しっかり噛めて審美性に優れたドイツ式部分入れ歯【テレスコープ】

テレスコープ

ドイツ式入れ歯の中で、代表的な部分入れ歯がテレスコープです。入れ歯先進国と言われるドイツで130年以上の歴史をもつ部分入れ歯で審美性が高く、入れ歯が体の一部としてしっかり機能し、生体にも安全で長持ちします。

テレスコープシステムの特徴は、ご自身の歯の根を抜かずに利用できることです。残った歯に専用の冠を取り付け、はめ込むように装着するのでしっかり固定されます。ステーキなど噛み応えのある固い食べ物でもしっかり噛むことができるので、肉食文化のドイツで愛されていることが納得できる入れ歯です。もし歯を失うことがあっても、修理すればその後も使うことができ、長く愛用できます。

見た目が気にならないので女性や若い方にもお勧めします

テレスコープテレスコープは保険診療の部分入れ歯のような固定するための留め金がなく、はめ込み式の装置で固定します。見た目が自然で外見からは入れ歯を使っていることが全くわかりませんので、女性や若い方にもお勧めできます。健康な歯にかかる負担が少なく、残っている歯全体で力を受け止めるため、歯の喪失予防も期待できます。さらに取り外して洗浄もできますので清潔さを保てます。歯を失った場合の理想的な部分入れ歯として、自信を持ってお勧めします。

<当院がお勧めするドイツ式部分入れ歯テレスコープの特徴>
・金具が外から見えず、見た目が自然
・寝るときも外す必要がない
・保険の入れ歯とは比較にならないぐらいよく噛める
・入れ歯特有の違和感がない
・美しい口元の張りを再現できる
・丈夫で壊れても修理しながら長期間使える
・残っている歯の寿命を延ばすことができる
・残っている歯を失っても修理して使える

テレスコープシステムの種類

テレスコープシステムには多くの種類がありますが、主に以下の種類を残っている歯の本数や状態に合わせて使い分けます。

リーゲルテレスコープ
リーゲルレバーという開閉装置が組み込まれた入れ歯です。残っている歯が弱い方にお勧めです。
リーゲルテレスコープの詳細はこちら
リーゲルテレスコープの実際の症例写真はこちら

コーヌステレスコープ
茶筒のふたの原理で内冠と外冠をはめ込む入れ歯です。残っている歯が丈夫な方にお勧めです
コーヌステレスコープの詳細はこちら
コーヌステレスコープの実際の症例写真はこちら

レジリエンツテレスコープ
残っている歯が3本以下の場合に適応する入れ歯です。自分の歯を諦めたくない方にお勧めです。
レジリエンツテレスコープの詳細はこちら
レジリエンツテレスコープの実際の症例写真はこちら

リーゲルテレスコープ

リーゲルテレスコープリーゲルとはドイツ語で「かんぬき」のことです。入れ歯本体に手で開閉できるリーゲルレバーという装置が付いていて、開けると簡単に入れ歯を脱着することができ、閉めると入れ歯が固定されます。レバーを閉めた状態だと舌で触れてもわからないので違和感がありません。入れ歯というよりも、取り外せるブリッジのイメージです。

リーゲルテレスコープ
レバーを開けると脱着できます
リーゲルテレスコープ
閉めると固定されます

3本までの歯をなくした方へご提案したい治療方法です
3本までの歯をなくされた場合、ブリッジかインプラントで機能回復を図ることが多いですが、ブリッジは健康な両サイドの歯を削る必要があります。そのため最近では、歯を削らない治療法として、インプラントを勧められる場合が多いようです。但しインプラント治療がどうしても嫌だったり、糖尿病や心臓病で手術にリスクがあったり、アゴの骨が痩せていて難症例で身体の負担が大きかったりと、決して万能ではありません。そこで当院では3本までの歯をなくした方に、残った歯を守るためにもリーゲルテレスコープをお勧めしています。正しく設計すれば着け心地もよく、食事もおいしくいただけます。耐久性もあり、修理も簡単なので長期間ご使用できます。

もしも、私が入れ歯になったらと考えると、正直インプラント治療は選択しないと思います。
私は、怖いのが苦手なのです。
だから、あなたがインプラントを嫌がる気持ちが良く解ります。

リーゲルテレスコープ式部分入れ歯の症例

コーヌステレスコープ

コーヌステレスコープコーヌスとは円錐形の意味で、残った歯に直接被せた内冠と入れ歯本体にある外冠をはめ込んで装着します。茶筒のふたの原理のようにピッタリはまるのと同じ力を利用した入れ歯です。入れ歯を取り外すこともできますので、お掃除も簡単です。リーゲルテレスコープと違い、土台となる残った歯がある程度しっかりしていないと適応が難しい治療法です。

