若さと自信を取り戻したい方に自然で若々しい笑顔と口元を

30代からの入れ歯

「若いのに入れ歯なんてイヤだ」「入れ歯が気になり、人前で笑えない」「ついつい口元を手で隠す癖がついている」。そんな方々にぜひお勧めしたいのが、今までの入れ歯のイメージとはまったく異なる当院のドイツ式部分入れ歯です。ドイツ式部分入れ歯には歯に引っ掛ける留め金がなく、見た目も自然で入れ歯かどうか見分けがつきません。また食事のときに外れてしまうこともありません。

特に若い方は、入れ歯を外している姿や顔を誰にも見られたくないはずです。ドイツ式部分入れ歯は、夜寝るときも取り外しをする必要がありませんので、旅行先で外して寝たりすることもなく安心です。

また、ドイツ式部分入れ歯は10年後20年後にお口の環境が変化しても調整・修理しながら長く使用できることも、若い方にお勧めしたい理由です。自然で人に気づかれることなく、しっかり噛むこともできます。歯とともに失った食べる楽しみや笑顔を取り戻せる入れ歯なのです。

当院ではインプラントより入れ歯を選ばれる30~40代が増えています

30代からの入れ歯近年、若くして歯を失った方にはインプラントが勧められますが、当院では、30〜40代の多くの患者さまがドイツ式入れ歯を選ばれ、快適に使われています。インプラントもメリットの多い治療ですが、体にとっては異物を埋め込む治療であり、決して万能ではありません。

すでにたくさんの歯を失ってしまっている場合、インプラントの本数も増えます。30代でインプラントをたくさん入れたとすると、70歳の時にはどうなっているでしょうか。きちんとメンテナンスを続けて、お口の中を良好に維持できればよいのですが、インプラント周囲炎になってしまったら、インプラントは基本的には元に戻らず、いずれ抜け落ちる運命です。若いからこそ長期的な視点で治療方法を選んでいただきたいのです。

<こんな方はインプラントよりドイツ式入れ歯が適しています>
・歯を失った原因が歯周病なのでリスクが高い
・アゴの骨の厚みが少ないのでインプラントは難易度が高い
・糖尿病や高血圧など全身状態に不安がある
・手術など外科治療は苦手
・体に異物を埋め込むのはイヤ

「ドイツ式入れ歯(テレスコープ)の症例」へ

ドイツ式入れ歯は将来、総入れ歯になるリスクを減らすことができます

30代からの入れ歯たくさんの銀歯やブリッジが装着されている方は、お口の中の状態がとても悪くなっており、残った歯も危険な状態です。ドイツ式部分入れ歯はブリッジや保険の入れ歯のような無理な力が残っている支えの歯にかかりません。そして弱くなっている歯を連結することで、歯の寿命を延ばすこともできます。

少しでも長く自分の歯を残し、より充実した生活を送っていただくために、どんな治療が一番良いのかを患者さまとともに考え、最善な治療をご提供したいと考えています。

<若い方にドイツ式入れ歯をお勧めする理由>
・保険の入れ歯のような金具が見えません
・見た目も自然で、入れ歯だと気づかれません
・入れ歯が動かないので、よく噛めます
・就寝時も装着したままで大丈夫
・長期間、修理しながら使用できます
・残った歯をなくした時も、修理して使えます

【院長コラム】40歳で入れ歯だなんて、誰にも相談できない・・・ (アメブロより)

院長コラム

40歳で入れ歯だなんて、誰にも相談できない・・・ とお悩みのあなたに朗報です!

もしかしてあなたは、40代ですか?それとも30代?
そして、若くして歯を失って入れ歯でお悩みですか?

せっかくお金をかけて作ったのに、お出かけ用の見た目だけ・・・食事の時には使えない・・・。
そんな悲しい経験はありませんか?

コラムのつづきはこちら(Ameba ブログへ)

無料カウンセリングをおこなっております

無料カウンセリングをおこなっております