメブロより)

院長コラム

40歳で入れ歯だなんて、誰にも相談できない・・・ とお悩みのあなたに朗報です!

もしかしてあなたは、40代ですか?それとも30代?
そして、若くして歯を失って入れ歯でお悩みですか?

せっかくお金をかけて作ったのに、お出かけ用の見た目だけ・・・食事の時には使えない・・・。
そんな悲しい経験はありませんか?

コラムのつづきはこちら(Ameba ブログへ)

入れ歯専門院の当院であなたに最適な入れ歯を

その他の入れ歯

当院の院長は、これまで数々の入れ歯治療を学び、多くの患者さまの治療に携わってきました。当院では保険診療の入れ歯にも対応し、許される範囲内で最善を尽くしていますが、現在の保険制度のもとで、本当に歯を守るための入れ歯の設計には限界があります。

「ご自分の体に投資し、患者さまにも努力をしていただけるなら、本当に良い入れ歯(歯を守る入れ歯)をご提供することができる」

それが入れ歯治療を究めた院長の正直な思いです。

当院の保険の入れ歯について

当院の保険の入れ歯経済的な理由などにより自費の入れ歯がまだ作れないという患者さまのために、当院でも保険適用の入れ歯をご用意しています。ただし他院の保険義歯とは一味違います。しっかりした金属のフレームを取り付け、できるだけプラスチックで覆わない作りに仕上げます。また留め金もできるだけ目立たないようにします。他院の金属床義歯に匹敵するレベルの保険入れ歯を提供できるのは、信頼できる歯科技工士との連携が可能な当院だからこそ実現できるのです。

とは言え、保険の入れ歯では噛むことはできても、歯を守ることはできません。次の入れ歯はぜひ当院がお勧めするドイツ式入れ歯をご検討ください。

ご希望に応じる多様な入れ歯治療をご用意しています

ミラクルデンチャーミラクルデンチャー
金属の留め金がなく、審美性が高い入れ歯です。床もなく違和感が少ないので、入れ歯を装着している感覚がほとんどありません。入れ歯を支える歯そのものに余計な力が加わらず、残存歯の延命も期待できると言われている入れ歯です。

当院は、ミラクルデンチャーを県内で最初に導入しました。全国で28番目の認定医院です。但し、まだまだ歴史が浅く、これからの改良が期待されます。

ノンクラスプデンチャーミラクルデンチャー
金属の留め金がない入れ歯で、スマイルデンチャー、バルプラストデンチャーとも呼ばれます。一般的には人工歯以外は全て樹脂でできていますが、耐久性が低く、変形したり割れたりする可能性があります。当院が提供するノンクラスプデンチャーは、見えない部分を金属で補強するため、割れたり変形しにくいのが特徴です。またピンク色の部分を透明にすることで、審美性を高める事もできます。

コンフォートデンチャーミラクルデンチャー
入れ歯の裏面を生体用シリコーンという柔かいクッションで覆った入れ歯です。生体用シリコーンの弾性が、モノを噛んだときの歯ぐきにかかる負担をやわらげてくれます。また吸着力も高く、外れにくいのも特徴です。

金属床義歯ミラクルデンチャー
床部分が金属でできており、薄くて丈夫に作ることができます。プラスチックの義歯にくらべて違和感が少なく、発音がしやすい入れ歯です。熱が伝わりやすいので食事がおいしくいただけます。近年では生体親和性に優れたチタンを利用した入れ歯もあります。

磁性アタッチメントデンチャーミラクルデンチャー
残った歯に強力な磁石のアタッチメントを取り付け、入れ歯の裏側の磁石とくっつけることで入れ歯が安定します。金属の留め金もないので審美的にも優れています。アタッチメント部分に小さな突起のついたものもあり、より安定感が増します。歯が残っていない場合は、インプラントで代用することも可能です。

【院長コラム】最近流行の、バネ無し入れ歯を検討中のあなたへ!(アメブロより)

院長コラム

警告!最近流行の、バネ無し入れ歯を検討中のあなたへ!これ知らないと、損しますよ・・・

部分入れ歯の金属製のバネ(残った歯に引っかける、入れ歯の留め金)が無い入れ歯についてです。
商品名だと、スマイルデンチャー、ノンクラスプデンチャーなどなどいろいろなメーカーからたくさんでています。このタイプの入れ歯については、当院では、あまりお勧めしていません。

柔らかいのが売り物で、「柔らかいから痛くない~!」って、宣伝されてます・・・。
これ、デタラメです・・・。ここだけの話ですので、内緒にしてくださいね・・・

コラムのつづきはこちら(Ameba ブログへ)

総入れ歯でわかる?!歯科医師の実力

総入れ歯は軟らかい歯肉のクッションに乗っかって、硬い2つの入れ歯がぶつかり合うようなもの。噛む道具なのに噛む力が入れ歯を揺すり不安定にさせます。噛む力に揺すられてこすれて痛みの原因になることも少なくありません。

歯がないので上下のアゴを閉じても合わさる場がなく、歯科医師が噛む位置を決めなければなりません。噛んでも入れ歯ががたつかないような精密な咬みあわせを作ることが大切になります。ですから歯科医師泣かせで、入れ歯が嫌いな歯科医師が多いのです。

歯科医師の知識と経験、技術の差がはっきり出てしまうのが総入れ歯なのです。そして、歯科医師の要求を的確に再現してくれる歯科技工士さんの能力も重要になります。歯科医師と歯科技工士が共に最高の力を出さなければよい結果は出ないのが総入れ歯です。総入れ歯を作るときは入れ歯治療の経験が豊富で、優れた歯科技工士と連携している歯科医師を選ばれることをお勧めします。

食事を楽しみ人前で笑える総入れ歯【シュトラックデンチャー】

シュトラックデンチャー

お口は食べることだけでなく、話したり笑ったりとコミュニケーションにおいて大切な器官です。残念ながらすべての歯を失ってしまった方は、アゴの骨が薄くなって口元がやせてしまい、年齢より老けてみられがちです。

シュトラックデンチャーと他院の総入れ歯との比較ドイツ式総入れ歯は、内側から自然なボリュームを出すことが可能で、自由に口元を作ることができるので、若々しい表情が取り戻せます。入れ歯であることを忘れてしまうほど自然ですので、安心して使っていただくことができる入れ歯です。

信じられますか?右の写真は、同じ患者さまの入れ歯です。上が他院で製作された保険の入れ歯、下が当院で製作されたドイツ式総入れ歯です。

院長コラム

「アゴの骨が痩せているので、よい入れ歯は作れません・・・」って言われたら、すぐに転院して下さい!

かかりつけの歯医者さんでこんな事を言われたそうです。
「○○さんはアゴの骨が痩せているので、よい入れ歯は作れません・・・」「高額な入れ歯を作っても、すぐに合わなくなるからお金をかけて作るのは無駄です・・・」

かかりつけの歯医者さんは、あなたの経済的な負担を少なくなるように考えてくれたのでしょう、とても良心的な歯医者さんのように思えますよね・・・?
でも、本当にそうでしょうか?入れ歯の専門家として、このまま黙ってはいられません・・・。

コラムのつづきはこちら(Ameba ブログへ)

「上下顎同時印象法」による総入れ歯

上下顎同時印象法当院では、「上下顎同時印象法」によるドイツ式総入れ歯「シュトラックデンチャー」をご提供しています。人間の舌は食事や言葉を話すときに複雑な動きをしていますので、お口の中の状態が少しでも変わるとうまく噛めなくなったり、明瞭に話しづらくなったりします。

舌がスムーズに動く入れ歯にするためには、天然の歯があったときと同じ筋肉の動きを誘導してあげることが大切です。そのためには、歯がすべて揃っていたときのお口の中の状態を正確に把握する必要があるのです。

特殊な技術で歯が揃っていたときの状態を再現
「上下顎同時印象法」により、天然の歯がすべて揃っていたときのお口の動きや、これまでの型取りではできなかったツバを飲みこんだ時の状態を再現した型取りができます。さらに、一人ひとりに合わせたオーダーメイドのトレーを使い、正確な噛み位置を決めていきますので、全体のバランスがとれた入れ歯が完成します。

歯の色や形などについても、患者さまのお肌の色、お顔の輪郭などを参考にして、歯科技工士とよく相談しながら慎重に決めていきます。その結果、外見を気にすることなく口を開けて笑え、食べたいものが食べられる理想的な入れ歯をご提供することができます。

最近では、総入れ歯治療が苦手だからと、安易にインプラント治療に誘導する歯科医師が多いと聞きますが、それは間違いです。すべての歯を失われた方(総入れ歯)のインプラント治療は、総合的な知識と技術、経験が必要なのです。歯科医師がインプラント無しでも、高水準の総入れ歯を作れる能力を持っている事が最低条件なのです。安易にインプラント治療を選んではいけません。ご注意ください。

【院長コラム】総入れ歯について (アメブロより)

院長コラム

総入れ歯でお悩みのあなた!世界初の方法で、あなたの入れ歯を製作します!

あなたは、歯医者さんで歯型を採った事がありますか?
あなたは歯科医が、最も苦手とする歯型採りは、何か知ってますか?

答えは、歯肉の型採りなのです。歯を失った、歯肉の型採り。つまり、入れ歯の歯型採りです。
その中でも、すべての歯を失ったあなたの、総入れ歯の、歯型採りは、超~難易度が高いのです・・・。

コラムのつづきはこちら(Ameba ブログへ)

総入れ歯でお悩みのあなたへ!何回作ってもダメな理由を、教えますね・・・

さて、質問です。あなたは歯科治療で、最も知識と経験が必要な治療は、何だと思いますか?

答えは、総入れ歯の治療です。
総入れ歯の治療こそ、歯医者さんの総合的な力が、あなたに、はっきり解る治療なのです。

コラムのつづきはこちら(Ameba ブログへ)

しっかり噛めて審美性に優れたドイツ式部分入れ歯【テレスコープ】

テレスコープ

ドイツ式入れ歯の中で、代表的な部分入れ歯がテレスコープです。入れ歯先進国と言われるドイツで130年以上の歴史をもつ部分入れ歯で審美性が高く、入れ歯が体の一部としてしっかり機能し、生体にも安全で長持ちします。

テレスコープシステムの特徴は、ご自身の歯の根を抜かずに利用できることです。残った歯に専用の冠を取り付け、はめ込むように装着するのでしっかり固定されます。ステーキなど噛み応えのある固い食べ物でもしっかり噛むことができるので、肉食文化のドイツで愛されていることが納得できる入れ歯です。もし歯を失うことがあっても、修理すればその後も使うことができ、長く愛用できます。

見た目が気にならないので女性や若い方にもお勧めします

テレスコープテレスコープは保険診療の部分入れ歯のような固定するための留め金がなく、はめ込み式の装置で固定します。見た目が自然で外見からは入れ歯を使っていることが全くわかりませんので、女性や若い方にもお勧めできます。健康な歯にかかる負担が少なく、残っている歯全体で力を受け止めるため、歯の喪失予防も期待できます。さらに取り外して洗浄もできますので清潔さを保てます。歯を失った場合の理想的な部分入れ歯として、自信を持ってお勧めします。

<当院がお勧めするドイツ式部分入れ歯テレスコープの特徴>
・金具が外から見えず、見た目が自然
・寝るときも外す必要がない
・保険の入れ歯とは比較にならないぐらいよく噛める
・入れ歯特有の違和感がない
・美しい口元の張りを再現できる
・丈夫で壊れても修理しながら長期間使える
・残っている歯の寿命を延ばすことができる
・残っている歯を失っても修理して使える

テレスコープシステムの種類

テレスコープシステムには多くの種類がありますが、主に以下の種類を残っている歯の本数や状態に合わせて使い分けます。

リーゲルテレスコープ
リーゲルレバーという開閉装置が組み込まれた入れ歯です。残っている歯が弱い方にお勧めです。
リーゲルテレスコープの詳細はこちら
リーゲルテレスコープの実際の症例写真はこちら

コーヌステレスコープ
茶筒のふたの原理で内冠と外冠をはめ込む入れ歯です。残っている歯が丈夫な方にお勧めです
コーヌステレスコープの詳細はこちら
コーヌステレスコープの実際の症例写真はこちら

レジリエンツテレスコープ
残っている歯が3本以下の場合に適応する入れ歯です。自分の歯を諦めたくない方にお勧めです。
レジリエンツテレスコープの詳細はこちら
レジリエンツテレスコープの実際の症例写真はこちら

リーゲルテレスコープ

リーゲルテレスコープリーゲルとはドイツ語で「かんぬき」のことです。入れ歯本体に手で開閉できるリーゲルレバーという装置が付いていて、開けると簡単に入れ歯を脱着することができ、閉めると入れ歯が固定されます。レバーを閉めた状態だと舌で触れてもわからないので違和感がありません。入れ歯というよりも、取り外せるブリッジのイメージです。

リーゲルテレスコープ
レバーを開けると脱着できます
リーゲルテレスコープ
閉めると固定されます

3本までの歯をなくした方へご提案したい治療方法です
3本までの歯をなくされた場合、ブリッジかインプラントで機能回復を図ることが多いですが、ブリッジは健康な両サイドの歯を削る必要があります。そのため最近では、歯を削らない治療法として、インプラントを勧められる場合が多いようです。但しインプラント治療がどうしても嫌だったり、糖尿病や心臓病で手術にリスクがあったり、アゴの骨が痩せていて難症例で身体の負担が大きかったりと、決して万能ではありません。そこで当院では3本までの歯をなくした方に、残った歯を守るためにもリーゲルテレスコープをお勧めしています。正しく設計すれば着け心地もよく、食事もおいしくいただけます。耐久性もあり、修理も簡単なので長期間ご使用できます。

もしも、私が入れ歯になったらと考えると、正直インプラント治療は選択しないと思います。
私は、怖いのが苦手なのです。
だから、あなたがインプラントを嫌がる気持ちが良く解ります。

リーゲルテレスコープ式部分入れ歯の症例

コーヌステレスコープ

コーヌステレスコープコーヌスとは円錐形の意味で、残った歯に直接被せた内冠と入れ歯本体にある外冠をはめ込んで装着します。茶筒のふたの原理のようにピッタリはまるのと同じ力を利用した入れ歯です。入れ歯を取り外すこともできますので、お掃除も簡単です。リーゲルテレスコープと違い、土台となる残った歯がある程度しっかりしていないと適応が難しい治療法です。

<今、再評価されているのがコーヌステレスコープです>
かつて日本では、1980年代にコーヌステレスコープがクローズアップされたことがあります。しかし非常に高い技術力や精度、知識が要求される技法のために正しい治療が行われず、トラブルが相次ぎテレスコープ全体の評判を落としてしまいました。コーヌステレスコープは素晴らしい治療法ですが、間違った設計をすれば歯の寿命を短くしてしまいます。現在では、製作できる歯科技工士は国内でも教えるほどしかいません。
しかし、ドイツ式入れ歯テレスコープの一つとしてのコーヌステレスコープは、残った歯を守る部分入れ歯として再評価されています。当院では、患者さまの口腔内の状態や残った歯の状態によって適応すると判断できた場合に、自信を持ってご提案しています。

コーヌステレスコープ式部分入れ歯の症例

レジリエンツテレスコープ

レジリエンツテレスコープ残っている歯が3本以下の場合に適応される入れ歯です。残っている歯に金属製の冠を被せ、入れ歯の外冠にはめ込んで支えます。入れ歯本体は総入れ歯と同じように粘膜で固定されているため、残っている歯の負担を、最小限に抑える事ができます。そのため、保険の入れ歯と比較して遙かに歯の寿命を延ばすことが可能です。万が一、残って入る歯が抜けてしまっても簡単な修理でそのままお使いいただけます。

残りの歯の本数が少ない場合は、総入れ歯に準じて上の入れ歯の天井部分は大きく覆うことになります。これは歯を失った歯肉の部分が噛む力でやせてしまうのを防止するためです。天井部分があると嘔吐しやすいと訴える方がいますが、精密に設計されて安定している入れ歯は、すぐに慣れることができます。

レジリエンツテレスコープ
1本でも歯が残っていれば適応可能
レジリエンツテレスコープ
装着時

審美的にも機能的にも優れた、高齢化社会の救世主!
数本しか歯が残っていない場合、抜歯して総入れ歯を進められることがありますが、レジリエンツテレスコープでは大切な歯を抜かずに利用することができます。留め金の必要もなく、自由に口元を作ることができるので審美的に優れ、好みの歯並びも自由自在です。

また、総入れ歯との大きな違いは、残った歯に備わる歯根膜から物を噛んだときの感覚が脳に伝わることです。インプラントも同様で、歯根膜がないと噛む力のコントロールが難しい場合があります。レジリエンツテレスコープは、入れ歯の内側にはめ込まれた歯が、入れ歯の横揺れを防止します。そのため食事のときの噛み心地が全然違いますので、美味しく食事ができます。院長は高齢化社会の救世主となる優れものの入れ歯と考えています。

<レジリエンツテレスコープをお勧めしたい方>
・歯が1〜3本しか残っていない
・インプラントが難しいと言われた
・残せる歯もすべて抜いて総入れ歯を勧められている
・歯がぐらぐらで噛むことができない
・インプラントにしたが、口元のしわが増えた

レジリエンツテレスコープ式部分入れ歯の症例

院長コラム

全部の歯を抜いて、総入れ歯にしましょう!と言われて、お嘆きのあなたへ!抜いちゃだめですよ!

