コーヌステレスコープ

コーヌステレスコープコーヌスとは円錐形の意味で、残った歯に直接被せた内冠と入れ歯本体にある外冠をはめ込んで装着します。茶筒のふたの原理のようにピッタリはまるのと同じ力を利用した入れ歯です。入れ歯を取り外すこともできますので、お掃除も簡単です。リーゲルテレスコープと違い、土台となる残った歯がある程度しっかりしていないと適応が難しい治療法です。

<今、再評価されているのがコーヌステレスコープです>
かつて日本では、1980年代にコーヌステレスコープがクローズアップされたことがあります。しかし非常に高い技術力や精度、知識が要求される技法のために正しい治療が行われず、トラブルが相次ぎテレスコープ全体の評判を落としてしまいました。コーヌステレスコープは素晴らしい治療法ですが、間違った設計をすれば歯の寿命を短くしてしまいます。現在では、製作できる歯科技工士は国内でも教えるほどしかいません。
しかし、ドイツ式入れ歯テレスコープの一つとしてのコーヌステレスコープは、残った歯を守る部分入れ歯として再評価されています。当院では、患者さまの口腔内の状態や残った歯の状態によって適応すると判断できた場合に、自信を持ってご提案しています。

コーヌステレスコープ式部分入れ歯の症例

無料カウンセリングをおこなっております

無料カウンセリングをおこなっております