<今、再評価されているのがコーヌステレスコープです>
かつて日本では、1980年代にコーヌステレスコープがクローズアップされたことがあります。しかし非常に高い技術力や精度、知識が要求される技法のために正しい治療が行われず、トラブルが相次ぎテレスコープ全体の評判を落としてしまいました。コーヌステレスコープは素晴らしい治療法ですが、間違った設計をすれば歯の寿命を短くしてしまいます。現在では、製作できる歯科技工士は国内でも教えるほどしかいません。
しかし、ドイツ式入れ歯テレスコープの一つとしてのコーヌステレスコープは、残った歯を守る部分入れ歯として再評価されています。当院では、患者さまの口腔内の状態や残った歯の状態によって適応すると判断できた場合に、自信を持ってご提案しています。

コーヌステレスコープ式部分入れ歯の症例

レジリエンツテレスコープ

レジリエンツテレスコープ残っている歯が3本以下の場合に適応される入れ歯です。残っている歯に金属製の冠を被せ、入れ歯の外冠にはめ込んで支えます。入れ歯本体は総入れ歯と同じように粘膜で固定されているため、残っている歯の負担を、最小限に抑える事ができます。そのため、保険の入れ歯と比較して遙かに歯の寿命を延ばすことが可能です。万が一、残って入る歯が抜けてしまっても簡単な修理でそのままお使いいただけます。

残りの歯の本数が少ない場合は、総入れ歯に準じて上の入れ歯の天井部分は大きく覆うことになります。これは歯を失った歯肉の部分が噛む力でやせてしまうのを防止するためです。天井部分があると嘔吐しやすいと訴える方がいますが、精密に設計されて安定している入れ歯は、すぐに慣れることができます。

レジリエンツテレスコープ
1本でも歯が残っていれば適応可能
レジリエンツテレスコープ
装着時

審美的にも機能的にも優れた、高齢化社会の救世主!
数本しか歯が残っていない場合、抜歯して総入れ歯を進められることがありますが、レジリエンツテレスコープでは大切な歯を抜かずに利用することができます。留め金の必要もなく、自由に口元を作ることができるので審美的に優れ、好みの歯並びも自由自在です。

また、総入れ歯との大きな違いは、残った歯に備わる歯根膜から物を噛んだときの感覚が脳に伝わることです。インプラントも同様で、歯根膜がないと噛む力のコントロールが難しい場合があります。レジリエンツテレスコープは、入れ歯の内側にはめ込まれた歯が、入れ歯の横揺れを防止します。そのため食事のときの噛み心地が全然違いますので、美味しく食事ができます。院長は高齢化社会の救世主となる優れものの入れ歯と考えています。

<レジリエンツテレスコープをお勧めしたい方>
・歯が1〜3本しか残っていない
・インプラントが難しいと言われた
・残せる歯もすべて抜いて総入れ歯を勧められている
・歯がぐらぐらで噛むことができない
・インプラントにしたが、口元のしわが増えた

レジリエンツテレスコープ式部分入れ歯の症例

院長コラム

全部の歯を抜いて、総入れ歯にしましょう!と言われて、お嘆きのあなたへ!抜いちゃだめですよ!

上か下の、片側のアゴに残っている歯が、およそ3本以下の場合、部分入れ歯の設計がとても難しくなります。理由は、日本の歯科大学で教育されるレベルでは、そもそも入れ歯の設計が、無理だからです...。
特に、健康保険で決められた設計では、残された歯を守り、良く噛める入れ歯はできないのです。

歯科医が残っている歯が3本前後だと、「もうじき総入れ歯になるだろう」との予想のもとに多くの歯科医が、保存可能な歯まで抜歯してしまう事があるからです。

コラムのつづきはこちら(Ameba ブログへ)

抜けた歯をそのままにしないで!!

抜けた歯をそのままにしないで!!1〜2本の歯が抜けても、他の歯で噛めるからと放置されている方がいらっしゃいます。しかし抜けたまま放置していると、その歯と噛み合っていた反対側の歯が伸びてきます。すると段差ができて食事の時に物がはさまりやすくなり、虫歯や歯周病の原因になります。

さらに咬みあわせのバランスも崩れ、アゴの負担も増えて顎関節症や不定愁訴など全身の健康にも悪影響を与えかねないのです。歯が抜けたら歯科医師に相談し、部分入れ歯やインプラントを検討してください。

無料カウンセリングをおこなっております

無料カウンセリングをおこなっております