上か下の、片側のアゴに残っている歯が、およそ3本以下の場合、部分入れ歯の設計がとても難しくなります。理由は、日本の歯科大学で教育されるレベルでは、そもそも入れ歯の設計が、無理だからです...。
特に、健康保険で決められた設計では、残された歯を守り、良く噛める入れ歯はできないのです。

歯科医が残っている歯が3本前後だと、「もうじき総入れ歯になるだろう」との予想のもとに多くの歯科医が、保存可能な歯まで抜歯してしまう事があるからです。

コラムのつづきはこちら(Ameba ブログへ)

抜けた歯をそのままにしないで!!

抜けた歯をそのままにしないで!!1〜2本の歯が抜けても、他の歯で噛めるからと放置されている方がいらっしゃいます。しかし抜けたまま放置していると、その歯と噛み合っていた反対側の歯が伸びてきます。すると段差ができて食事の時に物がはさまりやすくなり、虫歯や歯周病の原因になります。

さらに咬みあわせのバランスも崩れ、アゴの負担も増えて顎関節症や不定愁訴など全身の健康にも悪影響を与えかねないのです。歯が抜けたら歯科医師に相談し、部分入れ歯やインプラントを検討してください。

歯科技工士との連携で美しい仕上がりをお約束します

歯科技工士との連携

IPSG包括歯科医療研究会で入れ歯を究める歯科医師は、歯科技工士との連携を重要視しています。それは、歯科技工士の協力がなくては優れた入れ歯は作れないからです。

特に歯科技工士との連携が顕著になるのは審美面です。当院には、研究熱心な歯科医なら誰でも知っている、都内の高名な歯科医の下で10年間勤務し、芸能人や政財界人の歯科技工経験を豊富にもつ、優れた歯科技工士が常駐しています。患者さまの口元を直接確認し、歯科医師と歯科技工士のダブルチェックを行うため、より高いレベルでの審美性が獲得できます。また、できあがった入れ歯の調整もその場で行えますので、何度も来院いただかなくてもピッタリした入れ歯をすぐにご提供できます。女性ならではの美しさのこだわりや細かなご要望にも敏速に対応することができ、多くの患者さまに喜ばれています。

歯科技工士との連携さらに国内トップクラスの技術力と最先端の設備を保有する外部歯科技工所と提携して、常に最善の技工物を製作しています。

この動画の症例はこちらをご覧下さい

見た目も気持ちも若返る。歯科技工士との連携で実現する入れ歯治療

歯科技工士との連携当院には、美しい入れ歯を求められる患者さまがたくさん来院されます。歯をすべて失った方は口元の張りが失われ、シワも目立つようになります。ほうれい線も深くなり上の唇も薄くなります。歯を失い噛む力を出せなくなることで、お口の周りの筋肉が衰えてたるんでくるので、年齢よりも見た目が老けて見えてしまいます。特に女性の患者さまのお悩みは深刻です

女性や若い世代の方にも自信を持ってお勧めします
当院では失われた歯肉のボリュームを復元し、お口の周りの筋肉の動きまで考慮した入れ歯を歯科技工士と連携して製作します。顔の形に調和した高品質セラミックの人工の歯をご用意していますので、形だけでなく大きさや歯の色、歯並びまで自由にお選びいただくことができます。また、笑ったときの前歯の見え方(スマイルライン)も重視し、その方がもっとも魅力的に見えるような入れ歯に調整します。

「30代からの入れ歯」へ

院長コラム

入れ歯をいれたら、口元のしわが増えて老け顔でお悩みのあなたへ!

毎日歯を失ってお悩みの方が多数お見えになります。その際、あなたのお悩みをじっくりお聞きします。
すると、お悩みの中で特に女性に多いのが、食べる機能を失ったという事よりも、入れ歯を入れたら口元の張りを失い、見た目が老け込んでしまったという悲しい訴えなのです。

やっぱり、女性はいつまでも若々しく美しくいたいですよね!
そんな、あなたにお伝えしたいお話があるからです。

コラムのつづきはこちら(Ameba ブログへ)

すべての治療で咬みあわせを重視した、お口全体を考える治療

咬みあわせを重視

虫歯や歯周病といったお口の中のトラブルの原因は、口腔内の細菌と咬みあわせによって歯にかかる「力」です。歯に不自然な「力」が加わるとひびが入ったり、すき間ができてしまい、そこに細菌が感染して虫歯や歯周病が発症するのです。

院長は、IPSG包括歯科医療研究会で咬合治療を学んできました。歯科先進国では咬みあわせを重視することは当然です。当院では、虫歯治療や歯周病治療、入れ歯治療やインプラントも正しい咬みあわせがあってこそ成り立つと考え、すべての治療において咬みあわせを重視し、お口全体をトータルに考える治療を行います。

「咬みあわせと身体の不具合の関係」へ

院長コラム

危険!虫歯じゃないのに、歯がしみるあなた! 原因は、悪い咬み合せですよ・・・

あなたは、歯がしみて痛いのに、歯医者さんで調べてもらったら
「○○さん、虫歯はありません・・・。」「レントゲンで調べても異常はありませんよ・・・」
な~んて、言われた事はありませんか・・・?

そして、気がついたら歯と歯肉の境目が、削れてしまって、段差になったり歯肉が退縮(縮んで)、歯が長くなってきたように感じませんか・・・?

コラムのつづきはこちら(Ameba ブログへ)

ぴったりな咬みあわせを作るための治療を行います

咬みあわせを作るための治療入れ歯だけでなく、虫歯の治療に使われる被せ物を製作するときは、歯型の模型を咬合器に取り付け、正確な咬みあわせが再現された状態で作ります。フェイスボウトランスファーという機器で患者さまの顎関節と上アゴの位置関係を測定し、それを咬合器上に移します。これにより患者さまの顎の動きまで再現でき、ぴったりフィットした咬みあわせの被せ物や入れ歯が製作できるようになります。日本では精度の高い治療において必須条件である、フェイスボウトランスファーと咬合器を日常的に使用して診査・診断を行っている歯科医院は、全体の5パーセント以下と言われています。当院は世界基準で、高品質な医療の提供を目指している数少ない医院のひとつです。あなたのために、最善を尽くすことをお約束します。

院長コラム

実は、歯医者さんの多くは咬み合せの知識が無いって、知ってますか・・・?

ここだけの話ですが、実は、歯医者さんのほとんどは咬み合せの知識はありません・・・。
正確には、ほんの少ししかありません・・・。

その証拠に、少し考えれば解りますが、お悩みの患者さまは、すでに何件もの歯医者さんに相談しているのです・・・。耳鼻科や整形の先生にまで・・・。

コラムのつづきはこちら(Ameba ブログへ)

咬みあわせを重視することで審美性も高まります

咬みあわせを重視特に口を開けた時に一番目立つ前歯は、咬合器によって左右の歯の長さや傾きなど、全体のバランスを考えた、見た目の美しさに慎重に配慮しながら調整することが重要です。「咬みあわせを含めて口腔全体をトータルに考える治療」により、美しさも機能性も長持ちする治療が完成します。

当院は、患者さまがご自分では決して見る事ができない、前歯の裏側の精密な咬みあわせにまでこだわります。負担の少ない咬みあわせを作る事により、治療後の歯の延命になるのです。見た目が良いのは当たり前です、歯のダメージを最小限にして、全身の健康にも大きな影響を与える咬みあわせを重視します。見た目の美しさと機能を兼ね備えてこそ、価値ある治療と考えます。

またインプラント治療も咬みあわせを考えて行うことで、治療後の健康状態を維持し、残った歯を守ることもできます。当院はすべての治療において咬みあわせを最優先し、将来にわたってお口の健康を守る、世界水準の高品質な歯科診療を提供しています。

審美セラミックの症例集はこちら

インプラントに不安を持つ方へ満足できる治療をご提供します

インプラント

「インプラントにしたいが無理と言われた」「インプラントが一番いいのかわからない」「手術が怖い」「治療後が不安」。そんな疑問や不安をお持ちの方が多いようです。インプラントは優れた治療法であり良好な診療実績が多くある一方で、長く保たない例やインプラント周囲炎(インプラントの歯周病)などのトラブルも報告されており、歯科医師の診療技術や実績、歯科医院の診療設備によって結果が左右される治療とされています。

院長コラム

インプラントなんて、どこでも同じでしょ・・・?って、考えている幸せなあなたへ!

もしかして、あなたも歯を失ってお悩みですか・・・?そして、インプラント治療を検討中ですか?
でも一大決心をして、高額な治療費をかけて、手術の不安や恐怖を乗り越えて、無事にインプラント治療が成功したあなた、ひとまず、おめでとうございます。
そして、あなたの身体に埋め込まれたインプラントが可能な限り長持ちしてくれる事をお祈りしますね。

ところで、現在インプラント治療を検討しているあなたは何を基準に、歯医者さんを選びますか?

コラムのつづきはこちら(Ameba ブログへ)

インプラント症例集はこちら

難症例にも対応できる豊富な実績と行き届いた診療環境
院長は早くからインプラント治療に取り組み、1,000本以上の診療実績があります。院内にはインプラント専用オペ室を完備し、CTデータとコンピュータによるシュミレーションシステムを駆使した精度の高い安全な治療を行っています。治療後は当院での定期検診やメンテナンスで健康維持に努められている方が、長きに渡り良好にインプラントをお使いいただいています。

インプラントさらに、難しい治療にも対応することができるため他院からの紹介も多く、アゴの骨の厚みが少ない方や、すべての歯を失われた方など難症例の方も多数来院されています。抜歯と同時にインプラントの埋め込み手術を完了することで、治療期間が短縮できる最新のHAインプラントを使用したスピードインプラント治療(抜歯即時埋入法)、総入れ歯から固定性の歯に1日で生まれ変わるオールオン4にも対応しています。また恐怖心が強い方や、全身疾患の方にも安心して手術を受けていただけるように、大学病院麻酔科専門医による全身管理の下、リラックス効果のある点滴を併用する静脈内鎮静法も導入し、多様なご要望にお応えすることができます。

「総入れ歯専門インプラント」へ

院長コラム

あなたは、キーンと歯を削っている埃っぽい場所のとなりで、インプラントの手術を受けたいですか?

あなたは、自分の身体に切開を加えて、異物(人工歯根)を埋め込む手術を受けるのに、お隣で、歯を削っている同じ室内で手術を受けたいですか・・・?

通常の室内では、多くの塵やゴミが浮遊していますが、手術室がそうでは困りますよね・・・?

コラムのつづきはこちら(Ameba ブログへ)

インプラントにこだわらず最善の治療をご提案します

豊富なインプラント実績しかし当院の最も大きな特徴は、インプラントにこだわらず最善の治療をご提案し対応できることです。インプラントは優れた治療法ですが、どんな場合にも入れ歯より優れているわけではありません。当院では患者さまのご希望を最優先しながら、症例に合わせて最適な治療をご提案します。

当院では決してインプラント治療を押しつけることはありません。必ず詳細な計画とお見積りをご提示し、安心し納得して治療を受けていただきます。インプラントに限らず治療結果に満足し、将来にわたって長くお付き合いしていきたいと考えています。インプラントか入れ歯か、お迷いの方もぜひご相談ください。

院長コラム

歯科インプラントが成功している理由

インプラントを長持ちさせるには・・・
後ろ向きに考えれば、インプラントを身体が一度でも異物と認識すれば、身体はとげを排除するように、インプラントを、体の外へ追い出そうとします。

歯磨きをさぼって、インプラントの周りに汚れをためてしまうと、炎症を起こします。
すると身体は、インプラントを異物と認識します。そうなれば、もう元には戻れません。

コラムのつづきはこちら(Ameba ブログへ)

入れ歯・インプラント専門治療について

入れ歯専門医院だからこそご提案できることがあります

入れ歯専門医院

「入れ歯が合わない」「ちゃんと噛めない」「口元が老けて見える」「食事や旅行が楽しくなくなった」など、入れ歯に悩まれている方が多いのが現実です。このようなお悩みは入れ歯が正しく設計されていない場合に起きやすいと言われます。そして咬みあわせの不具合など問題を抱えたまま、単に歯が抜けた場所に入れ歯を入れても良い結果は得られません。入れ歯を作るには、お口の中を全体的に考慮した設計が必要なのです。

長年、入れ歯治療を追求してきた院長は、正しい設計があってこそ最適な入れ歯が作れると自負しています。しかし、どんな治療法も利点と欠点があります。医学的に正しいことでも、患者さまの思いとは必ずしも一致しない場合もあります。専門家の意見を押しつけるのでは無く、その方にとって最善の治療をご提案し期待にお応えすることが、入れ歯専門院としての使命だと考えています。

「ドイツ式 部分入れ歯」へ
「お喜びのお声を頂きました」へ

院長コラム

高額な入れ歯を検討中のあなた!治療する前に実物のサンプルを見たくないですか?

「〇〇さん、保険の入れ歯にしますか?」「それとも、自費の入れ歯にしますか?」「自費の入れ歯は、使い心地が良いですが、○○万円です」
あなたは素人ですから、入れ歯の知識なんてありませんからね・・・。何のことやらですよね・・・?
そして良く解らない物に、高いお金なんて払いたくないですよね・・・。

そんなあなたの気持ち、よ~く解ります・・・。そこで、私はこんな物を用意しています。

コラムのつづきはこちら(Ameba ブログへ)

患者さまにとってこれが最後の入れ歯となる事を願っています
入れ歯は食べるための道具だけではありません、発音や口元の張りを美しく保つ役割も担っています。しっかり噛むことで脳に刺激も与えられ、認知症の予防にもなると言われます。院長はいつも「この入れ歯に満足して生涯使っていただけるように」「充実した人生のお役に立てるように」と願いながら入れ歯治療に取り組んでいます。

院長コラム

電気自動車のプリウスが飛ぶように売れるのに、入れ歯に300万円って高いですか?

日本の医療は、保険医療が主体になっています。そのため、風邪で内科を受診する時に、お金の心配をしながら受診される事はありませんよね?
でも歯医者さんでは、高額な自費診療を勧められる事も多いのではないでしょうか・・・?

あなたのかかりつけの歯医者さんは、どんな感じですか?

コラムのつづきはこちら(Ameba ブログへ)

宇都宮や県外からも来院されています

当院には他院で「うちでは難しい症例です」と断られ、たどり着かれた患者さまが少なくありません。宇都宮や県外から来られる方も多くいらっしゃいます。そんな方にこそ満足いただける入れ歯治療をご提供したいと、今日も新たな患者さまとの出会いをお待ちしています。

症例
待合室に貼られた患者さまの声
症例
県外からも大勢来院されています

患者さまの声はこちら

審美性の高い入れ歯で女性や若い方にも喜ばれています入れ歯専門医院
多くのご相談やご希望にお応えするため、最新の入れ歯サンプルや、当院で治療された方の症例写真、動画のご紹介ツールなどを豊富にご用意しています。そしてご希望に沿った歯の色や形、歯並びをお聞きし、総合的な治療プランを立ててから治療を行います。

当院では女性や若い方のご希望に応え、歯だけではなく口元のシワやほうれい線、口元の張りなど、お顔全体の審美性も重視した治療を提供しています。入れ歯でお悩みの方をなくすために、これからも真摯に入れ歯治療に取り組んで参ります。

院長コラム

「40歳で、総入れ歯にしましょう!」と言われて、 鬱病になりそうなあなたへ!

若くしてたくさんの歯を失って、自信まで失っていませんか?
最近、流行りのインプラントは痛そうだし、何年か前に、テレビで死亡事故の話もやってたし、そもそも、異物を埋め込まれるなんて絶対にやりたくない・・・。

そんなあなたに、お勧めの入れ歯があります。

コラムのつづきはこちら(Ameba ブログへ)

世界的に認められているIPSG包括歯科医療研究会に所属しています(VIP特別会員)

IPSG包括歯科医療研究会

IPSG包括歯科医療研究会とは、日本の歯科医療のレベル向上のため1994年に設立されたスタディグループです。元日本歯科大学教授である稲葉繁教授の指導のもと、ドイツ式入れ歯と咬合治療、摂食嚥下、全顎治療などについて国内外の最先端の技術・ノウハウを学び、会員それぞれが切磋琢磨して診療技術の向上をめざしています。

院長は、IPSG包括歯科医療研究会のVIP特別会員です。VIP特別会員は稲葉繁教授の診療見学・症例相談など直接指導を受ける事が許された、選ばれた10数名の会員です。

IPSG包括歯科医療研究会ウェブサイト

ドイツ式入れ歯と咬合治療を中心とした高度な治療ドイツ式入れ歯
院長は、よりよい入れ歯治療をめざして多くの治療技術を学んできました。その中でたどり着いたのが「IPSG包括歯科医療研究会のドイツ式入れ歯」です。ドイツ式入れ歯はお口にぴったりフィットし、ずれたりグラついたりしないのでしっかり噛むことができます。そして見た目も自然です。更に支えの歯が悪くなっても修理が可能で、30年以上の長期にわたって使われた実績もある入れ歯です。

院長は、正しい設計で理想的な入れ歯が作れることに感銘を受け、IPSG包括歯科医療研究会に参加しました。そこでドイツ式入れ歯だけでなく、咬合治療、顎関節症治療、摂食嚥下管理、全顎治療などの研鑽を積み、新しい技術やノウハウを当院の患者さまに還元しています。

「咬みあわせを重視」へ

世界的に信頼されるドイツ式入れ歯をご提供します

ドイツ式入れ歯ドイツ式入れ歯は入れ歯先進国といわれるドイツで生まれたもので、世界でも最も進んでいるとされている入れ歯治療です。「価格が高くても質の高い長持ちのするものを選ぶ」ドイツ特有の考え方から生まれた正統的な治療であり、さらに130年以上にわたって改良と進化を続けて現代に至った非常に精密で安定した技術となっているのです。

当院では、世界的に信頼されているIPSG包括歯科医療研究会のドイツ式入れ歯をご提供し、すでに多くの方が入れ歯の悩みから解放されて充実した日々を過ごしています。ちゃんと噛めない入れ歯にお悩みの方に、当院のドイツ式入れ歯によって歯とともに失った笑顔や充実した人生を取り戻していただきたいと願っています。

ドイツ式入れ歯の症例集はこちら
入れ歯専門医院について

【院長コラム】 あなたの歯の寿命を短くしているって、知ってますか?(アメブロより)

院長コラム

なんでも保険で治療してくれる歯医者さんが、 あなたの歯の寿命を短くしているって、知ってますか?

親切な歯医者さんが、一生懸命作ってくれた入れ歯ですが歯の寿命を早めるお手伝いをしていたのです・・・。

あなたは、知っていましたか・・・?
その証拠に、入れ歯のベテランのあなたは部分入れ歯を入れると、2~3年おきにバネを引っかけた歯が、虫歯や歯周病になったり、折れたりしていませんか・・・?

コラムのつづきはこちら(Ameba ブログへ)

入れ歯かインプラントか迷っている方に最適な選択肢をご提案します

入れ歯・インプラント専門治療

歯を失った場合の機能回復の方法として、ブリッジ・部分入れ歯・インプラントがあります。これまでは1〜2本の歯の欠損はブリッジが一般的でしたが、支えにする歯を削るため傷みやすく、他の歯に負担をかけにくいタイプの入れ歯やインプラントを勧められることが増えてきました。

その一方でインプラントは手術が必要であり、アゴの骨の状態などの条件が限られるため、インプラントと入れ歯のどちらがよいのかと迷う方も増えているようです。患者さまに最適な治療をご提案するためには、歯科医師が入れ歯・インプラント治療、そして咬みあわせの理論をすべて高いレベルで習得していることが必要です。苦手分野のある歯科医師は、自分の得意な治療法に力を入れてしまうので治療の選択肢が狭くなり、患者さまにとって決して最適とはいえない治療を受ける可能性もあります。

難症例(重症例)も改善に導く自信があります
院長は、入れ歯治療、インプラントのどちらについても専門的な研鑽を積み、難症例(重症例)にも対応できる診療技術を備えています。どちらのメリットもデメリットも知りつくした上で豊富な症例を経験していますので、その方にとって最適の治療法を導き出し、ご希望にお応えすることができます。

ドイツ式入れ歯の症例はこちら
インプラント症例はこちらをご覧ください
日本歯科評論に症例が掲載さました

無理にインプラントを勧めることはありません

インプラント治療実は院長は、以前は「歯を失われた方にはインプラント治療が最適」と考え、1,000本以上のインプラント治療を経験してきました。しかしインプラントの場合、人工歯の形が不自然になりがちで歯と歯肉の境目に食べ物がはさまりやすいことや、歯周病で歯をなくされた方はインプラント周囲炎(インプラントの歯周病)にもなりやすいことなど、万能の治療ではないことを実感し、入れ歯治療の研究も続けてまいりました。

当院は、入れ歯・インプラント治療の専門家として患者さまのご期待に添える自信がありますので、いつでも最適な治療法をご提案することができます。そしてどちらの治療についても丁寧にご説明し、ご一緒に考えた上で患者さまご自身に選択していただきます。

【院長コラム】 あなたはインプラントが、本当に必要ですか? (アメブロより)

院長コラム

インプラントを検討中のあなたへ! あなたはインプラントが、本当に必要ですか?

特に、歯を失った場合の治療法としては、歯科業界がインプラントブームのせいなのか、歯を失ったら、インプラントにするのが最善と考えている患者さまが増えています。

もしかして、あなたもそうですか?
でも、本当にそうでしょうか・・・?
あなたが歯を失った時、インプラント治療を選択するのが最善なのでしょうか・・・?
ブリッジや、入れ歯ではダメなのでしょうか・・・?

コラムのつづきはこちら(Ameba ブログへ)

インプラントと入れ歯を知りつくしているからこそ実現する治療もあります

インプラントテレスコープデンチャーインプラントとドイツ式入れ歯のメリットを生かし、組み合わせた入れ歯がインプラントテレスコープデンチャーです。入れ歯の支えとして補助的にインプラントを併用することにより、さらに安定してしっかり噛むことができる入れ歯が完成します。そして歯を失った部分の歯肉の負担も減り、アゴの骨が痩せるのを予防できるのです。また入れ歯を取り外して手入れができるので、とても衛生的です。将来もしも寝たきりなど介護が必要な状態になったとしても、歯磨きなどの口腔ケアが楽になりますので誤嚥性肺炎などの心配が減ります。

インプラントテレスコープデンチャーは、インプラントと入れ歯のメリットを合わせた治療です。どちらの治療法も知りつくした当院が自信を持って提供できる治療としてご提案し、多くの患者さまに喜ばれています。インプラントテレスコープデンチャーは、ドイツ式入れ歯を提供している医院の中でもごく限られた施設でのみ施術可能な治療法です。

インプラントデンチャーについてはこちら

インプラントテレスコープデンチャーの症例
インプラントテレスコープデンチャー
治療前です。
 
インプラントテレスコープデンチャー
治療後の正面写真です。
インプラントテレスコープデンチャー
治療後の咬みあわせの状態です。こんな入れ歯を、見たことがありますか?
 
インプラントテレスコープデンチャー
入れ歯を外すときは、開閉レバーを開きます。
インプラントテレスコープデンチャー
入れ歯を外した状態です。写真の右上にインプラントが埋め込まれています。
このような最新の治療をご提供できるのは、全国的にも少数の医院だけです。
 
 

ご希望に合わせながら、将来を見据えた当院にしかできない治療を提供すること

妥協のない最善の治療

誰しもご自分の歯で一生涯にわたって過ごせることが理想ですが、残念ながらほとんどの方が、虫歯や歯周病など歯の病気やトラブルに見舞われています。歯並びが悪くなることもあれば、ケガによる歯の欠損や、虫歯・歯周病による抜歯が避けられないこともあります。

当院には、歯とともに失った食べる楽しみや笑顔を取り戻し、充実した人生を送り続けたいという患者さまがたくさん来院されます。院長は、そんな患者さまのお気持ちに寄り添いながら、できる限りご自分の歯に近い機能性や審美性を取り戻す治療をご提供することに心血を注いできました。

当院では、難症例にも対応するインプラント治療、佐野市で唯一手がけるドイツ式入れ歯、お子さまの健やかな成長を促す非抜歯矯正など、患者さまの思いや願いに応え、将来にわたって満足していただける価値ある歯科治療、当院にしかできない治療に取り組んでいます。

「豊富なインプラント実績」へ
「入れ歯専門医院」へ
「歯を抜かない小児矯正」へ

最善の治療を実現するための診療環境も整えています

理想的な診療環境をつくるために滅菌設備を充実させ、安心・安全の治療を提供しています。最新の高圧蒸気滅菌器(オートクレーブ)やガス滅菌器、超音波洗浄器など、都心の大型医院レベルの設備を整えました。また、ハンドピース滅菌器によるハンドピースの滅菌を徹底しています。大量のハンドピースと先端ドリルのストックも用意していますので、使いまわしをせずに1本1本徹底的に滅菌処理を施しております。さらにインプラント専用の手術室を設け、クリーンな環境下での精密治療に努めています。

オペ室
インプラント専用手術室
高圧蒸気滅菌器
高圧蒸気滅菌器
ハンドピース滅菌器
ハンドピース滅菌器

ガス滅菌器
ガス滅菌器
超音波洗浄機
超音波洗浄機

また、歯科治療に使用する器具や材料も自信を持ってお勧めできるよう、歯科先進国で認められている世界水準のものを揃えています。診療ユニットには、ドイツ製高性能の診療チェアを採用いたしました。全ては患者さまのことを第一に考え、投資した設備です。

診療ユニット診療ユニット

【院長コラム】歯を削る機器、7割が使い回し・・・ (アメブロより)

院長コラム

「歯を削る機器、7割が使い回し・・・」って、知ってますか?

「歯を削る機器、7割が使い回し・・・」というこの記事の後に、実は、こんな事が起きたそうです。

歯科医療機器の、滅菌消毒器械の一つ、高圧蒸気滅菌器(オートクレーブ)の受注が、急増したのです。
もしかして、その時に発注した医院は、高圧蒸気滅菌器(オートクレーブ)を、持っていなかったのでしょうか・・・?

コラムのつづきはこちら(Ameba ブログへ)

治療前、そして治療後も最善を尽くします

妥協のない最善の治療歯の治療は患部だけを治療すればよいというものではありません。特にインプラントや入れ歯などの高度な治療は、まずお口の中を徹底的に診査し、歯周病治療などで状態を整える"治療前の治療"にも妥協はできません。さらに治療後も定期検診やメンテナンスを継続して、患者さまとともに歯を守る環境を整えることが必要です。治療前にも治療後にも最善を尽くしてこそ、満足していただける歯科治療が実現するのです。

私たちは、お口の健康を生涯にわたって共に守っていくパートナーとして、お口全体の将来までを考えた治療と予防をご提供します。患者さま一人ひとり、一本一本の歯と真摯に向き合い、妥協のない最善の治療を手がけて参ります。

歯周病治療について詳しく

【院長コラム】歯を抜かれる前に、相談してください (アメブロより)

院長コラム

歯医者なんて、どこでも同じでしょ?って、お考えのあなたへ! 歯を抜かれる前に、相談してください。

私の医院は、歯を失われてお悩みの方が多く来院されます。
そのため、特殊なドイツ式テレスコープ義歯や、インプラント治療に力を入れています。
インプラントの埋め込み実績も、1,000本以上あります。ドイツ式入れ歯の症例数も、豊富です。

そんな多くのインプラント治療を手掛けている私が言うのも変ですが、歯科業界のインプラントブームには、疑問があります...。
それは、「何でもかんでも、歯が抜けたらインプラントで治療しましょう」みたいな風潮だからです...。

コラムのつづきはこちら(Ameba ブログへ)

2017年2月28日

インプラントの症例

奥歯のインプラント(周りの歯を傷つけない症例)

「本当にインプラント治療が、最善の治療法なのでしょうか?
正直いつも悩みます・・・」
上アゴの小臼歯2本をインプラントにしました。

【解説】
佐野市在住、
40代、男性の患者さまです。

「できるだけ周りの歯を削りたくない」との思いで、インプラント治療を希望され来院されました。
お口の中を拝見すると、抜歯予定の歯以外は健康な歯でした。

インプラント治療の最大の利点の一つに、周囲の歯を傷つけないという点があります。
この症例は、まさにインプラント治療の恩恵を享受できたと言えるかもしれません。
ただしこの症例は、アゴの骨の厚みが少ないため理想的な長さのインプラントの埋め込みのために、リスクを覚悟で骨の移植を行いました。

左右に1本づつ埋め込まれたインプラントです。
症例

治療後の上アゴの咬み合せの面です。
症例

治療後の正面写真です。
症例

幸い、何事もトラブルなく治療は終了しましたが、どんな治療にも利点と欠点があります。
もしかしたら、歯を削りブリッジにする事があなたには最善かもしれません。
この方が、もし70歳だったらインプラント治療を希望されたでしょうか?

当院は、あなたにとって最善の治療をあなたとともに検討します。
営利目的で、インプラント治療に誘導する事はありませんのでご安心ください。

治療後のレントゲン写真です。
症例

症例一覧に戻る

インプラントの症例

前歯のインプラント(アゴの骨が足りない方の症例)

「他院で、インプラントが出来ないと診断されても、
あきらめないでご相談ください」
上アゴの欠損した部分にインプラントを入れて対応しました。
骨が足りなく他院で処置ができなかった症例です。

【解説】
佐野市在住、
40代、女性の患者さまです。

他院で上の前歯を抜歯されて、数か月後にご紹介で来院されました。

治療前の正面写真です。
仮の歯が装着されていて、外した状態です。
症例

他院では、ブリッジと呼ばれる「抜けた歯の隣りの歯を削る治療法」を予定していたそうです。
「できるだけ周りの歯を削りたくない」とのご希望で、インプラント治療を計画しました。

すでに抜歯されて数か月を経過していたので、アゴの骨がかなり吸収していました。
一般的に歯を抜くと、アゴの骨の厚みが幅で4mm以上、高さで2mm以上吸収すると言われています。
この方のアゴの骨も、吸収が進み痩せていました。
インプラント治療の経験が少ない歯科医は、アゴの骨の厚みと高さが充分に保存されている症例以外は、インプラントの埋め込みができません。

当院では、アゴの骨の厚みや高さが不足している症例でも、あらゆる技術を駆使して埋め込み可能です。
他院で、インプラントが出来ないと診断されても、あきらめないでご相談ください。

治療後の正面写真です。
症例
症例

症例一覧に戻る

インプラントの症例

前歯のインプラント(抜歯即時埋入法の症例)

「嫌な手術も1回で済みますよ!
歯を抜いた日に、インプラントを埋め込めるって知ってますか?」
上アゴ前歯1本をインプラントにしました。
抜歯後すぐにインプラントを埋入する方法で手術が1回で済みました。

【解説】
佐野市在住、
30代、女性の患者さまです。

上の前歯(写真の左上、真ん中から2番目の歯)の違和感で、来院されました。

治療前の正面写真です。
症例

診査の結果、残念ながら根っこが折れて保存不能でした。
症例

「できるだけ周りの歯を削りたくない」とのご希望で、インプラント治療を計画しました。
この方は、インプラントの埋め込み手術を、抜歯と同時に行いました。

治療後のレントゲン写真です。
症例

専門的には、「抜歯即時埋入法」と呼ばれている高度な手術です。
最大の利点は、抜歯と同時にインプラントの埋め込みが終了するので、嫌な手術が1回で済むことです。
欠点は、手術の難易度が高いので初心者の歯科医には難しいという点です。

インプラント治療を導入している医院はたくさんありますが、多くの医院が年間治療本数が0~数本と言われています。抜歯と同時のインプラントの埋め込みはできません。
当院は、インプラント専用手術室を完備し、インプラント埋入実績が1,000本以上あります。
抜歯即時埋入インプラントの経験も豊富です。
症例

治療後の正面写真です。
症例
症例

同業歯科医から、難症例のインプラント治療の患者さまを依頼される医院です。

症例一覧に戻る

インプラントの症例

総入れ歯から固定式の歯へ(強度と耐久性を考えた症例)

「誰にでも、セラミックの歯が最善とは限りません」
上アゴの全部の歯と下アゴ奥歯をインプラントで復元しました。
奥歯の咬みあわせ面を金属にし、強度を高めています。

【解説】
佐野市在住、
50代、男性の患者さまです。

奥様の紹介で、インプラント治療を希望され来院されました。

治療後の正面写真です。
症例

治療前の上アゴの咬み合せの面の写真です。
症例

治療前の上アゴの咬み合せの面の写真です。
症例

お仕事が忙しく、身体を犠牲にされてきました。
今回は、何とかお時間を調整され治療にご協力いただきました。
できる限り、残り少ない天然の歯にダメージを与えない治療法を検討しました。
また、身体の大きな男性で、噛む力がとても強い方なので、見た目よりも、強度と耐久性を重視した設計を考えました。

治療後の正面写真です。
症例

治療後のレントゲン写真です。
症例

そのため、奥歯の咬み合せの面は審美的なセラミックを使用しないで、部分的にあえて金属の冠で仕上げました。
もちろん素材は貴金属ですので、低アレルギーです。

治療後の上のアゴの咬み合せの面です 
症例

治療後の下アゴの咬み合せの面です 
症例

当院では、単に見た目だけのセラミック治療はお勧めしません。
もちろん、あなたがどうしても破損のリスクを覚悟で見た目を重視したいならかまいません。あなたの希望を、喜んで最優先します。

最近では、セラミック素材も進歩してジルコニアと呼ばれる高強度な冠も普及して来ました。このジルコニアと言う素材も万能ではありませんが、これからは、きっと歯科治療の主流になるでしょう。
あなたの希望を、遠慮なくお伝えください。

症例一覧に戻る

インプラントの症例

総入れ歯から固定式の歯へ(AGCテレスコープ義歯による症例)

「安売りのインプラントはお好きですか?」
上アゴをインプラント義歯の最高峰「AGCテレスコープ義歯」で対応しました。
下アゴは新技術で製作したメタルフレームを使用しました。

【解説】
足利市在住、
60代、男性の患者さまです。

インプラント治療を希望されて来院されました。

治療後の正面写真です。
症例

治療前の上アゴの咬み合せの面の写真です。
症例

治療前の下アゴの咬み合せの面の写真です。
症例

「専門家に任せるから、最善の治療をお願いしたい」との要望でした。
インプラント治療は、日進月歩で次々に新しい治療法が開発されています。
ただし、最新の治療法が最善とは限りませんので注意が必要です。

インプラント治療を導入している医院はたくさんありますが、内容は医院によってまったく異なるのです。当然、価格も大きな差があります。
あなたが、「同じインプラントなのに、どうしてこんなに値段が違うの?」って、考えるのも無理はありません。

参考までに、お伝えしますが世界的なインプラント治療の平均価格は、1本あたり日本円で50~60万円です。
ネット上では、1本10万円以下で提供している医院もみかけますが、大丈夫なのでしょうか?

数年前の報道で、「インプラントの使い回し」のニュースもありました。
読売新聞にも、「歯科医院の7割以上が、切削器具の使い回しをしている」と出ていましたよ。

当院は、高水準・高品質・安心・安全な医療の提供を目指しています。
この症例は、なるべくリスクの少ない治療法を検討し、インプラント治療の最高峰「AGCテレスコープ義歯」を計画しました。
この技法の特徴は、インプラントに固定される義歯が接着剤を使用しないで、摩擦力で固定されできる点です。
接着剤を使用しない利点は、歯を固定する時に、もしも歯科医が接着剤を取り残したら、接着剤が歯石と同じような作用をします。
その歯肉に炎症を引き起こすリスクを排除できるのです。
欠点は、製作工程が複雑なので治療費が高額となることです。

当院のAGCテレスコープ義歯は、AGC技工の第一人者、木村社長率いる松戸市の協和デンタラボラトリーにお願いしています。
都内の高名なインプラント専門医の多くが、AGC技工は協和デンタルラボラトリーにお願いしています。

下アゴは、接着剤を使用せずに、ネジで義歯を固定する技法で仕上げました。
これも最新のCAD/CAM技術(コンピューター削りだし)を駆使した
高精度・高強度のメタルフレームを使用したセラミックの歯で仕上げています。

治療後の正面写真です。
症例

治療後の右横から見た写真です。
症例

治療後の左横から見た写真です。
症例

治療後の下アゴの咬み合せの面です。
症例

当院は、都内の有名インプラント専門医ご用達のラボと提携し、高度な技工物を製作可能です。
今後も世界基準で最新のインプラント治療の提供を目指して常に研鑽していく所存です。

症例一覧に戻る

インプラントの症例

総入れ歯から固定式の歯へ(手術当日から噛めるようになる症例)

「治療期間中でも仮の歯を装着し、歯の無い期間を作らないように配慮致します」
上アゴ全ての歯と、下アゴ奥歯をインプラントブリッジで対応しました。
手術当日に仮歯を入れて噛めるようにしました。

【解説】
栃木市在住、
50代、女性の患者さまです。

治療前の正面写真です。
症例

治療前の右横から見た写真です。
症例

治療前の左横から見た写真です。
症例

インプラント治療を希望されて、遠方より来院されました。
そこで、保存可能な下アゴの前歯以外は、すべてインプラントにて復元する計画を立てました。
治療に際して配慮した事は、治療中でも歯の無い期間を1日たりとも作らないという事でした。
保存不能なボロボロな歯を何とか一時的に利用し、さらに仮の歯専用のインプラントを併用する事で、固定性の仮の歯を、すべての治療期間中装着したのです。

インプラントを埋め込んだ当日の仮の歯です。
症例

手術後の上のアゴの咬み合せの面です。
症例

治療後の正面写真です。
症例

治療後のレントゲン写真です。
症例

治療後の右横から見た写真です。
症例

治療後の左横から見た写真です。
症例

当院では、あらゆる手段を駆使してあなたの要望にお応えします。

症例一覧に戻る

インプラントの症例

総入れ歯から固定式の歯へ(3本のインプラントのみで対応した症例)

「流行のインプラント治療「オールオン4」より難易度の高い治療法です」
下アゴにわずか3本のインプラントを埋入して、全部の歯を復元させました。

【解説】
佐野市在住、
60代、女性の患者さまです。

入れ歯でお悩みで来院されました。
入れ歯やインプラント治療の利点、欠点をご説明したところ、入れ歯で苦労されていた事もあるのでしょう、インプラント治療を選択されました。

治療後の正面写真です。
症例

治療後のレントゲン写真です。
症例

この症例は、総入れ歯の方にわずか3本のインプラントで全ての歯を復元させた貴重な症例です。
似たような治療法に、4本のインプラントで全ての歯を復元させる、最近流行のオールオン4という名称の難易度の高い治療法があります。
その治療法より、インプラント体の本数を減らした、さらに難易度の高い技術です。

治療後の下アゴの咬み合せの面です。
症例

この症例は、10年前の症例ですが現在も経過良好です。

症例一覧に戻る

インプラントの症例

総入れ歯から固定式の歯へ(他院のインプラント治療をやり直した症例)

「2年でインプラントが抜け落ちた社長さん!
私で良ければ相談してください」
上アゴはAGCインプラント義歯にてやり直しを行いました。
下アゴは最新技術で製作したメタルフレームを使用し対応しました。

【解説】
佐野市在住、
70代、男性の患者さまです。

奥様のご紹介で来院されました。

治療前の正面写真です。
症例

治療前のレントゲン写真です。
症例

インプラント体が折れています。
症例

他院で施術された上下のインプラントの不具合でお悩みでした。
まだ、治療後2年位だそうです。
お口の中を診査すると、上アゴのインプラントに固定された歯が今にも抜け落ちそうでした。
レントゲンで確認すると、埋め込まれたインプラント体の周囲から膿がでています。
さらに、インプラント体が何本も折れています。

抜け落ちた上のインプラント体と義歯です。
症例

すべてのインプラント体に問題を抱えていました。
残念ですが、すべて除去が必要です。短期間での失敗です。

インプラント治療に不信感を持たれているのでは?と考え、当初、入れ歯治療をお勧めしました。
しかし、もう一度インプラント治療に挑戦したいとのご希望でした。
そこで、なるべくリスクの少ない治療法を検討し、インプラント治療の最高峰「AGCテレスコープ義歯」を計画しました。

治療後の正面写真です。
症例

治療後のレントゲン写真です。
症例

治療後の右横から見た写真です。
症例

治療後の左横から見た写真です。
症例

治療前の上アゴの咬み合せの面の写真です。
症例

超精密加工された土台です。
症例

この技法の特徴は、インプラントに固定される義歯が接着剤を使用しないで、摩擦力で固定されできる点です。
接着剤を使用しない利点は、歯を固定する時に、もしも歯科医が接着剤を取り残したら、接着剤が歯石と同じような作用をします。
その歯肉に炎症を引き起こすリスクを、排除できるのです。
欠点は、製作工程が複雑なので治療費が高額となることです。

当院のAGCテレスコープ義歯は、AGC技工の第一人者、木村社長率いる松戸市の協和デンタルラボラトリーにお願いしています。
都内の高名なインプラント専門医の多くが、AGC技工は協和デンタルラボラトリーにお願いしています。

下アゴは、接着剤を使用せずに、ネジで義歯を固定する技法で仕上げました。
下の写真は、下アゴの金属フレームです。ネジ穴が開いていますよ。
症例

これも最新のCAD/CAM技術(コンピュウター削りだし)を駆使した高精度・高強度のメタルフレームを使用したセラミックの歯で仕上げています。

治療後の下アゴの咬み合せの面です。ネジ穴は、白い樹脂で塞いでいます。
症例

当院は、都内の有名インプラント専門医ご用達のラボと提携し、高度な技工物を製作可能です。
今後も世界基準で最新のインプラント治療の提供を目指して常に研鑽していく所存です。

同業歯科医院様から、多数の患者さまを治療依頼される医院ですのでご安心ください。

症例一覧に戻る

インプラントの症例

総入れ歯から固定式の歯へ(骨の移植を行った症例)

「同業歯科医からも信頼の厚い、インプラント専門医院です」
上アゴの足りない骨に骨移植を行い、インプラントを埋入しました。
インプラント義歯の最高峰「AGCテレスコープ義歯」により予後も安定します。

【解説】
佐野市在住、
60代、男性の患者さまです。

市内の歯科医院から、インプラント治療の依頼で紹介来院されました。

治療前の正面写真です。
症例

入れ歯を外すとこんな感じです。
症例

治療前の右横から見た写真です。
症例

治療前の左横から見た写真です。
症例

他院から紹介来院された患者さまですが、上の奥歯の部位のアゴの骨の厚みが少ないために、その医院では対応できなかったためです。

治療前のレントゲン写真です。
症例

骨の厚みが少ない場合の対処法は2つあります。

1、骨を移植して、厚みを増やす
2、インプラント体を斜めに埋め込んで、骨の厚みを確保する

今回は、骨の移植を計画しました。理由は、歯の本数を後方まで製作したかったからです。
この方の奥歯の骨の厚みは、1ミリ以下でしたので、とても苦労しましたが何とか成功しました。

治療後のレントゲン写真です。
症例

インプラント体に固定されている歯は、インプラント治療の最高峰「AGCテレスコープ義歯」です。
症例

治療後の右横から見た写真です。
症例

治療後の左横から見た写真です。
症例

この技法の特徴は、インプラントに固定される義歯が接着剤を使用しないで、摩擦力で固定されできる点です。

超精密加工された、土台です。
症例

そこに、義歯がはめ込まれます。
症例
症例
症例

義歯の裏側です。純金の冠が仕込まれています。
症例

接着剤を使用しない利点は、歯を固定する時に、もしも歯科医が接着剤を取り残したら、接着剤が歯石と同じような作用をします。
その歯肉に炎症を引き起こすリスクを排除できるのです。
欠点は、製作工程が複雑なので治療費が高額となることです。

当院のAGCテレスコープ義歯は、AGC技工の第一人者、木村社長率いる松戸市の協和デンタルラボラトリーにお願いしています。
都内の高名なインプラント専門医の多くが、AGCは協和デンタルラボラトリーにお願いしています。

当院は、わざわざあなたが都内まで通院しなくても、最新のインプラント治療を提供できるように常に研鑽しています。
同業の歯科医から、治療依頼される医院ですのでご安心ください。
是非、ご相談ください。

症例一覧に戻る

インプラントの症例

総入れ歯から固定式の歯へ(インプラントを斜めに埋入した症例)

「いつまでも健康で綺麗な口元でいたい、80歳の素敵な奥様へ」
上アゴの薄い骨にインプラントを斜めに埋入し、骨造成手術を回避しました。
下アゴはセラミックのブリッジで対応しました。

【解説】
足利市在住、
80代、女性の患者さまです。

当院の患者さまの紹介で、ご来院されました。
「良く噛めないので、食事が美味しくない」「見た目も気になるので、綺麗にしたい」とのご要望でした。

治療前の正面写真です。
症例

治療前の右横から見た写真です。
症例

治療前の左横から見た写真です。
症例

治療前の上アゴの咬み合せの面の写真です。
症例

治療前の下アゴの咬み合せの面の写真です。
症例

当初ご高齢の方ですので、身体の負担を考えドイツ式入れ歯をお勧めしました。
ところが、「もしも入れ歯で満足できなかったら、その間の治療期間が無駄になる」
「確実に、1回で良く食べられるようにして欲しい」
との要望でした。
そこで、とてもお元気な方ですので、インプラント治療で、固定式の歯を甦らせる計画を立てました。

治療後のレントゲン写真です。
症例

よくある事ですが、上のアゴの奥歯の部位はアゴの骨の厚みが少ない場合が多いのです。
インプラント体を埋め込む場合には、リスクを覚悟で骨の厚みを増やす手術が必要になります。
今回は、できるだけリスクを避け、身体の負担を軽減するために、インプラント体を斜めに埋め込む技術を使い、リスクのある処置を避ける工夫をしました。
レントゲン写真で、真ん中のインプラント以外が傾斜しているのはそのためです。

治療後の正面写真です。
症例

治療後の上のアゴの咬み合せの面です 。
ネジで固定しています。写真のネジ穴は仮に塞いであります。
最後に、しっかりと樹脂で塞ぎます。
症例

当院はあなたのために、できるだけ安全な治療法を検討します。

症例一覧に戻る

インプラントの症例

総入れ歯から固定式の歯へ(天然歯を残した症例)

「入れ歯で苦労している両親を見ていて、入れ歯にだけはなりたくないとお考えのあなたへ!」
上アゴをインプラントブリッジで修復しました。
残った歯を抜かないことで、アゴの骨の吸収を抑えることが可能です。

【解説】
佐野市在住、
60代、女性の患者さまです。

当院の患者さまのご紹介で、来院されました。

治療前の正面写真です。
症例

治療前の右横から見た写真です。
症例

治療前の左横から見た写真です。
症例

治療前の上アゴの咬み合せの面の写真です。
症例

治療前の下アゴの咬み合せの面の写真です。
症例

ご家族が入れ歯でとても苦労されていたこともあり、しっかり噛める、インプラント治療をご希望されました。
診断の結果、すべての歯が神経の組織を取り除かれた脆い歯でした。
さらに古い被せ物を除去してみると、虫歯で崩壊が進み歯肉の上にご自分の歯が見え無くなる程でした。
数回の相談の結果、今回はインプラントを支えにした固定性のブリッジタイプの歯を計画しました。

下の写真は、インプラント体が埋め込まれたところです。
歯肉の下に埋没させる予定の根っこが、まだ見えます。
症例

根っこの埋没手術後の写真です。
根っこが隠れました。
症例

状態の悪い歯は支えとしては利用しませんが、アゴの骨の吸収を予防するために天然の歯の根っこの部分は、歯肉の下に埋没させています。
歯を抜かないので、アゴの骨は痩せません。
この技術を使う事で、最終的な歯の見た目をできるだけ自然に見せるように努力しています。
多くの医院では、すべて抜歯する事が当たり前です。
当院では、あらゆる技術を駆使してあなたの期待に応える努力を惜しみません。

治療後の正面写真です。
症例

治療後の右横から見た写真です。
症例

治療後の左横から見た写真です。
症例

治療後の上のアゴの咬み合せの面です 
ネジで固定してあります。ネジ穴は、最終的には白い樹脂で塞ぎます。
症例

治療後のレントゲン写真です。
症例

症例一覧に戻る

インプラントの症例

総入れ歯から固定式の歯へ(骨造成手術を回避した症例)

「骨が薄いから、インプラントは無理だって断られたあなたへ!朗報です!」
上アゴの薄い骨にインプラントを斜めに埋入し、咬みあわせを回復ました。
下アゴはセラミックのブリッジで対応しました。

【解説】
佐野市在住、
60代、女性の患者さまです。

治療前の正面写真です。
症例

治療前の右横から見た写真です。
症例

治療前の左横から見た写真です。
症例

治療前の上アゴの咬み合せの面の写真です。
症例

治療前の下アゴの咬み合せの面の写真です。
症例

入れ歯で長い間、苦労されてきた患者さまです。
インプラント治療を希望され、紹介で来院されました。

近年、急速に普及してきたインプラント治療ですが、アゴの骨の厚みや幅が足りない場合はできません。
ただし、いろいろな技術を使えば骨を増やしてインプラントを埋め込む事ができるのですが、身体の負担も増え、治療の難易度も高いので失敗するリスクも高まります。
もしご希望なら成功するまで、私も誠心誠意頑張りますが、気がすすまないですよね・・・?

特に上アゴの奥歯は、この患者さまのように骨の厚みが少ない場合が多いのです。
インプラント体を垂直に埋め込むと、鼻の横にある空洞(上アゴ洞)に突き抜けてしまいます。
そこで、インプラントを埋め込むために、リスクを覚悟でその空洞に骨を移植して、厚みを増やす手術が必要になるのです。

この症例ではなるべくリスクのある処置を避け、現在のアゴの骨を効果的に利用するために、インプラント体を斜めに傾斜させて埋め込んでいます。

レントゲン写真です。
症例

その他の利点として、人工的に作った骨を使わないので、インプラント体がアゴの骨に結合する時間も短縮できます。

治療後の正面写真です。
症例

治療後の右横から見た写真です。
症例

治療後の左横から見た写真です。
症例

治療後の上のアゴの咬み合せの面です 
症例

治療後の下アゴの咬み合せの面です 
奥歯の銀歯は、抜歯予定でしたが患者さまの希望で残しました。
症例

当院は、常にあなたにとって最善の治療法を検討します。
あなたの希望を優先致します。

症例一覧に戻る

インプラントの症例

総入れ歯から固定式の歯へ(オールオン4の症例)

「たった1日で、総入れ歯から固定式の歯へ!
夢のインプラント治療!」
下アゴをオールオン4と呼ばれる画期的な治療法で対応しました。

【解説】
佐野市在住、
60代、女性の患者さまです。

総合的な治療を希望され、紹介で来院されました。

治療前の正面写真です。
症例

手術当日に、固定式の歯を装着します。
症例

手術直後の、固定式の仮の歯です。
症例

長年、入れ歯で苦労されてきたそうで、「可能ならインプラント治療で固定性の歯にしたい」とのご希望でした。
今回は、予算的な制限で下アゴのみインプラント治療を計画しました。
5本のインプラントで、14本の歯を製作しています。

見た目も劇的に改善され、とてもお喜びいただけました。
症例
症例

治療後の右横から見た写真です。
症例

治療後の左横から見た写真です。
症例

治療後のレントゲン写真です。
症例

この方は、最近流行中のオールオン4と呼ばれている治療法で対応しました。
どんな治療法かと言うと、「総入れ歯がたった1日で固定性の歯に生まれ変わる」という画期的な方法です。

当院では、15年前から施術しています。
第一号の患者さまは先代の院長である私の母です。
現在も経過良好ですよ。

症例一覧に戻る

インプラントの症例

総入れ歯から固定式の歯へ(多数歯連結インプラント)

「要職を退かれた社長さん!
そろそろ大切な身体に、ご褒美をあげませんか?」
上下全ての歯をインプラントブリッジにして咬みあわせを回復した症例です。

【解説】
佐野市在住、
60代、男性の患者さまです。

上下のアゴの総入れ歯のインプラント治療の症例です。

治療前の正面写真です。
症例
症例
症例

お仕事が忙しく、通院する時間が無く身体を犠牲にされていました。
要職を退かれ時間に少しゆとりが出来たので、身体のためにしっかり歯を治したいと来院されました。
相談の結果、状態の悪い歯を無理に保存せず、インプラント治療で固定性の歯を甦らせる計画を立てました。

この症例は歯科医がレントゲンを確認すれば解りますが、アゴの骨の吸収を予防するために、数本の根っこを歯肉の下に保存しています。
完全に歯肉の下に埋没させていますので、感染のリスクはとても低いです。
症例

治療後のレントゲン写真です。
症例

見た目をできるだけ自然に仕上げたいためです。
症例
症例
症例

治療後は好きな物を何でも食べられると、お喜びいただけました。
総入れ歯でお悩みのあなた、是非ご相談ください。

症例一覧に戻る

その他の入れ歯の症例

総入れ歯にインプラントを併用した症例(インプラントデンチャー)

「費用対効果を求めるあなたに!
たった2本のインプラントを埋め込む事で、あなたの総入れ歯が劇的に安定します」
下アゴにインプラントを埋入し、インプラントデンチャーを装着しました。
最小限の治療で患者さまの負担を抑え、快適な噛み心地を提供します。

【解説】
60代、男性の患者さまです。

下の写真は、インプラント体が2本埋め込まれた状態です。
症例

入れ歯の表側です。
症例

入れ歯の裏側です。
インプラント体に装着された維持装置に、はまり込む部品が装着されています。
症例

お口の中です。
症例

正面から見た写真です。
症例

たくさんのインプラントを埋め込むのは怖いけど、総入れ歯が外れるのはもっと嫌ってお悩みのあなたへお勧めですよ。

症例一覧に戻る

その他の入れ歯の症例

入れ歯とインプラントの良いとこ取りの症例(インプラントデンチャー)

「取り外し式の総入れ歯なのに、天然の歯と同じ食べ物が食べられます。
それが、インプラントデンチャーです。」
下アゴに残っているインプラントを活用した取り外しのできる総義歯を入れました。
固定式に比べて清掃性が高く、お口を健康に保てます。

【解説】
佐野市在住、
80代、女性の患者さまです

12年前、下アゴの総入れ歯の不具合のため、紹介でご来院されました。
そしてインプラントを支えに、固定式の義歯を装着した患者さまです。

特に問題なくお使い頂いていましたが、脳梗塞で入院され右半身に軽い麻痺が残り歯磨きが難しくなり、お困りで相談にお見えになりました。

インプラント治療の欠点として、歯磨きの難しさがあります。なぜなら多くの場合、歯が抜けるとアゴの骨が吸収して小さなアゴになります。でも、その小さなアゴに装着される人工の歯は元通りの大きな歯です。当然、小さなアゴと大きな歯との境目に段差ができるのです。

そこに食べ物が詰まりやすいのです。

インプラント治療が終わったら、ご自分でメンテナンスが出来るようにトレーニングも必要です。

そこで今回は、軽い麻痺のためもあって、お掃除が難しい固定式から簡単に取り外して清掃できる、総入れ歯に変更しました。
でも、せっかくインプラントが埋め込まれているのでこれを利用しない手はありません。そこでインプラントを総入れ歯の支えとして利用する計画を立てました。

下の写真が埋め込まれたインプラントです。5本のインプラントが埋め込まれていますよ。
術後12年目です。経過良好です。
症例

そこに、入れ歯を固定するためのバーを装着します。
ドルダーバーと呼ばれていますよ。
症例

そして、入れ歯の裏側にはバーを挟み込むクリップが埋め込まれています。
今回は、4カ所に設置しました。
症例

表側です。咬みあわせの面は、見た目はあまり良くありませんが、機能と強度を優先してオーダーメードの金属で仕上げています。
症例

今回の症例は、奥歯までバーを伸ばしているので入れ歯の沈み込みや揺れはありません。固定式の歯と同じ力で噛むことが可能です。

この症例のように、固定式だけがインプラント治療ではありません。
あなたにとっての最善の治療法を考えます。
是非、ご希望をお聞かせください。

症例一覧に戻る

ドイツ式入れ歯(テレスコープ)の症例

フリクションピンテレスコープ(超精密加工された金属の2重冠を利用した症例)

「80歳、もうインプラントはやりたくないあなたへ
日本では、たった2台しか導入されていない精密工作器械で製作しています。」
上アゴの残った歯とインプラントに精密加工された内冠を装着しました。
患者さまのお口の状態に合わせた治療で、一生涯使える入れ歯を提供します。

【解説】
佐野市在住、
80代、女性の患者さまです

10数年前に、当院にて右上の奥歯にインプラント治療を施術した患者さまです。
症例

今回、左上の奥歯の動揺が気になるとのことで、再治療となりました。

下の写真は、インプラントを埋め込む前です。
症例

右横から見た状態です。
症例

左横から見た状態です。
症例

今回は、年齢的な理由でインプラント治療は希望されませんでした。
診査の結果、全体に歯の状態は悪いのですが、何とかすべて保存できそうでした。
ただし今後、予想できないトラブルがいつ起こるか解りません。
そこで、2重冠構造のフリクションピンテレスコープ義歯で対応しました。
2重冠なので、内側の冠に問題が起きても、簡単な修理で外側の入れ歯を、使い続ける事が可能になります。

この症例はご高齢のため、リーゲルテレスコープ式入れ歯のレバー開閉が不安なため、開閉レバー無しの、フリクションピンという維持装置としました。

治療後の正面写真です。
症例

治療後の右横から見た写真です。
症例

治療後の左横から見た写真です。
症例

咬み合せの面の写真です。
症例

内冠と呼ばれる、内側の冠です。
症例

内冠の側面の拡大写真です。
超精密加工されたフレームに溝が形成されています。
症例
症例

外側の冠にピンが仕込んであります。
症例

これは放電加工という技術で、この工作機械は日本国内には2台しかないそうです。
症例

群馬県高崎市の京王歯研さんにお願いしています。
加工中の動画です。

この入れ歯で、20年、100歳以上は大丈夫です。ご安心ください。

症例一覧に戻る

2017年2月27日

ドイツ式入れ歯(テレスコープ)の症例

リーゲルテレスコープ式部分入れ歯(天然歯とインプラントを併用した症例)

「歯にダイヤモンド!おそらく、日本でたった一つの貴重な症例です」
残った歯とインプラントを併用したリーゲルテレスコープ式を入れました。
当院は患者さまのご要望にできるだけお答えできるよう最善を尽くします。

【解説】
佐野市在住、
60代、男性の患者さまです

お口の中の総合的な治療をご希望で来院されました。
診査の結果、残された歯の状態が悪く、多くの歯が神経の組織を取り除かれて、脆い歯でした。今後、次々に歯根の破折が予想されます。

そこでインプラントを併用したリーゲルテレスコープ義歯を選択しました。
2重冠構造なので、今後、予想される歯根の破折による抜歯等にも対処可能な設計としました。
愉快な方で、前歯にダイヤモンドを加工して埋め込んで欲しいとのご希望で、苦労の末、なんとかご要望にお応えできました。とても、お喜び頂けました。

治療後の正面写真です。2個のダイヤがキラリ!
症例
症例

回転レバーを開けば入れ歯が外れます。
症例

内側の冠です。
症例

この症例は、世界でも稀な症例となりました。おそらく日本でこの方だけだと思います。K様、貴重な経験をありがとうございます。

実は、K様はこの歯をとても気に入って、ルビーとサファイアを埋め込んだ仕様を現在計画中です。

当院は、あなたの無理難題にお答えします。

症例一覧に戻る

ドイツ式入れ歯(テレスコープ)の症例

リーゲルテレスコープ式部分入れ歯(インプラントだけで入れ歯を支えている症例)

「国内でこのようなドイツ式入れ歯の治療症例をもっている歯科医院は、
数軒しかありません」
インプラントを活用したリーゲルテレスコープ式部分入れ歯です。
取り外しが出来る入れ歯なので清掃性も抜群です。

【解説】
佐野市在住、
60代、男性の患者さまです

インプラント治療を希望され、当院の患者さまの紹介で来院されました。

初診時の正面写真です。総入れ歯を外した状態です。
症例

総入れ歯を装着した状態です。
症例

上アゴの咬み合せの面です。
症例

下アゴの咬み合せの面です。
症例

この方は、他院で数年前に上下の歯にインプラント治療を受けましたが、失敗に終わっています。しかし「今回もう一度、インプラント治療に挑戦したい」との強い要望でした。
今度は、失敗は許されません。そこで、内科的に糖尿病がある事などもしもご病気で通院が難しくなっても、修理やメンテナンスが容易で、できる限り清掃性の良い義歯を検討しました。

6本のインプラント体が埋め込まれているので、固定式の義歯でも製作可能なのですが、あえて取り外し式の、リーゲルテレスコープ義歯としました。

内冠と呼ばれる、内側の冠を装着しました。
症例

2重冠とする事で、義歯を外せばインプラントの周りが解放されるため清掃性が抜群です。

そこに、入れ歯がはめ込まれます。
症例

回転レバーを開くと入れ歯が外れます。
症例

さらに取り外し式のため、万が一のトラブルにも敏速に対応できます。
当院は、10年先を見据えた治療法をあなたと共に考えます。

ドイツ式入れ歯を導入している医院でも、インプラントのみを支えにした、リーゲルテレスコープ義歯を提供できる医院は国内でも少数です。

治療後の正面写真です。
症例

理由は、インプラント治療と入れ歯治療の両方に精通している医院が少ないからです。

治療後のレントゲン写真です。
症例

症例一覧に戻る

ドイツ式入れ歯(テレスコープ)の症例

リーゲルテレスコープ式部分入れ歯(天然歯とインプラントを併用した症例)

「ミラクルデンチャー vs ドイツ式入れ歯 vs インプラント」
上アゴの神経のない歯だけでは支えられないため、インプラントを埋入してリーゲルテレスコープを入れました。
ミラクルデンチャーでは残念ながら長くは持たない症例です。

【解説】
小山市在住、
50代、男性の患者さまです

入れ歯の悩みでインターネットで検索、ミラクルデンチャーを知り、相談で遠方から来院されました。

初診時の正面写真です。
症例

右横から見た写真です。
症例

左横から見た写真です。
症例

上アゴの咬み合せの面です。
症例

下アゴの咬み合せの面です。
症例

診査の結果、咬み合せのバランスが大きく崩れており、その場しのぎの治療では良い結果が出ない事をご説明しました。ご納得いただき、総合的に治療させて頂きました。

上の歯は、すべての歯が神経の組織が取り除かれて、脆い歯でした。今後、次々に歯根の破折で抜歯となることが予想されます。
そこで、インプラントを併用したリーゲルテレスコープ義歯を選択しました。
2重冠構造なので、今後、予想される歯根の破折による抜歯等のトラブルにも対処可能です。

当院は、県内第一号のミラクルデンチャー導入医院です。
どうしても「ミラクルデンチャー」という名称の部分入れ歯を希望される場合は対応しますが、欠点が多いため、現在当院では、ドイツ式入れ歯をお勧めしています。

治療後の正面写真です。下の歯は、シンプルなインプラントを支えにしたブリッジです。
症例

咬みあわせの面の写真です。
症例

開閉レバーを開いた状態です。
症例

内冠の状態です。
症例

常に最新の治療法が最善ではありません。あなたにとっての最善を目指します。

症例一覧に戻る

ドイツ式入れ歯(テレスコープ)の症例

リーゲルテレスコープ式部分入れ歯(天然歯とインプラントを併用した症例)

歯医者さんで、「すべての歯を抜いてインプラントにしましょう」って言われて泣きそうなあなたへ!
上アゴにインプラントを埋入し、それを支えにリーゲルテレスコープで対応しました。
天然の歯だけでは対応が難しい場合でも、インプラントを併用することで対応できます。

【解説】
佐野市在住、
60代、男性の患者さまです。

お口の中の総合的な治療を希望され、奥様のご紹介で来院されました。

初診時の正面写真です。
症例

上の咬み合せの面です。
症例

下の咬み合せの面です。
症例

右横から見た写真です。
症例

左横から見た写真です。
症例

重度の歯周病の方なのですが、できる限り歯を保存したいとの強いご希望でした。
相談の結果、インプラントを併用したリーゲルテレスコープ義歯で対応しました。 
どうしても保存不能な歯を抜歯し、インプラントを埋め込みました。

そこに内冠と呼ばれる、内側の冠を装着しました。
症例

そこに、入れ歯がはめ込まれます。
症例

回転レバーを開くと、入れ歯が外れます。
症例

治療後の正面写真です。
症例

仕上がりは、入れ歯というよりも、固定性のブリッジに近い使用感を得る事ができ、大変お喜び頂けました。なによりも、この方の強い希望である、天然の歯を保存する事ができました。
最近ではインプラント治療が普及してきたためか、保存可能な歯をすべて抜歯してインプラントに置き換えてしまうような症例も見かけます。
賛否両論がありますが、インプラント治療も万能ではありません。
当院は、あなたにとって最善の治療法をあなたと一緒に検討します。

下アゴは、シンプルなインプラントを支えにした固定性のブリッジです。
症例

治療後のレントゲン写真です。
症例

症例一覧に戻る

ドイツ式入れ歯(テレスコープ)の症例

リーゲルテレスコープ式部分入れ歯(天然歯のみを利用した症例)

「インプラントは怖い、でもかっこ悪い入れ歯は絶対嫌!」
って、お悩みのおしゃれな奥様へ!
「取り外し式のブリッジって、ご存知ですか?」
上アゴに残った多くの歯を活用したリーゲルテレスコープ式部分入れ歯です。
ドイツ式部分入れ歯は取り外しも楽にでき清掃しやすいので残った歯を守れます。

【解説】
足利市在住、
50代、女性の患者さまです。

上の奥歯の違和感で、紹介でご来院されました。
診断の結果、残念ながら歯根が折れていて保存不能となりました。

初診時の正面写真です。
症例

治療前の右横から見た写真です。
症例

治療前の左横から見た写真です。
症例

治療前の咬み合せの面の写真です。
症例

診査の結果、状態の悪い歯が多く、いつ根っこが折れて抜歯になっても不思議では無い状態でした。

そこで、重冠構造のドイツ式入れ歯の一つ、リーゲルテレスコープ式部分入れ歯を装着しました。

術後の正面写真です。
症例

右横から見た写真です。
症例

左横から見た写真です。
症例

術後の咬みあわせの面です。
症例

2重冠の内側の冠です。
症例

上の冠(ブリッジ)は、レバーを開けば外れます。
もしも内側の冠にトラブルが起きて、不幸にも抜歯になっても外側の冠は修理して使い続ける事が可能です。見た目も自然で、お友達にも入れ歯だと気づかれませんよ。

インプラントは怖いけど、普通の入れ歯は絶対嫌な、おしゃれな奥様にぴったりです。

症例一覧に戻る

ドイツ式入れ歯(テレスコープ)の症例

リーゲルテレスコープ式部分入れ歯(天然歯のみを利用した症例)

「お友達に、絶対に入れ歯だとバレたくないあなたへ!」
下アゴ奥歯の欠損をリーゲルテレスコープ式部分入れ歯で修復しました。
当院のドイツ式部分入れ歯は10年20年と長持ちする入れ歯です。

【解説】
栃木市在住、
60代、女性の患者さまです。

下アゴの入れ歯を希望されて、ご主人の紹介で来院されました。

初診時の下の歯です。
症例

「10年以上使えるような、丈夫な入れ歯を作って欲しい」との要望でした。
そこで今回は、すべての歯を入れ歯の支えとして利用し、もしもトラブルが起きた時にも入れ歯を修理して使い続けられるような設計としました。

ドイツ式入れ歯のリーゲルテレスコープ式部分入れ歯です。

模型で解説しますね。内冠と呼ばれる、内側の冠です。
症例

そこに、入れ歯がはめ込まれます。
症例

開閉レバーを開くと、こんな感じです。
症例

見た目は、保険の入れ歯のように金属製のバネがありませんので、周りの人には、入れ歯を装着しているなんて気づかれません。とても、お喜び頂けました。

治療後の正面写真です。
症例

もう誰も、あなたが入れ歯を装着しているなんて思いませんよ!

症例一覧に戻る

ドイツ式入れ歯(テレスコープ)の症例

リーゲルテレスコープ式部分入れ歯(天然歯のみを利用した症例)

「インプラントは絶対嫌!40歳のあなたのための、美容入れ歯です」
上アゴ奥歯の欠損をリーゲルテレスコープ式部分入れ歯で補いました。
インプラントは怖い...と不安の方もドイツ式入れ歯で美しく仕上げます。

【解説】
佐野市在住、
40代、女性の患者さまです。

左上の奥歯を失われた方です。

初診時の咬み合せの面の写真です。
写真右上の奥歯の歯が、保存不能となりました。
症例

最初にインプラント治療を検討しましたが、骨の厚みが薄いため骨の移植が必要でした。最終的に、今回はなるべくリスクの少ない入れ歯で治療計画を立てました。

内冠と呼ばれる、内側の冠を装着しました。
症例

そこに、入れ歯がはめ込まれます。
症例

回転レバーを開いた状態です。
症例

ドイツ式入れ歯のリーゲルテレスコープ式部分入れ歯です。
見た目は、保険の入れ歯のように金属製のバネがありませんので、周りの人には入れ歯を装着しているなんて気づかれません。

左横から見た写真です。
内冠と呼ばれる、内側の冠を装着しました。
症例

そこに、入れ歯がはめ込まれます。
症例

日本では、保険治療の入れ歯のイメージが悪いためか、入れ歯が敬遠されていますが、海外では、若い方も当たり前に入れ歯を選択されますよ。
私も怖がりなので、歯を失ったら高品質のドイツ式入れ歯を選ぶと思いますよ・・・。

症例一覧に戻る

ドイツ式入れ歯(テレスコープ)の症例

リーゲルテレスコープ式部分入れ歯(天然歯のみを利用した症例)

「インプラントばかり勧められてお悩みのあなたへ!
その歯医者さんに行くのは、もうやめてください」
2本の歯を支えにしたリーゲルテレスコープ式部分入れ歯で対応しました。
最小限の範囲の治療でしっかり噛める入れ歯があります。

【解説】
佐野市在住、
60代、男性の患者さまです。

左下の奥歯に、入れ歯を希望されて来院されました。
症例

インプラントは怖いので、やりたくないそうです。
最近、歯科界ではインプラント治療が歯を失った方の最善の治療法のように宣伝されていますが、それは間違いです。

すべての治療法には、利点も欠点もあります。
当院は、あなたにとっての最善の治療法をあなたと一緒に考えます。
この患者さまには、ドイツ式入れ歯のリーゲルテレスコープ式部分入れ歯で対応しました。2本の歯を支えにして、最小限の治療本数で設計しています。

内冠と呼ばれる、内側の冠を装着しました。
症例

そこに、入れ歯がはめ込まれます。
症例

咬み合せの面です。内冠です。
症例

そこに外冠(入れ歯)が装着されます。
症例

開閉レバーを開くと入れ歯が外れます。
症例

模型で説明しますね。
内冠と呼ばれる、内側の冠です。
症例

義歯が装着された状態です。
症例

開閉レバーを開いた状態です。
症例

レバーの拡大画像です。
症例

見た目も、自然です。
症例

症例一覧に戻る

ドイツ式入れ歯(テレスコープ)の症例

レジリエンツテレスコープ(天然歯のみを利用した症例)

「高いお金を払って、最後にガッカリしたくないあなたへ!」
1本の歯しか残っていなくてもレジリエンツテレスコープでしっかり噛むことができます。

【解説】
佐野市在住、
60代、女性の患者さまです。

入れ歯を作り替えたいとのご希望で来院されました。

初診時の正面写真です。
症例

初診時、軟らかい樹脂製の入れ歯「スマイルデンチャー」を使用されていました。
そして、痛くて噛めないとの事でした。

専門家が診ればあたり前ですが、何故か流行している樹脂製の柔らかいバネなし入れ歯は良く噛めません。
理由は柔らかいので噛む力で変形して、歯肉に食い込んでしまうからです。どうしてもこのタイプの入れ歯を希望される場合は、見えない裏側を金属の骨組みで補強しておくことが大切です。

当院では、このタイプの入れ歯を希望される場合は必ず金属の骨組みで変形を予防しています。

さて、この患者さまは、上のアゴに1本しか歯が残っていません。
こういう症例は、ドイツ式入れ歯のレジリエンツテレスコープが最適です。

残された歯の延命にもなります。さらに、もしもこの1本の歯を失うことになっても簡単な修理で使い続けることが可能です。
症例

内冠と呼ばれる、内側の冠を装着しました。
症例

そこに、入れ歯がはめ込まれます。
症例

治療後の正面写真です。
症例

右横から見た写真です。
症例

左横から見た写真です。
症例

今回の患者さまは、前歯の大きさや歯並びにこだわりを持たれていて、数回の仮合わせを行い仕上げました。

「若いころの歯がよみがえりました」とお喜びいただきました。
当院では、患者さまが納得されるまで何回でもやり直します。
「完成してから、がっかり」なんてさせませんので、ご安心ください。

症例一覧に戻る

ドイツ式入れ歯(テレスコープ)の症例

CSPテレスコープ(天然歯のみを利用し対応した症例)

「見た目を最優先したいあなたへ!こんなドイツ式入れ歯もあります。」
2本しか残っていない上アゴにはレジリエンツテレスコープを入れました。
下アゴには特殊な精密加工(CSP)を施したリーゲルテレスコープで対応しました。

【解説】
佐野市在住、
60代、女性の患者さまです。

初診時の正面写真です。
症例

上の歯の咬み合せの面の写真です。
症例

下の歯の咬み合せの面の写真です。
症例

右横から見た写真です。
症例

左横から見た写真です。
症例

お口の中の総合的な治療を希望されて来院されました。
「インプラント治療は嫌」
「入れ歯で最善の治療を希望したい」との事でした。

そこで、上アゴは2本の歯を利用したレジリエンツテレスコープ式、
下アゴは、審美性を重視してセラミック冠を装着し、
リーゲルテレスコープ式ドイツ式部分入れ歯を装着しました。

上の歯に、内冠と呼ばれる内側の冠を装着しました。
症例

そこに外冠と呼ばれる、外側の冠(入れ歯)が装着されます。
症例

下の歯です。これは、2重冠ではありません。
見えない裏側に、精密加工を施しています。
症例

そこに入れ歯がはめ込まれます。
症例

回転レバーを開くと、入れ歯が外れます。
症例

治療後の正面写真です。
症例

右横から見た写真です。
症例

左横から見た写真です。
症例

劇的に見た目も改善され、若返ったとお喜び頂けました。

症例一覧に戻る

ドイツ式入れ歯(テレスコープ)の症例

リーゲルテレスコープ・レジリエンツテレスコープ(天然歯のみを利用した症例)

「あなたにインプラント治療ばかり勧める歯医者さんは、危険です」
3本の歯しか残っていない上アゴはレジリエンツテレスコープで対応しました。
5本の歯が残っている下アゴはリーゲルテレスコープ式入れ歯を入れました。

【解説】
佐野市在住、
60代、男性の患者さまです。

お口の中の総合的な治療を希望されて来院されました。

初診時の正面写真です。
症例

右横から見た写真です。
症例

左横から見た写真です。
症例

診断の結果は、上アゴが3本、下アゴが5本しか保存できませんでした。
ご希望は、
「インプラントはやりたくない」
「入れ歯で最善の治療法を希望したい」との事でした。

そこで、上の入れ歯は、残りの歯が3本以下の方に特にお勧めのレジリエンツテレスコープ式、下の入れ歯はリーゲルテレスコープ式
ドイツ式部分入れ歯を装着しました。

下の写真は、上の歯の冠をすべて除去したところです。
症例

内冠と呼ばれる内側の冠を装着しました。
症例

そこに外冠と呼ばれる、外側の冠(入れ歯)が装着されます。
症例

入れ歯の裏側です。
症例

下の写真は、下の歯の冠をすべて除去したところです。
症例

下の歯に、内冠と呼ばれる内側の冠を装着しました。
症例

そこに外冠と呼ばれる、外側の冠(入れ歯)が装着されます。
症例

回転レバーを開くと、入れ歯が外れる仕組みです。
症例

見た目も、とても綺麗になり何でも食べられるとお喜び頂けました。
治療後の正面写真です。
症例

模型だとこんな感じです。内冠です。
症例

模型だとこんな感じです。内冠です。
症例

回転レバーを開いた状態です。
症例

いかがですか?最先端のドイツ式入れ歯です。

症例一覧に戻る

ドイツ式入れ歯(テレスコープ)の症例

レジリエンツテレスコープ(天然歯のみを利用した症例)

「70歳のあなたの、10~20年先の人生を見据えて、治療方法を検討しています」
残っている歯を守るためにレジリエンツテレスコープで対応しました。
生涯に渡って長く使える入れ歯をご提供いたします。

【解説】
小山市在住、
60代、女性の患者さまです。
遠方から来院されている患者さまです。

下の入れ歯は、当院で15年前に製作したものです。
当時の私にとっては、この入れ歯が最善の治療法でした。
症例
症例
症例
症例
症例

下の歯の咬み合せの面の写真です。
症例

特に、痛み等の問題はありませんでした。
ただしそろそろ、支えの歯の寿命が訪れそうな時期です。
そこで、残された歯の延命もかねて、再治療を計画しました。
今後、入れ歯の破損で急なトラブルが起こった時に備えて、通院回数も少なく、簡単な修理で最低10年以上は使用可能な設計を検討しました。
ドイツ式入れ歯のひとつ、レジリエンツテレスコープ式部分入れ歯です。

治療後の下アゴの咬み合せの面の写真です。
内冠と呼ばれる内側の冠を装着しました。
症例

そこに外冠と呼ばれる、外側の冠(入れ歯)が装着されます。
症例

そこに外冠と呼ばれる、外側の冠(入れ歯)が装着されます。
症例
症例

治療後の正面写真です。
症例

この入れ歯なら、もしも残っている歯を抜歯する事になっても、簡単な修理で使い続ける事が可能です。
遠方で通院が難しく、ドイツ式入れ歯の知識が無い歯科医でも保存できない歯の抜歯さえできれば、大丈夫です。
残りの歯が3本以下の方に特にお勧めの入れ歯です。この入れ歯で、最低10~20年は大丈夫です。100歳まで使い続けてください。
私も、頑張ります。

症例一覧に戻る

ドイツ式入れ歯(テレスコープ)の症例

コーヌステレスコープ式部分入れ歯(天然歯のみを利用した症例)

「限られたご予算の中で、最善の治療法を検討し結果を出します」
残った下アゴの歯に金属の内冠をかぶせ、コーヌステレスコープ式部分入れ歯を入れました。
患者さまのご希望に寄り添った最小限の範囲の治療にも対応します。

【解説】
佐野市在住、
60代、女性の患者さまです。

下の奥歯の入れ歯を希望されて、来院されました。

初診時の正面写真です。
症例

下の歯の、咬み合せの面の写真です。
左右の奥歯が失われています。
症例

最小限の範囲で治療をすすめて欲しいとの事でした。
そこで、左右2本ずつ計4本の歯を利用する治療計画を立てました。

下の歯の冠を、すべて除去したところです。
症例

内冠と呼ばれる、内側の冠を装着しました。
症例

前から見るとこんな感じです。内冠の正面写真です。
症例

治療後の、下の歯の咬み合せの面の写真です。
症例

治療後の正面写真です。
症例

右横から見た写真です。
症例

左横から見た写真です。
症例

ドイツ式入れ歯のひとつ、コーヌステレスコープ式部分入れ歯です。
歯の状態が良ければ、少ない本数でも対応可能な場合もあります。
当院は、あなたのご予算に合わせて、複数の治療プランを提案しています。
遠慮なく、ご希望をお聞かせください。

症例一覧に戻る

ドイツ式入れ歯(テレスコープ)の症例

コーヌステレスコープ式部分入れ歯(天然歯のみを利用した症例)

「インプラントでもドイツ式入れ歯でも、咬み合せが悪ければ、良く噛めません」
咬みあわせが崩れていたため、きっちりと咬みあわせの調整を行ってから、
下アゴにコーヌステレスコープ式部分入れ歯を入れました。

【解説】
佐野市在住、
60代、男性の患者さまです。

下アゴの奥歯を失い、入れ歯を希望され来院されました。

初診時の正面写真です。下の前歯が見えません。
症例

右横から見た写真です。
症例

左横から見た写真です。
症例

下の歯の咬み合せの面の写真です。
症例

診査すると噛む力が強い方で、歯がすり減ってしまい前歯が無くなりそうな状態でした。
症例

下の前歯がすり減って、無くなりそうです。
症例

そのために、咬み合せの高さが低くなり入れ歯が作れない状態でした。まずは、すべての歯を仮の歯に置き換え、咬み合せの高さを元に戻します。仮の歯を装着して、咬み合せの高さを高くしました。下の前歯が見えてきました。

多くの医院では歯が抜けたら、何も考えずに、そのまま入れ歯の型取りをしています。入れ歯のあなたもそんな経験がありませんか?世界一安い、日本の保険診療が基本になっているので、ある意味仕方がないかもしれません。

でも高額な自費診療でも、同様な医院が多いそうですよ・・・。
当院は、妥協しません。

症例

そして、ドイツ式入れ歯のひとつ、コーヌステレスコープ式部分入れ歯を装着しました。

内冠と呼ばれる内側の冠を装着しました。
症例

下の歯の咬み合せの面の写真です。
症例

そこに外冠と呼ばれる、外側の冠(入れ歯)が装着されます。
症例

入れ歯はこんな感じになっています。
歯の上に、すっぽり保護するようにはめ込まれるのです。
症例

上の歯は、ご予算の関係ですべて保険治療です。
ただし、咬み合せの歪みは整えていますよ。
症例
症例

インプラントや入れ歯治療は、単に歯を失った隙間を埋めれば良いという物ではありません。
歯科治療で一番大切なことは、咬みあわせを整えることなのです。

治療後の正面写真です。
症例

入れ歯やインプラントは、治療法の一つにすぎません。
高額な入れ歯やインプラント治療も、咬み合せが悪ければ良く噛めません。
咬み合せに精通している歯科医院を選ぶことが大切です。
特に高額治療を受ける時は、慎重にしてくださいね。

症例一覧に戻る

ドイツ式入れ歯(テレスコープ)の症例

コーヌステレスコープ式部分入れ歯(天然歯のみを利用した症例)

「日本の歯科大学では教えてくれない、
歯を守るドイツ式入れ歯ならではの特別な設計です」
上アゴの残っている臼歯に内冠をかぶせて装着したコーヌステレスコープです。
床部分の骨組みはドイツ式入れ歯独特のデザインを採用しました。

【解説】
足利市在住、
50代、女性の患者さまです。

上アゴの奥歯を失い、なんとかして欲しいと来院されました。

初診時の正面写真です。
症例

右横から見た写真です。
症例

左横から見た写真です。奥歯がありません。
症例

上の歯の咬み合せの面の写真です。
症例

上の歯の咬み合せの面の写真です。
症例

インプラントは怖いので、入れ歯をご希望されました。
最小限の治療本数で、計画を立てて欲しいとのご希望です。
このような症例は、すべての歯を利用するのが最善なのですが、今回は左右2本ずつ、計4本の歯で設計しました。

4本の歯に、内冠と呼ばれる内側の冠を装着しました。
症例

この症例はドイツ式入れ歯の一つ、コーヌステレスコープです。
この方のように、左右の歯を失った場合は、上のアゴの天井部分に左右の入れ歯を一体化する骨組みが必要になります。

入れ歯の患者さまが、違和感をとても気にされる部分です。そこで当院では、入れ歯の骨組みの位置や形体を、事前に患者さまに確認して頂きます。仮の骨組みを何種類か製作し、患者さまに了解を得てから、最終的な骨組みの製作にはいるのです。模型上で作図して設計しています。

青と赤でのラインで設計しました。
症例

仮の骨組みです。赤い樹脂で製作されている部分です。
理想的な2つのパターンで製作しました。
症例
症例

今回は、2つの形態で製作し確認したところ、シュパルテという名前の、日本の歯科大学では、教育すらされないデザインの骨組みを選ばれました。

治療後の咬み合せの面の写真です。
症例

この骨組みのデザインは、とても違和感が少なく、さらに残された歯の負担も少なくできる優れものです。ドイツ式入れ歯の独特のデザインの一つです。
当院は、手間ひまを惜しまず、あなたの期待にお答えします。

治療後の正面写真です。
症例

保険治療の入れ歯のように、金属製の銀色のバネは見えません。残された歯の負担も最小限です。
良い物を長く使い続ける、質実剛健の国、ドイツで生まれた入れ歯です。

症例一覧に戻る

ドイツ式入れ歯(テレスコープ)の症例

リーゲルテレスコープ・レジリエンツテレスコープ(天然歯のみを利用した症例)

「入れ歯でスルメが食べられるとお喜び頂けました」
上アゴには僅かに残った2本の歯を活用したレジリエンツテレスコープを入れました。
下アゴはリーゲルテレスコープ式部分入れ歯で対応しました。

【解説】
佐野市在住、
70代、男性の患者さまです。

長年、入れ歯で苦労されていた患者さまです。
当院で入れ歯治療を受けた患者さまからのご紹介で来院されました。

初診時のお口の中です。
正面から見た写真です。
症例

右横から見た写真です。
症例

右横から見た写真です。
症例

上の咬み合せの面の写真です。
症例

下の咬み合せの面の写真です。
症例

お口の中を拝見すると、よくある保険治療の入れ歯が上下に装着されていました。
症例

特に、上の前歯は噛む度に下の歯に突き上げられて、グラグラでした。このままでは、すべての歯を失ってしまいます。

そこで、上の入れ歯は少ない歯を保護して入れ歯の支えにできる、ドイツ式入れ歯のレジリエンツテレスコープ義歯を選択しました。

内冠と呼ばれる、内側の冠を装着しました。
症例

そこに外冠と呼ばれる、外側の冠が装着されます。
症例

入れ歯の裏側です。内冠がはめ込まれるための、穴が開いています。
症例

下の入れ歯は、リーゲルテレスコープ式部分入れ歯で対応しました。
内冠と呼ばれる内側の冠を装着しました。
症例

そこに外冠と呼ばれる、外側の冠が装着されます。
症例

この外側の冠には、こんな仕掛けが仕込んであります。
この開閉レバーを開くと、義歯が外れる仕組みです。
症例

入れ歯を外すと、こうなります。
症例

装着した時の、正面写真です。
症例
入れ歯で、スルメが食べられるとお喜び頂けました。
この方には、お喜び頂きご親戚の方を紹介いただきました。
信頼して頂き、本当にありがとうございます。

症例一覧に戻る

2017年2月24日

ドイツ式入れ歯(テレスコープ)の症例

リーゲルテレスコープ式部分入れ歯(天然歯のみを利用した症例)

「この症例は国内ではとても珍しい、貴重なものです。
当院は、世界基準の歯科医療を追求しています。」
上下の多くの歯を活用したリーゲルテレスコープ式部分入れ歯です。
人工の歯はセラミックで対応しました。

日本歯科評論に症例として掲載されました。
詳細はこちらをご覧ください

【解説】
足利市在住、
50代、女性の患者さまです。

お口の中の総合的な治療を希望され、紹介で来院されました。

初診時の正面写真です。
すべての歯が治療済みです。
症例

右横から見た写真です。
金属冠と歯肉の境目から、2次的な虫歯になっています。
症例

左横から見た写真です。奥歯が1本抜けたままになっています。
他院で埋め込んだインプラントが、失敗に終わったそうです。
症例

上の咬み合せの面の写真です。
金属冠の咬み合せの面に穴が開いている箇所が数か所あります。
症例

下の咬み合せの面の写真です。
金属冠の咬み合せの面に穴が開いています。
症例

この方は以前、他院にて施術されたインプラント治療が失敗したそうです。そこで今回は、インプラント治療以外で長持ちする治療法を検討しました。この方の歯は、ほとんどの歯がすでに何度も治療されて、神経の組織が取り除かれており、例えるなら、枯れ木のような状態です。

多くの歯が今後、噛む力で根っこが割れて抜歯のリスクを抱えています。そのため残された歯が、抜歯のトラブルに見舞われても、簡単な修理で対応可能な治療法を検討しました。

相談の結果、ドイツ式入れ歯の一つである2重冠構造のリーゲルテレスコープ義歯を選択しました。そうする事で、内側の冠が抜歯となっても、外側の義歯は修理しながら使い続ける事が可能です。

良い物を大切に長く使う、質実剛健の国、ドイツで生まれた入れ歯です。

この症例は、日本ではとても珍しい症例で、2014年、学会の広告にも掲載されました。
詳細はこちら

下の写真は、上の歯の冠をすべて除去したところです。
症例

そこに、内冠と呼ばれる内側の冠を装着しました。
症例

そこに外冠と呼ばれる、外側の冠が装着されます。
症例

この外側の冠には、こんな仕掛けが仕込んであります。
この開閉レバーを開くと、義歯が外れる仕組みです。
症例

同様に、下の冠を外した状態です。
出来る限り歯髄と呼ばれる歯の神経組織を保存しています。
症例

内冠と呼ばれる内側の冠を装着しました。
症例

そこに外冠と呼ばれる、外側の冠が装着されます。
症例

この外側の冠には、こんな仕掛けが仕込んであります。
この開閉レバーを開くと、義歯が外れる仕組みです。
症例

正面から見たところです。
入れ歯だとは、誰にも気づかれませんよ。
症例

治療後の右横から見たところです。
症例

治療後の左横から見たところです。
症例

当院は、ドイツ式入れ歯を扱う歯科医院の中でも、積極的に最先端の技術を導入している、全国的でも数少ない医院の一つです。どうぞ他院と比較してから、最後にご来院ください。

症例一覧に戻る

2017年2月 8日

採用情報

当院の願いは「本当に良い治療」を提供して、患者さまに笑顔になっていただくこと。
「この先生の所に来てよかった」と思っていただけるクリニックを目指しています。
この思いに共感できる方を募集しております。

募集 正社員・パート
職種 急募:歯科衛生士/受付事務
給与 能力等により優遇
勤務 〒327-0317 栃木県佐野市田沼町289-4
東武佐野線 田沼駅 車で5分
診療時間 平日 9:00~18:30 (最終受付 17:30)
休日 水木隔週・土日・祝/完全週休2日制
資格 歯科衛生士
待遇 詳細は面談の上
仕事内容 歯科医院内での歯科衛生士/受付事務
●各種セミナー参加、院内での定期的勉強会、個人指導あり
診療科目 一般歯科・入れ歯・インプラント・歯周病治療・矯正歯科・小児歯科・審美歯科・ホワイトニング・咬合治療・予防歯科
応募方法 まずはお電話にてお問合せください
0283-62-1125

Q&A

あなたは、こんな悩みをお持ちではないですか?
どうぞ、私たちに相談してください。

歯を失い、入れ歯やインプラントをお考えの方へ

1 入れ歯で、こんなお悩みを持たれてる方へ
何回作っても入れ歯が合わない。入れ歯を入れたら2~3年おきに歯が抜ける。
上の入れ歯が落っこちる、下の入れ歯が浮いてくる等々入れ歯の悩みはつきません。このような悩みは、正しい入れ歯の設計がされていない場合に起きやすい症状です。そんな悩みがあるならば、一度お口の中を全体的に考慮した治療を検討されてみたらいかがでしょうか?
咬みあわせの不具合など他に問題を抱えたまま、ただ単に歯が抜けた場所に入れ歯を入れても良い結果は得られない事がほとんどです。当院は、局所だけにこだわらず、あなたにあったオーダーメードの総合的な治療プランを立ててから治療を行います。
「入れ歯専門医院」へ

2 入れ歯を入れたら口元のしわが増えて、老け顔でお困りな方へ
入れ歯は食べるための道具だけではありません、発音や口元の張りを美しく保つ役割もになっています。
当院でお勧めしている自費製作の入れ歯は、口元の張りをあなたのお好みで自由に復元可能です。
ホウレイ線や唇の形なども、入れ歯の大きさで大きく左右されます。
是非、審美入れ歯を体験してください。
「審美専門の歯科技工士常駐」へ

3 入れ歯を入れたら、笑っても前歯が隠れて見えなくなったり、出っ歯になって悲しくなった方へ
「芸能人は歯が命」と昔のCMで言われていたように、前歯の見え方で、お顔のイメージは大きく変化します。自費製作の入れ歯は、可能な限りあなたのどんなご要望にもお応えします。
是非、あなたの美しさへのこだわりを聞かせてください。
当院は、一流芸能人ご用達の某有名自費専門歯科医院で10年間勤務していた歯科技工士が常勤しています。あなたの細かなご要望に敏速に対応可能です。
「審美専門の歯科技工士常駐」へ

4 入れ歯の留め金(バネ)が目立つので困っている方へ
当院でお勧めしている自費制作の入れ歯は、最新のドイツ式テレスコープ入れ歯です。この入れ歯は、一般的な残っている歯に引っかける銀色の留め金(バネ)はありません。日本の入れ歯に使われるこの留め金(バネ)はドイツでは、大学の授業からも外されています。最新のドイツ式テレスコープ入れ歯は見た目も自然で、入れ歯を入れている事は他人には解りません。
「ドイツ式部分入れ歯」へ

5 インプラントは怖いから、良く噛める入れ歯で、良いものが欲しい方へ
当院でお勧めしているドイツ式テレスコープ入れ歯は、日本の保険診療で製作できる入れ歯と違い、しっかり噛む力を支える事が可能です。咬み応えのある固い食べ物を好む、入れ歯先進国ドイツで愛されている入れ歯です。
当院では、ドイツ式テレスコープ入れ歯の小冊子をご用意しています。
お電話で「ドイツ式入れ歯の小冊子希望」とお申し付けください。
「ドイツ式部分入れ歯」へ

6 インプラントばかり勧められて、入れ歯の質問を聞いてもらえなくて悲しくなった方へ
ここ10年位、日本ではインプラント治療がブームですが、インプラントが入れ歯よりも優れているのではありません。あくまで歯を失った方の治療法の一つにすぎません。
どちらの治療法も利点と欠点があります。誰にでも新しい治療法が必ずしも良い治療法ではありません。
あなたに合った治療法が最善と考えます。
治療法を考える上で、最も大切な事は咬みあわせです。インプラントでも入れ歯でも良いのです。
例えば、家を建てるのにどんなに良い素材を使っても、設計図に間違いがあれば良い家は建ちません。
当院は、咬みあわせを最優先する世界標準の医療を提供することを目指しています。
「入れ歯専門医院」へ

7 他人に入れ歯と気づかれないような、歯を失う前の個性的な歯並びにして欲しい方へ
当院で製作するオーダーメードの自費製作の入れ歯は、あなたのお好みで自由に歯の形や歯並びを選べます。もしもあなたが、歯を失う前の歯の形や歯並びが気に入っていたのなら、そのままの昔の歯と同じ形の歯を使い、個性的な歯並びにすることも可能です。
さらに歯の色も、たくさんの色見本からお好みの色をお選びいただけます。
あなただけの世界に一つの入れ歯をお作りします。
「審美専門の歯科技工士常駐」へ

8 できるだけ早くいい総入れ歯(保険外治療の総義歯)を作りたい方へ
当院独自の型取りは、上下のアゴの型取りを同時に行います。お口の中の舌や頬の筋肉まで、詳細な情報を採得することが可能になります。同時に治療回数の短縮にもなり、最短4回で完成します。
「ドイツ式総入れ歯」へ

9 最新の入れ歯の実物が見たいと思われている方へ
当院では、いろいろな最新の入れ歯のサンプルをご用意しています。
実物を見て触ってお確かめください。
また実際に当院で治療を終えられた、多数の症例写真をお見せすることも可能です。
他院のホームページによく見受けられる、器材メーカーのカタログ掲載写真ではありません。
さらにドイツ式入れ歯をアニメーションで解説したDVDもご用意しています。
「入れ歯専門医院」へ

10 実際に、最新の入れ歯を入れた体験者の感想を聞きたいと思われている方へ
最新の入れ歯の体験者のお声を多数いただいています。
待合室の壁には、当院で自費治療を受けていただいた方のお声の一部を100枚貼りだしています。
「お喜びの声を頂きました」へ

11 最新の入れ歯の資料が欲しいとお考えの方へ
院長が所属しているIPSG包括歯科医療研究会代表、日本初の高齢者歯科学講座教授、稲葉繁先生の「ドイツ式入れ歯の小冊子」をご用意しています。
お電話にて「入れ歯の無料小冊子希望」とお申しつけください。
「小冊子申し込みフォーム」へ

12 インプラント治療は高いし、値段の違いってどうしてと思われてる方へ
保険外診療は医院により費用が異なります。高いものにも安いものにも理由があります。
医療は日用品とは違います。インプラントは身体の中に埋め込む物ですので、慎重にお選びください。
当院は、必ず治療開始前に詳細なお見積りをお出しします。
そして何度でも、あなたの疑問にお答えします。
もちろんインプラントだけが治療法ではありません。
インプラント以外の最新の治療法も含めてご説明いたします。
あなたに合った最善の治療法をご提案させて頂きます。
さらに「インプラントが得意な医院の選び方」が書かれた小冊子をご用意しています。
お電話かFAXで「インプラントの無料小冊子を希望」とお申し付けください。
「妥協の無い最善の治療」へ

13 インプラント治療は時間がかかると思われている方へ
当院で使用している最新のインプラントは、表面に骨の成分のアパタイトをコーティングすることにより、アゴの骨に短期間で固定されます。
骨の状態が良い方は、最短7週間で固定式の仮の歯が装着できます。また、仮の歯専用の暫間インプラントを利用することにより、手術当日に固定性の仮の歯を装着することも可能です。
さらに、「オールオン4」と呼ばれている「総入れ歯から固定性の歯に1日で生まれ変われる治療法」にも対応しています。オールオン4は15年前から導入しています。最初の患者さまは先代の院長、私の母です。
「豊富なインプラント実績」へ

14 他院でインプラント治療は無理だと言われて諦めていた方へ
インプラントを埋め込むには骨の厚みが必要です。骨の厚みが足りない場合に不適応と診断されます。
解決策として、
①骨の厚みを増やす
②薄い骨に埋め込める特殊なインプラントを使用する
等があります。
当院は、他院からの紹介で難症例の方が多数ご来院されています。
「豊富なインプラント実績」へ

15 高血圧や高齢でインプラント治療はどうかなと考えている方へ
当院は、高血圧、心臓病など全身疾患の方や恐怖心が強い方でも安心・安全に手術を受けていただけるように、リラックスできるお薬を点滴しながら、痛みもなくリラックスした状態で手術が可能です。
これは静脈内鎮静法と呼ばれ、大学病院麻酔科の専門医が担当しますのでご安心ください。
「豊富なインプラント実績」へ

16 診断(相談)したらインプラントを勧められると思われている方へ
そもそもインプラント治療を勧められたからといって、その治療を受けなければならない義務はあなたにはありませんので、ご安心ください。
インプラントは、歯を失った方の治療法の一つでしかありません。問題は、歯科医が最善の治療法がインプラントしか無いと思い込み、それをあなたに無理に勧めることです。そのためにあなたは仕方なくインプラントを検討されているのではないでしょうか?
インプラントはすばらしい治療法ですが、インプラント以外にも治療法はたくさんあります。
当院は、あなたのご希望を最優先することをお約束します。決して治療の強要はいたしません。なぜなら、多数の患者さまにご来院して頂けているからです。営利目的で治療の強要など必要ありません。
「入れ歯・インプラント専門医院」へ

17 インプラント治療は支払総額がわからないので怖いという方へ
インプラント治療を含めて、自費診療では最初に治療費総額のお見積りを差し上げます。お口の状態や患者さまの希望により治療内容が変更になる場合は、ていねいにご説明し、同意の上で再度お見積りを作成します。
私たちは専門家ですので、術前の診査である程度の内容の変更は予想ができます。予想される問題点は良いことも悪い事も最初にお話しいたしますので、ご安心ください。
もちろんカードや分割ローンにも対しています。
「アプラスデンタルローン」へ

18 治療器具やインプラントの使い回しの報道で、衛生面が心配な方へ
器具の滅菌は、個人の診療室には珍しい最新の大型滅菌器(オートクレーブ)を導入しています。
その他にも、ウイルスを死滅させる特殊な酵素を使った超音波洗浄、ガス滅菌器等最新設備で対応しています。
潔癖症のあなたには、毎回、完全使い捨ての器具(有料)で施術も可能です。
「妥協の無い最善の治療」へ

審美歯科、セラミックの被せ物をお考えの方へ

19 前歯が欠けたけど治療費は高額になるんでしょうか?費用が知りたいという方へ
現在、保険診療でも前歯も含めて糸切り歯(犬歯)の2本後ろの奥歯(第二小臼歯)まで、白い歯で治せます。ただし、色や艶などの自然な質感、変色の問題、強度などセラミック冠にはかないません。また、歯並びや他の前歯にも、色や形に問題をかかえている場合は1本だけの治療では綺麗な仕上がりにはなりません。
当院では、2本目から最高品質のセラミックが20%(6本目からは30%)の割引をしています。
できるだけあなたのご予算の範囲で最善の治療を提案いたします。是非ご相談ください。
「知らないと損する虫歯の治療」へ

20 前歯の治療をすると歯がなくなるのが困るので治療したくないという方へ
前歯の治療には、仮の歯を必ず製作していますのでご安心ください。
多数の歯を同時に治療される場合、自費診療の場合には最終的な歯を装着前に、仮の歯の状態で形を患者さまに確認していただきます。
その仮の歯を装着して、ご自宅でご家族にも確認してもらう事も可能です。
あなたの口元へのこだわりを再現いたします。本物の歯が出来上がってから、がっかりなんて悲しい思いはさせませんのでご安心ください。
当院に常勤している歯科技工士は、政財界、芸能界の著名な方ご用達の某有名歯科医院で10年間、腕を磨いた匠の職人です。究極の女優仕上げも可能です。
「審美専門の歯科技工士常駐」へ

21 ピアスで金属アレルギーがあるから、お口の銀歯が心配な方へ
あまり知られていませんが、日本の健康保険で使用されているアマルガムやパラジウム合金は、金属アレルギーの問題等で人体に有害とされており、スウェーデンやドイツでは使用禁止です。経済的な問題が大きいとはいえ医療です。有害と解っている素材を使用するのはいかがなものでしょうか?
現在アレルギーの症状が発現していなくても、人体に埋め込まれる材料は可能な限り生体親和性の良い材料を選択すべきと考えます。
治療の基本は、他人に治療した痕が解らないようにすることです、親からもらった歯は白い歯です。
当院は、身体にやさしい治療を推奨しています。
「芸能人御用達の審美セラミック」へ

22 悪い所は全部しっかり治したいので、1回の時間を長くしてもらいたいという方へ
当院では、お口の中全体の問題点を洗い出し、最善の結果がでるように治療計画を考えます。そうすることにより、治療のやり直しのリスクを減らす事が可能になります。自費診療では最短で治療が進むように、1回2時間前後のお時間を頂き、隣接している歯は同時に処置するように心がけています。
「知らないと損する虫歯の治療」へ

23 生まれつきの歯の変色の悩みや、もっと白い歯でイメージアップしたい方へ
歯は、ホワイトニング(歯の漂白)で白くする事が可能です。生まれつきの歯の変色や、より白い歯を希望されている方、結婚式を控えているのでそれまでに白い歯にしたい方などに最適です。当院のホワイトニングは歯にダメージを与えない最新の薬剤を使用しますので、是非お試しください。ご家庭で気軽に歯を白くできるホームホワイトニングを併用されるとより効果的です。
「ホワイトニング」へ

虫歯や歯周病、健康維持の予防処置をお考えの方へ

24 お口の中が、ネバネバして歯にヌメリがあるような感じで気持ちが悪い方へ
欧米では、歯科医院の受診者の80%以上は定期検診と歯の清掃の方です。ところが日本では痛い時にしか受診しない方がほとんどです。あなたも歯科衛生士によるプロの歯の清掃を受けてみませんか?ツルツル、ピカピカでとっても気持ちが良いですよ。口臭予防にも最適です。
当院のご来院者の半数以上は、定期検診と歯の清掃の方です。歯医者はお口の中をきれいにしてくれる場所です。予防先進国の欧米を見習い、痛くないときにこそ利用する習慣をつけてみませんか?
「集中歯石除去の最新歯周病治療」へ

25 歯周病で、歯がぐらぐらで困っている方へ
歯周病は、細菌による感染症です。当院は歯周病菌の遺伝子検査を導入しています。きちんと悪玉菌を特定して飲み薬や除菌水でお口の中の環境を整えます。
歯周病に効果的なサプリメントもご案内しています。
歯周病が良くならないとあきらめていた方、是非ご相談してください。
「集中歯石除去の最新歯周病治療」へ

26 忙しいので、歯石取りに何回も行くのが大変な方へ
一般的に、保険診療の規定だと一度に歯石をとる本数が決められています。たくさん歯石がついてる方の場合は、通常お口の中を上下で6分割して行います。初診時は、問診、レントゲンや歯周ポケット(歯と歯肉の境目の溝の深さ)などの検査、応急処置で終わります。そのため一通り歯石を除去するのに7~8回通院が必要です。さらに、重度の歯周病の方は、再検査後、歯周ポケットの深い場所の歯石を再度除去する必要があります。
当院では、お忙しい方のために自費診療にて歯石取りのメニューも用意しています。
通常6回程度かかる処置を、2回で済ませる事が可能です。
ご希望なら、1日でお口全体の一通りの歯石除去が可能です。
時間短縮以外にも、いっきに環境が改善されることにより歯肉の改善も早くなります。
お忙しい経営者の方や、歯周病に悩んでいて早く良くなりたい方に最適です。
ご希望の方は、お問い合わせください。
「集中歯石除去の最新歯周病治療」へ

27 母親に虫歯が多いので、子供に遺伝しないか心配な方へ
虫歯菌は、3歳くらいまでに母親から感染すると言われています。理想的には、出産前から母親を含む同居されてるご家族のお口の環境を整えておくのが理想でしょう。虫歯菌のリスクを検査して、ハイリスクならキシリトールの摂取や除菌をお勧めします。是非、ご相談ください。
「虫歯も歯周病も予防できます」へ

28 次々に虫歯になり、私の歯はもともと弱いのかもと思われている方へ
虫歯は細菌による感染症です。あなたのお口の虫歯菌の状態を詳しく検査(遺伝子検査)し虫歯のリスクを下げる事が大切です。虫歯になりやすい方は是非、虫歯菌の検査と除菌をお勧めします。
「虫歯も歯周病も予防できます」へ

29 継続的にお口の健康を維持したい方へ
現在、当院のご来院者の半数以上は定期検診とメンテナンスの方です。病気になる前に未然に防ぐ予防に力を入れています。
お得な会員制度をご用意していますので、継続的に良い状態を維持されたい方はご検討ください。
「虫歯も歯周病も予防できます」へ

咬みあわせの不具合や顎関節症でお悩みの方へ

30 咬みあわせがおかしいため全身に影響が出てきた気がしている方へ
人間の身体は、どの部分からみてもバランスがとれていて、前後・左右どちらにも片寄らない事が理想です。歯は頬で隠れているので分かりづらいのですが、実は咬みあわせの平面も左右対称で、床と並行であることがとても大切なのです。体の筋肉はお互いに緊張して均衡を保っているため、私たち歯科医師が扱う頭の部分の影響が、肩、背、腰、足に波及する事は当然予想できる事です。
当院は、身体全体に影響を与える咬みあわせの治療こそが、最も重要な歯科の分野と考えます。
咬みあわせに不安を抱えているあなた、是非ご相談ください。
「咬みあわせと身体の不具合の関係」へ

31 アゴが大きく開けない、耳の前のアゴの関節付近が痛い、アゴを動かすと音がするという症状で困っている方へ
顎関節症には、アゴの痛みを訴えたり、口が開かない、耳の前のアゴの関節あたりでパキン・ジョリジョリという音がする症状があります。アゴのあたりに違和感を感じても、どこの病院に行ったらいいかわからない......という方がほとんどではないでしょうか?
患者さまのなかには、内科、耳鼻科、整形外科などで何でもないと言われて、最後は精神科まで受診される方もいます。たまたま歯科を受診した事がきっかけで、顎関節症であったことが判明する事も多いのです。
当院の院長は、元日本歯科大学教授、稲葉繁先生の主催するIPSG包括歯科医療研究会に所属(特別会員)しており、顎関節症の治療に取り組んでいます。
稲葉繁先生の書かれた、咬みあわせの小冊子もご用意しています。
お電話で「咬みあわせの無料小冊子を希望」とお申し付けください。
「咬みあわせと身体の不具合の関係」へ

子供の歯並び、矯正治療でお悩みの方へ

32 子供の歯並びが気になる方や、他院で歯を抜く矯正法を提案され困っている方へ
歯並びが悪い原因の多くは、歯の大きさに対してアゴの成長(歯列の成長)が遅れている場合がほとんどです。当院は、遅れているアゴの成長を助ける装置を使い、なるべく歯を抜かない矯正法を考えます。
当院で主に使用している矯正装置は、子供にできるだけストレスを与えない、3Dリンガル装置です。
これは歯の内側に装置を装着するので外からは見えません。外から針金で縛る矯正の期間をできるだけ短くなるように努力しています。世間では乳歯が残っている時期に外側から針金で縛る矯正治療が行われていますが、アゴの成長発育を邪魔してしまうので、注意が必要です。当院は、外側から針金で縛る矯正装置は永久歯に生え替わってから使用しています。
「歯を抜かない小児矯正」へ

33 矯正治療はお金がかかるので心配されている方へ
歯並びの問題は、早期(小学校低学年)に治療を開始するほど治療期間は短くなります。ただし、永久歯に生え替わる13~14歳までは経過観察が必要です。早期で簡単な症例で一部分だけの歯並びの改善なら、10万円以下で治療可能な場合もあります。
ご両親が歯並びの問題に気がついたらすぐに専門家に相談するのが、費用を抑える秘訣です。特に、受け口の骨格的な問題は3~4歳くらいから治療を開始すべきです。
当院では、歯並びについての小冊子を無料で差し上げています。是非、ご相談ください。
「歯を抜かない小児矯正」へ

34 矯正治療は毎回お金がかかるので、総額がわからず心配されている方へ
子供の矯正治療は、アゴの成長発育に影響されます。アゴの発育は女の子で14歳前後、男の子で18歳前後です。そのため成長発育にあわせてオーダーメードな治療が必要になります。当院では、なるべく治療費を抑える努力をし、最小の治療費を目指します。さらに、歯並びは治したいけれど、長期間の矯正治療に自信が持てない方のために、矯正装置ごとに分割でのお支払いも可能です。治療開始時におおよそ予想されるであろう最大の治療費を提示致します。特に、取り外し式矯正装置の場合、お子さまがきちんと装着時間を守らなければ期間が延び、それに合わせて治療費用は増えていきます。ご家庭での保護者の方のご協力が不可欠です。
基本的に、取り外し式の矯正装置は上アゴにのみ使用します。下アゴの取り外し式装置(床矯正装置)は現在使用していません。使用期間は、乳歯(C・D・E)が残存している時期だけです。
「歯を抜かない小児矯正」へ

35 矯正治療は針金が目立つので、迷われてる方へ
透明で目立たないマウスピースによる矯正のメニューもご用意しております。ご相談ください。
マウスピース矯正では、世界シェアNo.1のインビザラインシステムを導入しています。
「歯を抜かない小児矯正」へ

その他

36 お口に関する、こんな症状でお困りの方へ
かぶせた冠が入れても、すぐに取れてしまう。治療が終わったと思ったら別の冠が外れてしまった。歯の咬みあわせがなんかしっくりこない。いつまでたっても歯周病が改善しない等々、あなたのお口の悩みはつきません。このような時は、お口の中を総合的に検査して問題点を洗い出してみる事をお勧めします。その場しのぎの応急処置の繰り返しでは、長期に安定したお口の環境は維持できません。当院は、病気の予防や永続的な健康維持などを総合的に考慮した医療を提案しています。
「妥協の無い最善の治療」へ

37 歯医者は痛いので、怖いと感じている方へ
当院では、虫歯の治療、根の治療等ほぼすべての治療に局所麻酔を使用しています。麻酔に使用する針も痛みの少ない世界最小の細い針を使用して痛みの軽減に努めています。ご安心ください。
インプラント手術には大学病院の麻酔科と提携して、静脈内鎮静法でうとうとと眠ったような状態での処置も可能です。ご相談ください。
「妥協の無い最善の治療」へ

38 どんな診療をしているのか知りたい方へ
入れ歯、インプラント、顎関節症、子供の矯正の小冊子をご用意しています。
お電話にて、「○○の小冊子希望」とお申し付けください。
「小冊子申し込みフォーム」へ

39 歯のこと全般に困っているので相談したい方へ
歯でお悩みでしたらお電話やメールでのお問い合わせをご用意しています。
WEB上の問い合わせフォームよりご連絡いただければ、できるだけ早くお応えいたします。
「メールフォーム」へ

40 根の治療が2か月も経つのに、なかなか終わらないと不安に感じている方へ
根の治療はとても繊細な処置です。針の穴ほどの太さの神経の管を清掃してお薬を詰めなければなりません。
症例によっては期間がかかることもありますが、最新システムなら平均2~3回、単純な根の形態なら1回で終了できます。是非、ご相談ください。
「知らないと損する虫歯の治療」へ

無料カウンセリングをおこなっております

無料カウンセリングをおこなっております